-PR-
解決済み

靴下の綿100%と混合の物ではどう違いがあるのですか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8056
  • 閲覧数1147
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 20% (7/34)

 この度 靴下を用いた研究を行うことになったのですが、
あまり綿100%の靴下は売っていないようなのです、綿の方が吸水性に富んでいるような気がしますが、
混合製品が多いのには何かわけがあるのでしょうか。
値段 素材の強さ 菌の繁殖 等について何でも知っていることがあれば教えてください。
また、このようなことを質問できる施設等ないでしょうか? お願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

生地的な事について

靴下というのは編んでつくりますので
綿ばかりだとどうしてもごわごわしてしまうのでしょう。
そして綿は汚れがつきやすいんです、そして洗うとかなり縮むのも綿です。
おっしゃるように、綿は吸収性もありますが、乾きにくいです。
ポリエステルは乾くのが速い、汚れにくい、縮みにくい、
などがありますが、これもポリ100%だとまた使いにくいこともでてきますので(綿と正反対)、どっちもの弱点を補おうとするのが、大半の混紡の目的でしょう。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

靴下についてですが、綿100%だとk通水性が高いのももちろんですが、通気性の点でも混合製品よりも上です。
 だから、水虫対策に、綿100%の物がよく用いられますしあと、絹100%の物も同じような機能を持ちその上
肌触りの点でも優れていますよ。(でも、お値段がちょっと高いですよね)
 それに対して混合の物は、コストの点で、安く上がるとか、柄などを入れる際、きれいに、色鮮やかに仕上がっているように思います 
 菌の繁殖についても、抗菌、消臭靴下などが、出回っています。が、菌じたいは、人に繁殖する物なので、やはり
通気性、吸水性の高い物の方が、繁殖は抑えられると思います

このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ