受験サプリ 塾に商売敵では?

なかなか画期的な受験サプリなるものが登場しましたが、塾等にとって大きな敵になるのでは?

nightcell01 さんからの 回答

  • 2013-03-30 13:47:59
  • 回答No.2
nightcell01 レベル13

ベストアンサー率 43% (471/1074)

敵ですね。驚異的に安すぎる。

実はDVD講義やネット配信は10年ぐらい前からLECや伊藤塾が取り入れていて成果も上げていた。
東進衛星予備校も似たようなものです。教室があるだけで本質は配信サービスだから。
サービスは目新しくはないです(笑)
ただサイト見ると、使用法はカンタンに志望校の偏差値を調べられて、問題を解くと偏差値が出る。
だから「目標までの乖離」をかんたんに視ることができる。
リクナビとかヨゼミとかの現状のシュウカツサイト、予備校HPのいいところをパクリまくった結果。。。みたいになってるけど、かなり使いやすい。
もともと技術的にはそんな難しくもないわけです。ただ数科目で50-100万円と高額だった。
伊藤塾などは使用済みDVDなどをヤフオクとかで安く売買する人に対し訴訟したり、防止に努めてました。
また「数年前のDVDは古いので使い物にならない」と吹聴したり。
毎年、試験内容に大差はないしDVDを刷ってしまえば原価はせいぜい数千円なわけで、それに100万近くかかるって理屈も意味わかんねって感じですが一応みんなそれ払ってたわけです。

TOEIC分野でZ会もやってたけど、それも月1,5万円ぐらい。
受験サプリはこれは1科目1000円ですからね・・・
国立受験者が5科目取っても月5000円。確かに安いです。
今は大手で座学の予備校自体が少ない。
同じオンデマンド講義では、これだけ価格差が開くとどうしても値段を下げざるを得ないと思う。
逆に座学や少人数に特化して高額化するのも手だろうし。


関正生なんかはもともと東進ハイスクールのカリスマ講師です。彼のDVD見るのに東進では英語1科目で10万超かかってたわけ。それが1000円ですからね・・・
既存予備校にとっては恐ろしい事ですよ。
お礼コメント
toru1945

お礼率 86% (445/515)

詳しいですね。教育に家庭の所得格差が影響する時代でこのような新しいタイプが出てくると、弱者でも這い上がれることは、よいことではありますが。
投稿日時 - 2013-03-30 19:19:29
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ