• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

土地の境界の訴訟後の強制執行について教えてください

約2年前に、土地の境界についての訴訟を起こし、一審は当方の完全勝訴の後、現在高裁で控訴審を行っており、まもなく結審となります。 内容を簡単にまとめますと、本来隣地との間には間隔約80センチ、奥行き約30メートルの路地が存在していましたが、被告が被告の廃屋をつぶした際、一方的に当方の建物ぎりぎりにブロックを積んで路地を占拠しました。被告の主張は、当方が約30年前に建物を新築した際に、被告の土地に出っ張って建てたから本来の境界はこれだという、当方から言わせれば言いがかりのようなものでした。無益な争いだとは思いましたが、法治国家でありながらやった者勝ちで、このまま泣き寝入りしていいのかと悩んだ末、当方は、建物を新築する以前の写真と以後の写真を何枚も提出、路地の間隔の半分、すなわち約40センチ分を明渡すように提訴、地裁の判決は当方の主張とおり路地の半分を明渡し、訴訟費用を被告が全額支払え、というものでした。 被告はこれを不服とし、高裁に控訴し、まもなく結審となります。 裁判官の印象、当方の弁護士の得た感覚からすると、今回もほぼ一審のとおりの判決になると確信していますが、幸いに勝訴しても、被告は一筋縄ではいかない人物であり、すんなり明渡すとは思えないのです。 そこで、強制執行という手段があることを聞きましたが、このような土地の境界の問題の場合、どのようなやり方になるのでしょうか?弁護士に聞く前にまず知識を 頭に入れておきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数451
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ghq7xy
  • ベストアンサー率29% (59/198)

 こんにちは、大変な紛争ですね。tamatebakoさんの控訴審勝訴、お祈りしています。私は民事執行法などの民事手続法関係については詳しくありませんが、微力ながら力になれればと思い、回答してみたいと思います。  さて、民事執行法には、主に強制執行について規定が書かれていますが、質問の場合だと土地の明渡しであり、金銭の支払いを目的としない債権に該当しそうなので、同法の168条を見てみましょう。  民事執行法168条1項は次のように書かれています。 「不動産又は人の居住する船舶等の引渡又は明渡しの強制執行は、執行官が債務者の目的物に対する占有を解いて債権者にその占有を取得させる方法により行う。」  上記のように、強制執行は債権者(ここではtamatebakoさんのこと)が確定判決やそれと同一の効力をもつもの(和解、調停、仲裁等)を裁判所に提示し、債権者が執行現場(債務者である被告の土地)で立会いの下、裁判所の執行官が差し押さえて名義を債権者のものとすることです。勿論、強制執行にかかった費用は債務者である被告の負担になります。  私が回答できるのはこれぐらいなので申し訳ありません。もっと、詳しい専門家の方の回答をお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ghq7xyさん、早速ご回答をいただきましてありがとうございました。大変参考になりました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 訴訟が単純な境界確認の訴えの確認訴訟の場合ですと、判決は、境界を確認したにとどまり、現在のブロックの取り壊しは別途相手に請求し、相手が応じなければ、あなたの費用で取り壊し、その費用を相手に請求することになります(小額訴訟で可)。訴訟の目的に「どけろ」との「給付」が入っているのでしたら、強制執行できます。

参考URL:
http://www1.plala.or.jp/kunibou/houritu/mk003.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

shoyosiさん、早速のご回答、ありがとうございました。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 土地境界確定訴訟勝訴後の慰謝料請求訴訟は可能ですか?

    私の土地と隣家の土地の間には、本来幅約80センチ、奥行き27メートルの路地が存在していましたが、約3年6ヶ月前、隣家がその建物を取り壊したときに、私達の抗議にもかかわらず一方的に私の土地ぎりぎりに沿ってブロック塀を構築しました。直ちに、約半分の40センチの幅は当方のものであり、ブロックの撤去を求めて提訴しました。3年6ヶ月を要しましたが、1審全面勝訴、2審全面勝訴で判決が確定しました。近日中に被告が構築したブロック塀は被告の負担で撤去することになり、その際今回確定した境界線に沿って当方の土地に当方の負担で新たなブロック塀を構築しようと思っています。ところが、その作業をするためにはどうしても2日間ほど隣地を使用させてもらわざるを得ませんが、被告側は協力の拒否を通告してきました。確かに、判決の結果と隣地使用はまったく別問題ですので拒否もありうることですが、私としては3年6ヶ月もの間不当に当方の土地を占拠されたのですから、謝罪や賠償の意味も込めて2日間くらい使用を認めてもいいのではないかと、釈然としない心境なのです。そこで、この際反省を求める意味を込めて、3年6ヶ月に及ぶ当方の土地の不当な占拠に対する損害賠償請求または慰謝料請求訴訟を検討したいと思い、ご質問させていただきます。(1)このように、境界確定訴訟後に改めて損害賠償あるいは慰謝料請求の訴訟は可能ですか?(2)もし可能な場合、3年6ヶ月に及んだとはいえ、40センチ×27メートルのわずかな面積ですが、実際請求できる金額はどれくらいでしょうか?弁護士報酬程度回収できますか?(3)当然勝訴を見込んでいるのですが、見込み違いになる場合もありえますか? 以上、大変素人っぽい質問ですが、よろしくお願い申し上げます。

  • 仮執行宣言について

    建物収去土地明渡請求事件で、仮執行宣言も求めました。 判決は、勝訴でしたが、仮執行宣言は認められませんでした。 そこで、お尋ねしたいですが、現在、被告は控訴しているようなので、その控訴審で再び「仮執行宣言を求める。」と云うことはできるでしようか ? 民事訴訟法259条では「財産上の請求・・・」となっているので、土地の明渡が「財産上の請求」に該当するか否か教えて下さい。 私が考えるに、仮に、控訴審で控訴の棄却の判決があった場合、更に、上告したとしても最高裁では事実関係の審理はしないので、控訴審が事実上の確定と思います。 それならば、土地明渡が「財産上の請求」に該当しないとしても、仮執行宣言を求めることは可能と考えます。 即ち、控訴審で控訴棄却があれば、即、建物収去の強制執行が可能と思われます。(受権決定の申立は必要ですが)

  • 訴訟費用額の執行について

    訴訟実務にお詳しい方がおられましたら、よろしくご教示願います。 家を貸しておりますが、家賃滞納で借家人を相手に本人訴訟を起こしました。 判決は 1家屋の明渡 2建物明渡までの金員を払う 3訴訟費用を被告の負担とする を認めるもので、私の勝訴となりました。 判決が確定すると、これを債務名義として強制執行できると思います。 ただ、訴訟費用については、訴訟費用額確定処分を申し立てする必要があります。 その執行のためには、先ほどの勝訴の判決とは別に、訴訟費用額確定処分の送達証明や訴訟費用額確定処分への執行文の付与の申請が必要になるのでしょうか? すなわち、先程の勝訴の判決に執行文を付与してもらって直接、訴訟費用を回収するということはできないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 建物明け渡しの強制執行について

    賃貸マンションで、賃料未払いにより、契約解除、賃料支払い、建物明け渡しの請求の訴訟がなされ、判決が出たというところの元で、質問します。 判決の第1項が、 賃借人(契約者及び、この訴訟の被告人)は、建物を明け渡せ、とありました。 第2項に、 契約は解除されたものとみなされ、解除日までの未払い賃料、および明け渡しが完了した日までの期間に対して賃料と同額からの相当金額、これらを合計に延滞損害金を計算して支払えとの内容。 第3項に 裁判費用は被告が支払う? だったと思います。このあたり、ちょっと不明確ですみません。 で、第2項に限り、仮執行ができる、とありました。 このあとの考えられることとして建物の明け渡しの強制執行について、おききしたいことは、 1、判決の、明け渡せ、とは、期日について、どのように解釈すべきなのか。 2、強制執行を求める手続きというのは、訴訟になるのでしょうか? 3、現在建物に住んでる者(占有者)とは、どこで決まるんでしょうか? 例えば、ほかにも同居人がいたりした場合、その人間はどうなりますか? ちなみに、同居している人間の住民票も、そこにある、公共料金の名義も、同居人のものもあるといった状況です。 わかりづらいかもしれませんが、よろしくどうぞ。

  • 共同占有の明渡強制執行

    例えば、Aさんが自己所有の建物を、BさんとCさんの2人に貸し、賃料はAさんが2分の1、Bさんが2分1のとして、BさんとCさんは同一建物に共同で占有していたとします。 その後、Bさんが賃料を支払わないので、AさんはBさんに明渡訴訟して勝訴し強制執行にふみきりました。 この場合、私は、その明渡の強制執行は不能だと思いますが、どうでしようか ? 次に、仮に、Aさんが所有し、占有している建物をBさんと共同占有する約束で、賃料2分の1で貸していた場合、Bさんの賃料不払いによる明渡訴訟での勝訴判決で明渡の強制執行は可能と思われますが、どうでしようか。 この2つの案件は、似ているようで結果は全く違いますが、私の考えはどうでしようか。

  • 強制執行を逃れた結末

    先日、地位確認請求の裁判にて勝訴しました。一審の判決までも、和解が何度か設けられたのですが、相手が話しにならない状態なので判決までいきました。結果、全面勝訴の判決が出たのですが、相手が控訴しました。高裁でも、和解が何度か設けられましたが、相手の状態は変わらない状況でした。そこで、仮執行宣言がついていたので、仕方なく高裁判決を待たず強制執行をかけたのですが、会社名義を変えて営業しているということで、執行できないということでした。そもそも、退職にも具体的理由もなく、即日解雇しておいてかなり悪質です。ちなみに、この会社は、パチンコ屋で今現在も営業中です。あと、会社名義も身内から身内に変わったもので、あきらかな執行妨害です。まぁ、店をたたんで消えない限り、取れるもんわ取れるとは思うのですが、手続きに時間がかかるということなのですが、どなたか詳しい方おられますか?

  • 私有地を占有され裁判で勝訴したが相手は占有したままです。

    私有地を占有されました。 境界が納得出来ない様ですが、話し合いも拒否され、土地家屋調査士さんから話して貰いましたが、納得して頂けませんでした。 止む無く、境界の確定と土地の明け渡しを求めて訴訟に入り、一審は完全勝訴、高裁に控訴されましたが、原判決支持で勝訴しました。 控訴期限までに控訴されませんでしたので、確定いたしました。 しかし、現実には明け渡しされず土砂等が山になっております。 この土地に賃貸住宅を建てる予定ですが着工できず困っています。 関わってくれた弁護士さんに相談しますが、2週間程後しか面談できないようです。 今後の取り組み方など御教授いただけましたら幸いです。

  • 強制執行の手続き

    強制執行の手続き 過払い訴訟を個人でして、勝訴判決を得ました。 次に強制執行の手続きに移ろうと思っています。 この場合、訴訟の被告側(会社本社内にあるはずの金庫内)にある現金を差し押さえた方が良いのでしょうか? それとも、被告の取引先の銀行口座の方が良いのでしょうか? 銀行口座の場合、金融機関名までがわかれば良いのでしょうか? 支店名まで必要ですか? アドバイスの程、よろしくお願いします。

  • 強制執行と訴訟費用確定の申し立て。。。

    強制執行をするにあたって、 訴訟費用申し立ての確定がネックになっています。 ・私は原告です ・第一審の判決で、「訴訟費用は被告の負担とする」 「仮執行宣言付き」「被告は原告に○○円支払え」と の判決が出ました ・被告が控訴して来ました。 仮執行宣言が付いているので、私は強制執行できるそうで、私は 相手の銀行口座を押さえる予定なのですが、 それが成功するには、あくまで不意打ちをする必要があります。 (相手はこちらが差し押さえる前に口座の残高を他に移して しまうような人間なので。) このとき、「第一審分にかかった訴訟費用」の確定申し立てをすると 訴訟費用確定について被告に意見を求めるという決まりが あるらしいので、そうすると私が強制執行しようとしている 事が被告にバレてしまいます。 こういった場合、どうするのがベストでしょうか?

  • 立ち退き訴訟に仮執行宣言がついた場合

    1、借主が賃料19万円で借りていた事務所の一部を、借主から5万2千円で、間借りしていました。借主が大家に不払いしたために、立ち退き訴訟が起こされました。 借主は逃げ出し行方不明ですが、私は供託していますが、一発結審で、仮執行宣言も付きそう裁判所は、証拠調べも人証申請も無視したために裁判官忌避も行いましたが、高裁で即時抗告は棄却されたために最高裁に特別抗告を提起しております。ただ、高裁で棄却されると、すぐに本案訴訟の判決日時が知らされました。 2、審理不尽で控訴する予定ですが、建物明け渡しの仮執行宣言がつくと仮定して、その執行を阻止するためには、いくらくらいの<供託金>が必要でしょうか? 3、忌避されている単独裁判官が、判決をだすのですが、判決後に最高裁で忌避の特別抗告が認められると、判決は無効ですか?忌避が最高裁で認められれば民事では戦後初めての忌避の認容となるみたいですが。民事の地裁では裁判官が忌避されたケースがありますが。裁判官は、99%生き神様なのでしょうか? お知恵をお貸しくださいな。