• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

今更の20世紀少年ラストについて!?

つい先週、「20世紀少年・サーガ」が三週に渡ってあるTV局で放送されました。 ぶつ切りの酷い内容でしたが、久しぶりに見て、ある程度楽しませてもらいました。 と、言うのも、時代背景が自分の子供時代と同じとなので、ある意味、内容的に共感が持てる作品として久しぶりのお気入りだからです。 それはさておき、実は前々から気になっている疑問があるので、この際、この作品に関して詳しい方に教えて頂きたく、思い切って質問してみることにしました。 その質問内容とは、実はラストでケンジが、ある装置で過去へとスリープするラストあたりですが、確か、友達の正体がフクベーではなく、勝俣君であると気付いたケンジが、ある出来事によって彼の事を酷く気づ付けてしまった過ちを正すために過去へと飛びます。 当然、少年時代のあのシーン。 化学特捜隊の隊員バッチを万引きした問題のシーンです。 内容は、もう既に、この作品をご覧になっていると勝手に解釈し飛ばすことにします。 そのシーンまでは、良く分かります。 そして、どの様にして、本当に無くなったフクベーと勝俣君が入れ替わってしまったのか。 そして、どうして、そんな記憶が、残ったのかが説明されています。 やがて、中学校ぐらいの年齢になり屋上でのシーン。 ケンジと勝俣君が、友達となるか、それとも、なれずに、勝俣君が後に問題を引き起こすトモダチになるかの需要なシーンです。 以前では、勝俣君がお面を取る勇気がなくて、そのまま別れてしまいますが、大人のケンジがその場に現れて勝俣君を説得させ、お面を取らせます。 そして、晴れてケンジと友達になり、ある歌を通じて二人の関係は・・・・・・・ 問題はそこからです。 あのシーンの後、大人のケンジは元の世界へと戻るはずです。 でも、過去が変わったことで、勝俣君が友達としてケンジと仲良くなったことで、トモダチとしての事件は改変されたことになるのではないでしょうか。 とすると、元の場所へと戻った大人ケンジは、はたしてどんな世界へと戻った事に。 その世界が、一体どんな世界なんだろうか!? と、言うのが今回の質問の趣旨です。 何方か、あのラストから想定される大人のケンジが戻った世界とは、一体どんな世界なのか。 教えて頂けると、この長い間のもやもやが晴れる気がします。 ちょっと解釈しずらい質問ですが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数200
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ultraCS
  • ベストアンサー率44% (3956/8946)

タイムリープではなくて仮想現実の世界の話ですから、現実世界には何も影響しません。 そういう点では、ケンジの贖罪と罪悪感の払拭のために過去を描いた仮想世界に行っただけです。 そもそも、タイムリープが出来るならなんでもアリになっちゃいますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

怪盗、ありがとうございます。 そうだったのか。大きな勘違い、していたみたいです。 まるで現実的な、しかも、少年時代のケンジ自身も、大人ケンジの姿が見えていたみたいなので、タイムリープと勘違いしていました。 だとしたら、過去改変は起きずに、あのままのラストになるわけですね。 つまり、ケンジの心のわだかまり解消の為のラストシーンですか。 まあ、トモダチが生まれた真相を示すためのシーンとしては、分かりやすかった気がします。

質問者からの補足

すみません、誤字が最近多くて困ります。 回答が、怪盗となっています。 お恥ずかしい限りです。失礼な回答、してしまい深くお詫びと訂正させていただきます。

関連するQ&A

  • 20世紀少年の最後。

    20世紀少年の最後。 漫画全部読んでます。 映画も3作品映画館で見ました。 今テレビで第3章見たのですが、どうしても腑に落ちない点があるので質問させて下さい。 第3章の最後にケンジが仮想現実に行って、昔の自分や勝俣君に助言してましたけど結局何の意味があったんですか? 「おわり」の文字が出るときも「僕に初めての友達が出来た」的な勝俣君のナレーションが入りましたけどあれも仮想現実においての事ですし、結局最後のくだり全てがケンジの自己満としか思えなかったのですが、何か意味があったのですか? あと第1章序盤と第3章の仮想現実で描写されているケンジ達の中学校時代ですが、小学校時代と比べて背景の街が発展し過ぎてませんか?

  • 【ネタバレあり!】 20世紀少年 第三章について質問です。

    【ネタバレあり!】 20世紀少年 第三章について質問です。 . (1)刑務所に収監?されていた13号(ヘリコプターの人)ですが、第一章でいましたっけ? 一章の初めの方でオッチョと漫画家はいたのは覚えてるんですが・・・ あとなんで刑務所から出られたんですか? この13号、第一章の時の大学生?(ケンジが声をかけて突如叫びだした人) (2)カツマタ君とフクベエの関係は? 結局トモダチってカツマタ君(佐々木蔵之介)だったんですか? 亡くなったフクベエを演じていた? 最後の方でケンジがタイムスリップして昔の駄菓子屋の前で、苛められてたのがフクベエ? 苛めてたのがカツマタ君?(トモダチ) (3)第一章の最後ら辺の屋上での攻防でトモダチが死んでたら話しは続かなかった? (4)まだ原作は読んでないのですが(今日から読みます)、結末は三章と違いますか? ※原作の詳しい内容は知りたくないです。 (5)あの映画の終わり方はどう思いましたか? 個人的には自己啓発みたい(エヴァンのラスト2話)で好きです。 主題歌が流れてハッピーエンドで終わる(ケンジがタイムスリップしない)となってたらツマンナカッタですかね? (6)タイムスリップしても現在が変わるわけでないので、あれは自己満足ですか?(ケンジにとっては救われますよね) (7)個人的には第一章が一番面白かったです。 みなさんは? 29歳男であの時代には生きてないのですが、昔の描写が多くて懐かしく感じました。

  • 20世紀少年 (ネタバレ注意)

     先日 映画20世紀少年第3章を見てきましたが、なんだかわからない点があり質問しました。以下 ネタバレなのでまだ見てない方はご注意を。  (1) 結局 タモダチはフクベエ?カツマタくん?     私の解釈ではカツマタくんだと思うのですが、お面をはずした顔はフクベエでしたよね??  (2) 子ども時代の ハットリくんともう一人のお面は誰だった??     ハットリくんはフクベエ?もう1人は カツマタ?サダキヨ?ヨシツネ??  (3) 子ども時代の理科室での首吊り実験の意図は?  (4) カンナはキリコとトモダチの子どもなの?どこで接点があったの?   (5) 漫画家は何者だったの?  なんだか すごーく基本的な質問ですいません。自分の理解力のなさ が恥ずかしいです。 子ども時代の顔が 見分けがつかないんです。 デッパだった子は誰ですか?    核心が分からずモヤモヤしております。 漫画を読もうかと思った けど、映画とは内容が違うようなので教えてください。

  • STEINS;GATE ラストについて

    つい数日前に、「シュタインズ・ゲート」と言われるタイム・トラベルを題材とした作品を見ました。 とてもその内容に引かれ、一気に、最後まで見たのですが、そのラストが少し私にとっては理解できないので、是非とも、回答頂きたいのですが。 ネタばれがあるので、今回は、この作品をすでに見られた方からの回答をお待ちします。 なので、見ていないのに回答された方や、予測、自分なりの解釈など、的を得ていない回答には、誠に申し訳ありませんが、お礼は控えさせていただきます。 それでは、私があのラストを見て疑問に感じたことをお話しすると、過去を改ざんすることなく、未来と世界を騙せというもう一人の主人公。 おそらく、別の次元の、別の世界の主人公であろう主人公が、彼に伝えた驚愕のエンディング。 しかし、主人公本人を騙したとしたら、その騙された主人公と、それを知る主人公が同じ世界に存在することは不可能では? だとしたら、結果的に、主人公を騙したとしても、過去は変えられた。改ざんされたことになるのでは? そして、わからないのは、騙すことに成功したのなら、未来は変わるはずだから、あの別の世界から送られてきた主人公のメールはなくなるのでは? あのラストで、出だしのオープニング一話での不可解な叫び声の謎はわかりましたが、あのタイムマシーンを捜査していた女の子が消える理由は何でなんですか? いま一つ、ラストが告げている意味が理解できず、この作品のよさが、いまひとつピンときません。 何卒、回答のほど、よろしくお願いします。 また、あのタイムマシーンに乗ってやってきた女の子、阿万音鈴羽の母親は誰なんでしょうか。 自分的には、主人公の岡部は牧瀬と、なるから、椎名のような気がするのですが。間違いでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 貴方にとって忘れられないラストとは!?

    すべての映画には、必ずラスト終りがあります。 そのラスト、結末について、今回、皆様からのご意見をお伺いしたいと思います。 特に、貴方にとって、忘れられないラストシーンは、どんな作品の、どんなラストですか。 感動。または、涙した。 または、大どんでん返しの意外な結末に驚いた。 色々な形があると思います。 できれば、特に思い出深い、貴方にとって大好きなラストとは、一体どんなラスト、終りなんでしょうか。 是非とも、こんな私で良ければ、是非とも教えてください。 ちなみに、私が物凄くお気入りのラストは、「ミッドナイトクロス」。 ジョン・トラボルトが主人公の映画です。 ラストはとても泣いてしまいました。 犯人をおびき寄せるために、ある女性をおとりに。 しかし、その女性が、犯人と接触した瞬間、悲劇は訪れます。 守ると約束した筈の彼の目の前で、彼女はその犯人の手によって殺害され、その際の、彼女の悲痛な断末魔が、そのあとで、彼が仕事を務める映画の音響シーンに使われるラスト。 心にしみる、ジーンとくるとても印象的なラストでした。 私にとって、生涯忘れられない悲しいラストです。 そして、私の超お気に入りのラストです。 ちなみに、この映画の内容は、こちらから http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9 どんなラストでも結構です。 ただし、思いつきやその場しのぎのベストアンサー欲しさの回答はご遠慮ください。 よろしくお願いします。

  • 20世紀少年~もう一つの第2章のカツマタ君の子役(注ネタバレ)

    他愛もない質問で大変恐縮ではございますが、 昨日放送された表題の作品で気になった点がございます。 本編のラスト間際で、オッチョがトモダチの暗殺を試みる時の回想で カツマタ君がジジババに万引きで捕まって、そのあと公園のジャングルジムでナショナルキッドのお面を被る時にカツマタ君の子役の顔が一瞬写るんですが、この子役がどう見てもヨシツネ役の子役なんです。 これはどういった意図なのでしょうか?(下記からネタバレ) 第2のともだちであるカツマタ君の子役が何故ヨシツネ役の子が行っているのでしょうか?

  • アンデルセンの「お母さんのはなし」のラスト

    アンデルセンの「お母さんのはなし」のラストをおしえて下さい。 暗い話が多いけど、アンデルセンの作品は好きです。 この「お母さんのはなし」は私が小学生の時に読み、強烈なショックを受け、ものすごく印象に残りました。 その時のラストはお母さんが泣く泣く子供を天国に行かせる事に決め、そのお母さんがとても可哀相だと思いました。 それから、大人になって図書館でその話を見つけた所、ラストが違っていました。 ラストは不幸な人生でも子供の可能性を信じて生かす事に決めたと言う内容でした。 私は個人的には最初に見たラストが印象に残っているので天国に行かせる方が、しっくりくるのですが、本当はどちらのラストが正しいのか教えて下さい。

  • ”噴飯モノ”のラストで終わるアニメを教えて下さい。

    タイトル通りなんですが、思わず噴飯してしまうようなラストで終わったアニメとそのラストの内容が知りたいです。別な方もご質問してましたが、5月26日放送の「決定!!これが日本のベスト100」や、このサイトの過去ログを拝見して触発され、知りたくなりました。 特に気になっているのは「魔境伝説アクロバンチ」というロボットアニメのラストです。その他にもジャンルは問いませんので、知っている作品がありましたら教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 東宝初演版「エリザ」のラスト

    東宝ミュージカル「エリザベート」のついての質問です。 初演版は'00の帝劇と'01の梅コマを一度ずつ観ました。 久しぶりに昨年の再演を観た際、演出が大きく変わったことに驚きました。 戸惑う部分と納得出来る部分共にあり、それは良いのですが、大きく変わったはずなのにどうしても初演版がどんなだったかを思い出せないことが有るのです。 それは、 1.最初にトートが登場するシーン(再演ではゴンドラ) 2.ラストのエリザベートとトート(再演ではトートがシシィを棺に納める) 特にラスト、初演ではトートダンサーズの宙づり?が強烈に印象に残っていて、肝心の二人のことが記憶にない;のです。 すみませんが、どなたか私の記憶の糸をたぐり寄せてください。

  • 映画カサブランカのラストについて

    映画カサブランカのラストについて 始めてカサブランカを見ました。 大変面白かったのですが、ラストの解釈が私の思ったものと、 ネットでいわれているものとが異なるので、質問をさせていただきたいです。 ネットで調べたところでは、リックはイルザが好きだったけど、 あえてラズロに任せたとのだろうという風にかかれているのが多かったです。 しかし、私は、リックは最後、イルザを捨てたのだと思いました。 イルザのことを引きずっていたけれども、イルザがラズロではなくて、 自分のことを選んでくれたことで満足して、もうイルザのことは吹っ切れたのだと 思いました。 そうでなければ、あれほど醜態をさらして、通行証を渡すことをかたくなに 拒んでいたのに、うって変わってイルザをラズロに任せようと思ったりしないのでは ないかと思います。 イルザもリックを選んでくれてたのだから、イルザのことがまだ好きなら、 ラズロに任せたりはしないだろうと。 リックはイルザのことに踏ん切りがついていたが、それをそのまま告げると イルザを傷つけるので、最後の別れのところでイルザを納得させるために、 イルザのためだと言い聞かせたのだと思いました。 そして、最後署長がイルザは嘘を見抜くといっているシーンがありますが、 それはリックがもうイルザを好きでなくなったということをイルザに 見抜かれているだろうという意味でとらえました。 私の解釈だと、どこか矛盾がでるでしょうか? なぜリックがイルザを好きだったけど、あえてラズロに任せたのかを そう判断できる根拠があれば教えていただきたいです。