• ベストアンサー
  • 困ってます

野田は「首相」、鳩山は「総理」。なぜ?

  • 質問No.7540190
  • 閲覧数616
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 97% (2440/2504)

"----首相"、"----総理"を、最近の3名について Google検索をしたところ、下記のようになりました。


"野田首相"  約 2,560,000 件
"野田総理"  約  700,000 件

"菅首相"    約  775,000 件
"菅総理"    約  374,000 件

"鳩山首相"  約  348,000 件
"鳩山総理"  約 1,020,000 件


・野田氏   首相 ÷ 総理 = 3.7
・菅  氏   首相 ÷ 総理 = 2.1
・鳩山氏   首相 ÷ 総理 = 0.34

なぜ、このような違いが生じているのでしょうか。
 

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 41% (4357/10488)

>野田は「首相」、鳩山は「総理」。なぜ?
"----首相"、"----総理"を、最近の3名について Google検索をしたところ、下記のようになりました。


"野田首相"  約 2,560,000 件
"野田総理"  約  700,000 件

"菅首相"    約  775,000 件
"菅総理"    約  374,000 件

"鳩山首相"  約  348,000 件
"鳩山総理"  約 1,020,000 件


・野田氏   首相 ÷ 総理 = 3.7
・菅  氏   首相 ÷ 総理 = 2.1
・鳩山氏   首相 ÷ 総理 = 0.34

なぜ、このような違いが生じているのでしょうか。


      ↓
言われてみて気付く事ですが・・・
総理大臣(総理)も首相も同じ役職であり、権限も同じで、現職は日本に一人しかいないです。
でも、違いはor使い分けの目安や理由は?

<私見>
法律や新聞等の表現の規約の有無は分かりませんが、庶民感覚では

◇私は、単にリズミカル・語韻語感の印象や言い易さから無意識に使い分けているのではないでしょうか。

※長い苗字の場合は総理、短い苗字の場合は首相
野田(2文字)首相→鳩山(4文字)総理

※苗字とのスムーズな読み易さ、リズミカルさ

※表記は別として表音・国会討論などの呼びかけでは言い易さが自然に主流に成っていた。

◇戦前までは、主に首相であったように思います。
お礼コメント
mota_miho

お礼率 97% (2440/2504)

》単にリズミカル・語韻語感の印象や言い易さから無意識に使い分けているのではないでしょうか

確かに、口に出したときの言い易さというのはあると思いました。回答ありがとうございました。
投稿日時:2012/06/19 11:19

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 40% (1540/3759)

少し調べてみました。
首相:総理(首相÷総理)は

小泉 2,360,000 : 3,000,000(0.78)
安倍 2,460,000 : 3,870,000(0.63)
福田 1,090,000 : 4,130,000(0.26)
麻生 1,310,000 : 6,890,000(0.19)

となっていましたので、鳩山氏以前は首相が多く使われており、それ以降は総理が多く使われているようです。現職であれば多くなるのか、新聞等のコードが変わったのかは分かりませんが、どうもそういう傾向にあるようです。
お礼コメント
mota_miho

お礼率 97% (2440/2504)

わざわざ調べていただき恐縮です。

》鳩山氏以前は首相が多く使われており、それ以降は総理が多く使われているようです

確かに、古い時代、例えば田中角栄氏については、「田中首相」の表記が多かったような気がします。回答ありがとうございました。
投稿日時:2012/06/19 11:33
  • 回答No.2
選挙を経ていないので、総じた理(ことわり)はなく、首だけの相手、ということなのでしょうね。
お礼コメント
mota_miho

お礼率 97% (2440/2504)

新しい視点から説明してくださり、ありがとうございました。
投稿日時:2012/06/19 11:21
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ