• 締切済み
  • 暇なときにでも

海外が舞台の少年愛・匂い系の小説を探しています

海外が舞台(パブリック・スクールや屋敷など)で、少年達が繰り広げるドロドロとした愛憎劇風の小説を探しています。 ポイントとしては ・主な登場人物が少年 ・少年愛…とまではいかなくても、そういった要素がある(所謂匂い系というものですね。なくても大丈夫です) ・後味が悪い。もしくは暗い話 個人的に霊応ゲームのようなお話がドンピシャでした。 まだ読んだことはありませんが、ぼくはお城の王様だという本もあらすじを読んで気になっています。 お力添えよろしくお願いします。 ※モーリス、アナザーカントリーは(映画で)見ましたが、今探してるものとは違うかな?といった感じでした。小説だと映画と内容が違うのかもしれませんが…

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数893
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

>霊応ゲーム という作品は読んだことがないので、もしかすると全然ご希望のタイプではない作品かもしれないのですが。 アメリカの私立男子校を舞台にしたロバート・コーミアの『チョコーレート・ウォー』『果てしなき反抗 続チョコレート・ウォー』はいかがでしょうか。 これは1970年代にヤング・アダルトノベルとしてアメリカで出版されて、大変な評判になったものです。 正編は、かなり衝撃的なエンディング。 続編は、正編と登場人物は一部重なりますが、テーマの力点は少し変わっていきます。 「少年愛」といえるのかどうなのかは疑問ですが、それぞれに葛藤を背負ったさまざまな登場人物が、丁寧にかき分けられていて、読み応えがあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 『チョコーレート・ウォー』と続編の『果てしなき反抗 続チョコレート・ウォー』は初めて耳にしました。 あらすじなどを見ましたが、とても面白そうなので読んでみようかと思います。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 後味の悪い小説

    後味の悪い小説を探しています。ジャック・ケッチャム、夢野久作、僕はお城の王様だ、は読みましたので、それ以外で長編、短編問わず何かお勧めはありますでしょうか?

  • 隣の家の少女のような救いがない小説

    ジャック・ケッチャムの隣の家の少女や僕はお城の王様だ、のような救いがない後味の悪い小説を教えてください。カフカやカミュは読んでいるので、出来れば別の作者の作品でお願いします。

  • アニメ名探偵コナンに関する質問です。

    アニメ名探偵コナンに関する質問です。 どうしても見たい話があるのですが、見つかりません。 ・少年探偵団が活躍する。 ・城(屋敷?)の地下で監禁されていた人を発見する。 ぼんやりと覚えているあらすじがこれですorz 何話かわかる方いましたら回答おねがいします! あと、もし時間があればお勧めの話も教えていただけるとうれしいです。

  • 少年愛

    古典ギリシャ文明の少年愛を英語に訳すとどの単語が適切になりますか? Pedophiliaになると全く意味が変わってしまうと思うので。。あくまでも否定的な意味のない少年愛です。 よろしくお願いします。

  • このアニメ(映画かも)のタイトルを教えてください。

    5、6年前以上前に見たもので元は映画かもしれません。児童文学が原作っぽい雰囲気がありました(あくまで雰囲気です)。 ・舞台は確か外国でした。最初は主人公の少年がサーカスを見に行きたいといいますが父親に断られてしまいます。その夜に不思議な夢を見て目を覚ますと飛行艇が彼を迎えに来ます。 ・たどり着いた先にはお城があって、お城の中の線路を小さな汽車にのって王様が現れた気がします。彼は大事な賓客として扱われますが、そのうちに悪戯好きのピエロに唆されて、ここだけは開けてはいけないと王様に強く諭されていた扉を確か呪文か手で開けてしまい、悪魔のような黒い闇が王様を包んで浚ってしまいます。 ・自分が恐ろしいことをしてしまったと気づいた少年は自分の家に戻りますが、もう一度その世界へ戻ります。そのときは少年のベッドで空を飛んでいった気がします。そしてピエロと少年とお姫様とその他数名で王様を助けに行きます。 ・敵との対決では敵を倒す呪文の紙を無くしたりとアクシデントはありますが、少年は敵を倒し自らも倒れます。王様は過ちを償った彼を許し、命を助けます。最後、少年は自分のベッドに戻り、彼は父親とサーカスを見に行けたのでした。 確か、こんな感じの内容だったと思いますが、ところどころ記憶違いを起こしている可能性もあります。 もしご存知の方、いらっしゃいましたらタイトルを教えてください。よろしくお願いします。

  • この場面は何の本or映像or漫画or絵・・・?(二つか三つです

    小説だったら私のイメージなので近いものを知っていたらおしえてください。 印象に残っているのは水の中の女の子です。 水中はそんなに暗くはなく、光も届いている感じ(水色) 波もほとんどない様で、多分湖だったと思います。 その水底で女の子(十代くらい。多分死体?)が眠っているんです。ずっとそのままで。(腐らないで) ファンタジーっぽい感じかもしれません。 あとこれは同じ話だったかわかりませんが一応 王様(屋敷の主人?)なのですが何か悪いものがくるのかあせっていて、お城(屋敷)の価値のあるものをみんな湖に投げ込みます。 で、最後は結局自分も湖にとびこんで死んでしまいます。 あとこれは全然上のものと関係ないのですが、電車で見た展覧会の宣伝です。 外国の有名な画家?の作品で水に浮かんでいる女性の絵です。(リアルな感じ) この三つのものなのですが(二つかもしれない)、最近気になって仕方ありません。 似たものもたくさんあると思いますが、何個か教えていただけると助かります。

  • 少年愛者?バイセクシャル?

    19男です。 何度かここで相談させてもらっています。 自分は少年愛者でした。 ですが、この頃同世代の女の子にもどきどきするようになってきたのです。 これって、バイということでしょうか? また、性癖はこれからも変化するのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • 少年愛におけるタチはどちらが務めるのでしょうか?

    昨日、国立西洋美術館で古代ギリシャ展を見てきたのですが、 古代ギリシャでは成人男性と若者が関係することが極一般的というか、 一人前の市民を育成するための社会的義務だったようですね。 そこで、ふと思ったのですが、このような関係でアナルセックスを行うとした場合、 どちらがタチになるのでしょうか? (あるいは、アナルセックスは素人が考えるよりも、ずっとレアな行為なのでしょうか?) ちなみに、以前何かで読んだコラムで、「塀の中の懲りない面々」を書いた安部譲二は、 この問題に関して、大部分の小説家は良く調べないで空想で書いており、 実際には若者の側がタチを務めるのだと書いていました。

  • 昔の少年愛の邦画を教えてください

    実は探している少年愛の邦画があるのですが・・・ 題名・内容などよく覚えてなくて、意味がないので みなさんの知っている少年愛の邦画を教えてください お願いします(、、;

  • 私は14歳の少年愛者です、毎日が苦痛です

    自己の性志向を自覚するに至ったのは去年、13歳の中学一年生のころでありました わたくしは小学生のころからあまり人に恋をするということが理解できておらず、時が来れば何れ分かるのだろうと思っておりました。しかしわたくしに訪れたのは想像していた一般的な恋ではなく異端的で俗にいう「変態」なものでした。わたくしは同級生の男子に恋をしてしまったのです。ですがこの時点では自分のことを同性愛者であると認識していました。わたくしは結局その恋心を打ち明けることもできず自己の性志向について悩みつづける毎日が続き、同性愛について調べてみると自分とは一致しないということがわかりました。この時、初めて少年愛者であることを知ったのです。  わたくしは絶望に浸りました。性志向などについて調べているうちに同性愛者なら現代のLGBT運動しかり反差別教育しかり生きやすい世の中が作られていることは明確で、まだ希望があったが少年愛者の未来は希望のかけらもないということを知っていたからです。「少年愛者は社会の敵」「消えろ」「子供の未来をどれだけ壊しているのか理解しているのか」などの声をよく聴きます。現代において少年愛が認めらておらずこれからも未来永劫ありえないでしょう。他の友達は今青春真っ盛りです。この夏も恋をし、甘い日々を堪能し、近い未来結婚し子供を作ることでしょう。わたくしも何度か女子に告白されました。しかし自分は彼女らを愛することはできないのです。自分は少年しか愛せないのです。わたくしの人生は明らかにその友達達と同じように歩めないのです。同じ人間なのに、恋をすることも思いを告げることも付き合うことも生きることすらできない。しかしそれは当然の真理なのでしょう。わたくしが少年を愛するということは子供たちを傷つけてしまうことと同義です。親や子供たちからしてみれば確かにわたくしは社会の敵であり人間のクズなのでしょう。そう自覚したうえでわたくしはこれからの人生をどう歩めばよいのでしょうか。絶望のあまり感情的になり長々と駄文を書き綴り申し訳ありません。回答お待ちしております・