• 締切済み
  • 暇なときにでも

天皇制について?

明治維新の前の士農工商制度のもとで 天皇陛下や皇族の身分はどこに分類されるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数226
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.7
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21842)

士農工商という身分制度があったというのは 誤りであることが判っています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AB%E8%BE%B2%E5%B7%A5%E5%95%86 士農工商というのは、中国から来た思想です。 制度ではありません。 士農工商の士というのは、科挙の試験に合格した 官僚のことです。 これが日本では武士とされました。 士農工商は、儒教に基づく思想で、国家に対する 貢献度が高い順に、職業を並べたものです。 士というのは、政治を司る職業で、これが一番 国家に貢献している、という考え方です。 この思想において、天皇や皇族は士農工商の外に あります。 簡単にいうと、士農工商という思想の上の存在です。 士農工商の外にあって、下の存在に芸人などが いる訳です。 だから、昔は芸人のことを河原乞食と呼んだり したのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11762)

士農工商…そんな制度が存在した事は日本の歴史上はありませんが…?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 江戸時代に士農工商という身分制度があったという見方は誤りです。支配階級である武家には厳格な身分制度がありましたが、朝廷(公家社会)は武家社会とは別の体系に属していました。農工商の間には上下の身分差はありません。こうした認識の変化は最近のことなので、30代以上の世代では、まだ士農工商が身分制度のことだと思いこんでいる人が多いでしょう。  もちろん、江戸時代の社会では家格が重要で、公家や武家だけでなく、町民や農民でも家格の上下が基本的な社会の秩序を規定していたことはたしかです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B6%E6%A0%BC  公家や武家の序列は官位で表されるので、天皇や皇族が最上位に位置するわけですが、その行動は幕府の統制下にあったので、あくまで象徴的な序列だというのが近いでしょう。   なお、僧侶や神官も別格でしたが、寺社奉行の統制を受けていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

 こんばんは夜分に失礼します。この「士農工商穢多非人」との身分秩序の形は「職業に基づく身分階層の区分方法」といえます。  天皇家にはこれらの「職業」がありませんので、これらの身分階層序列には位置付けることもできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ithi
  • ベストアンサー率20% (1909/9397)

hiromititanさん、こんばんわ。 皇族や天皇はたぶんどの身分にも属さないでしょう。というのも天皇の命によって皇籍を離れる際に苗字をもらって、例えば村上源氏、橘氏、桓武平氏のように臣籍降下という手続きを踏んでやっと日本(臣民)国民になれるのですから、江戸時代では特に宮様と呼ばれ、お公家様でもないでしょう。 詳細な説明はこのURLを参照してください。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai4/4siryou1.pdf#search='%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%99%9B%E4%B8%8B%E3%82%84%E7%9A%87%E6%97%8F%E3%81%AE%E8%BA%AB%E5%88%86'

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#179836
noname#179836

そんな制度、ありませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4694/9881)

どこにも入りません。士農工商の上。 士農工商の上にも下にも人はいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 天皇制

     民主主義制度に反する天皇制を,明治維新政府の国内統治のために存置させるならまだしも、太平洋戦争の敗戦によって、良し悪しは別として、民主主義制度が導入されたのであるから、連合軍、特に米国の日本統治のための例外として残した制度を、天皇は文化的な存在だからなどの理由により,憲法改正が叫ばれる昨今、何故その廃止の議論がおきないのか。  憲法で,最も重要な基本理念である、人間は生まれながらにして自由、平等であるという理念を否定する制度を戦後五十数年たった今、何故、存在させなければならないのでしょうか。

  • 天皇陛下の東京行幸について教えて下さい。

    天皇陛下は明治維新時の二度にわたる東京行幸で二回目以降ずっと東京に留まっているのは何故でしょうか? 一千年もの間京都御所におられた日本国の象徴が京都に戻らない(戻れない?)訳を知りたいです。識者の方、宜しくお願いします。

  • 天皇制について

    天皇制が存続する理由は、伝統であることのみに依るのでしょうか? 憲法は改憲出来るため、憲法に、天皇陛下が日本国の象徴であると明記されているから、という理由は理由にならないので、いりません。 こてこての国粋主義者のつもりが、この質問を読んで、ふと、なぜ天皇制が制度上正当に存続する理由はなんなのかとかんがえてしまいました。 みなさんのお考えを知りたいので、アンケートのカテゴリで質問致します。

  • 天皇制って必要ですか?

    天皇家は万世一系? 天皇家の血統が何度か変わっているのは明白な史実だそうです。 又、皇族に朝鮮系(韓国、北朝鮮)の血統があるのも明白で、 事実天皇も認めている発言をしています。 なのに、万世一系と信じてる人が多いのは何故でしょう? 朝鮮系の方々を目の敵の様な扱いをする一部の差別主義者や天皇崇拝者は この事実を知らないのでしょうか? もしくは、知っていてもあえて無視しているのでしょうか? 又、私は天皇制に反対でも賛成でもありませんが、 マスコミなどが宮家の人間に陛下とか殿下とか様とか 付けて呼ぶのは何故でしょう? 天皇、皇后、皇太子、妃、宮だけで充分敬語になっていると思うのですが・・・

  • 「天皇陛下」という呼び方にとても違和感があります。

    「天皇陛下」という呼び方にとても違和感があります。 明治期に制定された皇室典範により、天皇・皇后に対しては「陛下」という呼び方をすることが 規定されているそうです。 しかし、そもそも「陛下」という語は、天皇に対して上奏をする際に文書中で天皇を指し示す語で あったということです。 すなわち、天皇ご本人に上奏するなど畏れ多くて無理なので、「陛下」、つまり玉座へ続く階段の下、 にいる取次ぎの従者に対して申し上げるという形式をとっていたとのことだと思います。 同様に、文書中で天皇の事を指し示す場合は文書の種類に応じて 「天皇」「天子」「皇帝」「陛下」などを使い分けていたのですが、 (これは大宝律令?に定められているらしいですが) 発音する場合は全て「すめらみこと」と発音したといいます。 そもそも、日本の統治者の日本語での呼び名は「すめらみこと」であったのが、 自国に文字が無かった為に漢語で「天皇」「天子」など相応しい文字を当て字にして 表記したのでしょう。 また、天皇を呼ぶ際には他にも「御門」や「禁裏様」などが用いられ、 いずれも婉曲表現として天皇がおわします場所を呼ぶことで 天皇ご本人を表しているものです。 これらの様な事を考えますと、明治の皇室典範にあるように 天皇に「陛下」という称号を付けてお呼びすることは、どうにも不自然な気がします。 まず、「陛下」とは上奏という特定の状況において、天皇を指し示す語であり、 言葉本来の意味は「取次ぎの従者がいる場所」です。 上奏文の中で「陛下に申し上げる」というのは至極妥当ですが、 現代のように天皇ご本人に対して「天皇陛下」と呼びかけるのはどうなのでしょう。 いわば、天皇ご本人に対して「天皇の階段の下の従者」と呼びかけているようなもので、 むしろ失礼ではないでしょうか。 また「天皇」を「テンノー」と音読みする様になったのも同様に明治期からであるとのことです。 本来やまと言葉では「すめらみこと」が正しいはずです。 他にも天皇が軍服を着たり、人前に姿を表したりと、 明治期には天皇に関する事に対して多くの伝統破壊があったのではないかと思っています。 もちろん西欧列強に対抗する為の政策として必要であったのかもしれません。 ただ、明治維新の立役者の多くが下級武士で有った事を考えると、 「陛下」という意味や用法も良く知らずに決めたのではないかとも思えてしまいます。 言葉は変わっていくものだ、と言われればそれまでですが、 国の最高位の方に対する呼び方ぐらい、自国の伝統的な言葉でお呼びしたいものです。 また、右翼や国粋主義の人達が主張する「伝統的な」日本とは、 多くの場合この様な明治期に作られ、昭和初期にかけて強化された作られた日本像 であると思います。 そのくせ、「2000年以上の皇室の伝統」とか「万世一系の天皇陛下」などと さも古来からの伝統であるような言い方をします。 「てんのうへいかばんざい」などというやまと言葉が一切ないフレーズを 「日本人の心意気だ」などと言います。 本当の日本の伝統とは、そのようなものではなく、明治維新が起きる前の 日本の姿なのだと思います。(良いか悪いかは別にして) その中で天皇は「すめらみこと」であり「禁裏様」と呼ばれ、お歯黒をし、 京都の宮中でひっそりと雅の世界を守っていたのではないでしょうか。 もちろん権力などは無かったでしょうが、少なくとも、現在の今上天皇のように、 自由を全て奪われ、国家の為に決められた仕事をひたすらこなし、 内閣の命令に従い、さらに崩御なさるまで引退も許されないといったような、 (ご無礼を承知で言えば)まるで奴隷のような状態ではなかったと思います。 昨日の文化の日、役人が決めた文化勲章受章者に対し、モーニング姿で勲章を親授される 「天皇陛下」の姿をテレビで拝見し、その様に感じました。 質問が分かりにくくなってしまいましたが、「てんのうへいか」という呼び方に対して、 詳しい方のご意見をお聞きしたいです。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 天皇制についてどう思いますか?

    中3です 天皇が国の象徴だとしている時点で間違いだと思います。 イギリスやサウジアラビアみたいな国ならまだ理解できますが。 マスコミは皇族一家に過剰な敬語を使用していますね。 天皇制は階級制度を作り出しているのではないのでしょうか。 天皇を含め人間は皆平等です。 右寄りの人は否定するでしょうけど、私からしたら金正日などのように思えます。

  • 【天皇陛下】

    【天皇陛下】 ×「天皇陛下が辞めたいって言ってる」 ○「自分が高齢なため、いろいろな面で国民に迷惑かけるんじゃないかと天皇陛下は思ってる」 天皇陛下は神格化を辞めたいと言っている。 天皇陛下は自らを神ではなく人間の一人だといういう意思を持って会見の場に出演された。 なぜそれが分かるか? 天皇陛下は自らの姿を真正面から撮影するように指示した。 今までは真正面を向いて撮影させることは無かった。 神なので真正面を向いた撮影は出来なかった。 要するに天皇陛下は ○「自分が高齢なため、いろいろな面で国民に迷惑かけるんじゃないかと天皇陛下は思ってる」 は間違いで、 ×「天皇陛下が辞めたいって言ってる」 が天皇陛下のご好意である。 天皇陛下の気持ちすら理解出来なかった日本人。

  • 武士道と天皇制を重視する理由を見つけたい。

    20歳の大学3年です。普段からお年寄りや政治家、官僚のような教養高い人々と接しているため、私には昔の武士道や天皇制を重視するのが当たり前と言う考えがあります。これは同世代から古臭いと言われます。 しかし、今の思想のない社会だからこそ、モラルのない社会人が増えているからこそ、昔の武士道(私が言う武士道は新渡戸『武士道』や『葉隠』で述べられているような忠義)の善かった点を現代に再興し、後世に日本人の誇りを伝えていけないかと思うのです。 また、天皇制についてですが、私は天皇陛下が現人神さまではなかったにせよ、日本の象徴であることには間違いないから、日本男児として天皇陛下に敬意を示すことは当然であると考えています。 その一方で、国文学専攻で教養の高い大学生から言われることがあります。 「君の言う武士道と天皇崇拝は、一歩間違えれば太平洋戦争時の暴走やオウム真理教の暴走になりかねない」 確かに、彼の言うとおりです。いい部分があれば、封建的価値規範である以上は悪い部分もある。 主君(家督、天皇陛下、または国家)に尽くし忠義を果たすという精神は、極端になれば昔の日本の失敗に逆戻りです。 では、なぜ私は武士道と天皇陛下への敬意を重要視しているのか。その答えを見つけたいのです。 精通しておられる方、よろしくお願いします。

  • 天皇家の紋章

    天皇家の紋章というと菊の御紋が知られていますよね。 あと、桐もよく知られていますね。 あんまり知られていないのが「日月紋」だと思うのですが、これは天皇陛下以外には使ってはならないのでしょうか?(社会通念上) 16枚花びらのある菊紋も陛下以外は、皇族すら使えないと聞いた事があるのですが・・・ どうなんでしょうか? 畏れ多くも菊紋を使っている家は、天皇家と関わりがあるのでしょうか?

  • 天皇陛下バンザイとは何ですか?

    天皇陛下バンザイとは何ですか? 即位の礼で安倍総理がバンザイしていましたが、天皇陛下バンザイということですよね。 天皇陛下バンザイ\(^o^)/とはどういう意味ですか? 我々も天皇陛下にバンザイしなければ不敬罪で打ち首なのですか? 天皇陛下バンザイ\(^o^)/ 天皇陛下バンザイ\(^o^)/ 天皇陛下バンザイ\(^o^)/ こうすれば何か救われるのですか?