• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

one after anotherの使い方

彼らは新製品を相次いで発売するだろう。 They will release new products one after another. They will release one new product after another. 上記はどちらも文法的に正しいでしょうか? どちらも正しい場合、どちらの用法がよく使われるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数150
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

one after another でただ副詞句として「次々に」となる。 they のように,名詞を使えない複数の人・物についてはこちらしか使えないですが, 今回のように,product という可算名詞について「次々」というのであれば 下のような言い方が可能になります。 この one new product after another が使えるケースで 複数表現 new products があれば,上の one after another も使えます。 ただ,その場合,them のような代名詞とか,the がつくなり, 何か具体的なものが示されている方が自然だと思います。 したがって,今回のようにただ new product というのであれば 下の表現の方がいいように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • one another 名詞が二つ並んでいて変

    black one, another one,each other などは、前の名詞を形容詞のように考えられるので疑問はないのですが、one anotherに関しては、形容詞のように考えられないので腑に落ちないです。 They hated one another. では、oneとanotherの関係は、 one hated another になるのかな、と思い付いたのですが、このような文法は聞いたことがありません。

  • oneは可能ですか?

    Whose house is this?・・・1 It’s Tom’s new one.・・・2 所有格の後に形容詞がつけばoneが必要とジーニアスにありました。 2のoneは1のhouseのつもりですが、oneは不特定のものでないといけないから、oneはダメなんでしょうか?それとも2の答え方自体がダメですか? It’s Tom’sもしくはIt’s Tom’s house・・・3 でないといけないのでしょうか? It’s Tom’s new~としちゃいけないですか?OKなら文法的に正しい言い方はなんでしょう? 簡潔でわかりやすいお答えお願いします。

  • antil afterについて

    お世話になっております。 以下についてお教え頂けないでしょうか。 She prefers, however, to postpone finding permanent housing until after she has become familliar with her new surroundings. (1)このuntilは前置詞でしょうか? (2)もし前置詞でしたら、前置詞+接続詞という順番は文法的にOKでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1556/5682)

両者とも問題ありませんが、使用頻度は前者が多いと思います。 前者はどんどんという言い方です。new products in succession とも言います。 後者は次々(一つ出るとまた次)というニュアンスです。ややひねった表現で、使用頻度は上よりは少ないと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 in successionも勉強になりました。

関連するQ&A

  • one after another

    The cats came one after another. という文がありました。one after anotherのところですが、これだと、anotherの後に one が来るというこですから、another→oneという順番になります。これは逆ではないでしょうか?まずoneがあって、その後それとはちがう別のという意味のanotherが来ないといけないのでは?だから、another after oneとするほうが正しいと思うのですが。どうして、one after anotherという順番になっているのでしょう?

  • 英語の質問です!

    The United States also requires labeling. と同じ意味になるようにしなさい。 (in/products/they/label/must/the Unites States/their). no more than one half gram will be allowed in any food product. と同じ意味になるようにしなさい。 They ()() no more than one half gram in any food product. お願いします!!

  • 英文あっているかおしえてください

    ある招待状のカードのデザイン印刷で英文で”・・・and they live happy ever after"と書いてありました。これは文法的にはあっていますでしょうか? ”・・・and they live happily ever after"のような気がしてなりません。でも英文法的にはまったくわからないのです。どなたか英文法に詳しい方おしえてください。よろしくお願いします。

  • anotherは不適切では?

    NHKからの抜粋です The Nuclear Regulation Authority is preparing for emergencies that could be set off by another accident at the Fukushima plant during its decommissioning process. 的確に対応する日本語記事はありませんでした。 なぜ"another"なのでしょうか。他の箇所でも同様に使われています。 文法書を紐解くとotherとanotherの用法詳細がありますが、例文を見るとどれも”存在することが前提”です。 事故炉廃棄作業中のaccidentは、現在存在しません。そして将来も存在することを期待しません。 私なら代わりに"possible"を使います。 全文です Nuclear regulator panel discusses evacuation Dec. 23, 2014 - Updated 00:06 UTC A panel of experts at Japan's nuclear regulator has discussed evacuation plans for people around the Fukushima Daiichi nuclear plant, in the event of another accident that could disperse radioactive materials. The Nuclear Regulation Authority is preparing for emergencies that could be set off by another accident at the Fukushima plant during its decommissioning process. Japan's current safety guidelines for areas surrounding nuclear plants across the country were updated after the Fukushima accident. The guidelines also apply to the area near the Fukushima Daiichi plant as temporary measures. Evacuation orders are still in effect in a wide area surrounding the Fukushima plant, so the expert panel is considering creating separate guidelines for evacuation zones. At the meeting on Monday, experts agreed that the current guidelines can be applied to an area within a radius of roughly 30 kilometers from the plant. But they said they will listen to opinions from local governments when they make safety measures for residents beyond the 30-kilometer zone. The experts effectively approved an evacuation plan which proposes residents inside the 30-kilometer zone be ordered to remain indoors. The plan also proposes that people who temporarily enter the zone within a 30-kilometer radius be ordered to quickly leave. Some experts pointed out it is necessary to consider how to notify them in the event of an emergency.

  • タイトルの省略方法について

     新聞タイトルの省略方法について質問があります。  今日、ビートルズの"Let It Be"が再リリースされ るとの記事を見つけました。そしてそこには、以下の ようなタイトル(見出し)が付してありました: Beatles to release new version of 'Let It Be'  この文(?)は文法的には不完全ですよね?多分、 Beatles is planning (going) to release new version of 'Let It Be' という意味だと思うのですが、どうして(どのような文法により)上記のような「省略」が可能なのでしょうか?  例えば、 Beatles releasing new version of 'Let It Be' ではダメのでしょうか?  文法に強い方、宜しくお願いします!

  • remember ~one after anotherと言えるのか?

    「次々に思い出す」を I remember ・・・・one after another.と言うことができるのでしょうか?「子供の頃の情景が次々によみがえってきた」の和訳です。「情景」を主語ではなく「私」を主語にしたいのですが。よろしくお願いします。

  • 日本語 受身の用法

    日本語 受身の用法 以下の2つの文について、文法的に説明をおねがいします(受身について。助詞の用法も)。 私は 先生に しかられました。  ←先生が私をしかりました。 きのう 記念切手が 発売されました。  ←きのう記念切手を発売しました。 下の文も直接受身ですよね?なのに、受身の文で「が」が使われるのはどういう文法上の理由でしょうか?

  • 「day after day」や「one after another」

    ご存じ、単語フェチの登場です。 「day after day」「delay after delay」「one after another」の如く「~~after~~」や「~~after==」を使った慣用句を集めております,何故って理由は聞かないで下さい(笑)。 一人当たり少なくとも2~3点以上の慣用句をお願いします、尚、自作の、例えば「loss after loss」(損の上塗り)みたいな新造語も大歓迎です。これはどちらかというと「loss on loss」かな、、、、でも、「loss after loss」だと「毎度毎度損だし」みたいなニュアンス、何れの日か「~~ on ~~」「~~ on ==」は募集しますので、その時まで自重下さい。 だだし、「Aso after Someone after Abe」みたいな頓珍漢極まるもの,私は大好きですので、ご遠慮なく!

  • 未来形

    They were going to go to the supermarket together. be going toのbe動詞が過去形になってます。 これは文法的に何て言うの? 過去未来形??? (1)will=are going to. (2)will=were going to. ってこと? willは(1)(2)どちらのニュアンスでも使えるってこと? それとも(2)のニュアンスならwouidを使うべき? (1)は中学校で習う文法、(2)は高校?それとも両方中学?

  • 『if』の使い方と、生英語の訳し方。

    今、海外通販でやり取りしているのですが、どうしてもこの文の意味を的確に理解したいです。 正確に和訳できるかがこの取引の重要なポイントになります。 『 He has let us know that they are not an exact match. However, we will be able to provide this information and the decision can be made if they racquets are close enough to one another』 自分なりに訳したところ、 『彼はそれら(ラケット)が正確には同じ状態ではないと言いました。しかしながら、それらのラケットは互いにかなり近い状態です。以上の情報内容と判断を下すことができます。』 ちょっと堅苦しいですが、この和訳に間違いはないでしょうか。 また英文の if they racquets の『if』ですが『もしも』と訳すのではなく、the decisionの補語になるので『if』を『that』に置き換えることはできませんか? さらに『if they racquets-』の文章は意味の同じ主語が『they』と『racquets』の二つあるということですよね?