• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

債券の利回りについて!

債券の利回と償還価格について、例えば、10年後に、10000円が償還される利率10%の債券の現在の価格の求め方は、どのようにすればよいのですか? 宜しく、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数327
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

10%というのを一年あたり利率と考えた場合、割引債は次のようになります。 債券の価格=10,000÷(1+10%)^10 ここで^の記号はべき乗(るい乗)を表します。 10%とは、0.1のことですから、 債券の価格=10,000÷(1+0.1)^10 すなわち1年あたりの利回り(0.1)に1を加え、その年数乗(10乗)で償還額(10,000)を割ったものが割引債の価格になります。 利回りに加える1は元本のことです。 この場合は、10,000÷(1+0.1)^10=3,855.4となります。 この計算は、利回りを複利で考えた場合の計算方法です。 10年など長期の場合、利回りは複利で考えた方が合理的です。 通常、利回り10%の銀行の口座にある元本を預けると、一年後には元利合計で、元本×(1+10%)になります。 二年後には、それが10%増えて元利合計で、元本×(1+10%)×(1+10%)、すなわち元本×(1+10%)^2となります。 それが10年続くと、元利合計で元本×(1+10%)^10となります。 債券の場合、その値が償還額と考えます。 すなわち、元本×(1+10%)^10=償還額です。 これより、元本=償還額÷(1+10%)^10となるわけです。 ------------------------------------------------ なお、前の質問に回答しようとしていたら終了してしまったので、こちらで回答させていただきます。 http://okwave.jp/qa/q6920239.html >債券現在価格=償還額÷償還までの合計利回り >償還までの合計利回り=(1+期間利率÷100)×期間 この二つ目の式は、 複利なら、償還までの合計利回り=(1+期間利率÷100)^期間 単利なら、償還までの合計利回り=(1+期間利率÷100×期間) が正しいのではないでしょうか? 期間が1年なら、どちらも同じことですが。 >1年後に10000円が償還される債券があるとする。 >この債券を現時点で9000円で購入すると利息が11.1%になる。 利率をrとすると、この場合は、 9,000 = 10,000 ÷ (1+r) 9,000(1+r) = 10,000 1+r = 10,000÷9,000 r = 10,000÷9,000 -1 = 1.111 - 1 = 0.1111で、これは11.1%のことです。 >逆に、市場の利率が10%であれば、先程の債券の価格は9091円にとなる。 10,000 ÷ (1+10%) = 10,000÷ (1+0.1) = 10,000 ÷ 1.1 = 9,091円です。 ※小数点表示を100倍すると、%(百分率)表示になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変に、詳細な御回答、有難うございました。 よく、理解できました。

関連するQ&A

  • 債券と市場の利回りの計算法について!

    債券と市場の利回りの計算法が分からなくて困っています。 問題は、以下のとおりです。宜しく、お願いします。 利回りは、債券への投資金額に対する利息の割合である。例えば、一年後に10,000円が償還される債券があるとする。この債券を現時点で9,000円で購入すると利息が1,000円になるので、利率は11.1パーセントとなる(税金・手数料は捨象する)。逆に、市場の利率が10パーセントであるとすれば、先ほどの債券の現時点での価格は9,091円(1円単位に四捨五入)となる。市場の利率が20パーセントになれば価格は8,333円となる。利率と債券価格は反対に動くのである。また、10年後に10,000円が償還される利率10パーセントの債券は、現在の価格が3,855円となる。 分からないのは以下のとおりです。 1.債券を現時点で9,000円で購入すると利息が1,000円になるので、利率は11.1パーセントとなる計算法。 2.市場の利率が10パーセントであるとすれば、先ほどの債券の現時点での価格は9,091円(1円単位に四捨五入)となる計算法 3.市場の利率が20パーセントになれば価格は8,333円となる計算法。 4.10年後に10,000円が償還される利率10パーセントの債券は、現在の価格が3,855円となる計算法。

  • 利回りの計算について!

    利回りの計算法が判らなくて困っています。1年後に10000円が償還される債券があるとする。 この債券を現時点で9000円で購入すると利息が11.1%になる。逆に、市場の利率が10%であれば、先程の債券の価格は9091円にとなる。この問題を解法するにあたっての具合的な計算法はどのように展開すればよいのでしょうか。 以下の公式を使いましたが、これでは、答えが出ません。 債券現在価格=償還額÷償還までの合計利回り 償還までの合計利回り=(1+期間利率÷100)×期間

  • 利回りが異なる債券AとBについて

    利回りが異なる債券AとBについて、単利計算による利回りがともに1%低下した場合、 双方の債券価格の変化の割合を比較すると、 利回りの低い債券Aのほうが高い債券Bより大きい。 この説明の意味がよくわかりません。 表面利率:3% 償還年限:5年 発行価格:Aは90円、Bは80円 応募者利回り:Aは5.55%、Bは8.75% 上記応募者利回りがそれぞれ1%低下した場合 発行価格:Aは81.58円(-8.42円)、Bは72.18円(-7.82円) よって、Aのほうが変化の割合は大きいということになるのでしょうか? 出典:パーフェクトFP技能士1級対策問題集学科編 C-8

  • 債券の購入価格を求める

    債券の利回りは求められても、利回りが既に提示されていて、そこから債券価格を求めるやり方がどうしてもわかりません。例えば次のような問題の時・・ 『残存期間5年、利率年4.6%の利付き国債を、最終利回りを1.4パーセントになるように買うとすれば、購入価格はいくらですか』とあって、 解説には、 購入価格= 償還価格【100】+(利率×残存年数)【4.6×5】/ 1+利回り【0.014】×残存年数【5】 とあるのですが、どうしてこういう式になるのか式の意味が理解できません。分母の1は何を意味するのでしょうか。どうして利回りを残存年数でかけたりするのでしょう。どなたかわかりやすく教えていただけませんか。                  

  • 債券利回りと債券価格について

    債券の利回り(金利)と債券価格との関係について簡潔に分かりやすく教えて下さい。 お願いします。

  • 外国債券の利回りについて

    こんにちは、初めてお便りします。よろしくお願いいたします。   現在外国債券の購入を検討しているのですが、為替の影響はひとまず抜きにして外貨ベースでどれくらいのリターンが得られるのか知りたいと思い、野村證券に問い合わせました。 参考の商品は アメリカ国債 利率:3.125%  単価:101.13  利回り:1.66%(年2回複利) 償還日:09年4月15日       残存期間:9ヶ月 これについて担当の方から以下の事を教えていただきました。 (1)購入代金:101.13/100*1000=1011.3ドル  経過利子:7.17ドル   合計1018.47ドル (2)あと2回利子が付くが、その額は  1000*(3.135/2)=15.625ドル、20%の税引きで12.5ドル、  これが2回で25ドル。  なので、償還時には元本(額面の事だと思うのですが)1000ドル+利 子25ドル=1025ドル がもらえるとの事。 (3)利回りの計算式も教えてもらい、このケースでは1.6% ここでハタと困ってしまったのですが、この利回りをどう使えば良いのか分からない、というか計算が合わないのです。 途中から買うタイプの外債なので、利回りの方を見てくださいと言われたのですが、1.6%を乗じても1025ドルにはなりません。 額面の1000ドル、購入額の1011.3ドル、経過利子を加えた1018.47ドルのどれに1.6%をかけてもこの利子になりません。この25ドルは税引き後なので、1.6%の20%引きの0.9%という利回りで計算しても、なかなか1025ドルになりません。 ネットで調べるとどこを見ても利回りの事が書かれているのですが、今日聞いてきた話で計算すると、どうも利回りでは実際の受取額が正確に計算できません。 担当者の方の計算したこの1025ドルというのが不正確なのでしょうか? いったい、この外債では償還時には(外貨ベースで)いくらもらえるのでしょうか? これが分からないので、その先の為替損益の計算もできず、商品を選ぶに選べず困っています。なんだか外債自体が怪しい感じもしてきて困ります。 お手数ですが、お詳しい方がいらっしゃいましたら、この債券の償還時に受け取れる額を教えて頂ければ幸いです。

  • 債券の利回り

    既発債の債券、たとえば10年物。 どの国の物でもいいのですが、A国とします。 今、利回りが上昇しているとすると、コレって言うのは、A国の景気が回復傾向にある中であるなら、市場金利引き上げの可能性を、すなわち、債券価格下落を前に、売りに走る投資家の行動で利回りが上昇しているはずです。それ以外の、致命的な混乱は避けます。 そうなると、利回りが上昇すると言うこと自体は、その国の経済の強さを表すのではないでしょうか?

  • 債券(ユーロ債)を買うときのコツを教えてください

    こんにちは。ユーロ債購入を検討していますが、購入前に色々勉強しています。ネットで調べたり、こちらで質問させて頂いた結果「利回り」が非常に大事ということは分かったのですが、買う時のコツは下記の様でよろしいのでしょうか? 1 クーポン利率よりも利回りが高いことが大事。 2 金利が上がり、債券価格が下がったときが買い。 3 金利が下がり、債券価格が上がったときが売り。 つまり、色々ある債券のなかから選ぶ時に「価格が低く、利回りが高い」債券を選んで買うべきということなのでしょうか? 例えば 通貨 満期      クーポン利率 利回り 価格 USD 2008年12月15日  12,00     2,27  106,80 USD 2012年7月31日  9,25     16,00  81,00 この2つの債券はどちらが買い得なのでしょうか?全くの初心者の中の初心者です。宜しくご指導お願いいたします。

  • イールドカーブの「利回りの変化」って何ですか?

    どうぞよろしくお願いします。 wikiからの引用です。 「イールドカーブ(Yield curve、利回り曲線)とは、残存期間が異なる複数の債券などにおける利回りの変化をグラフにしたもの。横軸に残存期間、縦軸に債券などの利回り(投資金額に対する利息の割合;1年間)をとる。」 バカな疑問で恐縮なんですが・・・、ここでいう「利回り」というのは、表面利率のことですか?それとも償還時の利益(?)のことですか?

  • 債券と利回りの関係について教えてください

    他の条件が等しいとき、利回りの変化に対し クーポンレートが高いほど、債券価格の変化が 小さいとありますがこの関係がわかりません。 わかる方がいらしたらよろしくお願いします。