• ベストアンサー
  • 困ってます

マンションの内見

近日中にマンションの内見にゆこうと予定しています マンションの内見で 見るべきところ、やっておくこと(写真撮影など)、聞いておくべきこと・・・など ございましたら、お教えいただけないでしょうか 一応、 前オーナーに未払いのお金があるか これまで、大規模修繕はあったのか、いつあったのか その時、修繕費を臨時徴収したのか 今後は修繕費の臨時徴収があるのか 管理費、修繕積立費は値上がりするのか 土地の所有権(価格?)はマンションの敷地を戸数で割ったのもなのか 事故物件かどうか ・・・などは聞こうと思っています それ以外にありましたら、どんな細かいことでも良いのでご教授下さい

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数123
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • home147
  • ベストアンサー率56% (25/44)

 あなたのご質問内容と少し外れており、さらに長文ですが最後までお付き合いください。マンションの購入を考えているなら、必ず寄与できる事柄の筈です。   マンションの購入にあたって私ができるアドバイスは、マンションは購入の際に本当に重要視すべき点は、価格やそれに見合った外観や間取り、利便性や眺望などではなく、絶対にはずしてはならない最重要視することはそれ以外の面です。  マンションは管理費や修繕積立、駐車場費などの経費がかかるため、マンション本体価格とこれら経費の合計で他の物件と比較したりしましたが、購入前のこのような行為は徒労だったとつくづく感じています。  戸建てにはなくて、マンションのみに存在する問題点は、 (1) マンションには多額の修繕費(15年~20年サイクルなどを目途にして、繰り返し行われる大規模な補修工事の費用の積立金)が必要なことです。  さらに適正な金額ではない修繕費が非常に多いということです。  その多額の修繕工事自体、管理組合(マンションを購入した時点でそのマンションの組合員になります。) の素人集団には、本当に必要な工事の提案なのか、工事価格が妥当なのか、工事が手順どおりに行われ有意義なものになっているのかさえわかりません。  この工事に手抜きがなく契約どおり実施されているか、マンションの周りに設置された足場(工事の際に建物を取り囲むように組み立てられた業者が歩く通路)にのぼって工事を監督できる人材など管理組合の中にはいないはずです。組合内のご主人の仕事柄、工事についてわかる方がいたとしても、工事は昼間なので、そのご主人が在宅しない時間帯にどんどん進んでいきます。  例えば購入当時は毎月徴収される修繕積立金が安く設定されていても、修繕が行われる際になると足りない費用分は、一時金として必ず徴収されることです。  ですから現時点(購入時)で修繕費が安価だとしても全くあてになどなりません。徴収される時期が今ではないだけです。 (2) 管理費ですが、一年更新で同じ管理会社に委託契約をすることになりますが、その際に何を再契約の根拠とするかが大切です。  マンションの出納全般に関して管理組合内に会計監査に長けている方がいらして、更にこれを精査するために協力いただけないといけません。  マンションの出納関係は非常に複雑に作成されていて、さらにこれを何冊もある帳票と数字が合うか精査し、不可解な点が発生していないかを毎年確認しないといけないのです。  ですが、この作業を行わない管理組合は少なくないのが現状です。こちらは素人で相手となる管理会社は会計のプロなので、どのような抜け道でも見出せることを忘れてはいけません。 (3) それ以外でも、マンションに付属するあらゆる設備の修理や交換、新設などが、建物が大きいこともあり引っ切り無しでやってきますが、これに関しても知識がある方がいないと、管理会社の言い値で行うことになります。  これも修繕工事と同様で、管理会社の暴利行為のひとつです。  手間がかかる管理をご自分でせず、他人に任せるということは、それが暴利行為であっても受忍するということです。  上記にあげたこれらの問題は既に社会問題化し始めています。すべての管理会社がそうだとは言いませんが、ご自分で調べてもわかると思いますが、このような欺瞞行為は氾濫しているのが現状です。 (4)この問題にさらに拍車をかけているのが、管理組合の無関心です。自分達の問題のはずですが、もともとマンションを購入した人たちは、とかく他人との関係性を築きたくない方や、管理活動に協力的でない方が多いため、情報交換や問題点発生時の話合いなどに非協力的です。  これが仇なって喫緊の問題がおざなりになりますし、逆に必要ない工事でも組合内で熟議することに面倒くささを感じて惰性で賛成する人が必ずといっていいほど存在します。       こうなるとマンションは議決権を各組合員が持っていることから、本当は不要な工事も過半数などで実施が決定されてしまいます。  更に最悪なのが、そのマンションに管理会社の人間が一人ずつ管理組合員として住んでいる物件があります。(一室を購入して組合員として住んでいるということです。)    この管理会社社員兼管理組合員は、管理会社の提案した工事などに有利に働く発言や、正当な意見する者に不安をあおりたてるように教えられていて、それも仕事の一つとされています。   ですが他の管理組合員には管理会社の社員であることは伏せて住民のふりをしています。実際、大手管理会社で行われています。 (5)ほかにも管理費や修繕費の滞納問題があります。マンションの一室を購入した所有者がマンション運営の為に絶対に必要なこれらの費用を支払わなくなるケースです。  このような問題が見られるマンションは、やはり無関心な管理組合員や自己管理意識の欠如などを同時に兼ねそなえており、自助努力を怠っているマンションに多く見られます。  この滞納者が1件ならともかく、かなりの数にまで増えている物件もあり深刻な問題となっている現状があります。  このようなマンションは管理意識の薄さから、滞納者が出始めた最初の段階で対応が遅れたことで更に多くの滞納者を増やしていると考えられるのです。  誰かが許されるなら自分も同じように楽をしたい人間が現れることは避けられません。  ですがこの滞納分は誰が負うのかというと、結果として滞納者以外のマンション所有者となるケースが多いのです。  他にもまだまだマンション管理に関しては死角になっている部分がたくさんありますし、これは誇張して発言しているわけでもありません。  修繕費を多額に積立できているマンションは修繕の際に一時金が発生しないからと安心はできず、その積立額を管理会社が知っているので、不当な高額の工事見積もりをされ、常に標的とされることが多分にあります。  管理会社は自分たちを管理する立場の者がいないためにやりたい放題ですし、管理組合が機能していないところは、コツコツと積み立てた修繕費などの費用を管理会社に湯水のごとく吸い上げられているのと同じ状態になります。    マンション管理に無関心な管理組合は、総会や理事会の出席者数や出席者の発言の少なさで、管理会社にしてみれば一目瞭然で見分けがつきます。  たとえばチャックをきっちりと締めて胸元のポケットに入れている財布と、チャックが壊れたままでをどこにでも置きっぱなしにしている財布とでは、どちらが紛失しやすいかはお分かりいただけると思います。自分達のマンション管理に無関心な管理組合は、悪徳な管理会社からしてみれば後者なのです。            悪徳な管理会社など平然と存在できるわけがないと思うかも知れませんが、実はこのような管理会社はどこにでも実在していて、喫緊の問題としての国の取り組みが欠如していることで表沙汰になっていないだけです。  最近、ニュースで生活保護受給問題が表面化してきて世間が騒いでいますが、この問題ももう何年も前から不当な受給が横行していることは指摘され、国の精査強化や規約改正が言われ続けていました。実際、私のまわりにも離婚して生活ができなくなったと生活保護費をもらっているにも関わらず、別れたはずの主人と住んでいる人間がいましたから。(身内や友人ではありませんのでお見知りおきを。)  このように重大な問題が長期的に潜在していても、国が大きな政策を打ってこない限り、社会の中ではあらゆる不正が見えないところでは頻繁におこっていて、被害者はただ泣き寝入りというのが実情です。  マンション問題は聞いただけで「面倒くさい」と思うかもしれませんが、機能している管理組合をもつマンションを購入すれば、管理費などの一個人の自己負担費用が、長期的に見て数百万円から数千万円も簡単に節約できるはずです。  マンション購入費以外にランニングコストとして必ず必要となるこの費用を削減することは結果として一財産をのこすことに繋がります。  戸建ての場合は、リフォームにしても、設備が壊れたとしても、何か問題点が起こった時も、家族内で話し合って決めたことが簡単に実行できますが、マンションはそんな訳には行きません。  マンションは性格や考え方や価値観の違う人間の集まりですから、最善の意見であっても一つにまとまることはなく、常に疲れ果てます。  考え方としては、あなたが結婚されているなら、これは嫁姑問題に非常に似ていると想像してください。うまくいかない嫁姑問題の規模が大きくなったのがマンションの管理組合問題だと思っていただけたら、わかりやすいかもしれません。   それでも、どうしてもマンションを熱望されるなら、中古物件の場合に限定されますが、購入前にその組合の総会などの議事録を閲覧してください。  ここに取り上げたすべての問題点がこれを見ると瞬時にわかる優れものです。管理組合が独立した考えをもち、健全に機能しているか、知識人が存在するか、これまでの活動などあらゆることがわかります。  購入前に活動を続けている理事長などの中心人物に会うのも、非常に有効でしょう。    マンション購入は、購入前より購入後のほうが、とてつもない労力を必要とすることを肝に銘じてくださいね。  気を落とすようなことばかりのアドバイスで申し訳ありませんが、マンション問題で苦しむ人が一人でも増えないことを祈る気持ちからです。  良い物件に恵まれますよう陰ながらお祈りいたします。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます いえ、質問内容通りです 家賃を払い続けるのがもったいなくて マンション購入を考えていましたので それが為されないと意味がありません やはり、管理費や修繕費などのお金が問題のようですね 今現在、隣人トラブルもありませんし マンション購入は大きな賭けになっています 内見の際には、管理組合や修繕の施工業者についても質問し 良い物件であれば さらに後日自分でももっと詳しく調べてみることにします

関連するQ&A

  • 修繕費について。

    こんばんわ。 築6年目になるマンションなんですが、修繕費に ついてお伺いしますが、今修繕費を14000円(管理費別)を払っていますが、10年目の大規模修繕では今のままの修繕費では足りないので値上がりすることになりました。 今の14000円では無理なのでしょうか?戸数は30戸です。 他のマンション方はいくらぐらいお払いになっているのでしょうか? 戸数にもよると思いますが。

  • マンション購入について

    現在、住宅を購入しようと考えてまして、今週中にマンションを一件、見学に行く予定です。 その物件は築5年の中古で、総戸数88戸で、8階建の1階です。そこで質問なのですが、 1)マンションの修繕費が将来どれくらいかかってくるのでしょうか。  今のところ管理費が1万円、修繕積立費が6千円なのですが、総戸数に対してこの金額でまかなえるものでしょうか。 よく戸数の多い方が修繕費の個人負担が軽くなるので有利だといいますが、88世帯というのは如何なものでしょう。 マンションについては買ってみないとランニングコストが見えないのが不安です。この物件の販売価格に、管理費+修繕積立+固定資産税を年間30万くらい一生払いつづけると仮定してライフプランを計算してみると、うちの家計はまあまあいけるかなという感じなのです。でも将来的に修繕費や管理費が大きく値上がりするとしたら、かなり暮らしに困ることになりそうです。 だから将来的な修繕費の予測はしておきたいのです。 2)固定資産税はマンションの方が高いのでしょうか。  どうしても管理費などのランニングコストの面を考えると一戸建ての方が安くつくような気がするのです。 (修繕も自分の懐次第でできるところが戸建ての方が有利のように思うのですが・・) よく建物評価の高いマンションの方が固定資産税は高くなるといいますが、実際どうなのでしょう。 3)中古マンション見学の際に気をつけて見るのはどういった事項でしょうか。  住宅の品質、欠陥などはどのように調べればいいのでしょうか。1階なので湿気の多さや、耐震性が気になります。それはやはり後日、不動産調査の専門家にお願いして見て貰うほうがいいでしょうか。 とりあえず自分が見学に行く際にチェックした方がいいポイントがありましたら、どうかご教授ください。

  • 修繕積立金の恐怖

    現在、築12年の中古マンションの購入を検討してします。 いろいろ調べていただいて分かったことのひとつに、 ・新築当初から数年間、修繕積立金はゼロだった ということがあります。 具体的に理解しようと仮の数字で試算してみました。 修繕積立金1万円 未積立期間8年間 戸数70戸 1万円×70戸×12ヶ月×8年間=6720万円 そのマンションは修繕積立金というものがなかったそうなので、 滞納というわけではありませんが、 ゆくゆくの大規模修繕時にやるべき修繕ができず、 「ここまで」と、範囲などを抑えて修繕するにとどまる→マンション全体の資産価値が下がるのでは と懸念しています。 もしくは修繕時期手前に一時金徴収の実施があるのでは。とも思います。 そこでこういうマンションにお住まいの方、購入された方、もしくは経験者の知人からお話を聞かれたことのある方、以前そういうマンションに住んでいてなんらかの理由で売却、転居された方、その他詳しい方に質問です。 1.新築時から数年間、修繕積立金の徴収がないマンションというのは昔は珍しくなかったのでしょうか。一般的だったのでしょうか。 2.修繕積立金の徴収が何年か0円/月で大規模修繕を向かえた際、一時金徴収をされた方、金額はいくらくらいでしたでしょうか。マンション規模(戸数)や新築時からの年数も教えていただけると助かります。 3.3,4年前に見直された改正案を確認しましたが、現状すでに改正案より低い修繕費になっていました。改正案で将来の予想グラフを見ると、かなりの勢いで値上がりしているように見えました。新築当初に未徴収だった修繕積立金が、今は何年経っていくら支払っている、という情報いただけないでしょうか。 その他修繕積立金徴収がないマンションの思いつくデメリットやご経験があればお願いします。 人生一度きりの大きな買い物なので非常に悩んでいます。 ご協力いただけると非常に助かります。 宜しくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

マンションは管理を買えと云われますから、共有部分の管理状況をチェックしましょう。 ・植栽がされているのでしたら、その手入れ状況はどうか。  枯れていたり、雑草が生い茂っているようでは・・・ ・エントランスの掲示板に掲示物がきちんと貼られているか。  掲示板からはみ出して、古い掲示物が貼られているようでは・・・ ・駐輪場に自転車がきちんと停められているか。  駐輪場以外に自転車が停められているようでは・・・ ・エントランス、エレベータホール、外廊下などの清掃がゆきとどいているか ・洗濯物の干し方もチェック  外から見えるところに干せないはずなのに、ルールを無視している住戸がないか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます 管理と住人のマナーですね 具体的に見るべきところを教えて頂いたので メモをして、きちんと見てこようと思います

  • 回答No.2

「住み続けるか」or「転売を考えるか」で全く見る視点が変わる 築年月・施工業社・販売会社・管理会社・管理組合状況 建物は注意されるでしょうが、住んで最も問題が上下左右の隣戸です 生活音の気に仕方・臭いの発生=出来たら各戸に挨拶がてら様子伺い 難しそうな住人であれば、住んでからのトラブルも考えなくてはならない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます 隣人マナーはなかなか調べられないのですが 良さそうな物件であれば 住み続けるリスクを鑑み、勇気を出して挨拶してみようと思います

  • 回答No.1

大前提は、あなたの生活スタイルにその周囲の環境・交通事情が合っていることが重要です。 お金のことは毎月の光熱費の変化・支払い条件を含めて、もちろん気になさっていることでしょうから 省いて、 ・家族の状況に合わせて将来を見越した部屋数、広さ。及び収納スペース関係。 ・特に台所の使い勝手、中古の場合は風呂場敷居などの痛み具合。 ・特に電化生活の観点から、どれくらいのものが一度に使用できるのか、コンセントの数と  エアコンの取り付けを含めた全体容量。 ・洗濯機の運転で水漏れの対策や騒音の関係。 ・TVケーブル・インターネット、電話回線などの引き込み工事の配慮はどうなっているか? いずれも生活に即関係する便利さと、忘れてならないのは ・自治会の活動内容の様子(管理組合ではありません) ・最悪の場合、転売できる可能性 ・中層階でなく、また、端部の戸に相当する場合には、冷暖房費が馬鹿にならないこと 等々でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます 自治会は盲点でした 住処を得るということは 管理組合をはじめ、いろいろなところに所属しなければならないのですね 良い物件であれば 建物以外のことも積極的に調べてみようと思います

関連するQ&A

  • マンションの修繕積立金と管理費について

    こんにちは。 マンションの管理費と修繕積立金について質問いたします。 横浜中心部 61m2 三○地所分譲 管理費 18,000円 修繕積立金 18,900円 築13年 の中古マンションについて、管理費と修繕積立金は適正なものなのでしょうか? 特に修繕積立金は、大規模修繕時に別途多額の負担金を求められるのなら、最初から本当に必要な金額を毎月払っておいたほうがような気もしておりまして、ひょっとしたら、修繕積立金はこれくらいが適正なのかもしれない?と考えてしまったりするのです。 マンションの管理費と修繕積立金に詳しい方、よろしくお願いいたします。

  • マンションの積立金が数年おきにマイナスになっているのですが

    こんばんは。購入予定の中古マンションの「修繕計画表」を取り寄せてもらいました。中身を見てみると、それぞれの項目で、数年おきに、それぞれ修繕をしているようです。 素人なので、修繕のレベルや質や頻度が良いのかどうかは、わかりませんが、なんとなく「手をかけているな」感は、感じられます。 しかし、積立金の繰越金欄を見ていくと、数年おきに、マイナスになるようです(この先、未来も)。大規模修繕は、足りない分は借入をしています。 例えば、全面改修に2000万かかった年の繰越金は、約600万なので、足りない1400万を借入して、その年から7年、毎年220万の返済という感じです。数年後には修繕費の繰越金がマイナスに転じています。そして修繕金の繰越金が少し貯まってきたら、また次の大規模修繕の時期がきてしまいます。それでまた、借入。 この「長期修繕計画表」に書いてある額だけで本当に済めば、《ぎりぎり綱渡り》という感じです。《ぎりぎり綱渡り》でも心配なのですが、住宅とは不慮にいろいろ修繕が出るものですよね。業者の作った「修繕計画表」が、もしザルだったら、もっとかかるということですよね。総個数25戸程度の小規模マンションですので、修繕金が今後値上がりしないかと心配です。 マンションを買ったことがないので、プロの方、住んでいる方にお聞きしますが、修繕積立金とは、こういうものなのでしょうか? それともこのマンションの資金ぐりは危ないのでしょうか?

  • 約20戸・駅近小規模の築15年・区内のマンションは

    築15年、約20戸の駅近の小規模マンションを検討しています。 都心ではありませんが、都心に近い便利な立地です。 かなり手頃な値段であり、大規模修繕が済んだばかりです。 但し、約20戸という戸数が気になります。近々、滞納者はいないか、修繕積立金残額はどのくらいか(少ないとは思います)、これから修繕積立金等は上がるのか、一時金の拠出は求められないか確認したいと考えております。 このような小規模マンションを特に中古で買う場合のデメリットをご教示くださいませんでしょうか。 専門家の方、居住中、居住したことのあるご経験者の方、宜しくお願いいたします。

  • マンションの管理費について

    築23年の約40戸数の中古マンションを購入しようと思っています。やはり築浅の物件に比べると管理費、修繕積立金は高いのは仕方ないですが、大体いくら位が平均的な金額か気になっています。マンションの質や戸数などで変わるかもしれませんが、ネットでいろんなマンションを見た所、25,000円以内で収まっていると思いました。今考えている物件は管理費16,000円、修繕積立金17,000円で高く感じます。はっきりと修繕計画表などで確認はまだとれていませんが(用意してもらってる最中)、営業さんの話では昨年値上げしてこれでこれからは固定でいく予定との事。管理費の方は2ヶ月おきに定期的に清掃業者が入るなどして管理もしっかりしているということでした。私が見た感じも綺麗だと思いました。修繕積立金が安い所は一時的な修繕費用が発生して合計すれば同じ位かもしれません。ただ管理費が高い気がするので、同じ金額のマンションにお住まいの方でどんな管理をしているか、また値上げした場合の理由など教えて頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。

  • マンションの購入を考えていますが、内見してとても気に入ったのですが昭和

    マンションの購入を考えていますが、内見してとても気に入ったのですが昭和44年築物件なので、そこだけが心配なところです。 比較的管理状態は良いそうで、現在大規模修繕をしているところです。 あと30年くらい住めるでしょうか。 皆様なら、他を探しますか。 ご意見をよろしくお願いいたします。

  • マンションの修繕費の一時徴収

    マンションの修繕費の一時徴収 マンションにお住まいの方、修繕費を積立されているかと思いますが 10~15年経ち、不足のため一時金として集金されてしまった経験のある方いらっしゃいますか? いくらの支払いだったか教えてください。

  • 修繕計画のないマンション

    マンション購入のことで度々こちらで相談させていただいておりますが、またみなさんにご意見をお聞きしたく思います。 その物件は世帯数20戸の小型マンションで、築9年です。 管理は委託で、世帯数が少ないので管理費は少々高めですが、修繕費は月1万円といったところです。 将来の修繕費の負担増を予測するため、修繕計画などを見せてもらうように働きかけましたが、管理組合で「計画は立てていません」と言われてしまいました。 これから大規模修繕の計画など決めていくそうなのですが、このような管理組合のマンションは如何なものなのでしょうか。 組合がしっかりしていないのはやはり危険でしょうか。 気に入った物件なので、できれば購入の方向で考えたいのですが、このような問題を解決する方法はないでしょうか。 例えば修繕費については私自身が不動産調査の専門家に「この住宅ならこれくらいかかるだろう」という長期的な予測を立ててもらって、それが自分の予算からかけ離れていなければ購入を決断しようと思いますが、実際管理組合がどれくらい適正に計画実行をしてくれるか・・それは私自身が管理会社や組合に働きかけることで解決できることではないのでしょうか。 この物件は価格的にはとても安くて、将来、多少修繕費が値上がりしたとしても余裕で払えると思うのですが、もし仮に管理組合があまりにもだらしなくて資金運用がうまく行かず、一千万もの修繕費を追加請求などされたら、さすがに困ります。そんな可能性ってあるのでしょうか? ちなみに決算報告書を見せてもらったら、今現在、修繕費や管理費の積み立て(貯金)額は一千万くらいです。 まだ大規模修繕をしていないのに、これって足りてるのでしょうか? わからないことだらけで恐縮ですが、少しでも皆さんのお知恵を貸してください。どんなご意見でもお待ちしております。

  • マンションの諸雑費と年金受給額

    皆様、いつもお世話になっております。 新築分譲マンションの申し込みを来週に控えているものです。 昨日、購入予定のマンションギャラリーでもらった長期修繕計画を見ていたら、ある一定期間ごとに修繕積立金が値上がりしていき、築30年で毎月の修繕積立金が28000円になると書いてありました。(総戸数65戸10年ごと大規模修繕) 30年後、定年を迎え、今のところ年金の受給開始はその5年後で夫と合わせて(需給シュミレーションによると)15万程度です。 毎月の修繕積立金のほかに、管理費、駐車場代を入れると、月々5万5千円かかります。年金でこの金額を払っていくのはつらいだろうと予想しているのですが、皆さん住み続けられるのでしょうか? 同世代くらいの入居予定者がたくさんいるのですが、私の家は需給金額が少ないのでしょうか?それともある程度の年齢で引っ越したり、何か対策をとったりしてして、払わずともいられる環境にできるのでしょうか? ちなみに、毎月夫婦で(諸雑費をひいて)9万5千円で暮らすのってきついですよね(固定資産税も払うとなると、手元に残るものはほぼないと思われます)?現在のシュミレーションなので、実際の需給金額が下がったり、受給開始が延ばされることも十分予想されます。 どんなご意見でもいいので、ご回答いただけたらと思います。 私の年金ではこの物件に住み続けられなそうであれば、購入を再度検討しようかと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 900万円。一戸建てとマンション

    「マンションと一戸建て、どちらが得」という議論は、 価値観もからんでくるので、どこまでいっても尽きないと思いまが、 今回は「管理費、修繕積立金、駐車場代」にしぼって質問させて頂きます。 マンション総戸数100戸程度で、広さは75平米。 一戸建ては、敷地30坪、建坪18坪、延べ床面積30坪。 こんな感じの条件で、マンションは管理費、修繕積立金、駐車場代合計が 月¥25.000だとします(近所の売り出し中マンションがこんなものでした) 片や一戸建ては、強制徴収ゼロで、必要に応じて自分で判断ですよね。 私のライフプランは、50才くらいまで少しでも多くお金を貯め、 生涯一回(売却は想定しない。死ぬまで住むつもり)の買い物をしようと 思っています。 ですから、「大地震」「火災」「よほど劣悪な物件につかまる」 「平均寿命以上に長生する」以外、立て替えは必要ないと思われ、 物件と共に自分も老朽化し、物件の寿命ちょっと前に、自分は逝くという 青写真です。 大変申し訳ありませんが、このライフプランに対するご意見はご遠慮 いただき、このライフプランどおりになると仮定して以下の質問に ご回答お願い致します。 50歳で購入し80歳まで生きたとしたら、マンションの場合 管理費、修繕積立金、駐車場代の合計は、年間30万X30年で、 900万円ですよね。 私が質問したいのは、一戸建ての場合、30年間で900万円修繕費が 掛かるのかという事です。 ちなみに一戸建ての場合、庭は、コンクリートと砂利にして、 植栽などにお金を掛けるつもりはありません。 それから、「見た目」の為の修繕もするつもりはありません。 あくまでも、30年、何とかたせる為に必要な修繕のみをする というイメージです。 30年間、一戸建てを、汚くなってもいいからもたせる修繕費が、 900万円かかるのか? プロの方、経験者の方、特に一戸建てで修繕を余儀なくされた ご経験のある方、ご回答をお願い致します。

  • みなさんは将来の住まいについて考えてますか?

    みなさんは将来の住まいについて考えてますか? 私は現在、賃貸に住んでいますが 子供の就学時期に合わせて引っ越しを考えていて 人生で初めて分譲も視野に入れて考え始めました。 しかし調べれば調べるほどに不安が募るばかりです。 生涯にわたっての金銭的な面だけで言うと戸建てかなと思います。 性格上(防犯面、住宅周辺管理など) 安心して生涯住めるのは新築(築浅)分譲マンションかなと思います。 でも今現在、その選択は経済的にムリをすることになります。 なので大規模修繕の時期に対応できるのか、住宅ローン破産も多いと聞きます。 将来の住まいを確保しておかないと(個人事業者は特に) 賃貸を借りにくくなるそうですが、本当にそうなのでしょうか? 思い切って無理してでも分譲を購入すべきなのか 賃貸で生涯を貫くのは、そんなに困難なことなのか… 私の周りでは、賃貸の家賃を払うより月々の支払いが安いからという理由で分譲を購入している人がいますが…大規模修繕や他にかかる費用も把握した上で購入しているのかは定かではありません。 ちなみに私のいう大規模修繕というのは、修繕積立金では賄えない修繕費用だったり 建物の老朽が進むほど値上がりする(らしい)管理費&修繕積立金のことです。 私が考え過ぎなのでしょうか? みなさんの考え方など、聞かせて頂けると幸いです。