• ベストアンサー
  • 困ってます

火山付近の飛行機の飛行について

こんばんは。 今ちょうど桜島噴火のニュースを見て以前から 疑問に思っていたことを質問したく書き始めました。 「なぜ日本の飛行機は、火山が近くにあっても飛べるのでしょうか?」 3年ほど前まで、私はオランダ在住でした。 そのころアイスランドの火山が噴火したことで、ヨーロッパ中と いってもいいほど、非常に広い範囲で空港が閉鎖されました。 普段は空に何本も飛行機雲が見えるのが普通ですが、 その時だけは一本もなくなったのをよく覚えています。 では実際に火山灰が降ったかというと、比較的アイスランドに近い オランダですら、全く降りませんでした。ドイツ、イタリアも 空港は閉鎖されていましたが、同様に火山灰は一切積もらなかった はずです。 桜島は今回のような大きな噴火ではなくても、常に活動していると思います。 アイスランド-イタリアのような距離に比べると、桜島-鹿児島空港などは 非常に近いと思います。 なぜ大丈夫なんでしょうか・・・? さすがに今回の噴火では空港は閉鎖されるんでしょうか? 当時、私は日本に帰る予定があったので、飛行機が飛ばなくなって大変焦りました。 そのときはこんなに晴れて綺麗な空なのに・・・、日本の火山は 常に噴煙あげてるのに・・・、と思っていました。 どういうことなのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数412
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

噴火に伴う噴出物がどの程度の高度にまで到達したのかが大事 今回の桜島の噴煙はおよそ5千メートルだそうです 一方で旅客機の巡航高度はだいたい1万メートルよりも上ですね 2010年アイスランドの噴火の際には、時期によっては二万メートル弱まで到達したと聞いている 噴煙が5千メートル付近なら空港へのアプローチ時に注意すれば良い程度だが 巡航高度に延々と噴煙がたなびいていれば、その影響は格段に大きいと思われる で問題なのは、1万メートル付近というのは(コレも季節によって異なるが)成層圏と対流圏の境目に近い 対流圏というのは雲があって雨が降る範囲なので、そう言った天候によって噴出物は比較的早期に地表に降着する しかし、一旦成層圏まで噴煙が上ってしまうと長期間に渡って留まる性質がある もっと前のフィリピンのピナツボ火山とかもっと前のセントヘレナ火山の噴火の結果、多量の噴出物が成層圏で循環して地球規模の異常気象の要因ともなった程 今回の桜島噴出物は、対流圏内に留まっているので噴火さえ収まれば比較的早期に収束するはず

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 非常にすっきりとする回答がいただけました。 高さが重要なんですね。 濃度は少しでも大量でも飛行機は飛べないことには 変わりないんですかね。アイスランドの時は綺麗な 青空で火山灰は微塵も感じませんでした。 鹿児島ではアプローチの時に問題になると思いますが、 風向きによって迂回するなどの対策をとっているので しょうか? 成層圏まで上がるというのはすごいですね。。。 ありがとうございました。

関連するQ&A

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

日航や全日空は,「桜島噴煙回避方式」と呼ばれる飛行マニュアルがあり、噴煙を回避しながら飛行しています。 風向きで飛行場に噴煙が流れてきた場合は、離着陸に影響が出る事もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そういったマニュアルまであるんですね。 火山立国の日本ならではですかね? さすがに空港を覆うような形で噴煙が移動 した場合には無理なんですね。 このときも目には見えない程度の量でも 飛行機の航行はNGなんですよね?

  • 回答No.4
  • phj
  • ベストアンサー率52% (2343/4488)

分かりましたかね。 日本国内を飛んでいる国内線は距離が短いので、あまり高い高度までは行きません。 ですから、噴煙がありそうな場所を避けて飛べば良いわけです。 また桜島の噴煙はせいぜい5千メーター程度です。この高度だと比較的早い時間で下に落ちてきてしまうので、日本列島を飛び越えて飛ぶような国際線の高度(1万メーター以上)には噴煙の影響はないのです。 アイスランドの噴火の際は1万メーター以上まで噴煙があがり、この高度だと偏西風という強い風が吹いているので、噴煙は落ちずに周りに広がってしまうのです。 この高度の違いと偏西風で拡散するかどうが、大規模に飛行停止になるかどうかの分かれ目になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 もやもやと疑問に思っていたことが解決しました。 当時はこんなに綺麗な青空なんだから頼むから 飛んでくれ…、って気持ちでした。

  • 回答No.3
noname#184258

噴煙の高さと範囲が違いすぎます。 添付の画像の右上の矢印の先にある青い点が桜島です。(見えないと思いますが(^_^;) 赤い矢印がエイヤフィヤトラヨークトルで、ヨーロッパ全土を噴煙が覆いつくしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 地図で見ると分かりやすいですね。 広範囲に広がっている分、濃度は薄いんですよね? なのでオランダやヨーロッパ諸国では火山灰が 降り積もるようなことはなかったのかと。 本当にあのときは飛行機が飛ばないかも、 ということで参りました。 航空会社にとっても産業界にとっても大変な 損害額だったと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • jhiyo
  • ベストアンサー率21% (16/73)

アイスランドの大規模な噴火では噴煙が上空1万mに達し、ジェット気流により火山灰が広範囲に拡散たためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 上空に広範囲に広がったため濃度は薄かったんでしょうか、 飛べないことには変わりないんですね。 イタリアでも飛べないことがわかりました。

関連するQ&A

  • アイスランドの火山が大噴火によって発生した火山灰の環境への影響は?

    アイスランドの火山が大噴火によって発生した火山灰の環境への影響は? 今、火山灰が話題になっていますが、火山灰は環境に悪影響を与えるのでしょうか? 水を汚すなど

  • 火山灰噴火が続いたら軍事バランスが変化?

    火山灰噴火が続いたら軍事バランスが変化? アイスランドの火山が噴火して、火山灰でヨーロッパの空港が麻痺してますが これが長続きしたら、軍事バランスに変化が起こりますか? MDが使えなくなったり、軍用機が登場する第一次世界大戦以前の戦いのように 陸軍が主役となったりするのでしょうか?

  • イギリスの航空事情 (噴火)

    イギリスの航空事情 (噴火) アイスランドの火山噴火で、ヨーロッパの飛行機が全然飛ばない的な事情だそうですが、現在のところどうなってるんでしょうか。 実は、13日にイギリスから発送してもらったEMSが、イギリスの空港でずっと止まっています。 22日現在、イギリスでは全便又は一部便の運航は再開されているのでしょうか?

  • アイスランドの噴火はどのくらい凄いのですか

    ええっとアイスランドの噴火の影響の大きさに驚いています。 まさか欧州全体の飛行機がストップするとは・・・ この火山噴火の規模ってどのくらい凄いのでしょうか。 ピボナッツ火山の時より影響が大きいように思います。 江戸時代に富士山が噴火しましたが、その時と比較するとどうでしょう。 また、このまま1月も火山活動を続けているとかあり得ますか? そうだとすると大問題ですね。

  • 火山活動と地震の関係はないですか?

    九州の霧島山(新燃岳)では未だに火山性の地震が活発に観測されているようです。 これに伴って活断層を見てみると九州地方では四国、近畿地方から日本列島を 東西にメスを入れたような活断層が走っています。 偶然の一致かも知れませんがその一番東の地域は九州の川内地方に当りますが。 これまた偶然にも九州電力の川内原発があるではないですか!? 別に無理に結びつける気はもうとうありませんが、なんとも不気味です。 九州では過去に桜島の大噴火や雲仙普賢岳の噴火などにより大きな被害が 発生していることを思うとどうも新燃岳の件が気になりますが、 基本 火山活動と地震誘発には関係はないのでしょうか?

  • 桜島が噴火したらどの程度日本経済に影響がありますか

    桜島は常に火山活動をしていて、降灰の被害もよく取り上げられますが、最近特に活動が活発化しているようです。 爆発的噴火もする恐れがあるということですが、もし大規模な噴火が起きた場合、日本経済にはどのような影響があるのでしょうか?

  • 桜島観光

    明後日、一人で桜島観光をしようと考えています。名古屋から飛行機で鹿児島空港まで行き、そこからレンタカーで鹿児島港まで行き、フェリーで桜島へ行く予定です。 そこで、桜島へは車ごと行ったほうがいいのか、車は置いて行ったほうがいいのか、どちらがお勧めでしょうか。

  • 今月末にBAでイギリス行き…でも火山灰やストライキが!どうなるの!?

    今月末にBAでイギリス行き…でも火山灰やストライキが!どうなるの!? 5月末にイギリス(イングランド)を訪問する予定なのですが、アイスランドの火山灰で一部の空港は閉鎖されているし、使用するブリティッシュエアウェイズはストをやる予定ということで、まさに泣きっ面に蜂です。 ルートとしては、行き帰りとも ・成田→ヒースロー→目的地最寄の空港A で、航空券予約を見ると成田→ヒースロー(World Traveller)とヒースロー→空港A (Domestic)を予約したことになっています。 この場合心配なのは、成田→ヒースローまでは飛んでヒースロー→空港Aが飛ばなかった場合です。 まず、火山灰で空港Aが封鎖されていた場合、BAの予約はどうなるのでしょうか? 成田→ヒースローまでは連れてってくれるのでしょうか? それとも、成田→ヒースローとヒースロー→空港Aのセットで売っているから、空港Aがダメだったらヒースローまでも飛ばないのでしょうか? 逆に、万一ヒースローが封鎖されて空港Aが開いていた場合、上記の飛行機がヒースローに行かず空港Aに直接飛んでいく可能性はありますか? また、なんとかヒースローまで行けたとして、ヒースロー→空港A間でストが発生した場合、BAのサイトによると他の航空会社からcharterした飛行機で飛ぶ可能性がある、ということが書かれているのですが、これは「ヒースローまではBAの機体で行って、ヒースローで別会社の飛行機に乗り換える」ということで合っていますか?(ロストバゲッジが怖いですが…) http://www.britishairways.com/travel/flights-option-2/public/en_gb?refevent=strikehub_option2_charter 普段あまり飛行機を利用しない上、ストも火山も初めてなので、かなり混乱しています。 行くのをやめるのが一番簡単なのでしょうけれど、どうしても行きたいのです。

  • 飛行機雲の端っこが

    さっき空港へ行って展望デッキから飛行機を見てきました。 そこで空に1本の飛行機雲を見たのですが…… その飛行機雲の端っこが十字型に別れて終わっていたのです。 クロスするように別の飛行機雲があったのかなぁとも思いましたが、その延長上にそれらしいものは見えませんでした。 どんな原因でこんな形の雲ができたのでしょうか。

  • 中欧ヨーロッパをツアーにて旅行中に、アイスランドの火山噴火があり、帰国

    中欧ヨーロッパをツアーにて旅行中に、アイスランドの火山噴火があり、帰国便(大韓航空)の予定の予約がとれなくて、ウィーンからエミレーツ航空でドバイまで行き、ドバイで乗り換えて日本に帰国しました。 このような場合、大韓航空から払い戻しなどは出来ないのでしょうか? 大韓航空の搭乗しなかった便のマイレージはどうなるのでしょうか? ツアー会社(阪急トラピック)の添乗員は戻らないでしょうねとのことでした。 宜しく御願い申し上げます。