• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

混合気体の分圧比・モル比・体積比について

以下の2つの基本問題のとらえ方の違いについてです。 計算過程は省略しておきます。 問A・・・空気を酸素と窒素の体積比が 1対4 の混合気体であるとして、 1atmの空気中の酸素と窒素の分圧を求めよ。 問B・・・3Lの容器に4atmの酸素、2Lの容器に2atmの窒素が入っている。 温度を一定に保ってコックを開いたとき、酸素と窒素の分圧を求めよ。 答A・・・酸素の分圧 0.2×1atm 窒素の分圧 0.8×1atm  答B・・・酸素の分圧 2.4×1atm 窒素の分圧 0.8×1atm 問Aでは分圧比=体積比になりますが、問Bでは分圧比≠体積比です。 問Bではもともと異なる圧力下の気体を混合しているので 分圧比=体積比が成り立たないのはなんとなく想像はできますが 自分の頭の中で重要な前提条件の認識が欠けているのか 問いBの分圧比を3L対2Lと一瞬考えそうになり、なぜかすっきりしません。 問A・Bの答えの結果は当たり前のことかもしれませんが 分圧比=体積比が成り立たない明確な要因をシンプルに知りたいです。 (余談ですが、問Bでは、分圧比は、コックを開く前の体積と圧力の加重平均比と 一致してますが、この考え方は問題ないでしょうか?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数6
  • 閲覧数5461
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

気体の種類は無視して全体の圧力を求めます。  それが可能なのは、アボガドロの法則で、「同温同圧同体積の気体には同じ数の気体分子が含まれる」からです。 問A・・・空気を酸素と窒素の体積比が 1対4 の混合気体であるとして、 1atmの空気中の酸素と窒素の分圧を求めよ。  アボガドロの法則から、この気体の入った容器を仮想して、間に柔らかい仕切りを設けたとき、その体積比は1:4です。仕切りを取り除くとそれぞれが5の体積にあるのと同じですから、分圧は1/5 と 4/5 になります。 問B・・・3Lの容器に4atmの酸素、2Lの容器に2atmの窒素が入っている。 温度を一定に保ってコックを開いたとき、酸素と窒素の分圧を求めよ。  気体の種類は無視して、圧力を求めます。   (4(atom) × 3(L) + 2(atom) × 2(L))/(3 + 2)L     (12 + 4)/5 = 16/5 atom 体積は 5L  気体の量は、圧力×体積 ですから、物質量(分子の数)は、4×3 : 2×2 = 12:4ですね。  圧力と全体の体積、および分子数の比が分かっているので問Aと同じ計算になります。 12:4 から 全体に対する比は、12/16 : 4/16 ですね。圧力は 16/5 atom でした。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

また、さらに10歩ほどわかってきました。 特に、最初の3行と、気体の量=圧力×体積、という考え方が私の意識には足りなかったようです。 実は問Bの解法はもともとはボイルの法則を利用して分圧を求めた後、全圧を求める手順になっておりました。 ORUKA1951さんのように問Aと問Bを統一的に見ることでかなり見えてきました。 さらに熟考してみます。感謝します。

質問者からの補足

物質量の比=(圧力×体積)の比 というとらえ方で問題ないでしょうか? それとも、物質量=圧力×体積 がいえるということでしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

No.3です。 >物質量の比=(圧力×体積)の比 というとらえ方で問題ないでしょうか? >それとも、物質量=圧力×体積 がいえるということでしょうか?  気体に関しては!! ★同温同圧同体積の気体には、同じ数の気体分子が存在する。アボガドロの法則 ★気体の体積は温度(絶対温度)に比例し、圧力に反比例する。  の二つだけ覚えておけばよい。  [気体の状態方程式]--今回は関係ないけど、それぞれの関係は   PV = nRT  P:圧力 V:体積 T:絶対温度 n:物質量 R:気体定数  アボガドロの法則は兎も角、気体の状態は感覚的に理解できると思います。 >物質量の比=(圧力×体積)の比 というとらえ方で問題ないでしょうか?  PV = nRT から  n = PV/RT   = r PV/T ← r = 1/R    物質量は、体積と圧力に比例し、温度に反比例する。 >物質量=圧力×体積 がいえるということでしょうか?  n = r PV/T   (圧力×体積)/温度 に定数をかけたもの-- =じゃなく比例する。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

念のために確認したかった追加の質問ですが 状態方程式の変形でよくわかりました。 完璧です。感謝します。

  • 回答No.5

更に言うなら、 逆に言うと、温度が変わっちゃうならこのような考察は成り立たない、ということです。 質問者様は無意識のままに、温度に対する考察が欠落(脱落)しています。 現実問題として問題の中で温度が変化しないので、(本来は思いを馳せなければならないのに)忘れてしまっていて、また、偶々そのことが正解を導き出すのに不要なので、間違えずにすんでいるだけ、です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な時間をありがとうございます。 ただ、実は私の感覚はそれとは全く逆です。 温度が一定で単純化されすきでいる問題だからこそ、いろいと悩むのです。 逆に温度が変化するほうが全体像はつかみやすくなる可能性が高いかもしれません。 それといままで公式は暗記したことは無いです。 公式を覚えるだけならいつでも可能ですので。 逆に今回は公式を脇に置きすぎたため 状態方程式の変形という作業には自分ではいきつけませんでした。 もちろん公式の把握はしてますが 直感的理解と本質を知りたいですので そのような説明が望みではないですし、 公式から説明されても私にはよくわかりません。 何しろ科学音痴ですから。 むしろ公式の前提や中身の真の意味が知りたいためにいろいろと勝手な妄想を思い巡らしました。 極端に言うと公式にはいつも疑念を持ってます。 詳しくは私のプロフィールを参考にしてください。

  • 回答No.4

>物質量の比=(圧力×体積)の比 >物質量=圧力×体積 PV=nRTですからn=(1/RT)・(PV) 温度が一定ならn=定数×PV 2種類の気体を比較するとして n1:n2=(1/RT1)・(P1V1):(1/RT2)・(P2V2) ですから、T1とT2が同じなら・・・・・ 質問者様は、知識として物事を丸覚えするだけでなく、物事を別の角度から眺める訓練をつまれるのが良いかと思います。<<<嫌味、じゃないですよ 頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • NiPdPt
  • ベストアンサー率51% (383/745)

>問Aでは分圧比=体積比になりますが、・・・ そうでしょうか?混ぜてしまえばどちらも体積は同じです。結局、あなたの言う体積比というのは、混ざっているものから混ざっていないものを想像した状態、あるいは混ざっているものを仮想的に分けた状態を想定しているわけで、そういった状態において、圧力を一定にした状態を想定して両者の物質量を比較するのであれば体積比と言うことになり、体積を一定にした状態で物質量を比較するのであれば圧力比(あるいが分圧比)と言うことになります。いずれにせよ、体積比とか圧力比というのは、物質量を比較するための手段であり、圧力を一定にして考えるのと、体積を一定にして考えるのとの、どちらをしたいか、あるいはどちらが便利かというだけの話です。結局は、仮想的な議論を続けているんです。 問Bであれば、体積を同じにして分圧を見たいわけですから、酸素に関しては、3L、4atmのものの体積を5Lにすれば圧力はどうなるかという話です。窒素に関しては、2L、2atmを5Lにするだけの話です。酸素と窒素の間に反応は起こりませんから、両者を別途に考えることができます。 >(余談ですが、問Bでは、分圧比は、コックを開く前の体積と圧力の加重平均比と 一致してますが、この考え方は問題ないでしょうか?) 意味がよくわかりませんけど、おそらくそれで正しいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ヒントになりそうです。 熟考して補足入力させて頂きます。 感謝します。

  • 回答No.1

気体の状態方程式を考えてください。 同じ物質量でも、気圧が変わったら体積が変わると思いますが・・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はい、混乱の理由はまさにそのあたりにあると気づいてはいるのですが、まだ、すっきりしないので熟考中です。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 混合気体の体積の求め方について

    混合気体としての空気のそれぞれの体積の求め方をおしえて下さい。 問題 0℃1atmの空気が22.4Lあるとき、この空気中の酸素と窒素の体積はそれぞれ何Lか。 空気は酸素:窒素=1:4の体積比とする。 どちらも22.4Lではないのはなぜですか?? 教えて下さい。

  • 混合気体と分圧です

    2リットルの容器A、3リットルのようきBがコックのある細いガラス管で連結している。コックを閉じて容器Aに水素を入れたところ圧力は3×10五乗パスカルであった。また容器Bにヘリウムをいれたところ、圧力は2×10五乗パスカルであった。温度一定でコックを開いて気体を混合させたときの各気体の分圧と全圧をもとめよ。 答えを出す過程では、容器AはV=5/2なのでP=2/5、 容器BはV=5/3なのでP=3/5 となっています。 この意味がわかりません。Vは体積の比からだすのはわかるのですが、Pが逆数をとる理由がわかりません。進路変更をしたため、この範囲の授業を受けておらず、解説だけでは理解できません。わかりやすく説明していただけたらありがたいです。

  • 混合気体 体積比 意味

    高校の化学について質問です。 問題の中に「窒素と酸素の体積比が3:2である混合気体を20℃、1.0×(10)5Paで1.0Lの水と接触させた」( (10)5は10の5乗だと思ってください;)という文がありました。この「体積比」は、混ぜる前の、圧力と温度が等しい状態の窒素と酸素の体積比ということですか? ちなみに容器に入っているというようなことは書かれていませんでした。

  • 分圧。

    酸素と窒素がそれぞれ21%、79%の体積比で混合した0℃、1atmの空気がある。0℃、1atmのもとで1Lのもとで1Lの水に酸素は49ml、窒素は23mlとける。 この空気と接している水1Lに溶けている酸素の体積(ml)を標準状態に加算した値は? という問いで、解答で『酸素の分圧は0.21atmなので・・・以下省略』というところがありました。でも、疑問があります。物質比が21%、79%ならわかります。でも体積比でなぜ0.21atmが出せるかがわかりません。どうやったらだせるのですか?

  • 混合気体の圧力について

    コックで連結された三つの容器に気体A,B,Cが満たされている。 Aは1atm,3L Bは4atm,1L Cは2atm,2Lである。 コックを開いて、均一な混合気体とした。通常は反応しないが、 何らかの方法で反応を起こさせると、A 1molとB 3molが反応して、 2molの気体が生じる。コック部分の容積は無視するものとする。 1、混合気体が反応しない時、気体Cの分圧は? 2、AとBの間で、少なくとも一方が完全になくなるまで反応が起こり、   気体Dが発生する時、反応後の混合気体の全圧は? 3、2の時のDの分圧は?未反応のAまたはBの分圧は? こんな問題なんですが、 1は、P1V1=P2V2より、 2・2=X・6 X=0.667と出たんですが、これであってるでしょうか? その後の問題は手つかずなので、答えまでの導き方を教えてください。

  • 混合気体について

    混合気体中の各成分については 物質量の比=分圧の比=体積の比 が成り立つ。 とありますが、例えば同じ容器に酸素と窒素(十分低圧・高温とします)を入れたとして気体の状態方程式より PV=nRT ここで同じ容器ということでV・Tは等しく、またRも等しいことからP=nが残り、二つの気体について分圧の比=物質量の比ということは分かりました。 ではどうしてこれにさらに=体積比をつけることが出来るんでしょうか?そもそもこの考え方が間違っていたんでしょうか?正しい考え方を教えてください。よろしくお願いします。

  • 混合気体の問題です。

    大学の入試問題です。 コックで連結した容器内1.0Lの容器Aと容器2.0Lの容器Bがある。コックを閉じた状態でAに窒素を0.1mol,Bに酸素0.2mol入れ,容器ABともに27℃に保った。 気体は理想気体[8.31×(10)3](Pa.L/K.mol)として取り扱えるものとする。 問. コックを開けた状態で容器Aを27℃,容器Bを127℃に保った。十分時間が経過しているものとして,容器Aに入ってる気体の物質量を有効数字2桁で求めよ。 という問題の求め方がわかりません。 コックを開けた状態では温度は混ざらないのでしょうか・・・。 ちなみに,前の問では 容器A内の圧力[2.493×(10)4≒2.5×(10)4]Pa コックを開いて両気体を混合したときの窒素の圧力[8.3×(10)3]Pa を求めています。

  • 混合気体だからなの?

     体積可変のシリンダーがある。ピストンの質量は無視できる。この中に、窒素と酸素を体積比4:1に入れた。このとき、体積は27℃で24,6リットルであった。大気圧は1.0×10*5paとする。  27℃から127℃にあげても窒素の分圧は27℃のときの分圧と等しいのはなんで?いろいろ考えて、混合気体の変化は、温度変化だけではダメなのか?とか、気体の状態方程式でいうとどこが一定の状態かわからなくて・・・・。丁寧に教えてください。(27℃のぶんあつはだせます。)

  • 気体の状態方程式で・公式から気体分圧を求めるには?

    いつも大変お世話になっております。 またしても悩む事が出てきたのでお聞きいたします。 問)体積比が2:1の割合の水素と酸素の混合気体40gを17℃、 において60Lの容器に封入したとき、この中の水素、及び酸素の分圧を求めなさい。 得られた気体の情報● 体積比=2:1 気体の重さ=40g V・体積=60L T・温度=273+17=290 R・気体定数=0.082 n・モル数=?(H=1・=16) PV=nRT P=nRT/V n=気体の重さ/分子量 この「分子量」をどう求めればよいのか… 求めた全部の圧力を2:1に分ければよいのだとは分かりますがTT ?×2/3 ?×1/3 ?の前に挫折…解答では平均分子量を使ってますが、使う意味がわからないので TTそこの辺りの説明など頂けると嬉しいです^^; 正解等はH2=0.88atm     O2=0.44atm だそうです。 よろしくお願い致します。

  • 高校の化学「分圧」について

    「27℃,1.0atmにおいて2m^3を占める空気がある.空気の体積組成を窒素80%,酸素20%とする.この空気中の窒素の分圧を求めよ.」 と言う問題に答えがなかったので質問します. 1.0*80/100=0.8 より0.8atmでいいのですか? (理想気体の場合,体積の比はモルの比と同じで・・・というようにしました.)