• 締切済み
  • すぐに回答を!

隣人は暴力団・・・

戸建てにすんでいます。 山を切り開いて作った新興住宅街なので、段々畑のようになっていて、 私の家の裏手は斜面になっていて一段高いところに別の宅地があります。 斜面と一段高い宅地は別人所有の土地です。 この宅地はずいぶんと更地のままで家が建つ気配がないと思っていましたが、 先日の台風で斜面が崩れ、私の土地に流れ込んできました。 幸い小規模だったので、私の家自体には被害が及びませんでしたが、 裏庭が土に埋もれてしまいました。 そこで、土砂の撤去と、これ以上の土砂流入が起きないように対策をしてもらいたいと思い、 あれこれ調べて持ち主に電話したところ、当該土地の所有者は暴力団員でした。 いろいろと持ち主が転々として、現在の持ち主に移ったようです。 私の話を聞いてその人が言ったのは、  ・土砂の撤去も対策も俺(暴力団員)はしない  ・対策をしたければお前(質問者)が自分でやれ  ・ただし、俺の土地を買ってからじゃないと対策工事はさせない ということを言われました。 君子危うきに近寄らずと言いますが、これ以上の交渉を続ける続けないは別にして、 1.こういった場合の土砂の撤去や、対策工事は法的に見てその土地の所有者がやるべきことでは ないのでしょうか? 2.仮に、対策工事をする場合、その土地を購入しないとやってはいけないのでしょうか? 以上、2点お答えをお待ちしています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数301
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
  • skyyks
  • ベストアンサー率34% (123/361)

普通なら損害を弁償してもらい、今後こういうことが起きないようにしてもらう、向こうに資力がなければ、こちらで防御対策はさせてもらうで、シャンシャンと終わるんですよね。今回は話し合いが出来る相手ではない、なら法的手段で解決するか、泣き寝入るするかどちらかしかありませんね。指定系だったら警察も力になるでしょうから刑事・民事両方から攻めていったらいかがでしょう。 まあ私なら、まず警察にいき相談、次に弁護士の無料相談。たいして生活に支障ないなら少しずつ相手を刺激しない程度に修復することも考えます。住んでいないのだから目立たないようにやればいいでしょう。 暴力団は恐れられてなんぼの世界ですから、恐いこと言うのはあたりまえです。 言葉にとらわれずこちらは素人らしく太陽(誠意)で攻めたらどうでしょう。以外と落ちるかもしれませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 隣の土地の建築について

    現在の居住地について質問させていただきます。 宅地(戸建)は斜面の一番下に建っています。 前面道路からは1.2~3メートルの高さ(ブロック塀)に家が建っていて、宅地裏は3メートル位高くなっています。 裏の土地との間には壁は無く、裏の土地は現在更地です。 今年に入り、裏の土地に住宅建築計画があると土地所有者から言われました。 裏の土地に住宅を建てるとなると、私の土地との境界の斜面に壁を造らなければならないと思うのですが、工事中に雨が降ったりした場合、土砂が流れ落ちてくると思うのです。 現在でも豪雨の時には、宅地や駐車場内に土砂が流れ込み、後が大変です。 また、裏の土地の建築中に基礎工事の振動などで住宅が傾いたり(建築後40年経過)、土地が前面道路に傾いたりしないか心配です。 裏の土地所有者の方に建築する際、こちらから条件を出したりすることは可能でしょうか? ・土砂の流れ込みを防ぐ ・振動などで住宅が傾いたりした場合の保証 です。 素人なもので、わかりにくい文面かと思いますが、アドバイスいただけると助かります。宜しくお願いします。

  • 土砂崩れを保障してくれる?

    マイホームを検討してますが、今考えている土地が宅地造成等規正法とやらで山の裏にあります。 けど急傾斜地崩壊対策擁壁工事をしていて、建てようと思ってるところから山を見ると結構しっかりした壁が出来ています。 それでそこにしようって思ったんですけど法面として山が引っ付いてます。 聞くとそれが他の土地に土砂として流れても、所有者の責任になるらしくて、それに対応する保険はないものかなぁと思った次第です。

  • 行政の土砂崩れ対策

    自分の勤めている会社の道路を挟んで向かいが山(個人所有)です。 今年の梅雨時期に大量の雨が降り、土砂崩れが発生し、 一時通行止めになりました。 道路の土砂は、行政が。道路から山側の土砂(つまり私有地)は、 持ち主が撤去したそうです。 通行するのに危険を感じますので、防護壁等の対策を講じて欲しいと 市役所に相談しましたところ、 個人の所有なので、行政では何も出来ないし、 所有者にも強制出来ないとの話でした。 実際、所有者には打診してくれたのですが、所有者は断ったそうです。 この場合、市の対応としては正解なのでしょうか? これ以上のことは行政には期待するのは無理でしょうか? となると直接山の所有者にかけあうしか、手段は無いですか? また土砂が崩れてきて死傷事故が発生した場合、 行政に責任は無く、山の所有者に保障を求めることになるのでしょうか? 法律等にも詳しくないので、どなたか教えて下さい。 お願い致します。

  • 回答No.1

お答えします。 考え方が2つあります。 本来の地主による対処 流れ出たところでの対処 今回は地主が対処に関して拒否をしてる以上 それ以上求めれないと思います。 既に居住の実績があって 今回のことがあった場合、話としては言えると思いますが まだ更地ですよね。 なら本当の責務を負う人は「その土地の開発者」となります。 よって 暴力団 を強く言われてますが、今回の件は特に関係ないと思われます。 何よりその土地の開発者に対しての文句が必要かと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 今回の責任が更地と住居後で変わるという法的な根拠は何でしょうか? また、今まで何年もこのままで問題が起きなかったのに、今更土地の開発者に責任を追及できるのでしょうか? >よって 暴力団 を強く言われてますが、今回の件は特に関係ないと思われます。 いえいえ関係あると思います。何せ土地を買わないと何もやらせないとすごまれたのですから。

関連するQ&A

  • 隣人トラブル

    弁護士への相談内容になるのかもしれませんが、同様の経験をされた方がいましたら、ぜひ教えてください。 所有していたマンションの解体工事を行った際の隣人トラブルです。 隣接している土地(土の更地)の所有者より、工事終了後2カ月たった今になりクレームの手紙が届きました。 工事を行う際、解体業者より隣人へ挨拶と、更地への重機乗り入れの許可を頂き行ったのですが、工事中に撮った写真を同封しており、「こんなに瓦礫がうちの敷地に入ってきた」とか、「業者の態度が悪い」とか。結局工事終了前に「撤去依頼」の手紙が業者に届き、撤去となりました。その際、業者が瓦礫等を処理すると言ったようですが、自分ですると言われ、手伝いの人の人件費の請求が業者にありました。 それが、今になって工事の仕方が気に入らないと、手紙を送ってきたようです。電話で確認したところ、「どう対応するのか」とのこと。 話を聞くと結局、再度掃除するから処理費用を払えとのことでした。 工事最初に私が挨拶に行かなかったのも悪いのかもしれませんが やはり私が費用を負担するのが妥当なのでしょうか? 費用を払うのは、仕方のないことかもしれませんが今後また何か言われたら嫌なので、「覚書」や「同意書」等頂いたほうがいいのかなぁとも思ってます。どなたか、教えてください。

  • 隣人がうちの庭に排水管を引こうとしています

    昨年新築一戸建てを手に入れた者です。今年に入り、隣の土地の所有者が、雨水を排水溝に導水する配管工事を行うとの事で、不動産屋から、「既存の排水溝に通すためには、おたくの敷地を経由してその排水路を通す必要がある、通した所の上には今まで通り物置も置けるから大丈夫」と言われました。 もし排水路を私の土地に通した場合、今後、問題となる点がいくつもあると思います。例えば… ・排水路が壊れた場合誰が費用を払って直すの? ・そもそも、我が庭に何か手を加えたい時にそれが邪魔だと思っても配管を撤去したり出来ないのでは? ・今後もし、家と土地を売却することになったら、それによるマイナス査定は避けてとおれないのでは? 以上の事を考えると、うかつに許可できませんし、近所付き合いを無視して断りたい気持ちです。 知識をお持ちの方、何か良いアドバイスをしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 何が目的の買収か?理解に苦しむ

    マンションの総会で電力会社の人が出席。 目的:電柱が土地の所有者から撤去要求されており、マンション側へ移動させて欲   しいとの依頼に来た。 その土地所有者は、マンションの立地している斜面の部分の土地を購入 斜面の幅にして2M、長さ方向15M、この土地の中に電柱が有る為、所有者から 最近になって撤去の申し入れがあったもの。 電力会社としては、電柱がマンションの敷地内に有ると誤解していた。 電柱設置      1981年 マンション完成   1982年8月 土地転売(買収)  1982年9月 総会で、電柱の移設について全員賛成でOKとなったが、問題は、この何にも利用できない土地を買った人は何が目的で買収したのか? 電柱移設後、次のステップとして何らかの行動を起こすつもりなのか? マンション住民が皆不気味に思っています。 つきましては、(1)土地買収の目的として考えられること        (2)マンション側に何らかの影響が出るのか?         もし影響が出るとしたらどんなことが、そして、その対策は  この2点について教えて頂きたい。     

  • 建物取壊しの責

    以前、祖父が住んでいた建物の土地所有者が今度土地を売却することになり、祖父がその土地に建てた家をこちら側で取り壊し更地にしてくれという話になりました。 土地の所有者は他人(今度土地を売ろうとしている人)、建物の所有者は不明(祖父が既に他界しており現在建物が誰の名義かも不明)の場合、建物を撤去する責はどこが負う事になるのでしょうか? また、もし仮に建物の所有者が祖父だった場合、こちら側が家を取り壊す責を負わなければならないのでしょうか? 拙い文章で申し訳ありませんが回答よろしくお願いいたします。

  • 杭を抜いて私有地の土手を削ってきます。

    A土地(私有地)とB土地(隣地)が接続してあります。 A土地は斜面上側、B土地は斜面下側です。 B地所有者が法下から土手を削りA地を侵害してきています。もちろんプラ杭などは簡単に抜いています。 B所有者は○ヤのようなもので、通常の話し合いなどに応じません。 この場合、どのように処理をしていったらいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 法面が崩れた 施工業者の責任は?

    電気工事業を営んでいる者です。 平成28年九月の大雨で民地の法面が崩れたました。 崩れた理由は下記です。 民地の法面にある電柱にはケーブルが張られてあったので 法面上部よりケーブルをつたわって水が電柱の根元に流れ込んで 法面が崩れました。 (電柱とケーブルは町のものです。  古くなり使用しなくなって放置されたままでした) 私は町より依頼を受け電柱とケーブルの撤去を行いました(9/21撤去) 土地の所有者からは法面が窪んだままでは見た目が悪いので 土を入れてもらいたいとの事だったので、町に話し土のうを積みました。 積んだのは素人の私です。土木業者から色々と教わり水はけのよい土と 土のう袋を準備してもらい行ないました。(11/25~12/3工事) (業者が手が回らないとの事で私が行なった訳です) その際の工事は、土のうを積んだからといって、今後崩れないように約束できる物ではない。 当然、今後崩れないように行なった工事でもありませんでした。 土地の所有者も今後法面が崩れないように工事をしてほしいといった 訳でもありませんでした。見た目の問題だけで土のうを積んでほしいとの事でした。 ここから本題ですが 今年になり10/22の大雨で法面がまた崩れました 今度は昨年積んだ土のうの下から崩れ、昨年以上に大きく 崩れたわけです。 土地の持ち主から10/23日の12時12分に私の携帯に電話があり 直ぐに現場に駆けつけた所、崩れた土を撤去してくれと言われました。 その場で私は『無償で撤去します。土砂で壊れた物置も片付けます』と言いました。 明らかに大雨のために崩れたのであり、土のうの施工が悪いといった 事では無いと感じてはいたのですが、素人の私が積んだという感覚があり 責任を感じたからでした。また、土を撤去しても今後崩れないように約束は出来ないと言った所、『そこまでは言わない』と発言があったからでした。 そして翌日の10/24に私が手配した土木業者と土地の持ち主との三人で 現場で打合せをを行いました。 そこでも『今後崩れないように約束は出来ない。切土状態にする工事である。』 と伝えました。石を積むなりしてくれといわれましたが、はいとは答えませんでした。無言でいました。 私は『崩れる前の状態に戻せと言われる事でも無いので、今回崩れた土を取り、切土の状態で工事をします』と言ったら『そこまでは言わない。崩れたのを取ってもらえばいい』と相手は言いました。三人での話しです。『町ではこの崩れ方ではお金は出さないと伝えました』町に問い合わせたわけではありませんでしたが、 土のうを積んだ責任があると思い判断しました。 そして10/28に工事を行ないました。 切土はここまでと伝えると、 土地の持ち主は『もう少し土を取ってくれ。 そしたら今後崩れても電話などしない』と言うので言うとおりに土をとりました。 私と土木業者、土地の持ち主がいたところでの発言だったので 今後責任は無いと思い言うとおりにした訳です。 土地の持ち主の発言で、 『ここは昔から崩れやすく土留めをしてそこを利用して 今回崩れた物置を立てたんだ。』 と言っていたので崩れる場所であると認識はあったと思います 今回の場所は、雨など降っていない日でしたが、作業中から地下から水が沸いてきて 山からの水が集中して流れて来る水脈がり今回法面が崩れた位置は 今後も崩れるであろうと明らかに認識できる状態でした。 土地の持ち主も確認し驚いていました。 そして10/29日。 今日も昨夜から雨降りです。台風が近づいてきています。一日振ってました。 19時に現場にいってみると、やはり軽く崩れてました。 今後もさらに崩れると思います。確かです。 昨年、今年と崩れた場所は、電柱、ケーブルがなくても 雨水が山から集中してくる場所であり地下の水脈が問題であると思います。 私の今後の責任はそうなるのでしょうか。 判断があまかったお人よしでしょうか。 私は何処まで行っても責任を追及される事になってしまうのでしょうか。 土木業者からは『この地形では今後も崩れるぞ。民地なのだし 行政の責任はでは無いぞ。幸いにも土地の持ち主も後は電話しないと言ったのだし これで責任は無いぞ』といわれました。 ボイスレコーダーで話しを録音しておけばよかったとも思いますが 明日からどのような展開になるのか心配です よろしくお願いします。

  • 台風18号で土砂崩れがおきました。

    はじめて質問させていただきます。 現在、家を保有しているのですが、転勤の関係上自分で住むことが出来ず、貸家としておりました。 ところが、昨日の台風18号でその貸家の裏山の土砂が崩れて土砂が家の中に流れ込んできてしまい、また、壁も破損してしまったと借家人から連絡がありました。 そのため、その家にはしばらくは住むことが出来ないため、代替住宅を紹介してくれといわれました。 もちろん、代替住宅を用意する義務は私にあるというのは理解できるのですが、土砂崩れに応じて発生した費用に関して、裏山の所有者に請求することは出来ないのでしょうか? また、出来るとしたらどの程度まででしょうか?現状では土砂の撤去費用、家の修復費用、代替住宅の費用、借家人の家財の損失(←そもそも私が負担しなければならないものでしょうか?)等の発生が見込まれます。 そして、土砂崩れを起こした土地は土が丸出しで、また土砂崩れを起こす可能性が高いような気がするのですが予防処置を裏山の所有者に依頼は出来ないのでしょうか? 質問数が多くなりまして大変申し訳ありませんが、ご回答いただければ幸いです。

  • かなり分筆されている土地が物語るもの

    古い宅地ですが大小9つも分筆されています。家の建っている地番の回りはたぶん田畑だったと思いますがそこが細かく分筆されている意味は先祖が買い集めたということですか。ですが総面積120坪のうちの家の建っているところ以外ですので広さから考えて以前そんなに多数の所有者がいたとも思えません。そうなると以前はまとまっていた土地を少しずつ分筆しては買って行ったということですか。それとも自分の土地をなんらかの理由で分筆したということもあるのですか。所有者は一人なので地番をまとめることは出来ませんか。

  • かつて畦道だった土地の占有について

    土地の占有の問題かと思います。 田んぼだった土地を宅地にして住宅が建ってました。かつて畦道だった所とは、境界に塀が設けられており、皆が通れるようになっていました。 この度宅地の所有者が変わり、塀を撤去して前にあった住宅を取り壊し、家を新築されました。今回は畦道との境界には、塀等は作られませんでした。 畦道だった所とはその宅地と一体になったかのようです。 しばらくすると住宅の周囲に砂利を敷き詰められ、畦道だった所にも敷き詰められました。 かつて畦道だった土地との境界は全くわからなくなり、おまけにそこに時々自分の軽自動車を駐車されるようになりました。 昔の畦道の所有権が今どうなっているのかは未確認ですが、昔からその畦道だった所を利用していた人は、他人の土地を通るようで全く通行しにくくなりました。 心配なのは、畦道だった所の所有権が移転していないのにもかかわらず、このような宅地と一体となって使用されると、いつの間にか畦道がその人の土地となってしまわないかということです。 まずは畦道だった土地の所有権を確認しないと始まらないですか。 もし畦道の所有権が移転していなかったら、どこに相談すればよいのでしょうか? そこの自治会長でしょうか?行政の窓口はあるのでしょうか? よきアドバイスをお願いいたします。

  • 土地区画整理事業の地価

    土地区画整理事業組合が示す地価評価について教えてください。 現在、市街化調整区であった土地が組合の整理事業によって宅地開発が行われています。 私がその区画の一部を所有していますが「図面上」では宅地と宅地の間の道路の部分になっております。 宅地の面積の部分は各々およそ50%くらいが公共の道路や公園と為に提供され宅地として造成されますが、当然所有者と同意がなされての開発です。 ところが私が所有する土地の部分は道路なのでその土地の全部を買い上げると云うのです。 ここで質問です; 1. 土地整理事業法によりますとこの道路用地の部分の評価は宅地に比べると1/10程度でも違法にはならない、らしいのですが所有者としてその法に従う義務がどの程度有るのでしょうか? 2. おそらく全ての土地所有者は全てその所有の土地のおよそ50%を提供しているとすれば、当然その中には公道の用地も含まれるはずなのに図面上の道路用地だとしてもその50%を提供すれば残りの50%は宅地として私の所有地にはならないのでしょうか? 面積は1,300平米です。 3. 現在は組合の申し出には拒否していますが法律上の罰則などは有るのでしょうか? 以上ですがどうしても一部で良いから宅地として残したい希望があります。