• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

盗聴器の周波数は?

  • 質問No.657677
  • 閲覧数2414
  • ありがとう数3
  • 回答数6

お礼率 47% (159/337)

最近友人が家に盗聴器が仕掛けられてるかもしれないと言って盗聴器検出器を作ってほしいと頼まれたのですが情報が不足して困っています。
一般的な盗聴器はどの程度の周波数でどのくらいの出力で送信しているのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 56% (1020/1799)

 私が持っている周波数帳にもありますが、参考URLのほうが情報が多そうです。他にもグーグルで「盗聴」「周波数」という語句で検索すると出てくるかもしれません。例えば車載のワイドバンドレシーバーのメモリーにこの盗聴周波数を登録して、町を走りながらメモリースキャンかけるといたるところでシグナルを受信できることもあるそうです。

 しかし、盗聴方法は電波だけとは限らないし、電波を使っても普通のFM変調を使うとも限りません。エンコードしたデジタル通信かもしれません。またFMを使うにしても遠くの飛行場のエアバンドや、遠方のHAMの広域レピータのアップリンク周波数付近を使うとか、帯域幅を狭くして周波数のピークを市販のレシーバのステップとステップの間に持ってくるとか、いろいろと盗聴検索をかいくぐる方法はありそうです。ですので市販のワイドバンドレシーバを使う場合は周波数のステップがなるべくせまく、多少高価ですがスペクトラムアナライザーつきのものがいいかもしれません。割り当てられていない周波数やピークがずらしてあったりデジタル通信を使った盗聴器の場合探すのは相当骨がおれます。もっともそんなものは国家的な謀略でもない限り使わないとは思いますが。

 市販の盗聴器はどういう訳かとても行儀よく下記のサイトにあるように「割り当てられた」周波数と電波形式を使うので結構見つけ安いはずです。

 盗聴電波を見つける方法ですが、ハウリング(アンプを介してマイクとスピーカーを近づけるとピーという音がするあれです。)を使うのは場合によっては効率的でない場合があります。音楽かテレビの音を使い盗聴器が発見されたことを相手に伝えない方がよい場合もあります。検索されにくい込み入った方法でもう一度仕掛けられたりすることがあるからです。ニセの情報で相手を踊らせるとか、仕掛けたのはいったい誰かといった情報があぶり出せることもあります。

 受信機はアッテネータ(減衰器)は必須です。シグナルが強くなると発信器がどこにあるのかわからなくなるからです。アッテネータがなくてもアンテナをはずだけでも十分な場合もありますが。電波はその性格上周波数が高くなればなるほど指向性が強くなりますから、そのような指向性の高いアンテナを使うと見つけやすくなることもあります。また、屋外の電話機の部品やファックス盗聴などというものもあるそうですから、もし心当たりがあるなら屋外の検索も行った方がいい場合もあります。また蛍光灯など何かの機器に連動して動作する盗聴器もあるそうです。

>一般的な盗聴器はどの程度の周波数でどのくらいの出力で送信しているのでしょうか?

 電波法で定められた出力の範囲内だとすると下記のサイトにあるように周波数によって決められた電界強度等の規制がありますが、そんな法律を無視する輩もいそうですので一概には言えません。商用電源から電力をとればなんぼでもあげられそうです。一般的なものだと2,30メートル離れてやっと受信できる程度が多いのではないでしょうか。それは家の外の目立たない場所に受信できる仕掛けを作っておけば、そこまで電波をとばせば目的は達することができ、発見されにくいといった効果が見込める出力が合理的と考えられるからです。

http://www.shikoku-bt.go.jp/osirase/index_denpa_hou.htm

 (経験者とするのはフォックスハンティングといってアマチュア無線の微弱な電波の発信源を探すコンテストに出たことがあるためで、それ以外の経験はありません。)

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 56% (1020/1799)

 #5です。一つ忘れてました。盗聴されているとお感じのときはコードレス電話が傍受されている可能性があります。秘話装置がついていていても市販のレシーバーで傍受するのは簡単です。このあたりからお調べになってはどうでしょう。
  • 回答No.4
398.605MHz、399.455MHz、399.030MHz、のほか
40MHz帯だけで10数個、27MHz帯で数個、

と数十の周波数が「一般的」ですが。

作るよりワイドレシーバーを買ったほうが早いと思いますが。「盗聴波メモリーチャンネル」で一発で発見できますが。

詳しくは「ラジオライフ」をお買い求めください。
  • 回答No.3
 盗聴器は認可を受けた正規(?)の通信機や電気製品ではないので,使用している周波数も決っていませんが,多くの盗聴器は参考URL(↓)の周波数が使用されていますので,この帯域をサーチできるものを作る必要があると思います.

 出力も,仕掛けられた家の中(隣の部屋・1階と2階など)程度しか届かないものや,数百mも届くものなど色々あるようです.

 面倒ならば,ご友人に広帯域レシーバーが1万円未満で市販されていますので,購入されるようにお勧めするのが良いと思います. 
  • 回答No.2
26.00000MHz~601.00000MHzまで盗聴器の周波数はあります。
出力に関してはよくわかりませんが、数百mくらいまでは
電波は飛ぶように作られているみたいです。

周波数帳を買って、盗聴器の周波数を調べられますし、
1万円くらいの簡単なワイドバンドレシーバで盗聴器を
見つける機能が付いてます。
盗聴器をしかける場所というのはだいたい決まっていますので
そのあたりに無ければ盗聴器は無いと思いますが。
(頻繁に人が出入りするような家でなければ。)
  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (279/575)

こんなとこありました。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ