• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

少額訴訟  訴訟費用について

少額訴訟で弁償金はやっと頂きましたが訴訟費用の支払いを渋っています。 金額にして約1万7千円程です。内訳は印紙・切手で1万100円 切手の戻りが▲約4,000円 出頭日当3,950円 高速代往復1,000円 訴状作製費1,000円 証拠写真現像費約4,000円他です。 印紙・切手代と写真現像費については訴訟費用請求時に領収書を添付しました。 出頭日当の約4千円と訴状作製費の千円を請求する根拠はネットでいろんな事例を調べて其のまま転用しました。裁判所の記録係りも全く同じ金額を内緒で教えてくれました。 被告側は私の要求する訴訟費用約1万7千円全額支払い義務があるのでしょうか。万が一一部のみ義務があるのなら削除される項目はどれでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数608
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

訴訟費用の具体的金額は、書記官が決めます。 書記官次第です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

書記官へ電話して尋ねたのですが既に自分の手を離れ記録係りのところへと言われ記録係りに尋ねた結果です。 法的に間違いがありませんか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

請求は、権利としては可能です。 しかし、この場合は訴訟の判決で命令がでていなければ、強制はできません。 通常は、訴訟費用を訴状に書いて提出しますから、判決で支払い命令がでます。 この場合は、義務がありませんから、諦めるか、また訴訟をするしかないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

判決には訴訟費用は被告負担とするとしか書かれていません。

関連するQ&A

  • 少額訴訟で訴訟費用の回収について

    マンションの水漏れ事故で少額訴訟を起こし判決から半年掛かってやっと修理代は弁済させました。 判決で訴訟費用は相手が負担するようになっていますが支払いを求めても支払いを拒否されました。 相手の態度に我慢が出来ず訴訟費用取立ての訴えをしたいと思います。 訴訟費用の内容は下記の通りです。  印紙代      4,000  切手代      6,100  切手代戻り  ▲2,810  出頭日当     3,950  交通費      1,000  訴状作製費   1,500  証拠写真現像  3,780  合計      ¥17,520 この訴訟費用の内容で私の訴えに間違いがあれば教えて下さい。 何処に訴えていったらよいのでしょうか?また私に勝算はありますか?

  • 少額訴訟の領収書について

    少額訴訟でやっと支払額全額を貰う事になりましたがお金を受け取る時に領収書は私が発行すべきでしょうか。相手が作った領収書に私が印鑑を押すべきでしょうか。 また領収書に収入印紙は必要でしょうか。必要な場合印紙代は誰が負担すべきでしょうか。 今回の訴訟で感情的にかなりこじれていて私は一切の譲歩をしたくないと思っています。 法的に違反でない限り私に与えられた全ての権利を相手に行使して要求したいと思います。 ご教授お願い致します。 訴訟費用も出頭費用として¥3,950 訴状作成費¥1,500 印紙代¥4,000 切手代(裁判所が使った分)¥3,290 交通費として公共交通機関を利用した時の費用 証拠写真の現像代 これだけ全てを訴訟費用として請求するつもりです。 支払わない場合は訴訟費用確定処分の申し立てをしてでも完璧にやっつけてやりたいと思っています。 私に間違いがありましたら指摘お願い致します。

  • 訴訟費用について

    過払い請求の訴訟費用について教えてください。 現在、司法書士に依頼し過払い請求をしていますが、10社程度訴訟になっています。 訴訟費用がかなりの金額になってしまうため、司法書士に訴訟費用の請求もお願いした所、訴訟費用の請求まではしませんと断られました。(別途費用がかかるし、裁判所に認められるか分からないと言う事でした・・・) 訴状にも、訴訟費用は被告の負担とするとなっていると思いますが、どうして請求しないのでしょうか?(私には理解できない・・・) また、司法書士が請求しないなら私自身で請求できるのでしょうか? 詳しい方がいましたら教えて下さい。よろしくお願いします!

  • 訴訟費用について

    本人訴訟なので素人ですみません 判決 原告勝訴 「訴訟費用は被告の負担とする」 控訴上告の猶予期限2週間が過ぎ判決確定 原告は訴訟費用計算 訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す ・・・・その後はどういう流れになるのでしょうか? ちなみに訴訟費用内訳は 1.訴え提起手数料 2.書類の送達費用(切手代) 3.代表者事項証明書交付手数料 4.同送付費用 5.原告出頭旅費 6.原告出頭日当 7.書類作成費用及び提出費用 8.訴訟費用額確定処分正本送達費用 ・・・・他にありますか? 色々質問させていただいていますが よろしくお願いいたします

  • 訴訟費用について

    判決で訴訟費用は半々という時はどういう計算になるのでしょう?原告が負担している印紙代と切手代とコピー代(本人訴訟の場合)と被告側の弁護士費用を除く経費(これがよく解からない)の合計を半々にするのでしょうか?たとえば、証人の日当だとか、弁護士相手の本人訴訟だと当然経費のかけかたに差があると思うのですがその辺はどうなのでしょう。どうか宜しくお願いします。

  • 訴訟費用の負担について

    先日、自分が原告となり、簡易裁判所に損害賠償請求(10万円)を起こしました。 相手の住所は遠方で、訴訟は自分の住所地で起こした方が進めやすいと考え、自分の住所地を管轄する簡易裁判所に提訴し、相手も応訴してきました。 自分の方は、弁護士が付かず、相手には弁護士がついており、次回期日には当地へ出向いてくる予定と聞きました。 心配なのは、敗訴した場合の訴訟費用です。 相手の弁護士費用は訴訟費用に入らないので、敗訴してもたいした負担ではないと考えていたのですが、弁護士報酬は訴訟費用に含まれなくても、弁護士が弁論期日に当地へ出頭してきたときの旅費・日当は訴訟費用に含まれることを裁判所の事務官から聞きました。被告の旅費・日当が含まれるとなれば、1回につき10万円くらいにはなってしまうかも知れません。 このまま何回も期日を重ねるとさらに額が増えてしまいます。 1)もし敗訴した場合に訴訟費用を請求されることを考えれば、適当なところで和解した方が良いのでしょうか? 2)訴訟費用の旅費は、ほぼ実費と考えてよいのでしょうか。また、日当は弁護士などの場合、高く計算されるのですか? 3)裁判所の事務官に聞くと、訴訟費用まで請求されるのは稀と聞きましたが、なぜなのでしょう。手続が面倒なのでしょうか? 4)被告側の旅費や日当を心配するくらいなら、はじめから被告の住所地に提訴した方が、得策だったのでしょうか?

  • 訴訟費用について

    教えてください。 現在勤務している会社で損害賠償の訴訟を起こしました。 その際に掛かる訴訟費用の請求が法律事務所からありました。 (ちなみに勝訴するはずです。) 支払いの際にどのような仕訳をすればよいのでしょうか? 収入印紙なので租税公課でよいのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 訴訟費用について教えてください

    訴訟費用は原告の負担とする。 訴訟費用とはどのようなものがあるのでしょうか? 弁護士費用も? それと漠然としてますが、金額はいくらぐらいになるのでしょうか? たとえば敷金返還請求で小額訴訟を起こし負けた場合等

  • 訴訟費用の負担

    (1)訴訟費用は原告が2、被告が1の割合で負担という判決が出た場合について 「原告(私)は自分がかかった費用のうち3分の1は被告側に請求できるが、被告側の費用の3分の2は(もし請求があれば)支払わなければならない」という意味でしょうか? (2)弁護士費用が認められました(実際かかった分より非常に少ないですが)。この場合でも、弁護士の日当や交通費は訴訟費用に含めて計算して良いのでしょうか? (3)口頭弁論期日に、弁護士だけではなく私(原告当事者)も出席していました。必ずしも出席する必要はなく、代理人(弁護士)1名で良いということから、日当は一人分で計算すべきでしょうか。 (4)被告側は2名(法人と従業員)なのですが、共通の代理人を雇ったようです。同じ事務所の弁護士2名(親分子分)が来ていましたが、1名で十分なのに、勝手に2名が来ていたと思います。 もし相手方が訴訟費用を請求してきて、かつ2名分の日当を請求してきた場合、「弁護士の日当や交通費は1名で事足りた」と退けようと考えていますが、この点につきどのようにお考えになられますか? ご回答いただければ大変ありがたく存じます。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 訴訟費用免除の手続

    訴訟をしており、敗訴しそうです。 敗訴すると、訴訟費用を敗訴した側が支払わなければならないと思うのですが、お金がありません。 金銭的に困窮している場合は、訴訟費用免除の申し立てをすることができると聞いたのですが、どのように手続をすればいいのでしょうか。 また、訴訟費用は、訴訟を提起する際の印紙の額と、裁判所でかかった実費に大きく分けられると思うのですが、相手方の印紙費用はどのようにして請求されるのでしょうか?(いったん裁判所が勝訴側に印紙代を払い戻して敗訴者に請求するのですか?それとも勝訴者が敗訴者に対して直接取り立てるのでしょうか?) ご教授いただけましたらさいわいです。