• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

監査役について

非上場の同族会社です。 その会社の株主で社員として働いていて 監査役になることは可能でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数209
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#160457

条文の根拠はNo1の方の回答のとおり。 その趣旨は、監査役の役割は、取締役等(会社の従業員含む)の職務の執行を監査することであり、監査する人と、監査される人が同一であってはならないから(監査の意味が無くなるから)です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 監査役を決めるにあたって

    同族会社の株主です 監査役を決める時に株主には相談もなく 事後報告もなく  一人の役員の判断で勝手に決めてあります。 3年ほど監査役がかわったのをしりませんでした。 その監査役は私と同じ株を(同じ株数)保有しているものです。 又その時点でその監査役は私からの借入金2700万  会社からの借入金3000万 その状態で一人の役員が決めてしまったことに対して何か訴えを起こすことはできますか? 今2700万の件で話会いをしてます。(今年期限がきたものです) 質権を交わしていたので名義の書き換えをしているところですが書き換えても 3分の2に少し足りなくてなにも動かすことができません。(他の株主も話になりません)  この監査役と役員を排除したいのですが なにか方法はないものでしょうか。 どなたか良いアドバイスをお願いします。

  • 監査役の権限

    株主が20人ほどの 非上場の株式会社の監査役をしています 権限は会計監査のみですが この会社はいい加減で 取締役会議事録 をずっと作成していません  会計監査のみの監査役の立場で 取締役会議事録の作成がないことを 監査の意見書として つけることが できるでしょうか 教えてください 宜しくお願いいたします

  • 監査役になってくれ、と頼まれましたが・・

    私の父親は東京の下町で町工場を経営していますが、先日、私に会社の監査役になって欲しいと頼まれました。  父親いわく、名前とはんこを借りるだけで実際には何もしない、との事です。親が私をだまそうとしているとは思いませんが、大丈夫なのでしょうか? 一応過去ログに目を通して、監査役とういう役員が大体どういうものなのかは把握しました。けれど、金銭的な損害や法的な責任問題が絶対に発生しないという事は勿論、役所等に出向いたりといったちょっとした手間もなく、今までと何ら変わらない生活が送れるものなのでしょうか? ちなみに一応株式会社で、社員は父を含め二人、同族企業、株主も全て親族、らしいです。私は22歳学生です。 アドバイスをお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

ムリ。 会社法 第三百三十五条  第三百三十一条第一項及び第二項の規定は、監査役について準用する。 2  監査役は、株式会社若しくはその子会社の取締役若しくは支配人その他の使用人又は当該子会社の会計参与(会計参与が法人であるときは、その職務を行うべき社員)若しくは執行役を兼ねることができない。 したがって、監査役になりたいのなら、社員(「使用人」の趣旨で用いる)を辞すべし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 監査役を辞めたいんですけど

    知り合いに頼まれ、仕方なく監査役になりました。 ただ、やはり監査役は荷が重く、辞任届を内容証明で出しましたが登記上は未だ監査役です。 社長=株主に再三お願いしても、登記抹消に応じないのですが、こういう場合はどうしたら良いのですか?

  • 監査役とは

    法人の監査役とは、おもにどんなことをするのでしょうか。 普通は外部の人がなるのでしょうか。 あと、小さな会社で普通の社員がなる場合(仕事などはほとんど変わらず、補充のため誰かがなる、といった感じの場合)名詞に監査役・・部長とか入れるのは変でしょうか。

  • 監査役の解任について

    以前にも色々相談したものです。 同族会社の株の件で相談いたします 貸し金の質権のかわりに今回一部の株を譲りうけ以前の持ち株と合わせて 過半数以上の保有になりました。私は経営に携わっていません。 その者は現在監査役についています。 今回決算書などをみますと経営も上手くいってなく、会社からの借り入れも相当な額あり  経営が危ぶまれます。 だれに相談することなく報告することなく勝手に貸しつけた役員にも責任はあるとおもいます。 今回の株の書き換えについても色々とありました。 会社の借り入れの保証人になっている社長(株は保有していません)にも迷惑がかからないうちに解散にもって行きたいのが本音ですが 株数が足りません。 その前に監査役、役員を辞めてもらうようにしたいと思っていますが 監査役はまだ株の保有者です 監査役を辞めてもらうのと同時に会社も辞めてほしいのですが 過半数以上の保有で可能でしょうか。 過半数以上で可能と書いてあるようにも理解できますが また役員の選任が出来ると記載してある処もあるようでしっかり理解できません。 宜しくお願いします。

  • 監査役の死亡

    監査役1名の会社で、4月1日に監査役が亡くなられました。この死亡に関する登記は、死亡診断書意をつけてやればよいと思うのですが、このままでは監査役が欠員です。 現実的には、死亡してから2週間以内に死亡の登記をするまでの間に、臨時株主総会を開いて、同時に新しい監査役の就任登記をすると思うのですが、死亡から臨時株主総会まで間が空いて欠員状態でもOKなのでしょうか?

  • 監査役の業務について

    監査役の業務について、どなたか教えてください。 (業務監査と会計監査につきましては勉強しました。) 資本金1億円以上の株式会社でしたが、先々月臨時株主総会後、減資が承認され、現在1億円以下の資本金です。登記に関しては申請中です。 臨時株主総会の際には、会社の不正を監査役が株主達に暴露しました。その後も監査役と株主が、交渉してきましたが、先日臨時取締役会が開かれ、代表が勝手に変えられてしまいました。(当事者達の代表取締役と役員。そして新社長の合計三人の役員会) 監査役は招集されませんでした。 たぶん現在は資本金1億円以下ですが、上記のような理由から、業務監査することは出来ますでしょうか。 専門家に相談する前に、どなたか教えてください!

  • 監査役の協議について

    私の勤めている会社では監査役の報酬について株主総会にて決議を得ております。 しかし、個別の金額は定めておらず協議に一任するという形を取っています。 そして当社の監査役会規則において 「監査役の報酬等の協議については、監査役全員の同意がある場合には、監査役会においておこなうことができる」 と定めています。 しかし会社法では監査役会の決議の方法しか定められていません。(会393-I) このような場合、「監査役の報酬等についての協議」とはどのように理解すべきでしょうか (1)「報酬等についての協議」は監査役会の決議(=過半数決議)に変えることが出来る (2)監査役会の決議をもって監査役の協議とすることが出来る (3)もしくはどちらも間違っている (3)の場合はどのように理解すればよいのかも合わせて教授願いたく存じます。 よろしくお願いします。

  • 監査役の任期について

    下記の会社の監査役任期について教えて下さい。 1000万円の株式会社N 決算12月 取締役任期2年 監査役任期4年 1.設立平成13年7月 監査役Aが就任 2.平成14年2月 監査役A重任 3.平成15年2月 監査役A辞任 監査役B就任 4.平成17年2月 監査役B退任 登記遅れて平成17年7月監査役B就任(重任?) 平成20年2月の株主総会で、監査役はCになる可能性が高いのですが、その場合、Cの監査役の任期はいつまでになるでしょうか。 平成19年2月の株主総会で任期による取締役変更をしますが、監査役任期をあわせることができるでしょうか。 別の質問になりますが、監査役で1年任期が残っているDが、一度退任して再度Dが監査役に就任をした場合、 新たに就任した年から監査役任期を4年とすることは可能でしょうか? 説明がうまくできないのですが、よろしくお願いします。

  • 監査役

    以前不動産会社の監査役をしてました。私が監査役をする前にトラブルがあったのですがその責任は私にもあるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 取締役、監査役って誰?

    参考書に 「企業の内部統制の仕組みや不正行為を防止する機能で 株主の代理人として選ばれた取締役が構成する取締役会や、 監査役が企業の経営を監督」 とあるのですが、普段、取締役や監査役はどういう立場なんでしょう? 社員なんでしょうか?社員でないなら普段何をしているのでしょうか?

  • 監査役について

    現在、取締役3名、取締役会設置会社であり、監査役1名、監査役設置会社。 上記の株式会社の監査役について「監査の範囲を会計に関するものに限る」と定款に定めを置きたいのですが、登記は必要なのでしょうか? 法務局や専門家に尋ねたところ、定款の定めのみで登記は不要という方と、監査役の監査の範囲を会計に関するものに限る旨の定款の定めのある会社は監査役設置会社ではないから、監査役の退任の登記をしろと言う方と二通りの意見がありました。どちらが正しいものでしょう? ちなみに、資本金の額1億円、非公開会社、株式の譲渡制限ありの会社です。