• 締切済み
  • 困ってます

消防士の予防課の仕事について

消防士の志望動機について 初めましてこんにちは。 某国立大学3年生で建築学科を専攻しています。 私は来年、地方の消防士試験を受けようと思っています。 私の志望動機としましては ・私は中学校の職場体験から、消防士の仕事 市民の人と密接に関わり、人に感謝される仕事は他にもありますが 消防士ほど、やりがいのある仕事は他にないなぁと思い、一生の仕事にしたいと思うのが 今の正直な気持ちです。 そこで、私は学んだ建築学と大学中に取得した危険物乙4の資格を生かして 火災の原因を防ぐ予防課の仕事をしたいと思っています。 自分を一番生かせる場所だと思いますし、地味で辛い仕事だとは聞きますが それでも地域の皆さんや小さい子供達に火災の恐さ、予防の仕方を教え 意識を変えるきっかけを作りたいと思っています。 ここで質問なのですが 田舎の消防署では、消火、救急の仕事が主で予防課の仕事は少ないのでしょうか? よく、田舎では2,3か所の部署を掛け持つと聞いたことがあるので、予防の仕事をしたいという 意思を伝えたいという事は変わりませんが、そういった場合、志望動機として面接官の方が、「予防を全面的に押されてもねぇ」 などといったことを思うのではないかと無知のため、勝手に想像してしまっています。 まだ、本当にわからないことだらけで、長文になってしまいすいません 詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかご回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3691
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#156290
noname#156290

公務員に限らず、初任地や初所属は「上意下達」です。研修期間に「雇用側が」適性を判断します。 仮に予防課でも、日々の訓練・体力作りはあります。 当然、異動もあります。 それは分かってらっしゃいますか。 少なくとも、現場未経験の新米よりも、現場経験のある消防士の方が、予防課に向いていると思います。 何故なら、 「知識だけでなく、自身の経験に基づいて、実感の籠った指導・講話」 をして貰えるからです。 今の貴方が予防課になっても、 「火災の恐さ、予防の仕方」は「知識でしか」語れません。 「知識でなら」、火災の恐さ、予防の仕方なんて「地域の皆さんや小さい子供達」は既に知っています。 実際に経験していないから、実感がないから、「いざという時」に適切な行動が出来なかったり、日頃の備えが甘くなったりするのです。 つまり、 「現場未経験で、初所属に予防課を希望する人」 と同程度という事です。 「学卒レベルの建築学の知識と乙4」で、 「予防課が、自分を一番活かせる場所」 というのは、非常に了見・視野が狭いです。「他者でなく、自分の為に予防課希望」「就職後は、成長する気無し」と言っているのと大差ないです。 仕事・職場は「自己実現の為の場」ではありません。 「相手から、直接感謝されたい」 「相手から、直接尊敬されたい」 こういうエゴや浅ましさは、少なくとも「人命や教育、研究に関わる職業」「公的な職業」には害になるものです。何故なら、これらの職業は 「相手からの感謝・尊敬の有無やその多寡で、業務内容に差をつけるべきではない」 「相手からの感謝・尊敬の有無やその多寡で、モチベーションに差をつけるべきではない」 性質のものだからです。 「自分のした事を感謝されたら、嬉しい」という「人として、当たり前の気持ち」を持つ事は問題ないです。 しかし、「感謝されたくて、その仕事に就く・取り組む」のはお門違いなのです。 「将来的に予防課でも働きたい」というのは構わないでしょう。 「自分が一番活かせる」と言って信憑性があるのは、「実務経験者で、客観的に評価出来る実績がある人」です。 「地味で辛い仕事」だと、「自分が経験していない事を、伝聞で語る」のは戴けません。 そもそも、消防士の仕事の中に「派手で楽な仕事」があるのですか。それならば「(でも、予防課は)地味で辛い仕事」と言えるでしょうが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 消防士試験について

    初めましてこんにちは。 某国立大学3年生で建築学科を専攻しています。 来年、私は消防士になるため公務員試験を受験します。 また、幼いころから消防士に憧れ、スポーツで培った基礎体力と 大学で学んだ建築学を生かすためにも、予防業務員の仕事をし 私の地元を災害のない街づくりにしていきたいと考えています。 私は、政令市令都市と地方の消防署を受験する予定なのですが 田舎の消防職員は大体1人平均、2~3つの部署の仕事を掛け持ちし 田舎の消防は人手が少ないのでオールマイティーにこなさないといけないと耳にしました。 そういった場合、私の志望動機では、地方の試験で面接の際 「ここでは、予防の仕事は少ないよ」、「もっと大きな地域を受けたら?」など言われるのではないか。 また、そういった場合、自分は社会に貢献できるのかなど考え、どこを第一希望とするべきか迷っています。 ですが、地元に近いところで働き、親を安心させたい、地元に貢献したいという思いは強いです。 長文になり、分かりにくい文面になってしまいましたが 「なぜ、ここで働きたいの?」と地方で言われた際、「予防の業務で町を安全にしたい、子供たちに火災の恐さを伝えたい」ということを、素直に伝えればいいのでしょうか? アドバイスなどがありましたら、どうかよろしくお願い致します。 補足;今のところは、私の地元と近くの政令市令都市、東京消防庁を受けたいと考えています。

  • 消防士 予防業務について

    初めましてこんにちは。 某国立大学3年生で建築学科を専攻しています。 来年、私は消防士になるため公務員試験を受験します。 また、幼いころから消防士に憧れ、スポーツで培った基礎体力と 大学で学んだ建築学を生かすためにも、予防業務員の仕事をし 私の地元を災害のない街づくりにしていきたいと考えています。 そこで質問なのですが 予防業務の仕事をしたいと思う反面 精神的にきつい。 希望者が少ない。 給料が安い。 等々の話も聞くのですが、実際どうなのでしょうか? 予防業務のやりがい 予防業務に求められる力 上下関係 土日勤務 などそれ以外に関しても、多くの意見を聞きたいので 詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかご教授お願いします。

  • 消防士の仕事について

    初めましてこんにちは。 来年、私は消防士になるため公務員試験を受験します。 また、幼いころから消防士に憧れ、スポーツで培った基礎体力と 大学で学んだ建築学を生かすためにも、予防業務員の仕事をし 私の地元を災害のない街づくりにしていきたいと考えています。 そこで質問があるのですが 消防の仕事には訓練以外にも事務処理といったデスクワークがあると思うのですが 実際にどのようなことをしているんですか? また、事務処理をするにあたって、必要な能力などはありますか? 少し気になったので、消防士の方、詳しい方々がいらっしゃいましたら 教えていただけませんか? よろしくお願い致します。

  • 消防士の仕事内容について

    初めましてこんにちは。 来年、私は消防士になるため公務員試験を受験します。 また、幼いころから消防士に憧れ、スポーツで培った基礎体力と 大学で学んだ建築学を生かすためにも、予防業務員の仕事をし 私の地元を災害のない街づくりにしていきたいと考えています。 そこで質問があるのですが 消防の仕事には訓練以外にも事務処理といったデスクワークがあると思うのですが 実際にどのようなことをしているんですか? また、事務処理をするにあたって、必要な能力などはありますか? 少し気になったので、消防士の方、詳しい方々がいらっしゃいましたら 教えていただけませんか? よろしくお願い致します。

  • 消防士について

    初めましてこんにちは。 某国立大学3年生で建築学科を専攻しています。 来年、私は消防士になるため公務員試験を受験します。 また、幼いころから消防士に憧れ、陸上、野球で培った基礎体力と 大学で学んだ建築学を生かすためにも、予防業務員の仕事をし 私の地元を災害のない街づくりにしていきたいと考えています。 そこで私は大学に在学してる間に危険物取扱乙種4を取得し、 予防業務の仕事に就くために、消防設備士甲種を取りたいと考えています。 ですが、その反面、消防士試験において、資格は全く関係ないという話も良く耳にします。 教養試験はすでに準備を始め、ある程度の自信がありますが 面接試験不安を残していることから、建築を学んできた証として消防設備士をとり、 予備知識として活かしたいと考えているのですが、正直迷っています。 そこで質問です。 1.危険物乙4、消防設備士の資格を両方取る。 2.資格は一切取らず、教養試験だけに集中する。 3.中途半端になるので、危険物甲種の資格獲得を目指す。 4.その他 どれが一番良い選択といえるのでしょうか? 長文になってしまいすいません。 公務員試験が厳しくなっているご時世ですが、頑張って合格を勝ち取りたいと思っていますので 消防に詳しい方、ご教授お願い致します。

  • 消防士

    僕は今高2で将来は消防士になりたいです。それを父に相談したところだったら、今消防署で事務をやっている人に聞いてみるか?と言われました。そこで質問です。消防士になるためには今でもコネと言うやつはあるのでしょか?ちなみに自分が住んでいるところは田舎です。 回答よろしくお願いします。

  • 消防士の年収について

    初めましてこんにちは。 某国立大学3年生で建築学科を専攻しています。 来年、私は消防士になるため公務員試験を受験します。 また、幼いころから消防士に憧れ、陸上、野球で培った基礎体力と 大学で学んだ建築学を生かすためにも、予防業務員の仕事をし 私の地元を災害のない街づくりにしていきたいと考えています。 汚いお話になってしまうのですが 将来の生活のために知っておくべきこととして、給料のことがあります。 そこでいくつかのご質問をさせて頂きたいのですが (1)例として勤務地での初任給が月18万であった場合 10年後の給料はどのくらいになるのでしょうか? (2)消防士→消防副士長→消防士長→消防司令補と階級が上がっていくと思うんですが 給料にしたらどれくらいの差額になるのでしょうか? (3)最近は火災も少なくなってきており、出動の機会も減っていると聞きますが 基本給以外での手当等の面では月いくらぐらい出るのでしょうか? ぜひ貴重な意見として参考にしたいので、詳しい方がいらっしゃいましたら ご教授お願い致します。

  • 消防士2次試験

    私は高校3年なのですが、消防士の1次試験に合格し2次試験の面接を受けることになりました。 そこで消防士になるための志望動機、心構えといったものが聞かれると思うのですが、上手くまとまらず困っています。 何か良いアドバイスがあれば教えてください。

  • 消防士から選抜される海での仕事

    知人が消防士試験に合格し、消防署に配属されしばらくすると、 消防署員の中から選抜?のようなものがあり、 海での仕事に変わったと人づてに聞きました。 おもりをつけて海で泳ぐ練習をしているとか・・・ これってどういう仕事内容になるんでしょうか? 海猿のような海上保安官とはまた違いますよね? 詳しい方いらっしゃいましたら教えてください!

  • 工学部3年で将来消防士を目指しています。

    工学部3年で将来消防士を目指しています。 私は現在、大学3年建築系学科に通っており、今年の6月で21歳になります。 最近になって就職について真剣に考え始め、将来消防士になろうかと思っています。 建築に対してやりがいを見いだせなかったことと、人々を守る仕事である消防士に心ひかれたのが主な理由です。 そこでいくつか質問があります。 1, 大学はやはり卒業したほうがよいのでしょうか? 今からでも救急救命士等の資格の取れる専門学校に入りなおそうか悩んでいます。 2, 公務員試験の勉強、体力試験へ向けての体力作りは当たり前として、 今から消防士になるためにやっておいたほうがいいということがあれば教えてください。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう