-PR-
解決済み

色も形もちがう花が咲いた

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7271
  • 閲覧数543
  • ありがとう数31
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 89% (68/76)

4、5年前に黄色いバラの苗木を買い、毎年きれいな花を咲かせてくれて楽しんでいます。
昨年、横にのびた枝がじゃまになり切ったものの捨てるのも忍びなく挿し木にしたところ、ちゃんとついたようでずいぶん成長しました。
今年、その挿し木にした枝と、元の幹の下部から枝別れしてのびてきていた新しい枝に、つぼみがつき楽しみにしていました。
黄色いバラが咲いた後、開いたつぼみは、似ても似つかない一重のピンクのバラでした。
同じ枝からなぜこのような花が咲いたのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 54% (86/158)

 それは、購入苗が接ぎ木苗であったからです。
 バラ苗は通常、接ぎ木苗として販売されています。理由は病害に強く、生育を良くするためです。
 台木(接ぎ木するとき根っこになる方のこと)としてはノイバラ、テリハノイバラなどが使われており、これらは一重の小さな花が咲きます。
 おそらく、元の苗は、穂木部が切り取られるか、枯死してしまい、台木部から芽が伸びて来たのだと思います。
 穂木となっていた黄色いバラは、挿し木によって維持されているということですので、再度、接ぎ木苗にする事を
お奨めします。その方が勢いや花着きも良くなります。
お礼コメント
hase-

お礼率 89% (68/76)

回答ありがとうございました。
なるほど、黄色いバラは他の強い木に助けられていたのですね。これで疑問は解けましたが、ところで今度花が咲く時、一重の花の方も放っておいていいのでしょうか?よく、花を咲かすための養分を取られないために、要らない部分は摘み取るようにききますが?
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 18% (2/11)

下の方からでてきた枝は、多分接ぎ木をしてあったと思いますので台木のバラが咲いたと思います。 薔薇は、根の病気がでやすいので接ぎ木をしてあることがほとんどです。 ...続きを読む
下の方からでてきた枝は、多分接ぎ木をしてあったと思いますので台木のバラが咲いたと思います。
薔薇は、根の病気がでやすいので接ぎ木をしてあることがほとんどです。
お礼コメント
hase-

お礼率 89% (68/76)

何の知識もなく「わあ、きれい」と安易に購入しました。バラにとってはかわいそうなことですね。
本を買って来ようと思います。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 54% (86/158)

お礼に対する回答です。 バラに限らず、接ぎ木苗を購入した場合には、 台木部からの枝は伸ばさずに、早めに切って下さい。 これは、台木に使われている植物の方が成長が早いことが多いためです(一部の果樹苗は除く)。一株から2種類の花が咲くといって喜んでいると、いつの間にか台木の花しか咲かなくなることがあります。 ...続きを読む
お礼に対する回答です。
バラに限らず、接ぎ木苗を購入した場合には、
台木部からの枝は伸ばさずに、早めに切って下さい。
これは、台木に使われている植物の方が成長が早いことが多いためです(一部の果樹苗は除く)。一株から2種類の花が咲くといって喜んでいると、いつの間にか台木の花しか咲かなくなることがあります。
お礼コメント
hase-

お礼率 89% (68/76)

2度目の回答ありがとうございます。
やっぱり強い方に養分を取られてしまうって事ですね。
次回もきれいな黄色いバラを咲かせられるようにがんばります!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ