-PR-
解決済み

新しい『童謡』、ありますよね?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.69662
  • 閲覧数93
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 96% (120/125)

♪柱の傷は一昨年の5月5日の背比べ♪
いつの頃からだろう、もうずっと永い間、新しい『童謡』を聞いた覚えがないような気がします。
 『童謡』がもはやクラッシクとしてその地位を確立してしまったのでしょうか。
 現代の子どもにとって、いつまでも心の底に流れ続ける郷愁のメロディー、これはというものはないものでしょうか。

 お勧めのものがあれば、どうかお教えください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 31% (10/32)

「アイスクリームのうた」なんかは、最近です。
歌いやすい曲です。聞いてみて下さい。
いつ流行ったかは、私も?ですが、幼児教育の講議を受
けた時には、弾きました。
多分、NHKのみんなの歌出身かな。
テレビを通して出てくる曲が多いみたいですね。

童謡は、クラシックとは違いますよ。
子どもは、最初に歌うのに長い曲は、覚えれないからで
す。けれども、音感を養うには、歌わせたり、聞かせた
りしなきゃいけないから、こういう音楽が必要なんだと
思いますよ。
お礼コメント
y2a2

お礼率 96% (120/125)

 ご回答ありがとうございました。
「みんなのうた」はいつまでも続けていってほしいものですね。
「アイスクリームのうた」は「♪おとぎばなしの王子でも~」のことでしょうか。
聞いていてとても楽しくなりますね。
投稿日時 - 2001-04-30 10:09:07
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 45% (47/103)

先日子どもが小学校から新しい歌集をもらって帰ってきたので内容を見ましたが、けっこう新しい曲も入ってますよ。
pooh-mamaさんの挙げておられる「北風小僧の寒太郎」やとなりのトトロのテーマ「さんぽ」、「あわてんぼうのサンタクロース」「赤おにと青おにのタンゴ」「勇気100%」などなど。この辺は”童謡”と言ってもいい曲想で、今後も長く歌い継がれていい曲たちだと思います。
他にも「贈る言葉」や「スマイル・アゲイン」「トゥモロー」「切手のないおくりもの」なんかも載ってました。その昔自分のもらった歌集と比べて、やっぱモダンだなあ、なんて思っちゃいました(^-^)。
お礼コメント
y2a2

お礼率 96% (120/125)

いろいろとお書きいただいてありがとうございました。題名を見ているだけで、ちょと楽しくなってきますね。勉強不足で「赤おに~」、「勇気~」は存知ませんが、今度是非聞いてみたいと思います。
 やはり、時代と共に曲筋が変わっていくのでしょうね。そのうちロックやR&B
なども子どもの歌集に登場してくるかも知れませんね。
投稿日時 - 2001-04-30 18:26:31


  • 回答No.2

たしかに童謡って 今の時代には言い回しが古かったり
情景といっても実際にピンとこなかったりするものが多いかもしれませんよね。某テレビ局の「おかあさんといっしょ」の歌は今風にアレンジしてありますね。「みんなのうた」でながれてくるのは本当に昔からのものもありますよ
“北風小僧の寒太郎”なんかは時代をこえて歌われ続けてほしいなあ(個人的な意見ですみません)
お礼コメント
y2a2

お礼率 96% (120/125)

ありがとうございます。
 北風~はサブちゃんですね。子どもの歌と言えば、たいやき君や山口さん家のつとむ君以降、記憶に新しいところではだんご三兄弟くらいでしょうか。でも、これらは童謡とはちょっと違うような気がするのですが、いかがでしょう。考え方が古いのかな。
 安田祥子さん、由紀さおりさんにはいつまでも歌いつづけてもらいたいですね。
投稿日時 - 2001-04-30 13:19:29
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ