• 締切済み
  • 困ってます

立証できている刑事告訴について

内容が複雑だが罪を立証できている告訴について 検察が不起訴処分を下すことは検察による職権濫用だといえますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数167
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21842)

濫用と言える場合と、いえない場合があります。 検察官は、総ての犯罪を起訴しなければならない わけではありません。 (刑訴法第248条) 犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により 訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる。 これを起訴便宜主義と言います。 かつては、およそ犯罪者は処罰すべきだ、と言われていた 時代もありました。 しかし、現代では人権や訴訟経済の要請から 一般予防、特別予防に必要な限度で 刑罰を加えれば十分だ、ということになっています。 一般予防というのは、一般の人々の威嚇に 特別予防というのは、犯人の改善、という 意味です。 逆に言えば、この限度を超えて不起訴にした場合には 検察官の職権濫用、ということになる訳です。 それで、起訴しないときには 告訴人への告知が義務づけられ、 更に、検察審査会、付審判の制度 などが設けられ、濫用を阻止しようとしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一般予防、特別予防とは具体的にどんなことですか? 不起訴であっても犯人に口頭で注意すれば済むということでしょうか? 私は検察を職権濫用罪で訴えたい気持ちです。

関連するQ&A

  • 刑事告訴をして、不受理。不服申し立てできますか

    271011 #検察審査会 検察に告訴をして 不起訴処分となり、不起訴が不服なら、検察審査会に不服申し立てをできます。所轄の警察に刑事告発して、受理されない場合、不受理が不服ならば、どこに不服申し立てすれば良いのでしょうか。

  • 検察が安易に不起訴処分を下すことについて

    違法行為が明らかに行われている事件を告訴して 検察が不起訴処分を下すことに腹が立ちます。 しかも「嫌疑不十分」ならともかく 「嫌疑なし」という決定をすることがあります。 これに対して一般市民の対抗策は検察審査会か 公務員の職権濫用罪くらいしかなく どちらもまともに機能していると思えないので 対抗策として不十分にもほどがあります。 不起訴を下す検察にいうことを聞かせる方法や 充分なペナルティーを与える方法はないのでしょうか?

  • 刑事告訴が不起訴とされたとき

    私は著作権侵害された事案を地方検察庁へ告訴していたところ、 同庁より不起訴処分の通知が来ました。 民事裁判の判決のような理由は一切書かれていません。 私は、この処分に不服なのですが、対処する方法があればご教示ください。

  • 労働基準法37条違反による刑事告訴について

    職場の法違反を申告し、労働基準法37条の割増賃金違反で、職場が是正勧告をうけました。 刑事告訴も受け付けると労働基準監督官は言ってまして、実行に移したいのですが、証拠はどのようにそろえるのがよいのでしょうか? 不起訴処分になるだろうと、監督官は言ってますが、再犯の可能性があるので、告訴はすべきと考えています。 また、書類送検ののち、検察には何度も呼び出されるのでしょうか? こうした告訴の経過を知るためのサイトとかあれば教えていただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 本当に刑事告訴しなくていいのですか?

    農水省が委託した第三者委員会が、 「組合ヤミ専従者たちを、刑事告訴しないよう大臣に答申した」 とのニュ-スを見ました。 お金を返して、省内で処分されたからだそうです。 普通、くすねたお金を返したとしても、刑事告訴される のではないでしょうか? たとえ、結果的に、不起訴や無罪になったとしても・・・。 だまし取られた側の責任者は、本当に告訴しなくて良いのですか?

  • 刑事事件の告訴について

    知人が刑事事件の被害者として警察へ行って捜査していただき、最終的に犯人は不起訴処分となりました。 検察官からの連絡で、本人も反省してるからということで和解のような形に持っていかれたようです。 知人は、告訴状など書いた記憶はなく、刑事罰を与えたいという強い要望も特にはなかった様子。 捜査に関しては警察が全部やってくれたとのことでしたが、検察から連絡があったということは、告訴状は提出されてるのでしょうか? 告訴状など提出しなくても警察から検察へ書類送検されるものなのでしょうか? よくわからないので教えてください♪

  • 刑事告訴・民事訴訟の違いは??

    刑事告訴・民事訴訟の違いを教えてください。 刑事告訴は警察(検察)が検挙した被疑者を検察に送って、検察が起訴・不起訴を決める。 民事訴訟は個人が企業や個人などを告発する。 だと思いますが、刑事告訴と民事訴訟が事件によってごっちゃごっちゃになってる例をよく見るのですが、どういう仕組みなのでしょうか?? 警察が動いてくれないものを民事訴訟するのでしょうか?? よろしくお願いします。

  • 民事裁判と刑事告訴のタイミングは

    被害者(例えばイジメでの負傷とか、性的暴行とか)は、民事裁判(損害賠償請求)と刑事告訴(または被害届)との両方を出せますね。 民事裁判(損害賠償請求)は1年から数年、刑事告訴(または被害届)の結着(不起訴処分など)は数か月と思います。 この2つのタイミングとしては、 (1)まず民事裁判(損害賠償請求)をして、その最中に刑事告訴(または被害届)、 (2)まず刑事告訴(または被害届)をして、それが数か月後に結着してから、民事裁判(損害賠償請求)、 (3)まず刑事告訴(または被害届)をして、それが結着する前に、民事裁判(損害賠償請求)、 などの方法があります。 上記の(1)から(3)のどれかにより、被害者側に有利・不利はあるでしょうか? 例えば、上記(1)ならば、「刑事裁判を、民事裁判の相手方を動揺させるために利用しているのではないか」と検察官から思われて不起訴になりやすくなるなど。

  • 不起訴処分後に別人により告訴状が出たときの取扱い

    よく、マスコミ報道された官僚とか政治家などによる犯罪的事件について、一般人が告発状を出して、検察が不起訴処分にすることがあります。 その場合、その不起訴処分が出た後、別の人が同じ事件について告発状を出した場合、あるいは、その事件の直接の被害者の人が告訴状を出した場合は、どうなるのでしょうか?

  • 検察官の不起訴処分について

    「嫌疑なし」とは容疑者が犯人でないことが明らかか 証拠がないことが明らかな場合なので 容疑者に違法行為があったことが明らかな場合で 検察官が不起訴処分で「嫌疑なし」という決定したら 職権濫用罪や虚偽公文書作成罪にならないのでしょうか? 本来なら起訴や起訴猶予、最低でも嫌疑不十分にすべきときに 「嫌疑なし」という決定をしたら違法行為にならないのでしょうか?