• ベストアンサー
  • 困ってます

マイケルソン・モーリーの実験の正しい解釈を教えて。

MM実験から、光速不変が証明されたとする考えがありますが、 また一方で、光速不変を証明した実験ではないとも言われて いるようです。 どっちが本当なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数373
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#208392

>光速不変を証明した実験ではない だって、光の速度を別の座標系から測定したわけじゃないでしょう? マイケルソン・モーリーの実験が言っているのは、地球はいつもエーテルに対して静止しているか、エーテルなんてものは存在しないかどっちかだ、ということです。 地球がエーテルに対して常に静止しているというのは、かなりアナーキーな考えで、もしそうなら、地球の周りを太陽が回って、さらに、地球が自転しているんじゃなくて、宇宙のほうが回転しているということになります。 だから、エーテルなんてものを前提せずに考えるほうが、よっぽど確からしいように見えます。 本当は、マイケルソンはエーテルの風を捕まえるために実験したんですけどね。 本人にとっては、とんだ大失敗な実験だったのですが、エーテルの存在が広く認められていた時代にあっては、まさにコペルニクス的転回を引き出した実験だったのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

久々にさわやかな気持ちになりました。 この結論で、何の問題も生じませんね。 有難うございました。

質問者からの補足

>光速不変を証明した実験ではない >だって、光の速度を別の座標系から測定したわけじゃないでしょう? >マイケルソン・モーリーの実験が言っているのは、地球はいつもエーテルに対して静止しているか、エーテルなんてものは存在しないかどっちかだ、ということです。 >エーテルの存在が広く認められていた時代にあっては、まさにコペルニクス的転回を引き出した実験だったのです。 素晴らしく論理性のある解釈です。 とくに、 >だって、光の速度を別の座標系から測定したわけじゃないでしょう? が、パンチ力のある指摘です。

関連するQ&A

  • マイケルソン・モーリーの実験について

    光速の実験として「マイケルソン・モーリーの実験」があり、地球の公転進行方向に発射する光と、進行方向に垂直方向に発射する光の各反射光の干渉を取ることによって測定するものです。 進行方向に垂直な光は、地球の公転速度の影響なし。 進行方向に発射した光は、反射鏡に向かう時は、(光速+公転速度)、反射鏡で反射された光は (光速―公転速度)となり、相殺される。 従って、垂直方向の到達時間と、進行方向の到達時間は、同じ時間になり干渉が起きない。 この装置は、最初から間違っているように思われます。 御教示下さい。

  • ブレッチャーの実験が光速不変を証明している話も嘘?

    相対性理論の教科書に載っているMM実験が光速不変を 証明している話は嘘だったと判明しましたが、 (http://okwave.jp/qa/q7751424.html それでは、教科書に載っているもうひとつの実験、 ブレッチャーの実験も光速不変を証明している と言う話も嘘なのでしょうか? この実験の詳細をご存知の方、真偽のほどお聞かせください。

  • MM実験が光速不変を証明している話は嘘?

    MM実験(マイケルソン・モーリーの実験)が、光速不変を証明していると言う話は、嘘だと聞いたことがあります。 その真偽のほどを教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

いや, そこまでアナーキーに考えずとも, 光行差か何かと矛盾するんじゃありませんでしたっけ>#1. 実際, 最初は「閉じた研究室でやったからうまくいかなかった」と思っていたとかいう文章を読んだことがあります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • MM実験からは、相対論の正しさは立証されない?

    先の質問で↓ http://okwave.jp/qa/q8065977.html MM実験は光速不変を証明しては居ないと言う 結論を得ました。 では、相対論は何を根拠に「正しい」とされているのでしょうか?

  • マイケルソン・モーリーのエーテルの実験について

    マイケルソン・モーリーは、「エーテル」という光を伝える媒質が宇宙空間(?)に満たされている、という当時の仮説を証明するために、ハーフミラーの実験を行ったそうですが、どうしてそのような実験を行う必要があったのでしょうか? 光が真空を伝わっているのを観測できる時点で(例えば星の光など)、真空中には光という波を伝えるなんらかの媒質が"存在する"ことは確定しているので、わざわざ存在を証明するまでもないように思います… そのために、「地球の公転(速度v)向きに発せられる光(光速c)を地球上から観測するとき、光の相対速度がc-vとなったならばエーテルが存在することになる」、という説明が理解できません。 どなたか教えてください。 ちなみに、下記の本を読んでいて疑問に思いました。 「高校数学でわかる相対性理論」(講談社)

  • MM実験は光速不変を証明していますか?

    以前の質問の蒸し返しになり、恐縮ですが、 http://okwave.jp/qa/q7751424.html てっきりこのベストアンサーで、結論が出たと思って いたところ、異論が出ましたのどうしても、決着を つけて前に進みたく思い、同じ質問を提起しました。 MM実験が「光速不変を証明していない」、に納得の 行かない方、どうぞ理由、根拠をお聞かせください。 (異論:http://okwave.jp/qa/q7755656.html

  • 光速不変の根拠となる実験

    特殊相対性理論で光速は不変であると定義されていますが、それを証明する実験の内容と結果について教えていただけませんか? この「光速は不変」について今までこのカテゴリーでいろいろ議論されてきましたしその回答にある関連サイトにも行きましたが、その根拠について納得できる説明にたどりつけません。 ちなみに私は化学系出身なので詳しい相対性理論を習っていません。

  • マイケルソン干渉計の光源(レーザ以前)

    マイケルソンは干渉計実験で光速不変を確認したとき、どのような光源を使ったのでしょうか? いまどきはレーザですが、当時は十分コヒーレントな光源は難しかったはずです。フィルタか何かで自然光を単色もどきにしても、コヒーレンス長はミクロンクラスしか無いのではないでしょうか?その程度で原理的に問題ないということなのでしょうか? そのへんの事実と理屈がどうも飲み込めず、webで検索しているのですが、適当な情報源が見つかりません。

  • この実験の有効数字の扱い

    この実験の有効数字の扱い とある実験をして次のようなデータを得ました。 長さ(mm) 長さの2乗(mm^2) 181.5   32943.3   104.9   11004.0 85.0    7225.0 70.0    4900.0 57.7    3329.3 46.3    2143.7 37.4    1398.8 35.2    1239.0 30.2    912.0 25.1    630.0 ここで、長さの2乗をしたものは有効数字の考えに沿って、 7225.0なら723ですよね。 912.0なら912ですよね。 そうなると急に数が増えておかしくなっちゃうのですが・・・ どう対処すればよいのでしょうか。

  • マイケルソンの実験(空気の屈折率を求める)について

    マイケルソンの実験に関しての質問です。 「空気の屈折率と密度が比例するという関係を用いないで、空気の屈折率を求めるにはどんな実験をすればいいか」という問題が分かりません。真空を上手く利用するのかなとも思ったのですが、具体的な方法が分かりません。教えてください。

  • マイケルソン・モーリーのエーテルの実験について質問

    http://www.px.tsukuba.ac.jp/home/ecm/onoda/butsurib1/node78.html 図(8.1.2)の装置を90度右回りさせると、 t1-t2の値が負になります。 しかし、それにともなってt1-t2が2倍になって光路差が2倍になるのはどうしてでしょうか? どうしてt1-t2が2倍になるのか教えてください。

  • 話題のニュートリノ実験、光速のほうは疑わないの?

    これってニュートリノを測っただけで、光は測ってないですよね? つまり、光と一緒に 「よういどん」 させてはいないですよね? 現在(真空中の?)光の速度とされている値と比べて 「超えた」 って言ってるだけなんですよね? でも聞こえてくるのは 「光速を超えた」 ばかりで、「光速は正しいのか?」 の話は一つも無いのですが、現在光速とされている値は、全く疑う余地のない完全無欠な値なのでしょうか? 「光速を超えた」 と同じぐらい 「光速は正しい?」 も(むしろこっちの方が)疑わしいと思うのですが、どうして光速の値を疑問視する話題は聞こえてこないのでしょうか? もちろん一番疑わしいのは話題の実験の結果自身だとは思いますが、仮にこの結果を正しいとするなら、「超えた」 ではなく 「光速はほんとか?」 のほうが普通じゃないかと思うんですが、なんでこうなるんですか? 光速とされている値は、そんなに 完全無欠 な値なのでしょうか? あぁ ヒマな時にでも よろしくお願いします。

  • 物理学は正しいのでしょうか?

    初めまして、 少し生意気な質問をさせて頂きます。なにぶん素人ですのでご了承下さい。 いつも参考にさせて頂いております。 いつも思っていたのですが、WEBや本などでは必ず物理法則は正しい、実験結果が証明している。などが必ず前提になっております。 例えば光速は不変で実験結果からもそうである。 などとありますが、これは間違いが無いと言う決め付けている所が納得いきません。もしかしましたら、ただの近似値を見つけただけかもしれないと思うのですが・・・ 全ての物理法則、時間とは何なのか?、何故、光速度は常に一定なのか、重力とは?などまだ解らない事が沢山あると思うのです。そうしますと”結果そうなる、何故なら物理法則がそうなっているから(実験結果)”などと言われても”はいそうですか!”とはならないと思います。私自身そうです。 今解っている事はこうで、但し違うかもしれない!(ただの近似値)今の物理学では数式化するとこうなる!。と一言書くべきではと思います。 ですので今の物理学は完全では無いが解っている範囲では正しいと思う!。と書くべきだと思のです。 私のような素人には、この一言がすごく重要だと思います。この一言で”光速度は不変”との内容も受け入れやすいと思うのですが、何故記入しないのでしょうか?。それともやはり私の解釈は間違っているのでしょうか?。 生意気な質問ではありますが、私のにとっては凄く大切な部分ですのでご意見宜しくお願いいたします。