-PR-
解決済み

肩の部分に残るハンガーのあとの直し方(防ぎ方)

  • 暇なときにでも
  • 質問No.75385
  • 閲覧数21564
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (28/28)

洋服をハンガーに掛けて保存してると、肩の部分にダメージ(ポコッと生地がのびる)ができてしまいます。
特に、スエットのような伸びる生地で、洋服自体の重さが結構あるものなんですが、
何かこれを防ぐ方法(ハンガーに掛けるときの工夫など)や、できてしまったときの直し方を教えていただけないでしょうか。
個人的に、「自分はこうしている」というのでかまいませんので、教えて下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

まず、ハンガーですが肩がのびにくい形というのがあります。横にアームが長い形で、(肩幅が広いというか)ニット用として売っていることもあります。プラスチックのもありますが、丸い木の棒がすこしアーチ型になっているものが良いです。
ブティックなどで、商品が傷むのを防ぐため、よくこれを使っています。
家にあるものでなんとかするなら、針金ハンガーをひっかけのところと肩のところとの角度が80度くらいになるように曲げて、(いかり肩にする)しかもなるべく横幅がひろくなるようにすると、かなりいい感じです。針金部分にタイツやストッキングを巻くと、もっと良いです。ストッキングを巻くのはちょっと貧乏くさいですが、弾力や乾きやすいのがちょうど良いです。保存用ならタオルなど巻いても良いでしょう。

肩がポッコリ出てしまったときは、スチームアイロンを浮かせてかけると良いですが、霧吹きで水をかけてから、形を整えながらドライヤーをかけても直ります。
お礼コメント
propaganda

お礼率 100% (28/28)

ありがとうございます。
高いハンガーは大量に買えそうもないので、針金ハンガーの方法を参考にさせていただきたいと思います。
ただ、ストッキングはないので・・・男ですので。
投稿日時 - 2001-05-13 22:22:28
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 29% (97/333)

ハンガーの肩の部分が幅広になってカーブしているもの(人間の肩の形のような)だと伸びにくいと思います。細い針金ハンガーなんかだとどうしても重さが一点に集中して伸びてしまいますよね。

しわになりにくい素材で重たいものであれば、袖の部分を胸でクロスして反対側の肩に引っ掛けて乗せると袖の重さが服の肩部分に集中せず直接ハンガーにかかるので伸びにくいです。お洗濯して干すときもこうすると伸びにくいですよ。

伸びでしまったものを伸ばすには・・・スチームアイロンで生地を少しずつ寄せながらかけてみたらどうでしょう・・・?もちろん、完全にスチームが乾いてからハンガーにかけましょう。(しかし、これには自信ないです。)
お礼コメント
propaganda

お礼率 100% (28/28)

ありがとうございます。

やはりガッチリした高いハンガーを使うのがいいのでしょうね。
胸でクロスさせる方法はやってましたが、乾きにくくなるのが難点ですよね。
投稿日時 - 2001-05-13 22:18:07


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
ファッションへのこだわりや参考にしていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ