• ベストアンサー
  • 困ってます

65歳以後の在職老齢年金の支給停止について

「在職老齢年金の仕組みにより加給年金額、経過的加算及び繰下げ加算額を除いた 老齢厚生年金の全部が支給停止された場合、加給年金額(扶養手当)も支給停止。 ただし、この場合であっても経過的加算の額及び繰下げ加算額については支給停止されない。」 と書いてあります。自分の勝手な解釈かもしれませんが、加給年金額は、扶養手当(付加)の様な為、全額の場合、支給停止だと思います。ただ、これ以上の事はわかりません。 支給停止されない経過的加算の額及び繰下げ加算額についても引っかかる所があるのですが、 経過的加算については、65歳以降「定額部分」と「老齢基礎年金」との差額調整として支給される。よよって、基礎年金の補填の為、そのまま支給される。 繰下げ加算額についても何となく分かるのですが、いまいち説明できる段階ではないです。 ご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。

noname#179394
noname#179394

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1393
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Ns-r
  • ベストアンサー率58% (17/29)

経過的加算額が調整の対象外となるのは、老齢基礎年金として支給される部分だからです。 繰り下げに関しては、そもそも65歳到達時点で裁定請求しなかった場合ですので、その期間は働いていたとしても当然年金の支給は受けません。 後に繰り下げの申し出をして、年金が支給されるようになって初めて支給される部分であるため調整の対象とはなりえないのです。 ただし、裁定請求をしていない期間中に在職老齢年金期間があり、本来の年金額が調整される期間があれば、調整された年金額の平均額が繰り下げ増加額の算定基礎になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 多少理解できました。

関連するQ&A

  • 在職老齢年金の支給停止について

     同じ会社から給与とは別に顧問料をもらうことは出来るのでしょうか?在職老齢年金の支給停止の金額は,給与を元に算定するので,支給停止を回避するために給与以外に顧問料をもらえばいいと税理士に勧められました.このような処理をすることで年金の支給を引き続き受けることは可能なのでしょうか?

  • 至急教えてください!在職老齢年金について。

    只今年金の勉強中なのですが、すみません、教えてください。 在職老齢年金についてです。 60歳から報酬比例部分相当の老齢厚生年金、63歳から特別支給の老齢厚生年金、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給される世代の方が、65歳まで現役で働き続けたとします。(厚生年金の被保険者として) 65歳まで引き続きかなり年収が高い場合(例えば年収2000ま万円など)、在職老齢年金は調整されて全く支払われないということになるのでしょうか。 また、その場合、妻が65歳までの加給年金、振替加算なども一切なしになるのでしょうか。

  • 老齢年金一部支給停止について

    老齢年金を支給されながら会社勤めをしているのですが、年金の一部支給停止になる基準は基本月額と総収入月額の合計額で決まるみたいですが総収入月額の基準は何時ですか?

  • 65歳未満の在職老齢年金の支給停止の計算式について

    65歳未満の在職老齢年金の支給停止の計算式について 自分の給与からの在職年金の額をサンプル的に算出したのですが、誤っていませんでしょうか? ■275,000-〔税引き等なし・通勤費込み〕支給額 ■66,000-〔800,000÷12〕月当たり年間賞与 ■78,000-〔936,000÷12〕月当たり在職年金の額 275,000+66,000=341,000〔総報酬額〕 341,000+78,000=419,000 〔419,000-280,000〕÷2=69,500〔カット額〕 ◎78,000-69,500=8,500〔月当たり在職年金の額〕 こんな風に単純計算したのですが、よろしいでしょうか? 〔別件としてご質問いたします〕

  • 在職老齢年金について

    (1)65歳以上で、老齢基礎年金(国民年金)だけもらってる場合は 年収が例え100万であっても支給停止にならないという事でよろしいのでしょうか? (2)60歳~65歳の場合でも老齢基礎年金だけの場合は 年収がいくらあろうが支給停止にならないという認識でよろしいのでしょうか? (3)65歳以上で、厚生年金と標準報酬月額を併せて46万以下。 プラスして厚生年金基金や確定給付年金をもらってる場合、基金は参入されないので、 支給停止されないという事でよろしいのでしょうか?

  • 加給年金の支給停止は?

     以前も質問したんですが、加給年金の支給停止の条件として、「妻の厚生年金加入期間が20年以上加入のものをもらう時」とあるんですが、この場合報酬比例部分と基礎年金部分がともに、支給される時なんでしょうか?  どのホームページにもそのことが、載っていないようなんですが。    よろしく、お願いします。  

  • 65歳以上の在職老齢年金

    年金について、かなり勉強しているつもりですが、未だに良く分からないことがあります。 「65歳以上の在職老齢年金は、 年金の基本月額と総報酬月額相当額を合算した額が、支給停止調整変更額(47万円)を超えると、 超えた部分の2分1が至急停止になる。 自営業や、通常社員の4分の3未満の労働時間の者は、在職老齢年金の対象にならない。」 なぜ、自営業などが対象外なのかの理由がよく分かりません。 今は厚生年金の保険料を納付していないからかもしれませんが、以前に厚生年金被保険者であった場合も考えられます。 要するに、自営業であれば何億円稼ごうと、老齢年金が満額もらえるといる理由がわかりせん。 この辺の理屈を、よく分かっている方、分かりやすく教えてください。

  • 在職老齢年金の一部支給停止についてご教授を

    私は昨年11月に60歳で定年となり引続き嘱託で再雇用され厚生年金、健康保険も引続き加入しています。再雇用時の賃金ダウンにより高齢者雇用給付金を受給しています。このため在職老齢年金の一部がカットされています。本年9月より私の希望により勤務時間を短縮(8時間から7時間)してもらい、これにより給与もダウンしました。そうしたところ10月に年金機構より年金改定の通知が届き、改定の理由として「14 勤務先からの届出により、標準報酬月額が変更されたため年金の支給停止額を変更しました」とあり、9月以前の停止額は122,400円であったのに改定後は129,600円と7,200円も増えていました。標準報酬月額により支給停止額が変わるそうですが給料が再雇用時からさらにダウンしているのに在職老齢年金の停止額が増加するのか理由が分かりません。どなたかお教え頂きたいのですがよろしくお願いします。

  • 65歳になっても、まだ加給年金がもらえないのかしら

     加給年金ってややこしいですねぇ。  22歳から延々サラリーマンをしている夫は、やがて65歳を迎えるんですが、まだまだ働く予定です。幸い、夫の給与はソコソコですので、幸か不幸かこれまで年金は一切貰っていません(全額支給停止)。確か、特別支給云々の定額部分も63歳で資格が付いた筈です。  やがて65歳になると、給与の多寡にかかわらず老齢基礎年金(年間約70数万円)が貰えます。けれども、老齢厚生年金のほうは、相変わらず一銭も貰えないそうです(幸か不幸か全額支給停止)。  で、質問ですが、私(妻、生涯専業主婦で会社勤めの経験なし)はやがて57歳になるんですが、夫には加給年金がいつ付くのでしょうか、あるいはすでに付いているのでしょうか(私の云う「付く」というのは、実際に「現金を貰える」という意味です)。  ネットサーフィンしたのですが、「報酬比例部分のみの受給権者には加給年金が付きません」という説明は随所に出てきます。つまり、私の夫の場合は、63歳以前には、制度上、決して加給年金が付くことはありえない、という意味なんでしょうけれども、それ以外に加給年金がもらえないケースについての記述がどうしても見当たらないのですが・・・。 ※ぶっちゃけて申しますと、「65歳に到達し、やっとこさ老齢基礎年金がもらえたとしても、在職により老齢厚生年金が全額支給停止になるような人には加給年金が付かない」ということとちゃうんですか。この説明がどこにも(蛇足ながら、私がサーフィンした限りでは)記載されていないんですよねぇ。

  • 老齢厚生年金の支給停止額について

    昨年の12月で44年間勤めた会社を止め、今年1月に64歳の誕生日を迎えました。 昭和23年生まれのため、64歳から老齢厚生年金が満額受給できると思っていましたが、 本日年金機構から年金決定通知書が届き、内容を見たところ支給停止額が84万円もありました。 妻は59歳の専業主婦なので加給年金を含め、270万円程度を予定していたため大きな誤算です。 この支給停止額はどのようにして決まるのでしょうか?

専門家に質問してみよう