タブレット

タブレットって何ですか? ネットで調べても、難しい用語が沢山出てきて理解できないので、分かりやすく教えて下さい。

Tasuke22 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2012-12-04 03:48:39
  • 回答No.2
Tasuke22 レベル14

ベストアンサー率 33% (1799/5383)

そうですね。
タブレットは様々なものが出ていますし、タブレットPCという言葉もあるくらいで、
PCとの境界線も曖昧かも、ですね。

iPod touchが今風のタブレットのハシリではないでしょうか。
それにiPadも正にそうですね。
今のスマホ(スマートフォン)も電話機能が無ければタブレットです。

まあ、板状であることを前提としていますから、キーボード等のものはオプションで
あっても、基本スタイルでは無し。
従って、画面がタッチパネルであることが必須となります。

ここ数年、様々なものが出ています。
最近は画面の大きさが7~8インチのものが熱を帯びているように思います。
Google社のNexus7が7インチ、Apple社のiPad miniが8インチ弱。

私も東芝の7インチのREGZAタブレットを使っていますが、今までノートPCで行なって
いたことが、かなりタブレットに移り、またタブレットではならのことも増えています。

持ち運びがノートPCに比べて、軽くて小さいのでラクです。
かと言って、スマホのように小さいものは、例えば読書とか辛いですし、ネットを行なっ
ても画面に出る情報量が少なくて結構大変です。

そこで7~8インチのサイズがもっとも注目されてきたのではないかと思います。
画面の解像度も7インチでも1280x800とハイビジョンの仲間入りです。
microSDカードをサポートしていない機種も多いですが、AndroidというOSを使ったタブレット
にはmicroSDをサポートしたものが多く、データの容量アップが出来ます。
最近、Androidのバージョンが4になりmicroSDXCが標準で使え、今現在出ている64GBのものが
搭載できます。
私のタブレットは内蔵で32GBありますから、合せて96GBとなり、WindowsXPの初期の頃の
ノートパソコンと同程度かそれ以上の容量やCPU能力を持っていることになります。

ノートPCに普通無い機能でタブレットに多く付けられているものは、各種のセンサーです。
このセンサーを使ったアプリを利用するのがタブレットの醍醐味の1つと言えましょう。
ただ全てのタブレットに全てのセンサーが付いているわけではありません。
各センサーとアプリは一部ですが次なようなものがあります。

GPS:位置情報で地図上のナビが可能。
 位置情報と時間でスピードメータなどが出来る。
方位計:GPSと合せて、画面を向けた空の星や星座を表示することが可能。
加速度センサー:音楽を流している時にタブレットを振ったらランダム再生する、など。
 タブレットを縦にしたら画面を縦に、横にしたら横に、を自動で行う。

また赤外線が付いているものでしたら、TV等のリモコンアプリが使えて、リモコンは
タブレット1台で済むかもしれません。

キーボードなどの外部の機器が無いのがタブレットですが、殆どの機種がBluetoothという
近距離無線技術を使った方式の無線キーボードなどをサポートしています。

ネットはwi-fiという規格で無線LANが使えます。これの無いタブレットは見たことがありません。

以下、Androidタブレットに限りますが…
Google社では、膨大なデータベースを利用した音声認識が特筆できるでしょう。
従来はローカルのプログラムで音声認識していましたが難しかったです。
ネット上の膨大なデータベースを利用することにより音声認識が実用化されたと言っていいでしょう。
その結果、音声で入力が出来ます。
例えば検索で「タブレット 種類」とか言えば即座に検索できるとかです。

また音声認識と、これまた膨大なデータベースを使った翻訳で、50言語以上の音声翻訳が
可能です。
ネットが出来る環境であれば、自分の国の言葉しか出来ない者同志でも少しは意思疎通が可能です。
例えば、日本語で喋って英語に翻訳し、翻訳結果をスピーカで流す。
その逆の英語から日本語に、といった夢の様な翻訳機が既に実現しています。
勿論、PCでも可能ですが、タブレットはどこでも気軽に持ち運びが出来るところが、
翻訳機能との組合せのミソです。

Androidだけではありませんが、やはりネット上の膨大なデータベースを利用した、
音楽検索機能も面白いです。
フンフンと鼻歌を入力すると曲名やアーティスト名を検索するというものです。
CMで気に入った曲で題名がわからない時には役に立ちます。
私はPCに曲を8000曲以上持っていますが、曲名が分からなかったものが100曲以上ありました。
この音楽検索機能で、ほぼ全ての曲名が判明しました。

若干話しがそれたきらいはありますが、まあ、今のタブレットは
板状の単純な形で、
画面の解像度が高くてキレイで、
各種センサーがあり、
ネットが出来ることが普通で、
これらを前提としたアプリが有償・無償を合せて数十万本用意されていて、
タブレット独自の業務も多いけど、どんどんPCで行なっていたことがタブレットに移行しつつある。

ということが言えると思います。

もう一つ。
Windowsのアプリは管理やインストール方法が様々だったりして大変でした。
Apple社やGoogle社ではその辺がものすごく改良されて、アプリの出し入れが簡単です。
ネット上で一元管理されており、一度購入したものは、何度インストールしても良いとか、
ダウンロードからインストールの作業がボタンひとつとか、
ラクですねえ。
まあ、タブレットということではなくてOSの開発会社の力ということでしょうけど。
Windowsタブレットの話題が私からは出ないですね…今は面白くないからです。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ