• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

避難先についての質問です。

福島市在住の4人家族の父です。 現在、福島市は避難区域には指定されておりませんが、空間放射線量はとても高く、日々不安・不自由な生活を強いられております。 幼稚園へ通う4歳と1歳の二人の娘も丸3ヶ月ほとんど外で遊ばせておりません(幼稚園でも)。4歳の娘に以前祖母に買ってもらった自転車に乗りたい乗りたいと言われ、1歳の娘にも外にいきたいと服をひっぱられると、とても悲しく、せつなく、やるせなくなります。 テレビなどにでてくる専門家は外で遊ばせても大丈夫など言ってはおりますが、そんなこと今までにデータもないのに信じることもできません。子供たちはこれから何十年にもわたって微量ではありますが、放射線を受け続けることになるのです。かと言って、仕事も生活も放り投げて、生まれ育った故郷から去ることもできません。 そこで、この夏休み期間中だけ奥さんと子供たちだけでも近場で安心して暮らせるところ(会津・山形・新潟など)へ避難させたいと考えております。そして、外で思いっきり遊ばせてあげたいのです。 一部では無料でアパートなどへ入れたなどうわさでは聞こえてきますが、市などへ問い合わせても福島市ではだめだといわれます。最終的にはお金を払ってでも避難したいとは思いますが、やはりこの原発事故の影響で食費や生活費などいろいろとかさむ一方(実家が米・野菜づくりをしており、今まではもらっていたが、なるべく子供にはたべさせたくないのです)で、正直なところ予算はなるべくおとしたいところです。県外へも頼めるような親戚はおりません。 どこかよい条件の避難先はありませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数165
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ちょっと検索してみました、参考URLは山形県です。 福島県からの自主避難世帯も対象となっています。 住宅の使用料(家賃)、敷金、共益費、管理費が無料になると有ります。 日本赤十字社から「生活家電セット」の寄贈を受けることもできそうです、ただし詳細は確認してください。 いろいろと大変な時期で、政府も行政も動きが遅いと思います。 しかし、少しずつ対応が進んでいます。 大人であればある程度割り切れるんですが、小さいお子さんがいるとなかなかそうもいきません。 ご心配はごもっともだと思います。 あきらめずに声を上げてください。 微力ですが、国民あげて応援しています (=^・^=)

参考URL:
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/kariage-jyutaku.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなってすみません。 ご回答ありがとうございます。 そして全国からの皆さんの支援ありがとうございます。 近県にそんな支援があるとは知りませんでした。まだバタバタしていて、問い合わせてないのですが、問い合わせてみたいと思います。本当にありがとうございます。

関連するQ&A

  • 福島市・伊達市の大半は避難しなくていいの?

    福島市や伊達市は放射線量高いですよね。高いところだと、1時間あたり3マイクロシーベルトはあるから・・・年間20ミリシーベルトを超える可能性はある。 千葉の柏や松戸がホットスポットということが話題に取り上げられるが、それどころではない。。。 しかしマスコミは福島市の放射線量が高いと言うことをあまり取り上げていないように思います。 伊達市は飯館村と一緒に出てきて、伊達市の一部地域は家単位で避難対象になったり、ならなかったりした。 福島市はけっこう人口だっているはずなのに。伊達市だってあんな避難し方でいいのだろうか。 政府はお金がかかることはしたくない・福島に住む人には仕事がある・・・とかいろいろな事情はあるけれど、本来避難すべきくらいの場所ではないのでしょうか?子供たちが心配です。

  • これからの季節の風向きについて 福島

    福島県に住んでいます。 いまはいわき市というところで比較的、放射線量は福島市や郡山市よりも低いのですが、 これから冬にかけ風向きが変わってくると、ちらっと聞いた気がしたのですが、詳しい方おられましたらぜひ教えてください・・ 赤ちゃんがいるため、事前に避難すべきか迷っています。

  • 放射能が目に見えないために恐怖感。

    皆さん初めましてよろしくお願いいたします。 私は元福島県民なのですが、今福島市は放射能汚染により子供たちが苦しい生活を強いられながら毎日のように子供たちは外で遊ぶこともできないために、毎日のように家の中で遊ぶことしかままならない子供たちを見てものすごくどうにかしてやりたいという気持ちになってしまいました。 ほかの県外に行けば今度は子供たちが、いじめにあっているというニュースを聞いたときにものすごく胸がいたみました。 ほかの県外の子供たちの教育がなってないし、親の教育の仕方も間違っているんじゃないかと思いました。 親がちゃんと正しい放射能の知識を持つべきだと思い、正しい知識を子供たちにも教え込めば子供たちも放射能の正しい知識さえもっていれば、他から避難してきた子供たちの事を思いやりを持ちながら接していけるのではないかと思いました。 皆さんはどのように感じるでしょうか? 今私が思っていることは、もう、避難区域から避難してきた子供たちのことをもういじめないで欲しいと思いました。 これだけは、お願いしたいことでもあります。

  • 避難区域は、これで十分ですか

    一般住民の、年間被爆限度、1ミリシーベルトをあてはめると、福島県の広域が避難を余儀なくされる、福島市と郡山市は、あぶない、でも、60万人避難させようがないから、とりあえず、そのままになっている、というのは、ほんとうですか。子どもだけでも、疎開させないのですか。有名な先生が、「チェルノブイリ(避難)基準とくらべて、おなじくらいだから、大丈夫、妥当だ」と言ったというのは、ほんとうですか。わたしは、旧ロシアの、住民保護・避難措置は、おそまつの典型だとおもってたのですが、それと同等で、十分なのでしょうか?実家・親戚が、泉崎、会津、猪苗代、そして、旧原町市にいます。

  • 福島県の低線量被曝生活で健康被害なしの実例について

    現在、福島県の放射線量は、いわき市で0.09マイクロシーベルト、福島市で0.6マイクロシーベルト、会津若松市で0.07マイクロシーベルトの状況です。 原発事故前は、通常値の0.02~0.04と聞いていますが、この状況を健康に影響がないと、国や県は言っています。 確かに内部被曝を度外視すれば、安全とされる年間被曝量は1ミリシーベルト以下となりますが、事故前の大気の放射線量を考えれば、年間1ミリシーベルトのうち、ほとんどが内部被曝線量と想定されます。 この状況で、本当に子供や幼児を育てることは、全く健康に影響がないと言えるのでしょうか。 できれば、この福島県のように常時低線量被曝の中で、数年~十数年生活して、全く子供や大人にも健康に影響がなかった事例をご存じの方がいれば、教えていただきたい。

  • 放射線による避難区域について

    福島で、放射線が基準値以下になったので、避難区域の解除をするというニュースがありました。その中で、住民が、まだ線量の高いところがあるとか、安心できないとかで、解除を嫌がる姿勢が見受けられます。 確かに自分が帰宅しても、周りの人が帰宅しなければ、買い物にも仕事にも学校にも行けないわけで、日常生活をおくることは難しいと思います。しかしながら、避難解除をしても、帰宅するかしないかは、状況を判断して、住民の意思で決まるものなので、住民の側からすれば、単に選択肢が増えただけで、何の問題もないように考えらます。 なぜ、住民は避難解除を嫌がるのでしょうか?何かデメリットがあるのでしょうか?

  • 福島県の人ってオペレーションコドモタチどう思う?

    福島県の人ってオペレーションコドモタチの呼びかけをどう思ってるの? ユーチューブで山本太郎のオペレーションコドモタチの賛同者メッセージを見ました。 福島の人たち避難してください、疎開してくださいってうったえていました。 大人のエゴで子供達を危険な場所で生活させるのはいけないんだそうです。 ゴールデンウィーク福島県へ遊びに行ったとき、喜多方とか会津若松は普段と変わらない生活をしているように見えました。 この呼びかけって福島県全域に呼びかけてるんですよね? 中通りとか会津からも避難しろってことですよね? 福島の知り合いがいないのでわからないですが、福島の人ってどう思ってるのでしょうか? 実際に呼びかけに応じて多くの人が疎開しているんでしょうか? もちろん避難区域以外の人で、です。

  • 福島市の放射線量。

    福島第一原発の関係で、テレビで福島県内各地での放射線量が発表されてます。 屋内待避地区になってる南相馬市よりも福島市(原発から約60~70キロ)の方が放射線量が高いのはなぜでしょうか。 わかりやすく教えていただければ幸いです。

  • チェルノブイリでは年間5ミリシーベルトで避難?

    今日の朝日新聞で福島の大気中の放射線量数値は1.37でした。 たとえば福島で路上生活されている方は 1.37×24×365=12,001 大まかな計算として年間12ミリシーベルトの放射線を浴びると思われます。 福島だけでなく郡山も同様の数値で推移しています。 今朝の番組で辛坊治郎さんがチェルノブイリでは年間5ミリシーベルトで避難したと発言されていました。 これが本当なら、現在の福島や郡山の数値はとんでもない状況といえるでしょう。 このような地域にこのまま暮らしていても大丈夫なのでしょうか?

  • 都内から一時避難を考えていますが…

    2歳の娘がいます。 毎日放射能のことを考えない日はなく、 寝不足で休みたいですがその時間があれば、部屋の水ぶき、その他掃除にあて、 食物からの内部被曝にも気をつけ、娘には可哀想ですが外遊びもあまりしていない状況です。 現在都内ですが、ホットスポットと呼ばれる地域に住んでおり、 また近くの公園とかはかなり放射線量が高い(地表で0.5μSv)ので やむを得ず現状に至っている訳ですが、私自身だいぶ身体が疲れてきてしまっています。 最近、一時避難のことばかり考えています。 もちろん過去に受けたものは消せない、 だけど少しでも放射線量の少ない地域に行き娘を休ませたくて。 少しの期間でも西日本や九州方面に行けたらなと。 ですが、よくネットで 1.西日本の方が放射線量が高いから、行ったところでむしろ被曝する。 2.核実験全盛期の頃は今よりももっともっと放射線量が高かったから、これくらいで不安になることはない。 との書き込みを見かけます。 そこで教えて頂きたいのですが、 1.について。 確かに地形的な要素で元々放射線量が高いのは理解しています。しかしそれと今回の事故で空気中に舞っている、あるいは地表に落ちている放射性物質とは別次元のお話ではないのかなと思うのですが、どうなんでしょうか? そもそも西日本のそれは外気被曝であって、内部被曝ではないですよね。 この説を支持する方、そうでない方、詳しく教えて頂けませんか? (黄砂のお話抜きでお願いします。) 2.について。 核実験の時代の大気中の放射線量って、そんなに高かったのでしょうか? 0.5μSvとか計測していたのでしょうか? 私は比べ物にならないくらい今の方が危険だと思っていたのですが 勘違いなのでしょうか?(むしろ勘違いであって欲しいくらいです) 昔の方が高かったと言われるソースを教えてください。 多少精神的にも参っていますので、もしかして読みづらい部分もあるかと思います。 この疑問について回答下さると大変助かります。 よろしくお願いいたします。