• ベストアンサー
  • 困ってます

イギリスの童話

世界の童話について調べているのですが、一つどうしてもタイトルが思い出せません。 英国の有名な童話なのですが、ストーリーは、母親と生き別れになった子供(息子)がお母さんを探して旅に出る冒険者です。恐らく日本人にも懐かしい「みつばちハッチ」や「みつばちマーヤ」の原作もそれなのではないでしょうか? わかる方いらっしゃればタイトル名と作者を教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数370
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

イギリスなら・・・小公子でしょうね。 小公子の著者は、フランセス・ホッジソン・バーネットさんです。 あらすじは、 http://anime.tv.yahoo.co.jp/meisaku/sedey/list1.htmlをご覧ください。 ただ・・・生き別れてません。 母を訪ねて三千里だと、イタリアからアルゼンチンを旅する話なんですよね。 著者エドモンド・デ・アミーチス イタリアの人です。 もしかして、英国ではなくイタリアじゃないですか?

参考URL:
http://www.tora-2.com/LLORD.HTM,http://anime.tv.yahoo.co.jp/meisaku/sedey/list1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

記憶をたよりに小公子を調べました。たぶんこれだと思います。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • くまのプーさんはイギリスの童話ですか?

    くまのプーさんはイギリスの童話が原作なのですか?クリストファーロビンというのは作者の息子の名前ですか?その子がかっていた白鳥にプーとつけたからプーさんという名前になったのですか?ウオルトディズニーがつくったわけではないのですね?原作を映画化しただけですか?

  • アメリカの童話だったと思うのですが・・・

    母が昔好きだと言っていた童話(確かアメリカの作者)の本を買いたいのですが、話のタイトルが分からないので困っています。 ストーリーは、「ある日、子どもが何かの病気で入院してしまい、面会謝絶の中、夜こっそりお母さんが病室まで忍び込む・・・」といった内容で、約20年前、図書館で翻訳されたものを借りて、一回読んだ記憶があります。 母に直接確認すれば一番早いのですが、こっそり本を買ってプレゼントしたいので、教えていただければと思い、投稿しました。 よろしくお願いします。

  • 子供の頃読んだ童話のタイトル、作者を知りたい!!

    子供の頃読んだ童話(30年ほど前)で、忘れられないストーリーがあるのですが、どんなタイトルか作者かは全く分かりません。 主人公は若い女の子で、きれいなハイヒールを履いた途端、自分の意志とは関係なく靴が勝手に踊りだしてしまう、その女の子は靴を脱ぎたくてもどうしても脱げない、最後には両足首を切断してしまうという内容です。 どなたか、タイトルか作者が教えていただけるとしあわせです。宜しくお願いいたします。m(_ _)m 

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

こんにちは。 フランスの作品で主人公のレミが女の子なので自信は無いのですが、エクトル・アンリ・マロさんの『家なき子』ではないでしょうか。 主人公が旅をして生き別れた親(イギリス人)に会えると言うストーリーは該当するかと思います。 ちなみに、『みつばちマーヤの冒険』はドイツの作家、ワルデマル・ボンゼルスさんの童話です。また『みなしごハッチ』の原作は吉田竜夫さんで恐らくアニメオリジナルですので別の作品ですね。ただ吉田さんが『ハッチ』を作る際に『マーヤ』を参考にした可能性はあるかもしれませんね。 候補の一つとして挙げさせていただきました。間違っていたらゴメンなさい。

参考URL:
http://www001.upp.so-net.ne.jp/meisaku/meisaku/remy/remy_g.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。息子というのは私の記憶違いのようですね。参考になりました。

  • 回答No.2
  • Reffy
  • ベストアンサー率32% (1317/4014)

イギリスのものだったかどうか… もしNo1の方が書いていらっしゃる「母を訪ねて三千里」であれば、その原作は エドモンド・デ・アミーチスという作家の「クオレ」に入っている話だと思われます。心を打つお話を「愛」とか「心」(=クオレ?)として集めた中に母親探しの旅をする子供の話が載っていますが…。 これかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アバウトな質問で失礼しました。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

  • 回答No.1

「母をたずねて三千里」 「小公子」 ではないですか?原題と作者は?ですが。(^^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お早いご対応ありがとうございます。小公子のような気がしてきました。

関連するQ&A

  • 童話のタイトルと作者を教えてください。

    小さい頃読んだ童話なのですが、 作者とタイトルが思い出せないので書き込みました。 主人公(王子様だったような気がします)が旅に出て、 そこで(7人だったと思いますが)旅の途中に出会った 人たちを仲間にします。 その人たちは、大食いだったり力持ちだったり、寒いのに暑いと感じたり、 とそれぞれ特徴があります。 それで、ある国の王女様が、結婚を申し出る相手にいつも無理難題を出しているのですが、 主人公は仲間の力を借りて、無理難題を解きます。 (海の中から指輪を探したり、たくさんの樽のお酒を飲み干したり、など) 最後の無理難題が、燃えている家に3日入って耐える、というもので、 寒いときに暑く、暑いときに寒く感じる仲間がその無理難題を解決する、 というところは覚えています。 そして王女様と主人公は結婚してハッピーエンド、という終わり方だったと思います。 この童話の名前や作者を教えてください。 うろ覚えなので、わかりにくい文章になってしまいましたが、 よろしくお願い致します。

  • アニメ(童話)のタイトルが知りたい

    15年前後前に見た童話のアニメなのですが、まったくタイトルを思い出せません。 たしか童話が原作の1話完結のシリーズもので、その中のエピソードがとても印象に残っています。 ■主要人物は、主人公の男の子、病気の女の子、死神 ■死神は死ぬ運命にある人の「枕元」に立つ ■主人公には死神が見える ■主人公は知恵を働かせ、女の子を救うためにベッドの位置を逆にする(結果、死神は枕元ではなく足元に現れる) ■女の子は回復するが、主人公が身代わりとなってしまう ■生と死の狭間の世界(?)へ行く主人公 ■主人公の寿命を示すロウソクがあるが、短くなって今にも消えそうである ■その消えかかったロウソクから、新しいロウソクに火を灯せば助かると教えられる ■だが結局火は消えてしまいバッドエンド 随分昔のことなので間違っているところがあるかもしれません。 このアニメのシリーズ名、エピソード名、または原作をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • タイトル不明!「人間になりたかった熊?」どこかの童話が原作です。

    こんにちわ。 つい先日美容院においてあった雑誌に、近々ロシアだかどっかの童話が原作になっている、アニメ(手書きっぽい素敵な絵)の「人間になりたかった熊」のようなタイトルの映画がやる・・・・と書いてあったのですが、タイトルを忘れました。 映画情報のサイトなので調べてみたのですがそのようなものは見あたらず、逆に「人間になりたかった~」で調べてみてもそれらしき情報がありません。 確かに今年やる映画で、ミニシアター系です。 是非是非是非見たいと思ってるのですが、ご存じのかたいらっしゃいますでしょうか? タイトルだけでも結構です! ちなみにストーリーは子供に恵まれなかった?シロクマ夫婦が人間の子供を盗み、自分の子供として育てる・・・というなんかせつなそうなお話しでした。

  • 童話のタイトルを教えてください

    以前何かのきっかけで知った童話なのですが、題名、ストーリーが曖昧で解りません うろ覚えですが、内容を少し 貧しい家庭(父親の事は覚えていません)である日、子供が病気に掛かってしまう。そこへ死者の迎え(?)に黒づくめの男がやって来て、子供をさらってしまう。子供を手放したくない母はその男を追い掛ける。途中見失い、近くの老婆に「うちの息子を連れた男を知りませんか?」といった質問をすると、老婆は「お前さんの髪をくれたら教えてやる」と条件を出してくる。母親はその条件を飲み自分の髪をむしり取り老婆に差し出す。其の後も幾度か人に「うちの息子を連れた男を知りませんか?」と問う。その度、自らの体の一部を差し出す。最終的にボロボロになりながらも子供を取り戻すことが出来る。 という感じです。よく覚えていませんが(苦笑) 質問ではなく道を塞ぐ人を退ける為に体の一部を差し出していたような気もします…。 エンディングは、息子の命を左右する花が出て来たような…。 「お前の息子の命の花を見つける事が出来たなら息子を返してやる」とか何とか…。 これ位しか覚えていないのですが、知っている方がいらっしゃれば教えて頂きたいです。 反応待ってます。

  • 昔見た影絵の童話を探しています。

    昔、影絵で見たお話ですが、作者も題名も分らないので探しています。 大体のストーリーを覚えている範囲で説明します。 心根のよくない、もしくは面倒くさがりの女の子が、たくさんの兄弟が楽しみにしているパンを買ってくるようにとお母さんに頼まれ、いやいや出かけます。一抱えもあるような大きなパンを買って帰る途中で、雨が降り、道に川ができてしまい通れなくなっていました。さほど深くないので渡れなくもないのですが、服が汚れます。回り道をすれば帰れますが、すごく遠回りなので女の子は嫌だなと思います。そこで、今買ったばかりのパンを小さく契って川に放り込み、自分の足場にしてそのパンを踏みつけながら川を渡っていくと・・・神様(女神様?)が現れ、なんて罰当たりな!と起こられ、パンを踏み抜いて沼の底へ・・・ という物語です。その後その女の子が救われたかどうかは覚えていません。 影絵だったせいか、沼に落ちていくときの印象が強くて、そこだけよく覚えているのですが、全体的にどんな話だったのかとか誰のお話だったのかは全く覚えていないのです。 こんなお話の童話知りませんか? 影絵は、愛子様もご覧になられた有名な影絵作家(というのか分りませんが。名前も忘れました。)のものと同じだったと記憶しています。

  • 多分短歌だと思うんですが

    小学校か中学校の国語の教科書にのっていたもので、うろおぼえなのですが、 「眠られぬ 母のために 読む童話 母親眠りしのちに ナントカ」 みたいななんかお母さんが眠ってしまった後に誰かが死んだ、みたいな ちょっと不思議なモノだったと思いますが気になります。作者とかこれについて 知ってる人がいたら教えてください。

  • タイトルが分かる方いませんか?

    ふとストーリーを思い出し、タイトルも作者も 分からず、困っています。 運命の赤い糸の以外に、指には運命を司る 糸が付いていて、 その糸は、その人の死に付きそう人と 繋がっている みたいなストーリーでした。 確か、作者は日本人で、本も古いモノでは なかったと思います。 とても曖昧な記憶なのですが、 もしやと思った方、 教えてください。

  • 童話 タイトル、作者が知りたい 妊婦さんが川の水を飲んで、飲んで・・・

    子供の頃、NHKの教育テレビでみたという記憶がある童話なのですが、 背景は、江戸時代ぐらいの日本。 家族で山に農作業にでかけます。 お嫁さんが、食事の準備のために 一人先に作業からあがり、山の中で火をおこし、お魚を焼きます。 舅、姑、旦那、自分の分。 そのお嫁さんは妊婦さんなのですが、 焼きあがったお魚を前に、とても食欲に勝てずに、 「自分の分だけなら・・・。」と先に食べてしまうのです。 自分の分が食べ終わっても、食欲はまだやむことなく、とうとう全員分の魚を食べてしまいます。 すると、喉が渇き渇き、どうしようもなく、近くの川に行って、水を飲みます。 でも、水を飲んでも飲んでも、喉の渇きは続き、 泣きながら水を飲み続けます。 そのうちに、彼女は巨大な龍、(あるいは大蛇?)になってしまうのです。 ここまでしかストーリは覚えてません。 この童話に心あたりのある方、タイトルを作者を教えてください。

  • 約20年位前国語の教科書に出ていた作品探してます

    タイトルも作者も忘れてしまいましたが、小学生のとき教科書に出ていた作品を探しています。 かえるが2匹出てきて、1匹はがま君という名前でした。 がま君への手紙をカタツムリに渡したけれど、歩くのが遅くて届かない・・・そんなストーリーでした。 作者は日本人ではなかったと思うのですが、ご存知の方、教えてください。

  • この児童書ってなんでしたっけ!?

    小学生の頃に読んだ児童書(絵本?)を、いくつか、ふと思い出し、気になっております。タイトルや作者をすっかり忘れてしまいました。 (1)タイトルに「金魚」が入っていたような…。で、作者は小学生で「自分と同い年くらいの子が!」と驚いた記憶があります。アニメ化もされたように記憶してまして、絵本もシリーズ化して2~3冊あったと思います。 (2)キツネをモチーフにした主人公の絵本で、冒険話なのですが、ドラクエのようにストーリーの選択することができて「右の道に進むなら○○ページに進む」→今度は「××ページに進む」というふうに読み進めて行くというものでした。 (3)これは(2)とは違う、ちゃんとした(?)普通の絵本で、あるところの丘の上にある大きな木を、工事か何かの理由で切る事になった。そして色々ストーリーがあって、最後にそれを切ると、そこから音(メロディ?)が溢れ出して…というものでした。 以上、3冊の絵本のタイトルや作者をご存知の方、お教え下さい。