• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:初歩的な確率計算です)

トータル確率の計算方法とは?

このQ&Aのポイント
  • 初歩的な確率計算です。トータル確率はどうなるのでしょうか?
  • 時短100回の引き戻し割合は約1/3です。トータル確率を求める方法について考えてみました。
  • 1/300の初当たりを引いた後は、電サポ付き出玉増減なしの抽選が続くため、無視することができます。その結果、トータル確率は約1/115となりました。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • mira_jun
  • ベストアンサー率40% (281/699)
回答No.2

1/1-0284≒1.4回(時短での連荘) これは合ってます 正しくは1/(1-0.284)ですが。 時短中の大当たり期待度は28.4%ですが、時短で引き戻した当たりの1/2で確変、 さらに終了後に時短が付くのでトータルでは ∑(2^(n-1)×0.28^n) =0.636 です(すみません。私の計算が不十分でした)。 トータルでは (初当たり+確変連チャン+0.64)回、すなわち2+0.64=2.64回 ということになります。 よって、トータル確率は 1/300×2.64=1/113.6

spicelike
質問者

お礼

>時短中の大当たり期待度は28.4%ですが、時短で引き戻した当たりの1/2で確変、 さらに終了後に時短が付くのでトータルでは せっかく回答いただきましたが、自分の頭では理解できません・・・。とてもややこしいですね。 時短後の引き戻しを考慮したら、その先も引き戻しを考慮して・・・? やはりわかりません。 これ以上はせっかく説明いただいても自分の頭ではとてもついていけそうもないですから、 あとでゆっくりと考えてみることにします。 結果は了解しました。 ありがとうございました!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • mira_jun
  • ベストアンサー率40% (281/699)
回答No.1

1/300+1/2×1/2×1/3では1/11.5になりますが… 時短の引き戻し確率は 1-(299/300)^100=28.4% 確変の突入、継続率が50%であれば初当たり1回に対する平均連チャン回数は2回 以上から1回の初当たりに対して2.28回の当たりが期待できることになる よって、トータル確率は 1/300×2.28=2.28/300=1/131.6

spicelike
質問者

お礼

回答ありがとうございます! >時短の引き戻し確率は 1-(299/300)^100=28.4% 確変の突入、継続率が50%であれば初当たり1回に対する平均連チャン回数は2回 以上から1回の初当たりに対して2.28回の当たりが期待できることになる よって、トータル確率は 1/300×2.28=2.28/300=1/131.6< 2.28回の当たりが良くわかりません? 自分で計算はできませんのでなんとも言えませんが、あるサイトに算方法が乗っていましたので、 自分なりに計算してみますと 、1/1-0284≒1.4回(時短での連荘) トータルの平均継続数::2×1.4=2.8回 1/300×2.8=2.8/300≒1/107・・・これは間違いですか? どちらにしましても、自分の考えた答えとは違いますね・・。 どうやら自分の認識が根本的に間違っている事だけは確認できました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 正確な確率の調べ方を教えてください。

     パチンコの確率についての質問です。  最近ボーダーを意識してパチンコを打っているのですが、正確な確率が調べられるサイトや雑誌とかないでしょうか?  大当たりの確率は、台盤の隅っことか、メーカーのホームページに1/100、確変の割合65%、時短100回とか書いてありますよね。でも、最近は、突確・潜伏確変・出玉の無い当たり・転落抽選・時短中の電チューサポートの有無など色んな要素があり、同じ1/100でも玉の出方が随分違います。メーカーも潜伏確変とか出玉の無い当たりとかがある以上、しっかり公表して欲しいものです。  正確な期待値が知りたいんです。

  • 確率についての初歩的な質問です

    確率の%についてよく理解できないため、ご教授願います。 <例1> ある抽選を行った場合、その当選確率が40%の場合・・・(A)と、 60%の場合・・・(B)、を比較する場合 (A)と(B)の当選確率の差は20%で良いでしょうか? あるいは 40%×1.5(50%UP)=60%なのか? ,<例2> また、テーブル(A)の抽選の当選確率は40% テーブル(B)の抽選の当選確率は60%とした場合、 どちらがどらだけ当たりやすいかを比較する場合ですが、、 Aに対して、Bは50%当りやすい・・・と言う事で良いでしょか? 単純に「差」と「割合」が混同してしまっていると思いますが・・・。 よろしくお願いします。

  • パチンコ 電サポ中の増減と出玉について

    電サポ中の出玉増減ですが皆様どうやって測ってらっしゃいますか?あと回転率計算する時の大当たり出玉には電サポ中に増えた玉も記入するのでしょうか?

  • 期待値 出玉の計算

    出玉の期待値の計算は、 期待大当たり回数 = 通常時回転数 / トータル確率 期待出玉 = 1回当たりの平均出玉 * 期待大当たり回数 で計算できると思います。この中で、トータル確率と、1回当たりの平均出玉は、インターネットから拾っていますが、2Rの出玉なしの当たりは、期待大当たり回数に含まれているのでしょうか。 もちろん、これは参考にしているサイトや、台によってことなると思うのですが、一般的にどうなんでしょうか。 根本的に、間違っていたら、すみません。

  • 連チャンの謎

    パチンコの大当り連ちゃんについて、いろんな方の考えを聞かせてください。 最近こんな経験をしました。1/100の甘デジ「忍術決戦 月影」を打っていたら最初に11連、時短後の数回転で当り29連、やはり時短後の数回で20連。時短後の数回転での引き戻しなので実質60連チャンしたようなものでした。あと43連チャンもありました。 異常なほども連チャンや大ハマリは、長くパチンコしてれば経験したり目撃することは皆さんあると思います。大ハマリは理解できるのですが、異常なほどの連ちゃんは何故おこるのでしょうか? 一発抽選、完全確率方式ですから、どんな事象も「偶然です」というのも分かるのですが、上記のような事象は「偶然」で割り切れるものでしょうか。もちろん私は「ホールの不正、遠隔や改造」なんて思っていません。ゼロではなくも、リスクと高額投資してもで不正営業するホールなんて少ないと思っています。パチンコの仕組みを知りたいと思っています。 パチンコとは例えるなら300や400、甘でいえば100個の目のあるルーレットに一つだけある当りの目に入れば当選するわけですから、甘ですら1,000回ハマリだって有り得ることと思います(1,000回抽選しても1/100の当り目にすら入らないことは有り得ると思います)。しかし、当った時にそれが異常なほど出玉あり確変や2R確変を引き続ける、という現象がどうしても理解できません。月影でいえば当りの振り分けの確変割合が80%、通常は20%しかないので、その20%を運よく引かなかっただけ、と言われればそれまでですが、そんな異常な連ちゃんが「偶然です」、とはどうしても割り切れないのです。 この異常な連ちゃん・爆連とは、いったい何故おこるのでしょうか?パチンコのコンピューターというのはどのように抽選をするのか、いろんな方の知識を聞かせてください。

  • パチンコのST機の連荘率の計算式

    パチンコのST機の連荘率の計算式がわからないので教えてもらえないでしょうか。大当たり確率1/99.1 確変突入率100% 4回転のみ確変、56回転時短 確変時確率1/9.9 ちなみにチョロQ STです。

  • 割合の計算

    くじ引きでの割合の計算方法を教えて下さい。 [抽選の割合] 1等賞:13% 2等賞:17% 3等賞:16% 4等賞:11% ハズレ:43% 1回のくじ引きで上記の抽選確率から当たりを引く割合は57%ですが、57%の当たりを引いた場合のその当たりがどの等賞であるか各等賞の割合を出すにはどのような計算式になりますか? 宜しくお願いします。

  • 確率の計算を教えてください【数学】【Excel】

    当選確率の計算を教えてください。 例で 40枚のくじびきがあったとしてます。 当たりは10枚です。 10回連続で引いて当たりを2枚引く確率を出す計算式を教えてください。 また、分かる人がいればExcelでの計算式の求め方を教えてください。 くじは引くたびに減少します。 よろしくお願いします。

  • 合成確率と平均継続回数の出し方をお願いします。

    パチンコ機で以下のようなスペックを持つ機械があります。 通常時の大当り確率=1/310.6 確変中の大当り確率=1/31.06 確変突入率=64% 大当り振り分け:確変=58%、潜伏確変=6%、通常=36% 時短=通常大当たり終了後100回転 用語の説明をさせていただきます。 パチンコ打ち始めるときは大当たり確率が通常時の大当り確率1/310.6から遊技をはじめます。 大当りしたときに次回の大当り確率が、 64%で確変中の大当り確率1/31.06になり、 36%で通常の大当り確率1/310.6になります。 これが確変突入率64%の意味です。 確変中の大当り確率1/31.06になった場合、 64%のうち58%は、玉を減らさずに次回大当りまで遊技できる状態 になり、(確変58%の意味です) 6%は、通常時の遊技状態で玉を減らしながら遊技します。 (潜伏確変6%の意味です) 通常の大当り確率1/310.6になった場合は、 100回転まで玉を減らさずに遊技できます。 (時短100回の意味です) 上記の条件で、通常時の確率と潜伏確変時の合成確率と通常時に大当りした場合(100回転まで玉を減らさずに遊技する分は除きます)の平均継続回数の求め方を教えていただきたいのです。 答えは確率が1/294.8 平均継続回数が3.618になっています。 よろしくお願いします。 上記のスペックで潜伏確変6%が普通の確変である場合の平均継続回数の計算方法は以下のように おこなっています。 確変突入率が64%なので、無限等比級数の和の公式を使って 1/(1-0.64)=2.778・・・・(1) 時短100回での引き戻し率 1-(309.6/310.6)^100=0.2756・・・・(2) (1)と(2)を合わせて 2.778/(1-0.2756)=3.8348 になります。 潜伏確変と言う概念が入って、計算の仕方がよくわからなくなっています。 よろしくお願いいたします。

  • 確率について

    当選確率15%の抽選に、4人とも当選する確率は、 おおよそ、 0.15×0.15×0.15×0.15=0.0005… という計算式で、いいのでしょうか? 計算上厳密にやると、1人抽選する毎に全体数が1人減ると思うんですが、 全体数は4万人くらいいるのでその辺は大雑把にお願いします(笑)。 質問する側がよくわかっておらずご迷惑をおかけします。 どなたかお付き合いください。お願いします。