• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

訴訟費用額の執行について

訴訟実務にお詳しい方がおられましたら、よろしくご教示願います。 家を貸しておりますが、家賃滞納で借家人を相手に本人訴訟を起こしました。 判決は 1家屋の明渡 2建物明渡までの金員を払う 3訴訟費用を被告の負担とする を認めるもので、私の勝訴となりました。 判決が確定すると、これを債務名義として強制執行できると思います。 ただ、訴訟費用については、訴訟費用額確定処分を申し立てする必要があります。 その執行のためには、先ほどの勝訴の判決とは別に、訴訟費用額確定処分の送達証明や訴訟費用額確定処分への執行文の付与の申請が必要になるのでしょうか? すなわち、先程の勝訴の判決に執行文を付与してもらって直接、訴訟費用を回収するということはできないのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数822
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

判決内容から、1は、確定すれば、即、強制執行できます。勿論のこと、送達証明と執行文は必要ですが。 2は、金額が確定していないので取立できないです。 3は、訴訟費用額確定処分の申立をしなければならないので、今回の判決では取立できないです。 その申立が確定すれば、それに対して執行文付与し、それで取立できます。 ですから、明渡の勝訴判決とは別な債務名義となります。 なお、明渡の勝訴判決では、明渡の強制執行し、その余の金銭債権まで取り立てする者は皆無と言っていいです。 これが実務の扱いです。 訴訟費用の数千円か1から2万円を追うより、目的の明渡が完了すれば、それでよし、です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。 おっしゃる通り、居座る賃借人を追い出すのが、主目的ですので、訴訟費用の取立てまではあきらめざるを得ないとは思っております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • bikeibi
  • ベストアンサー率40% (26/65)

>強制執行できると思います。 残念ながら、できません。 開き直って判決に従わないなら、別途、、裁判所に強制執行申立をする必要があります。 訴訟費用確定のためには、裁判所へ訴訟費用確定処分の申立をする必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々にご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 訴訟費用に遅延損害金はつけられるか?

    訴訟費用に遅延損害金はつけられるか? 民事訴訟で「訴訟費用全額被告負担」との判決が出たとします。それで、訴訟費用確定申立てを行い「相手方は、申立人に対し、○○○円を支払え」と訴訟費用確定処分が出たとします。 民事執行法22条4の2号によるとこれも債務名義になるのですが、この場合、この訴訟費用に「遅延損害金」をつけることができるのでしょうか? 通常の判決の場合は、訴状に「……支払済みまで年5分の,各割合による金員を支払え」と記載すれば、それが認められた場合、判決も「……支払済みまで年5分の,各割合による金員を支払え」となります。しかし訴訟費用確定処分についてはそのような文面を見たことがありません。 訴訟費用に遅延損害金はつけることは可能なのでしょうか? それが可能であればどのような手続きをすればよいのでしょうか?

  • 訴訟費用額確定処分の手順について

    こんばんは。質問させていただきます。 先日少額訴訟を行い、判決をもらいました。 その判決の中には「訴訟費用は被告の負担とする」とあります。 この判決をもとに、これから訴訟費用額確定処分をするつもりです。 そこで質問なのですが、 1.どんな内容を申立書に書くんでしょうか。事前に調べておくことはかかった費用以外に何かありますか? 2.手数料はかかりますか?かかるとしたら印紙で払う事になるんでしょうか? 2.申立書を提出してから処分が認められるまで時間はどのくらいかかりますか? 3.この処分をもとに差し押さえなどを行う場合、執行文は必要ですか?また、それは確定処分と同時に申請できますか? 4.3で執行文が必要だった場合、その申立にかかる費用と執行文が自分の手元にくるまでの時間を教えてください。 なお、判決は確定しています。 回答よろしくお願いします。

  • 訴訟費用額確定処分の手続き

    訴訟費用額確定処分の手続き。  裁判時、判決言い渡しの後にすぐ、訴訟費用額の手続きは出来たのでしょうか? 仮執行宣言付少額訴訟判決の原告。 勝訴し、今後の強制執行に備えて、先日、 送達証明を簡裁で受け取ったのですが、その時、訴訟費用の被告負担について書記官に訊いたら、『訴訟費用額確定処分申し立て』をしてくれとのことでした。 渡された手引き書を見ると、そこには、(費用負担の裁判確定前)という文言がありました。 1、即日判決言い渡しで、被告への判決送達より二週間経過以前でも、原告は簡裁に費用額確定処分の申し立てが出来たのでしょうか?出来たとすれば、いつの時点で申し立てが出来たのでしょう? 2、渡された、『請求債権目録』の書式には □ 仮執行宣言付少額訴訟判決  の項目はありますが、 □ 執行力のある少額訴訟における訴訟費用確定処分  の項目はありません。 項目最後尾に、□(右横余白)がありますが、そこに「執行力のある少額訴訟における訴訟費用確定処分」と書き足して請求(1枚の請求債権目録での請求)してよいでしょうか? 3、一度の差押処分申立(一枚の請求債権目録)で、訴訟費用額の強制執行と、判決主文に書かれた金員の強制執行をやったほうが費用も手間も無駄がないのですよね? 回答、どうぞよろしくお願いいたします。  

  • 訴訟費用について

    本人訴訟なので素人ですみません 判決 原告勝訴 「訴訟費用は被告の負担とする」 控訴上告の猶予期限2週間が過ぎ判決確定 原告は訴訟費用計算 訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す ・・・・その後はどういう流れになるのでしょうか? ちなみに訴訟費用内訳は 1.訴え提起手数料 2.書類の送達費用(切手代) 3.代表者事項証明書交付手数料 4.同送付費用 5.原告出頭旅費 6.原告出頭日当 7.書類作成費用及び提出費用 8.訴訟費用額確定処分正本送達費用 ・・・・他にありますか? 色々質問させていただいていますが よろしくお願いいたします

  • 訴訟費用額確定処分は複数回することができるか

    訴訟費用額確定処分は複数回することができるか 訴訟費用額確定処分の申し立ては、 執行力のある債務名義 を取った時点でできる、と書いてあるので、 少額訴訟であれば、判決が出た時点で 仮執行宣言がついているので、 判決が出たら、すぐに、訴訟費用額確定処分を 申し立ててしまう人がけっこういるみたいですが、 もし相手が異議申し立てをして異議審に移行し、 なおかつその判決も不服で最高裁に特別抗告して、 さらにその判決も不服で再審請求をかけてきた場合、 最終的にさらに訴訟費用額がふくらんで、終わった後に 2回目の訴訟費用額確定処分を申し立てることになると思うのですが、 まず、訴訟費用額確定処分を、2回とか3回とか、 複数回に分けて申請すること事態は、認められているのですか。 それとも、一回しか申請できないのですか。

  • 訴訟費用について

     先日、少額訴訟をおこしました(No877986)。結果、「訴訟費用は被告の負担による」との判決がでました。訴訟費用はもちろん、相手(被告)が支払うものと思っていました。ところが、裁判所から電話があり  1、判決の書類を送付するのに、郵便代がかかるのでついでの時に取りにきて欲しい。(こんな事があるのでしょうか?質問のタイトルと関係ないのですが・・・。)  2、判決で請求額全額被告が支払うとの判決がでたのだから、訴訟費用はいいでしょう?訴訟費用の申し立てをする人は事例がないくらいほとんどの人がしない、雛形もないと言われました。  驚いて、いろいろと調べてみるとこのサイトで以前、「訴訟費用確定決定の手続は、発狂するほど面倒くさい。」と書いていました。どのように面倒なのでしょうか? 裁判所の勝訴したのだから訴訟費用くらいいいだろうと言う姿勢と、判決が出ても事例がないくらい面倒な手続きで申し立てる人が少ない。ただの物損事故に、ここ(裁判に)まで、てこずらせた相手が少額とはいえ訴訟費用を支払わないという事に納得がいきません。

  • 訴訟費用について

    司法書士事務所に債務整理を依頼しています。 この度、勝訴判決を頂いたのですが、司法書士事務所で訴訟費用確定処分の申立をし、戻って来た費用については誰に返金されるのでしょうか?着手金や成功報酬を払っているので、私に返金して欲しいのですが・・・。また、訴訟中に和解になった場合、費用請求はどのようになるのでしょうか?分かる方は教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 訴訟費用は被告の負担とする。

    裁判で勝訴判決となり、「訴訟費用は被告の負担とする」と判決文に記載されてましたが、 訴訟費用とはどこまでの部分を請求できるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 少額訴訟の確定判決に執行文不要の理由は ?

    債務名義に執行文がなければ強制執行ができないです。(民事執行法25条) しかし、「少額訴訟の確定判決」等は除外されています。 何故、除外されているのですか ? 債務名義に執行文が必要な理由は、債務名義を作成する機関と執行機関は別だから(同法2条)執行機関が強制執行する前に執行力があるか否かの判断を、債務名義を作成した機関に証明させなくてはならないです。 そう言う理由で、債務名義だけでは強制執行できず、執行文が必要だとされています。 それならば、少額訴訟の確定判決でも支払催促でも同じです。 少額訴訟の確定判決や支払催促だけが執行文が不必要な理由はどこにあるのでしようか ? ご存じの方教えて下さい。

  • 執行裁判所に対する配当要求も「訴訟費用」としてカウントしてもいいの?

    執行裁判所に対する配当要求も「訴訟費用」としてカウントしてもいいの? http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S46/S46HO040.html ↑ここのページを読むと、 「執行裁判所に対する配当要求」 は、訴訟費用として500円、請求できる、と書いてあります。 だとしたら、裁判が終わって、判決が確定したタイミングでなくて、 強制執行をして、その配当をもらった後で、 訴訟費用額の確定処分をしたほうが一回で済むのでは?