• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

気体定数について

現在、熱力学を勉強しています。 そのなかで、ガスサイクルを学んでいるのですが、問題文に空気の気体定数は287.06[J/kg/K]と書かれています。この気体定数はガスサイクルを学ぶうえでは一般的な値なのでしょうか、また、この値はどのような過程で算出されるのでしょうか。また空気の比熱比はκ=1.4です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数364
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 ☆そのなかで、ガスサイクルを学んでいるのですが、問題文に空気の気体定数は287.06[J/kg/K]と書かれています。この気体定数はガスサイクルを学ぶうえでは一般的な値なのでしょうか ◇空気に含まれている酸素と窒素などが化学変化をしなければ。 そして、温度が十分に高くて、空気があまり濃くなければ、 まぁ一般的な値なんでしょう。 ☆この値はどのような過程で算出されるのでしょうか。 ◇よくは知りませんが、たぶん、実験から求めているのだと思います。 空気の分子量は分かっているので、空気1kgあたりの《空気という気体(?)》のモル数を求め、それを化学で使う気体定数にかけても求めることはできますが・・・。 空気の分子量はおおよそ29.0なので、1kgは1000gで、  (1000/29.0)×化学で使う気体定数8.31(J/mol/K) = 286.55(J/kg/K) より正確に空気の分子量を28.966として  (1000/28.966)×8.3144621 = 287.042121798(J/kg/K) 287.06[J/kg/K]と微妙に違いますでしょ。 まっ、そういうことで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 熱力学 断熱膨張の時の気体定数の求め方

    次の問題の(2)が解けず困っています。 どなたかわかる方教えていただけたらと思います、よろしくお願いします! 1kgの気体が温度T1(K)、体積V1(m^3)の状態から断熱膨張して、温度T2(K)、体積V2(m^3)となり、この過程で外部に対しW(J)の仕事を行った。このとき、次の値を算出する式を求めよ。 (1)比熱比 k ポアソンの式より、logv2/v1(T1-T2) + 1 と求まりました。 (2)気体定数 R (J/kg・K) よろしくお願いします。

  • 熱力学の気体定数について

    理想気体の話で、熱力学の参考書や教科書で、よく気体定数を見かけます。高校の範囲では、気体定数Rと言ったらダイレクトに0.082と思っていましたが、大学の範囲では、単位の異なるいくつかの気体定数があり、どうやって使い分ければよいのかよくわかりません。   例:R=0.082057atm dm3 mol^-1 k^-1 =1.987216cal k^-1 mol^-1 =8.20578×10^5 m^3 atm k^-1 mol ^-1 ……等々  何処に注目すればよいのか、また理解するためには何について詳しく学べばよいのか教えてください。よろしくお願いします。

  • 気体定数Rの求め方

    気体定数Rは8.314JK^(-1)の値をもつ。 単位としてリットル・atmK^(-1)mol^(-1)を用いると気体定数Rの値はどうなりますか? 計算の仕方を教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

「気体定数」は気体の種類によらず一定になるという性質から出てきているからこそ「定数」なのです。気体の状態方程式は高校の物理、化学で出てきたはずですね。PV=nRTという式です。このRが「気体定数」です。R=8.3145[J/(mol・K)]です。これを空気1molの質量=( )kgを使って書き直したものがご質問の数値です。こういう風にして得られた数値は気体の種類によって異なってきますから「定数」ではありませんね。燃焼ガスが混ざってくるともうだめです。いつも決まった計算をするので同じ数値が出てくるということからその数値を「定数」と呼んでしまうというのは工学でよくやる悪い癖です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 気体定数の算出について

    0℃,1気圧(=1013mbar=1.013×10^5N/m^2)のときに1モルの気体は22.4リットルの体積を占めることを用いて、気体定数Rの値を算出せよ。 よろしくお願いします。

  • 気体定数について

    気体と熱力学 熱をよく通す断面積Sの容器が滑らかに動くピストン(質量M)によって2つの部分A、Bに分けられ、それぞれ1モルの気体が入っている。図1の水平状態からAを上にしたら各部分の長さが図2のようになった。 図1での気体の圧力Pを求め、S、M、gで表せ。 解 壁が熱をよく通すので、気体は外温度と等しい温度で等温変化する。図2での圧力をPA、PBとすると、PV=一定より A・・・P・Sl=PA・S・3l/2 つまりPA=2P/3 B・・・P・Sl=PB・S・l/2 つまりPB=2P 図2でピストンのつり合いより・・・・(以下省略) 教えてほしいところ 確かに図1と図2のAと図1と図2のBは温度と物質量が等しいのはわかりますが、なぜ気体定数が等しいとわかるのでしょうか??

  • 断熱容器内の混合気体

    熱力学の問題について質問です。 2つに分けられた空間に同じ理想気体が入っていて、左の部屋は絶対圧p1、絶対温度T1、体積はV1であり、右の部屋はp2、T1、V2です。系全体は断熱壁で囲まれて熱の出入りは無いとします。理想気体の比熱比k、ガス定数はRとします。 (1)両者の仕切りをとって混合したとき、混合後の温度はいくらか。 (2)混合前後の系全体のエントロピーの変化を求めよ。 このような問題です。気体の状態方程式で気体の質量、比熱比から定容比熱と定圧比熱は出したのですが、どのようにすれば解けるかがわかりません。どうように考えればいいのでしょうか?

  • 熱力学の問題なのですが、

    熱力学の問題なのですが、 熱力学の問題なのですが、 初期状態において圧力1atm, 温度27℃, 体積0.02m3 である気体が以下のプロセスで元の体積の1/2になった。圧縮された気体の圧力を求めよ。また、そのときの仕事、エントロピー変化および熱量を求めよ。なお、気体定数R=8.3J/mol・K, 定積比熱Cv=20J/mol・K, 定積比熱Cp=28J/mol・K, 比熱比rは1.4とする。 1)等温圧縮の場合 2)断熱圧縮の場合 という問題がわかりません。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • 熱力学の問題で困っています。助けて下さい。

    熱力学で下記のような問題が出たんです。 「温度T1[K]、圧力p1[Pa]、容積V1[m^3]の理想気体(ガス定数R[J/(kg・K)]、比熱比κ)を、温度を一定に保ちながらQ[J]の熱を加えた。エントロピ変化を求めよ。」 という問題で、解答は Q/T1[J/K] なのですが、なかなか答えを出せなくて困っています。どなたか助けて下さい。お願いします。

  • 熱力学の問題です。

    熱力学の問題です。 気体の等温変化において (圧力)×(体積)の一定値、温度、空気の比体積(101.3[kPa],298[K]において) が与えられている時、pV = mRTを用いて空気の気体定数を求めるんですがわかりません。 (このRは一般気体定数ではなく空気の気体定数です。) 空気の質量の質量を最初に求めたいんですが (101.3[kPa],300[K],50[ml]における) 気体定数が使えないのでどう求めればいいのかわかりません。 どなたか解き方をおしえてください。 空気の分子量はわからないものとしています。

  • 熱力学(サイクルの熱効率)について

    熱力学(サイクルの熱効率)について 初歩的な問題かもしれませんが答えと解き方を詳しく教えてください。 「図に示すような、比熱一定の理想気体により作動するサイクルがある。(過程は全て可逆、比熱比は1.4とする。) 1→2→3→4→1のサイクルは1→2が等容変化、2→3は等温変化、3→4が等容変化、4→1が等温変化である。 点1の温度T1を400K、点2の温度T2を3000Kとするとき、サイクル1→2→3→4→1の熱効率を求めよ。」 よろしくお願いします。

  • 熱力学の問題

    気体定数R(J/kg・K)、比熱比κである理想気体1kgが温度T1(K)、体積V1(m^3)の状態から断熱膨張し、体積がn倍になった。 このとき気体が膨張する際に外部に対して行った仕事W(J)を算出する式を求めよ。 という問題なのですが∫pdVをするのでしょうか? またそのときどのような式になるかもよくわかりません 教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 大学の熱力学の問題を教えていただきたいです。

    熱力学の問題がわからなくて困ってます。 大学の熱力学の問題で教えていただきたいです。 ある気体1kg断熱膨張し、温度が400Kから100Kに、体積が0.2立方メートルから1.6立方メートルに変化した。 またこのとき外部に対して行った仕事は930kJであった。この気体の比熱kと気体定数R[ J/kg・K]を求める問題です。 圧力を変化前と変化後でP1とP2とおいて 断熱変化の公式で P1×0.2^k=P2×1.6^k 状態方程式で P1×0.2=1×R×400 P2×1.6=1×R×100 仕事 P2×1.6-P1×0.2=930 とおいて連立で解こうとしたんですがよくわからなくなってしまいました。 解き方があっているかもわかりません。 解き方や考え方などを教えていただきたいです よろしくお願いします。

  • ガス定数Rと比熱比κについて

    ガス定数Rと比熱比κについて ガス定数Rは温度によって変化するのでしょうか? Cp-Cv=R Cp/Cv=κ 一方,比熱比κは温度が変化しても空気なら1.4で一定値を取るのでしょうか? どなたかご教授お願いします.