• 締切済み
  • 困ってます

one after another

The cats came one after another. という文がありました。one after anotherのところですが、これだと、anotherの後に one が来るというこですから、another→oneという順番になります。これは逆ではないでしょうか?まずoneがあって、その後それとはちがう別のという意味のanotherが来ないといけないのでは?だから、another after oneとするほうが正しいと思うのですが。どうして、one after anotherという順番になっているのでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数96
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4

afterは、 「~の後で、~の後ろに」という訳が宛てられているせいか、afterのうしろにくる語の「後で」、すなわち「afterの後ろの事象が先に起こって、afterの前の事象がつづいて起こる」のような印象を持つ日本人は多いとおもいますが、英語的にみると、 after A となる場合、「Aが追っている(後追いする)」「~の後ろにAが着いていく」、そんな印象です。 ですので、 > oneがあって、その後それとはちがう別のという意味のanotherが来ないといけないのでは この疑問を、そのまま上の英語の構造に当てはめれば、順番的にはおかしくありません。 After you. (お先にどうぞ) Go after her.(彼女を追いかけろ)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • one after anotherの使い方

    彼らは新製品を相次いで発売するだろう。 They will release new products one after another. They will release one new product after another. 上記はどちらも文法的に正しいでしょうか? どちらも正しい場合、どちらの用法がよく使われるでしょうか?

  • remember ~one after anotherと言えるのか?

    「次々に思い出す」を I remember ・・・・one after another.と言うことができるのでしょうか?「子供の頃の情景が次々によみがえってきた」の和訳です。「情景」を主語ではなく「私」を主語にしたいのですが。よろしくお願いします。

  • 「day after day」や「one after another」

    ご存じ、単語フェチの登場です。 「day after day」「delay after delay」「one after another」の如く「~~after~~」や「~~after==」を使った慣用句を集めております,何故って理由は聞かないで下さい(笑)。 一人当たり少なくとも2~3点以上の慣用句をお願いします、尚、自作の、例えば「loss after loss」(損の上塗り)みたいな新造語も大歓迎です。これはどちらかというと「loss on loss」かな、、、、でも、「loss after loss」だと「毎度毎度損だし」みたいなニュアンス、何れの日か「~~ on ~~」「~~ on ==」は募集しますので、その時まで自重下さい。 だだし、「Aso after Someone after Abe」みたいな頓珍漢極まるもの,私は大好きですので、ご遠慮なく!

  • 回答No.3

one after another で「次々に」という意味を表す熟語です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • cigue
  • ベストアンサー率32% (25/77)

参考程度に The cats came another after one. だと、2匹しか来ないように聞こえてしまう気がします。 The cats came one after another. 他のが来た後に、次の一匹が来て。という繰り返しという感じがします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • mabomk
  • ベストアンサー率40% (1414/3521)

私もそう思いますが、こればかりは「世間様の殆どがそう言っているんだから仕方なっかんべー」っていうのは冗談で、、 本当は one after one でも充分意味は通じしそのまま使うこともありますが、one after anotherでは「another」と「one」は猫は猫だが、それぞれ違う猫がぞろぞろどんどん次から次にやってくる雰囲気を感じます。 例えば、同じ様な使い方(one after one)として wave after wave 次から次へと波が押し寄せる感じ、波に一切の個性は無い! でも、この場合の猫は一匹一匹それぞれ違う猫,,, 最後に another after one - one after another どちらが語感がいいですか、当然後者!、これは冗談ですが、「another」である程度「その猫を特定している雰囲気」、つぎの猫は取り敢えず「one」で特定は出来ないが、みたいな感じでしょうか? 答えボロボロ(泣)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • another oneとdiffrent oneって違うと思っていましたが

    こんばんは I bought a T-shirts from PARCO. My friend bought another one. 同じ絵柄で色とサイズだけが違うT-シャツを買ったとき このような文で使っていました。 それから、お互い違うT-シャツを買ったときは I bought a T- shitrs from PARCO. My friend bought diffrent one このように覚えていましたが、 実際 another oneもdiffrent one も同じなんですか??? そのようなことを聞いて驚いています! お願いします

  • on top of one another

    TOEIC Test 正解が見える2003年発行の297ページに次のよな文と日本語訳が載っています。 この日本文を読んでも箱が積み上げられている様子がいまひとつ正確にイメージが湧きません。その原因は日本文でいえば「互いに」という語句があるからです。英文の「on top of one another」という部分の意味が良く分からないということです。日本語で言えば単に箱が積み上げられていますという文とどこがちがうのでしょうか。 297ページの文です・ The boxes are stacked on top of one another. それらの箱は互いに積み上げられている。

  • ONE YEAR AFTER でもよいでしょうか

    FACEBOOKに1年前の結婚式の写真を載せようと思います。 このタイトルには「あれから一年経過しました」という意味でONE YEAR AFTERと入力しようと思いますが、この英文は適切でしょうか?

  • anotherとthe other

    We keep two cats ; one is black, and the other is brown. の様な文だと最初に二匹のと書いてあるのでthe otherというのはわかるのですが、 To learn is one thing,to teach is(the other,other thing,another).の文だとanotherとthe otherで迷ってしまいます; どういう風に見分ければいいのでしょうか? 違いは何ですか?

  • anotherの使い方

    anotherの使い方で質問します。(基本的なことは一応わかっています。)  基本的に、anotherは「もうひとつ(もうひとり)別の」という意味だと思いますが、人のことで使う場合、単に「誰か(ある人)」という意味になるでしょうか?  たとえば、「わたしは another girlと話した」という場合、「わたし」がすでに誰かと話していて、「また別の人」としてanother girl が出てくるというのがわりとふつうだと思います。(つまり、わたしが話題にしている中では、2人目以降。)  そうではなくて、単に<自分ではない別の人>という意味にもなりますか?つまり、2人目以降ではなく、1人目という意味で。ふつう、a girlとかsomeoneというのと同じ意味でも使えるでしょうか。それとも、another girl (another person, another manでもなんでもいいのですが)と言ったら、その前に誰かいた、という意味を必ず含むのでしょうか?  説明がわかりづらくてすみません。文脈から見ても非常に微妙なので質問いたします。  よろしくお願い致します。  

  • 英語「another」の使い方

    「another」という単語について質問です。 anotherには、「別の」という意味があるのは知っていますが、 例えば以下の文章 Hey Man another cool demo. だと(これは楽器のデモ演奏をしているYoutubeビデオのコメント欄の文章です)、anotherが、「別の」という意味で使われていないような気がします。また、 https://www.youtube.com/watch?v=8hAj4mr0h-I この動画(AfterEffectsという動画編集ソフトのチュートリアルビデオ)の冒頭で、 welcome to another very exciting After Effects tutorial というセリフがありますが、これもanotherの意味がよくわかりません。 以上の文の日本語訳と、ここでの「another」の意味について教えていただけないでしょうか。

  • from one ~ to the other ~

    場所は二つ以上あり、ある物体がその内の一つから場所から別の場所に移されたと表現する場合はfrom one ~ to the other ~と表現すればよいでしょうか? otherの前のtheを省くべきか、anotherにすべきか迷っています。 from one ~ to other ~ from one ~ to another ~ anotherは、an otherなのでその一つの場所に対して別の場所は一つという意味なので違うと考えています。 例) The object is moved from one place to the other place.

  • at one point or anotherの意味

    Everyone does at one point or another, mabey without even realizing it. We just have a tough anti-spam policy, and we gotta enforce it. 「at one point or another」の意味が分かりません。 doesはスパム行為をすることをさしていると思います。 他の箇所は理解できます。慣用表現でしょうか?

  • 前置詞afterとbeforeの語法の違い

    afterとbeforeの前置詞としての語法の違いについて質問があります。 afterとbeforeは、それぞれ、接続詞、前置詞としての用法があります。 しかし、afterとbeforeを使って、具体的な時間を表すとき、接続詞としての使い方は同じですが、前置詞としての使い方に違いがあるようです。 以下の例文をご覧ください。 after  ○1. We beggn the meeting ten minutes after the president came.(接続詞after)  ○2. She returned from her trip to the US a week ago. She died after two days.(前置詞after) before ○3. He arrived ten minutes before the plane took off.(接続詞before) ×4. When John finally came, Mary had left before ten minutes.(前置詞before) after、beforeともに、接続詞として使うときは、after, beforeの前に、具体的な時間をおけばよいです。文1, 文3が、その例です。 しかし、after, beforeを前置詞として使うとき、文2は認められるが、文4は認められないようです。 文2のように、afterを前置詞として使うときは、afterのあとに、具体的な時間をおくことができます。 しかし、文4のように、beforeを前置詞として使って、before ten minutesのように、前置詞のあとに具体的な時間をおくことは、文法上、認められないようです。 そこで、質問です。 after, beforeともに、前置詞としての用法があるにも関わらず、afterのあとに具体的な時間をおくことができるのに、beforeのあとに具体的な時間をおくことができないのは、なぜでしょうか。 教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • one excuse is as good as another

    When you don't want to do something, one excuse is as good as another. の意味がいまいちわかりません。「何かをしたくないときには、どんな言い訳をしても同じだ」でいいのでしょうか? また、結局、この英文の言おうとしているところはなんなのでしょうか?