• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

燃料電池?

燃料電池について疑問です。 電気分解の逆の反応をして電気を取り出すということは聞きました。 しかし、水素は空気中にほとんどなく、燃料電池に使う水素は水から作り出すのだとか。 じゃぁ。。?結局火力発電とかで電気を作ってそれで電気分解をするのですよね? それがどうエコなのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数316
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • taka113
  • ベストアンサー率35% (455/1268)

水素を作り出すには、現在のところ炭化水素系(石油系)の燃料を改質して取り出す方法が有望視されています。改質というのは、化学反応を利用して炭化水素から水素を取り出す工程のことを言います。実際の燃料電池自動車でも、燃料の調達コストの問題からメタンやLPG、メタノールといった炭化水素系の燃料から、水素を取り出す装置(改質機)を介して水素を供給している物も多いです。(最近では改質機を介さずに直接炭化水素から発電できる燃料電池も開発されていますが。) このタイプの燃料電池でもやはり水素を取り出す過程でCO2が発生します。つまり、燃料電池車でもガソリンを燃料にしてCO2を出しながら走っている物も有るということです。 ご指摘のように、水素を取り出す過程に石油が使われる以上やはりCO2をまったく出さないと考えるのには無理があります。太陽光から水素を取り出す研究も盛んですが、燃料電池が本当の意味で「水しか出さない」エネルギー源になるには、まだまだ相当な時間がかかると考えられますね。 しかし、ガソリンエンジンのような内燃機関は、燃料に含まれる硫黄分や空気中の窒素から硫黄酸化物や窒素酸化物が発生します。燃えなかった燃料の残りかすも有害で空気を汚染します。しかし、改質機を使って水素を取り出したり、燃料電池の燃料として炭化水素を使っても、これらの内燃機関特有の汚染物質は発生しません。CO2を除いて。 燃料電池は燃料を作る過程で電気を使ったりしてCO2を排出しますが、現在の燃料電池は窒素酸化物や硫黄酸化物、炭化水素などの汚染物質の発生量が格段に少なく、やはり地球や人に優しいと言うことができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、燃やす以外の方法で水素が取り出せるわけですね。 で、改質というので水素を取り出すと、co2以外の酸性物質を空気中に出さずにすむ、ということですね。 お三方ありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • syunpei
  • ベストアンサー率27% (194/717)

発電所の場合、有害な物質は空気中に排出される前に吸収して処理したりして、比較的に環境に対し配慮されています、自動車も燃料電池を使わない化石燃料の車両の場合、かなり排気ガスのエコロジー化はなされていますが、CO2の排出に対して処理する機構までは積み込みにくくどうせならCO2が出ないものをということで水素により排出されるのは水蒸気といったエンジンの方に軍配が上がるということなのです。 したがって相対的にみたら、燃料電池のほうがいいということになるわけです。 ここに詳しい説明はあります http://www.eic.or.jp/QA/bbs02.php3?serial=1370

参考URL:
http://www.eic.or.jp/QA/bbs02.php3?serial=1370

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどなるほど。火力発電所で化石燃料は燃やすものの、発電所の方が公害対策設備が進んでいる、ということですね。

  • 回答No.1
  • cliomaxi
  • ベストアンサー率33% (2921/8736)

簡単に云います。 燃料電池の製造そのものだけをみるとエコに思えないかもしれませんがちょっと考えれば直ぐに解る事です。 車で例えると、今まで化石燃料を燃焼させて二酸化炭素やその他の有害物質を出していたのが殆ど無害の物しか排出しないのです。 世界中の車が燃料電池に切り替わるとしたらその効果は計り知れません。 完全なるエコは産業革命以前に戻る他ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ええ、車が無害になるのはわかっていたのですが、 その代わりに発電所が化石燃料を燃やしたら同じでは?と思ったわけです。

関連するQ&A

  • 燃料電池についての疑問

    ・素人の私が認識している燃料電池は、 (1)水素と酸素を化学反応させる。 (2)その結果、電気と水ができる。 電気を利用して、水だけが残りクリーンなシステム  「エネルギー保存の法則」を考えると、発電に必要な水素と酸素は、水を電気分解して、作るのではないだろうか?つまり、燃料電池の運用自身に電力が必要となり、その電力を賄うのに従来の発電手段のみでは、CO2削減や原発の不安は消えないと思います。 【質問】 燃料電池は、従来の特に火力発電や原発の代替手段と思っていたのですが、必要な水素と酸素は、どのように作り出すのでしょうか?

  • 燃料電池の効率について

    燃料電池って、水素と酸素を燃料にするのですが、 その水素と酸素はどうやってつくりますか? 私の想像ですが、水素は水の電気分解、酸素は空中からでしょうか? 質問の要点は、こうして作った水素と酸素を燃料にして発電しても、燃料を作るときに必要なエネルギーが大きかったら、本末転倒の気がするのです。 燃料電池搭載の自動車など開発中だと思いますが、燃料が高かったらエコにならないですよね。 まあCO2が出ないので環境性能は期待できると思いますが、エネルギー効率自体は、全体で見るとどのくらいあるのですか? また大規模の燃料電池発電所みたいなのは、将来できますか?

  • 燃料電池(自動車)

    HONDAのFCXクラリティは燃料電池で駆動しています。 水素と酸素を反応させて電気を起こすというのは分かっています。水の電気分解の応用で電気分解の逆の工程を行っているというものですよね。 ここで、質問があるのですが…水素と酸素を反応させて、エネルギーとなる電気を生み出し、最終的に水が発生します。この水をさらに電気分解して酸素と水素にまた分解して電気を得るというようなことはできるのでしょうか? 単純に考えるとできるような感じがするのですが…そうすれば、半永久的に駆動できますよね(たぶん) どうでしょうか? それを車の内部だけで行っていけるのでしょうか?

  • 燃料電池に使う水素の作り方

    燃料電池は環境に良いと謳われていますよね。 なんでも水を原料とする水素を燃料に使うから資源はほぼ無限。 全く持って夢のエネルギーみたいに言われてますが水素って今の所、 電気分解とか他のエネルギーに頼ってしか作り出せませんよね。 それでもって電気分解に使う電気はどうやって作るかって言うと化石燃料を燃やして発電して・・・ 何かとてつもなく本末転倒ですよね。 無駄にエネルギーの確保経路を延ばしただけというか・・・ そこで他に水素のエコロジーな作り方というのは存在しないのでしょうか? 自分的には太陽光発電の電力で水を分解して、水素作ってというのが理想に思えるのですが実際どうなんでしょう? でもこれだとそのまま電気自動車にしたほうがいいですね・・・

  • 燃料電池の水素は何故 水からとらないのですか?

    燃料電池の燃料として 水素が使われもすが 水素をとるのに 石油や天然ガス から とられている様ですが 何故 水から取らないのですか? 石油 天然ガス ですとコストがたかくなるのではないですか? 例えば 単純に考えて 太陽光発電 風力発電 等で 水を 電気分解 すれば 簡単な理論 で水素が採れると思いますが 以前 アメリカ では 水から採る研究をしている と聞いたことがありますが 水から採るより 石油 天然ガス 等のほうが コストが かからないのですか? よろしく

  • 燃料電池に必要な水素について

    燃料電池に欠かせない水素ですが、水素の精製はどうなっているのっですか?メタン等では結局CO2が出ますし、太陽電池で水分解するなら、太陽電池の電気エネルギーでそのままモーター回せばいいきがしますし。完全クリーン車では、水素をどのように作れば最もいいのですか?

  • 燃料電池とロケットエンジンの違いは?

    最近話題の燃料電池ですが、いまいちロケットエンジンとの違いが よく分かりません。燃料電池は、よく電気分解の逆という言い方を されますが、結局のところ水素と酸素を反応させているので、それは ロケットエンジンと原理は同じなのではないのでしょうか? 燃料電池は熱ではなくて直接電気を取り出し、その効率が高いと 聞いたことがあるのですが、無駄になっている部分は熱エネルギー として放出されているのでしょうか? 一方、ロケットエンジンでは熱だけを取り出していますが、もし、 チビチビと水素と酸素を反応させれば、ロケットエンジンからも 直接電気を取り出すことはできるのでしょうか? この手の質問はこれまでもよく出ているかもしれませんが、何か アドバイスがあればよろしくお願いします。

  • 燃料電池に関して

    H2を用いる燃料電池は、 少なくとも世間ではCO2排出が少なくクリーンなエネルギーと言われています。 しかし、そもそも水素はナフサなどの炭化水素の分解によって生産されています。 これには高温が必要でエネルギーを大量に消費するだけでなく、 CO2も発生してしまいます。 これを考慮に入れると、通常の火力発電の方がよっぽど高効率な気がするのですが、 実際のところどうなのでしょう。ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 燃料電池について

    燃料電池について 水素と酸素が化学反応を起こす事によって、「水」と電気が発生 する燃料電池 について質問です。   ・ポータブル機器に燃料電池を搭載した場合、「水」の排出は  どの様に考えているのでしょうか?  →自動車であれば、マフラー等から「水」を地上に排出すれば   問題無いですが・・・ 「水」の処理と言う観点から、ポータブル機器向け燃料電池は、 使い勝手が悪そうな気がします。 お手数ですが、教えて下さい。

  • 燃料電池の燃料純度

    燃料電池って燃料極側で水素を取り込み電子とプロトンに分かれ、空気極側では酸素を取り入れ、膜を通過したプロトン、電子と結合して、水を排出しますよね。 このとき、水素を取り入れる過程で水素以外のさまざまな気体を取り入れてしまっても燃料電池としては問題ないのでしょうか? 水素だけ膜に反応してあとは、外へ排出すると思うのですが。 また、空気極側で酸素を取り入れるときには酸素のほかに窒素や二酸化炭素も同時に取り入れてしまうと思うのですがこれは大丈夫なのでしょうか? さまざまな燃料電池があるのですが、最近注目の固体高分子形に限定してお聞きしたいのですがよろしくお願いします。