解決済み

あなたの箪笥(クローゼット)の肥やし教えてください

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7955856
  • 閲覧数226
  • ありがとう数8
  • 気になる数1
  • 回答数8
  • コメント数0

結構高かったのに、買ったときは気に入っていたのに、なぜか奥にしまわれたきり、その存在を忘れてしまっている服ありませんか?
夏物と冬物の入れ替えの度、こいつだけはクリーニングに出してもらえない。だって一度も着ていないのだから。
定番ものだから、流行に関係なく着られるといわれて買ったけど、しっかり流行遅れになっていたり素材がいいから形がかわっても立派に着られるとか思っていて、好きな色、好きな素材なのに着るとなんだかしっくり来ない。
きっとコーディネートを変えたらうまくいくと思って、書店でファッション誌をまじまじと眺め、街ゆく人で同じような服を着ている人を探す。
苦労して合わせる服を買ってみても結局シーズンの終わりになれば、またクリーニングいらず。

そういう箪笥の肥やしを教えてください。また工夫して着こなした、眠れる獅子を復活させたという感動の秘話もお持ちしています。

私の場合は

肩パッドのしっかり入ったネイビーブレザー
夏物、冬物、あわせて4着。それにあわせるグレーのウールパンツが3本。
世の中肩パッドの入ってないジャケットが主流で、とてもじゃないけど肩パッド入りのブレザーをネクタイなしで着られなくなってしまってそのまま放置。明日こそ会社に着ていくぞとおもいつつ、電車に乗るといつものスーツを着ている私。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

クレジットカードがごくごく普通になった事、
ネット通販で手軽に買い物が出来るようになった事
服などのメーカーやブランドがネット販売した事
そしてそこにアウトレットコーナーが出来た事



以上の理由と、自分が若干買い物依存症になりかけたので



1シーズン毎日1着ずつ着てもまだ新品の服が有り余る状態です。
古着屋やリサイクルショップに持っていっても二束三文だし時間がかかるし。
結局は有り余った服と自己嫌悪だけが残りました。
今は服屋に行く事すらしなくなりました。



しいて言えばお金の使い方を知る高い授業料を払って良い勉強とも言えますが。
補足コメント
noname#184677

上には上があるものだと敬服いたしました。私もかなりの買い物依存症。
服が大好きです。
買ってから、肩幅詰めたり、着丈つめたり、お直しでいじるのも好きです。
しかし、着ないでしまってある服が多くてこんな人はあまりいないだろうと
思ったらお仲間がいて大変うれしかったです。
無駄はないと思います。体系維持しておけば、流行変わっても着ればいいのだと
私は思います。
ということで敬愛の念をこめてBA差し上げます。
投稿日時 - 2013-02-26 00:13:39
お礼コメント
noname#184677

いや、恐れいりました。私も男ではかなりの衣装持ちだと思っていましたが、回答者さまの前にはただただ脱帽です。
>1シーズン毎日1着ずつ着てもまだ新品の服が有り余る状態です。
この表現実にリアルに状況が伝わってきます。部屋というよりショップに近いですね。
おそらくアウターは、季節ごとにネイビー、ブラック、ライトグレー、ミディアムグレー
チャコールグレー、オリーブ、ベージュ、オフホワイト、
素材はコードレーン、シアサッカー、サマーウール、フランネル、ツイード、レザー、デニム
コーデュロイ、ニット、ウールジャージーとりまぜて
デザインはジャケット、ブルゾン、マウンテンパーカ、コート・・・それにパンツ、シャツ、ニットが
各種囲まれているだけでも楽しそう
というか、ここまで勢ぞろいしちゃうと組み合わせ考えるだけでいい時間がすごせますね。

>服などのメーカーやブランドがネット販売した事、そしてそこにアウトレットコーナーが出来た事
そうなんですよ。これはアパレルの業界の革命ですよね。
私は保守的なんでシャツ一枚でも試着しないと買わない主義ですけど、考えてみればショップで
試着してネットで買うことも可能なんですよね。

>お金の使い方を知る高い授業料を払って良い勉強とも言えますが
そうですか?私は質問者さまが独身でいらっしゃれば、幸福なお金の使い方をなさったと思います。
ギャンブルや、風俗で浪費するのとは全く違います。服飾という現代の文化の中枢の一つを体験
したのです。ワインに何百万も金を使う人もいます。読まない本を何千冊も買い集める人もいます。
学んだものはお金の使い方だけではないでしょう。
それだけの服から自分が本当に愛するアイテムだけを残していく楽しみがこれから残っているのでは
ないでしょうか。
箪笥のこやしというには、あまりに豪華なお話ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-02-20 23:18:56
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 22% (39/170)

ショットのWライダースと、赤耳のビンテージリーバイス(502と503)。及びなんでも無い特売の501。

今でも着る気持ち満々です。しかしお腹がそれを許さない・・・。なので肥やしと言うか、努力目標の為に取って有る感じですね。今シーズンこそは着てやるぞ!的な。

特売のリーバイス501は、初めてアメリカにホームステイした時に買ったヤツです(新品)。特売と言っても現地では当たり前の事なので、日本で買うと3倍以上はしたでしょう。
ワンウォッシュのヤツが履いていくウチに程よい色に落ちて。これはどちらかと言うと思い出の為に肥やしになっている感じですね。
お礼コメント
noname#184677

ショットのライダースジャケット、ダブルのカッコよさは際立っていますね。腹が出たら前を開けて着ちゃおうなんて私ならおもうけど、バイクのりの風上に置けない野郎ですね>私。というかここだけの内緒ですが私バイクはおろか車の免許もない人なんです。
時々バイク屋の店先の革ジャンに目を奪われます。
ジーンズはローライズが出はじめて私はすくわれました。それと同時に昔の股上の深い奴は
いつの間にか消えていました。DIESELのローライズに私の下半身は救われました。
デニムの色落ち、米国生まれのリーバイス501の経年変化は、それは鑑賞に値する美しさでしょうね。

そうですね。この服を着るために頑張るというのも大切ですね。服のカッコよさに自分はもはやついていけないというのは悲しいです。 私も明日から腹ひっこめます(^^;

ご回答ありがとうございました。
御礼が遅くなってすみませんでした。
投稿日時 - 2013-02-22 23:14:30
  • 回答No.7

ベストアンサー率 15% (165/1062)

普段はカジュアルでゆる~い格好をしています。
なので、たまに気張る格好をする時は、衣類はもちろん、
靴やアクセサリー、バッグ、小物まで一式変える事になります。
うちでは、私がTPOに応じて買ったものが役目を終えた後、見事、たんすの肥やしになってます。

例えば、結婚前に彼氏(現在の夫)の親族にご挨拶するのに着たお嬢さんっぽいワンピースとか、
(5年のうちに2回くらいしか着てないけど、そろそろお嬢さんという年でもないので処分するつもりです)
友達の結婚式に着ていった衣装一式とか、
(お呼ばれの間隔が大きくあいていると、持っている衣装が古びている気がしてつい新調してしまう)
親戚の結婚式に留袖を着ることがあったとき、留袖は会場で着替えるのでいいとしても、
式場に行くまでに着ていくものが要ると思って買った、中途半端にかしこまったワンピース、
夫の実家に帰省するときは、いつものゆるゆるな格好ではNGなので、
目上の人にお会いするのに適度に畏まっていてカワイイ奥さんっぽいきれいめな衣類何組か、
(普段は着ないのに、これが増殖中です。
あ、でも、これは夫の上司の奥様とおでかけするのに役に立ったことがあるのでした。)
たんすの肥やしというのとはちょっと異なりますが、格好を変えるとお化粧も変わるということで、
きれいめな格好をした時しか使わないグロスやアイシャドーなどの化粧品が数点・・・。
こまごましているので次回使わなくてはならない時にはなくしてそうです(笑)。
バッグや靴も、最小限に抑えてはいるんですが、場所をとるんですよね~。

女はTPOに応じて化けないといけませんから、
普段は着なくても、また着る可能性があるなと思うと、捨てられず、人にもあげられず・・・。
でも、最近は、きれいめな服は習いものに行く時に着るようにしてます。
たまに買い足すだけではいつまで経っても着慣れないままだし・・・。
お礼コメント
noname#184677

すごいですね。女優の舞台衣装のようですね。演ずる時だけ出番のある服たち。うん、それは男の私にもわかる気がします。男はスーツや仕事着を着て化けていますから。仕事を頑張っていた45歳まではビジネススーツにこだわっていました。思い切り高いスーツを定価で買っていました。バブル崩壊から6年くらいたった頃に離婚して価値観がかわりましたね。服もビジネスのための服はブランド品ではあるけどファミリーセールで半額で買い休日の服装を充実させてきました。高い服は会社に来ていく服。私服はくつろげる簡単な服。だったのがビジネススーツはほとんど同じ色。ネクタイをしないジャケットこそお洒落のしがいがある服だということになったのも、再婚のための男女交際で幾度もレストランに通いバーで夜を過ごす必要があったからです。
当時、アンコンのジャケットを買う頭がなくて、しっかり肩パッドの入ったブレザーを買ってました。
それにアスコットスカーフなど首に巻いてデートしていましたから、こりゃよく相手の女性に見限られ
なかったものだと今では思います。
女性の化粧にあたるのが、男のネクタイだと思います。何か一枚バリヤーを張って本音を隠せる。
クールビズになってから男社会は本音がみえすぎちゃってうまくいかなくなったのかもしれません。

>普段は着なくても、また着る可能性があるなと思うと、捨てられず、人にもあげられず・・・。
でも、最近は、きれいめな服は習いものに行く時に着るようにしてます。

そうですね。カシミアのブレザーとかウールコーヂュロイのジャケットとか、演奏会のロビーなんかでは映える服なんですけど、なんとか着ていく場をつくりたいです。時代遅れの真面目な男を演ずるにはちょうどいいかもしれないです。
そうですか、女性はいろんな晴れ着を持っているのですね。着ることによって自分を変える。これも服飾の楽しみのひとつかもしれませんね。
知らない視点を与えていただきありがとうございました。
投稿日時 - 2013-02-21 05:46:40
  • 回答No.6

今から20年程前に夜の仕事で来ていた服が未だにあります。

あの当時の一着の洋服の金額で、ここ数年の私のパート代(1ヶ月分)がほぼ消える……と言う悲しい現実に捨てられません(笑)
お礼コメント
noname#184677

美しいドレスは貸与されるのかと思ったら自前なんですね。
学生時代、バイトでナイトクラブのボーイをやっていました。きれいなお姉さんがわざわざ寄ってきて「後ろのファスナーあげてくれない?」といわれるのが毎日の日課でした。
背中の白い肌にそれぞれの背負ったものが垣間見られたというのは嘘で、ただ童貞だった私は中途半端に興奮させられる毎日でした。

お金を稼ぐというのは、本当にやっかいなことですよね。ですからドレスは捨てたらいけないと存じます。
「箪笥の肥やしというより大事な足跡」と言ったら何も知らないくせにと笑われるでしょうが。

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-02-21 00:41:05
  • 回答No.5

ベストアンサー率 13% (47/340)

箪笥の肥やし、いっぱいあります。。(-.-;)

あ、でも、男性もやっぱりあの時代は肩パッドが入っていたんですね~知らなかった(^^ゞ

肩パッドの時代の服は、どうガンバってももう着れませんね。
でも、あの時代って結構服にお金かけてるんですよね(^^ゞ 
勿体無くて、なんとかリフォームできないものかと思ったこともありましたが、やっぱりムリです。
殆ど着てないのに、でもずーっと箪笥にしまってると、なんとなく古ぼけてくるんです。
ブランド品とかだったら、リサイクルショップで結構いい値段で買い取ってくれたりしますよ。
ずっと捨て切れずにいたマックスマーラのオフホワイトのコートや、革ジャンなんか持って行きました。

そう、結局、今一番気に入ってる服のローテーションになるんですよね(笑)
もう、ムダな買い物はしない!と固く誓っています(^^ゞ
お礼コメント
noname#184677

肩パッドおもいきり入ってますよ。ピークドショルダーとかさらには肩からはみ出すドロップショルダーなんてジャケットすたいるがありました。今でも英国調のジャケットは薄くパッドを入れています。イタリアの仕立て屋がパッドなしのスーツを出して、一気に流行しました。アンコンストラクテッド(アンコン、肩パッドをいれずに非構築的につくる)が主流になったのはここ10年くらいの話だと思います。もともとは一部のデザイナーのショーラインの仕立てだったものが服に関する解釈がカジュアルになったことでジャケットのみならず肩パッドなしの流れはスーツにまで及んだみたいです。

>でも、あの時代って結構服にお金かけてるんですよね(^^ゞ 
デフレで安くなったのは服も同じ。なだたるセレクトショップでも縫製は中国というのが当たり前に
なってしまいましたが、昔は日本製かイタリア製かを確かめていましたから、値段も一桁ちがってましたよね。
レディースは、リサイクル市場が強みですね。メンズも一頃リサイクル屋が繁盛しましたが、次々につぶれたのは、販売は好調なのに仕入れが不足したからだそうです。箪笥の肥やしはやはり女性の専売特許。
うちのカミさんもよく服を売りにいきます。委託販売ならワールドの各ブランドのものまで結構売れるみたいですね。買い取りはやはり欧州メゾンの直輸入品とかになるんだそうです。

>結局、今一番気に入ってる服のローテーションになるんですよね(笑)
僕らは、ジャケット着るのは週末だけだから、本当はワンシーズン3着もあれば十分なんですけど
着こなしを考えずに新しいジャケットがほしくなる、これは学習を怠り安易な道を選択するからでしょうね。気に入った服を深く愛してさまざまな長所を引き出す。これが難しいからついよその服に目がいく。

>もう、ムダな買い物はしない!と固く誓っています(^^ゞ
私もお供させてください。
もう買わないぞ。

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-02-21 00:21:07
  • 回答No.4

ベストアンサー率 26% (1499/5698)

 「肥し」にしている衣料はたくさんありますが、やっぱり「肥し」といえば着物でしょうかねぇ。全然着ないというほどでもないのですが、大切なパーティーに出席するとか、自宅に外国のお客様をお招きして催すカジュアルなホームパーティとか、今では着物もこんな時にしか着ることもなくなってしまいました。

 主人の実家に出入りしていた呉服屋さんが、ついでに…とばかりに時々やって来る、わざわざ遠いところから…ということで、ついつい高価なものに手を出してしまうわたし。かくして、箪笥の中にはまるで金塊のように静かに横たわったまま出番を待つ着物が…。

 中には、クルマと同じぐらいのお値段のものもあるけれど、でも、かといって、これを売りに出したら、哀れ中古車価格ぐらいになってしまう。まさに無駄の極み。

 それじゃ、これまでどれほどの効用があったのか。そうですねぇ、これまで一番ハレの時といえば、手描きの加賀友禅で、ロンドンのクラリッジホテルで催されたパーティーに出席した時かなあ。いえ、わたしはただ、招待されていた叔母の介添えでついて行っただけ。でも、レディだけでなく殿方にまで褒められて、いえいえ、着物がですけれど、でも、そんな程度しかありませんね。

 あとは、毛皮類でしょうか。サファイアミンクなんてひところ流行したけれど、温暖化してしまったわが国ではもはや着ることもない。もし、パリに持って行ったとしたら、高級すぎで、移動はすべてクルマかタクシーが必要、でないとコートごと誘拐されてしまうかも。ああ、無駄無駄無駄。
お礼コメント
noname#184677

N様こんばんわ
いや~、久々にゴージャスな秘話をご披露くださいましてありがとうございます。アベノミクスで景気回復の兆し濃厚な現在の日本。デフレで280円弁当の中身の話題が盛り上がる時代は2012年でおしまい。今年の話題は、そうです・・・・箪笥の肥やしです。
いや、箪笥の金塊。これよくわかります。和紙に包んだきものって、ずっしりと重い。

先日マンションのご近所さんからお礼を言われて、なんのことかとカミさんに聞いたら、ゴミ捨て場に総絞りの着物を捨てたら、近所の人がもったいないからいただいていくと・・所詮カミさんの親が買ってくれたものだからどうでもいいわいと思っていたら、これがえらく高価なものだとか。
まぁ、着ないものは持っていても仕方がないといいながらクローゼットの奥にはさらなる金塊が

女性はいいですね。和洋どころかその気になれば世界中の民族衣装が着こなせる。
男がやるとしてもせいぜいサルエルパンツどまり。
女性は嫁入り道具の一式として備蓄の利く衣料としてきものがある。日本中の家庭の埋蔵きものを集めてきて価値をはかったらその眠れる資産はいくらになるのでしょうか。

女性のきものに比べたら、男の着道楽など児戯に等しいと笑われそうですね。
なんだか、この質問のお答えは 目が覚めるようなお話ばかりで感動しています。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-02-20 23:38:11
  • 回答No.2

ベストアンサー率 8% (348/3984)

 こんばんは。
 若い頃買った、コート、ジャケット、ウールのスカート等が沢山あります。
 でも、何故か捨てられません・・・
 
お礼コメント
noname#184677

いやぁ、女性でも若いころの服を捨てられない方がいらっしゃるんですね。うちは私の着ない服で古いのは大抵カミさんが捨てようよというので、ダメだダメだといってゴミ箱から救出してくるのは私。
カミさんは潔く捨ててます。でも昔の服って自分の分身みたいで捨てたくないですよね。本当は捨てたほうがクローゼットが広くなるし使う服がよく目立つようになるのですが。

好きだという気持ちと使うという気持ちを分けて考えるべきなのでしょうか。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-02-20 22:21:05
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (308/834)

服ではないのですが、ゼロハリバートンのコンピュータケースが購入後1回も使われることなく、クローゼットの最上段で10年近く寝ています。
誰かほしい人いないかと思いつつ、型も古くなったので半ばあきらめています。
お礼コメント
noname#184677

いや、御心中お察し申し上げます。かわいいから、人に譲りたくない。でもなぜか使わない。バッグもそうですね。個性の強い名品ほどそういう運命を辿るのかも。
でもいいものをお持ちですね。大切になさってください。(お宝鑑定団風に)
そういえば私もTUMIのコンピュータバッグは3回しか使っていませんでした(;;)
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2013-02-20 22:10:06
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

カテゴリ

一覧 ]
ページ先頭へ