• 締切済み
  • 困ってます

ゴルジ染色の方法

サンプルは、マウス脳(4%パラホルムアルデヒド灌流固定)の脳を用いてデンドライトやスパインを観察する目的です。「新染色法のすべて」に書かれている手順に従ってやってみようとしているのですが、セロイジンの取り扱い方が解りません。 1)クロロホルム・70%アルコールで硬化させる方法がわかりません。 2)硬化するとパラフィンのような固さになるのですか? 3)そのときの容器は何を使うのですか。 4)包埋された物体をどのようにして滑走式のマイクロスライサー(ミクローム HM430)に固定するのですか。 5)70%アルコールを付けながら切片を作製するとはどういう事でしょうか。 6)切片作製用の刃は、パラフィン切片作製に用いている品番(FEATHER S35)でいいのでしょうか。 7)切片が切れたとして、いつの時点でスライドガラスに張りつけるのでしょうか。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1764
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

パラフィン切片を作製するときと同じ要領で組織片を固定し脱水作業までを完了します。100アルコールで脱水を完了させたら、エーテル:アルコール=1:1の液に置き換え、次に2%、4%、8%のセロイジン溶液(エーテルアルコール溶液)に順次浸潤を進めます。組織の大きさに従って1液の浸潤に要する時間を変えてください。マウス脳1個でしたら、1液2日くらいが適当でしょうか。試してみてください。8%セロイジンに包埋が終わったらデシケータ内で乾燥させ、さらにクロロホルムガスで硬化させます。ガチガチに固い感じではなく、つぶすと歪むくらいの堅さです。容器はシャーレが良いでしょう。包埋したブロックを切り出し、さいころ型エボナイトブロックにアロンアルファを用いて切片面の方向を考えて貼付けます。次にミクロトームにアロンアフファで固定し、70%アルコール液を筆でブロックに塗りながら薄切です。切り出した切片はしわをのばしながら和紙にのせ、切片の余白に番号を付しておくとよいでしょう。そのまま70%アルコールに保存できますし、その場でスライドグラスに貼付けることも出来ます。ゼラチン70%アルコール液を粘着材とする方法は切片のしわがとれるので、よく使われます。使用する刃はfeather s35は適切です。しわが残るときは37度ゼラチンアルコール中で一晩寝かせるとよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • PAS染色のための組織

    お世話になります  GFPマウスからの組織をPAS染色したいと思っていますが、パラフィンや新鮮凍結ではGFPが流れてしまうことが多いので灌流固定後、4%PFAそしてシュクロースそしてOCTコンパウンドにてブロックを作っているのですがその切片を切った後のPAS染色を行いたいのですがどのような手順を行えばよいかご教授いただきたく思います。(われわれの研究室は小さくこのような手順を行った方がいらっしゃらないので質問させていただきます よろしくお願いします)

  • マウス胎仔脳の染色法について

    マウス胎仔脳の新鮮凍結切片を用いて免疫染色を行っています。後固定に4%PFAをもちいてますが、かなりの確率で脳組織が脱落してしまいます。 スライドガラスはAPSコーティングのガラスを使用しています。脳組織の脱落を防ぐ良い知恵をお借りできないでしょうか?

  • パラフィン切片薄切のコツ

    2um厚のパラフィン切片を作製してるのですが、きれいに出来ません。 コツとかありますか? 組織はマウスの脳や腎臓を用いております。 ミクロトームはロータリー式です。 宜しくお願いします。

  • マウス心臓のパラフィン切片作成について

    組織パラフィン切片の作り方について質問です。 マウス心臓の心筋線維化についての検討を行うため、パラフィン切片を作成してマッソントリクロム染色を行なっています。 しかし、パラフィン切片が上手く作成できず染色しても組織がボロボロになったり、一部心筋層がはがれてしまったりしてなかなか上手く染色できません。 切片を切る段階でパラフィンに筋が入ったり、クチャクチャになったりするし、上手く切れてもスライドガラスに貼る段階でシワが入ったり組織がはがれたり、乾くと切片がバラバラになったりします。 他の組織のパラフィン切片を作成している同級生は、同じミクロトームでサクサクと切片作成をしています。 なので、パラフィン包埋までの過程(固定、透徹)に問題があるのではないかと思い、色々と時間をふってみましたがやはり上手くいきません。 現行のプロトコルは以下になります。 どこか問題点等ありましたら、ご指摘をお願い致します。 4週齢マウス ↓解剖し心臓回収後、半分に切り脱血。 ↓4%PFA O/N ↓PBSでwash ↓70%EtOH 3hr ↓80%EtOH 3hr ↓90%EtOH 3hr ↓100%EtOH 3hr ↓100%EtOH O/N ↓Xylene×3 各3hr ↓parafin:WAX=1:1 3hr ↓WAX×3 各3hr ↓パラフィン包埋 よろしくお願い致します。

  • 凍結切片に穴ができる

    脳の凍結切片を作成して免疫染色を行ったのですが、切片に細かな穴がたくさん開いていて見栄えがとても悪いです。どこが悪かったのでしょうか? 作成方法は、4%PFAで灌流固定後、全脳を4℃で後固定O/N 30%スクロース/PBSに置換して4℃、O/N(沈むまで) OCT Compoundで包理後、ドライアイスで急速凍結して-80℃保存 使用時に-20℃で安定化後、切片作成しました。 切片に穴があく場合、どこを直すor改善すればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 免疫染色の失敗例

    マウス脳(主に海馬)のc-fosをターゲットとした免疫染色を行っています。固定・薄切方法は灌流→30%シュークロース置換の凍結切片です。 まだ始めて日が浅いので数をこなしていないのですが、たまにまったく染まらないブロックが出てきてしまい困っています。DAB直後もあまり色が付いていません。 自分的には染まった時も染まらない時も、同様の方法でやっているつもりなので失敗の原因がわからない状態で対処ができません・・・。・゜・(ノД`)・゜・。 (たまに少し時間がないときに全体的に漬けている時間を短くしてしまう場合はあります・・・wこれも原因の一端でしょうか?) 免疫染色の失敗例はどのような原因が多いのでしょうか? また、今回の場合に考えられる原因は何なのでしょうか? よろしくおねがいします。

  • 皮膚 凍結切片の作り方

    ヘアレスマウスの皮膚凍結切片を作りたいと思っています。調べたり試行錯誤することにより、一応は皮膚の構造がある程度観察できる様にはなったのですが、なかなか綺麗な切片を作ることができません。今、私が従っている大まかなプロトコールと困っている事について書くので何か良いアドバイスがあったらお願い致します。 プロトコール 皮膚採取(脂肪を取ろうとすると真皮を傷つける可能性があるので、脂肪は取らずに引き剥がす様に取っています)→4%パラホルムアルデヒドで一晩固定(そのまま固定すると皮膚が丸まってしまうのでホチキスで大きめな皮膚片を濾紙に張り付けあとで必要な大きさにしてます)→10%ショ糖PBS(一晩)→20%ショ糖PBS(一晩)→30%ショ糖PBS(一晩)→OCTコンパウンドに置換(4℃で4時間程行った物の方が30分のものに比べ良かった気がします)→ドライアイスアセトンで凍結(空気による冷却むらをなくすために小刻みに揺らしながら)→クリオスタット内で20分ほど放置し、クリオスタット内の温度と一緒にする→表皮側から刃を入れ薄切りに(-18℃、厚さ5マイクロm)→張り付け→冷風で乾燥→PBSで水和→染色 困っている点 ・皮膚の採取方に自信がありません。 ・固定、ショ糖置換により皮膚が薄くなっているように感じるのですが、これで良いのでしょうか? ・薄切りすると、表皮を境に裂けます。一応、これをスライドガラスに付け観察するとちゃんと皮膚がいるのですが高確率でねじれたりしてなかなか綺麗な切片を作れません ・マウスには皮筋という物が存在していると聞いており、確かに真皮の下のあたりにフィラメント状の構造を確認したのですがこれが皮筋ですか? 以上です。まとまりがなく長い文章になってしまってすいません。答えられる範囲で良いので答えてもらえると非常に助かります。

  • 染色方法について

    Tシャツを染めようと思い手芸店で染料を購入しました。 その染色方法を読んだのですが、分からないことがあります。 「ぬるま湯:3.5l 」と書いてありますが、これは全工程で必要な量でしょうか? 「かき混ぜながら役70℃まで温度を上げて」という工程では、日常で使うステンレス鍋を使って良いですか? ベストカラー (液体染料 60ml)綿・麻・レーヨン用 ネイビーブルー 販売元 マックスポイント株式会社 よろしくお願いします。

  • 染色方法

    ゲル中の蛋白質の染色方法として、CBB染色以外でなにがあるかおしえてください

  • 二価染色体と相同染色体の違いって??

    二価染色体と相同染色体の違いってなんですか?あと分裂中期で染色体が、対合したときに組み換えが起こる仕組みもわかりません。それらに関連するサイトもおしえていただけるとたすかります。