• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

活用形について質問

質問1:「走る」という動詞を未然系として活用した場合、「走らない」となりますが、活用したあとの単語の形態(単語として認められる言葉の単位)としては「走らない」なのか「走ら」なのか、どちらでしょうか? 質問2:活用形とは、「単語が変化したその結果の単語の形態」ということでしょうか? 質問3:参考書の解説を見たら、未然系とは、「「ない、う、よう」等に続く形」ということですが、「走る」という単語であれば、「ない、う、よう」に続く形なら「ない走る」になってしまうと思うんです。実際は、単語のあとに「ない、う、よう」が続きますから、解説するなら「活用させる単語のあとに、「ない,う,よう」が続く」とするべきだと思うんです。  何故参考書は「「「ない、う、よう」等に続く形」」というような解説をしたんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数55
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

質問1: 「走ら」です。 質問2: そう考えて構いません。 質問3: 「××に続く」という言葉には、「××に向かって続く」と「××の後に続く」という2通りの意味があります。 未然形の正しい説明は前者、つまり、「ない、う、よう」等に向かって続く形です。 参考書の解説は、たしかに紛らわしいですね。 「「ない、う、よう」等の前に置くときの形」 「後ろに「ない、う、よう」が置かれる(続く)ときの形」 と言う方がよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅れてしまい申し訳ありません。 いつもありがとうございます!さすがsanoriさんです。いつも簡潔で分りやすい解答ありがとうございます!解決しました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • omionn
  • ベストアンサー率0% (0/2)

こんばんは 質問1: 「私は走らない」という1文だとします 文節に区切ると… 私は/走らない そのため、「走らない」は1文節です 「私は」が主語、「走らない」が述語です。 ※文節に区切るとは、そのかたまりが「文の中でどういう働きをしているのかを見るためのもの 単語に区切ると… 私/は/走ら/ない そのため、「走ら」が1単語です ※名詞/助詞(格助詞)/動詞(ラ行五段活用未然形)/助動詞 質問3: その単語が「『ない、う、よう』等に続く形」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! 疑問解決しました!

関連するQ&A

  • 古典文法 形容詞(ク活用、シク活用)

    こんにちは。 高校古典文法 形容詞の活用 ク活用、シク活用についての質問です。 参考書を見ると、形容詞の本活用(直後に助動詞以外が続く活用)の活用表を見ると、例えば「なし」という言葉なら、 <語幹>「な」 <未然形>「(く)」 <連用形>「く」 <終止形>「し」 <連体形>「き」 <已然形>「けれ」 <命令形>「○」 となっております。 質問(1):ここで、未然形については( )がついていますが、どういうことなのでしょうか?同様にシク活用の「かなし」についても未然形の活用語尾には(しく)と( )がついています。 質問(2):また上記の(く)や(しく)では、この形容詞に続ける言葉として、動詞の場合に続けていた「む・ず」が続きませんが、どういうことなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 活用語尾について教えてください。

    たとえば「当てる」という動詞の活用語尾。何故「てる」なんですか? 活用語尾って、変化する部分ですよね? 「当てない」「当てよう」「当てます」「当てれば」「当てろ」と、どうやっても「て」は変化しません。だから「る」じゃないかと思ったのですが、答えを見たら「てる」でした。あと「当たる」だと「る」になるらしいのですが、それもよくわかりません。「当たらない」「当たります」「当たった」「当たれば」「当たれ」で、「当てる」と同じように思えるのですが……。どうしてなのか、教えてください。それと、「当たる」の未然形(「~よう(う)」のほう)も教えてくださるとうれしいです。

  • 消えかつ結びて」の『消え』は何故四段活用でないのか

    古文を創めようと 富井健二の『古文文法をはじめからていねいに』という参考書を使用しました そこに行くの未然形は 『行かず』 『行けず』どっち?っていう内容がったのですが 活用するときは、可能の意味を持つのは間違いだと書いてありました それなのにも関わらず 次の演習問題で、『消えかつ結びて』の「消え」は何活用かという問題で 答えは、下二段活用だと書いてありました 下二段活用になるということは 「消え」の語幹は『消』なので 未然形には「消えず」が入るということですよね? 「消えず」だと可能の意味が入っているので間違いとしか思えません 自分は、『消』の未然形は 消さず としか思えず、消えという言葉が どうして未然形の分類に入るのか分からないです

  • 動詞の活用形

    動詞の活用形で質問させて下さい。 例えば、下一段活用の「食べる」という動詞で、 普通連体形は、「食べる」だと思います。 食べる物、食べる時、と名詞につながるからです。 では、「食べ物」となったときの「食べ」は、 何形になるのでしょうか? 物は名詞だから、連体形でもあるようだし、 食べないというのもあるので、未然形の 形を取っているような気もするし・・・ お願いします。

  • 活用や活用形について質問です

    質問1:活用の定義は「単語の基本形(終止形)の活用語尾が、単語の下に続く語により、変化すること」でしょうか? 例えば、単語の「走る」のあとに「ない」を付け加えると、「走らない」となりますが、これは「ない」という単語の後に続く語が、活用語尾を変化させていますよね?このようなことを活用というのでしょうか? 質問2:活用形の定義は、「単語の下に続く語によって活用語尾が変化するが、その変化の仕方の種類のこと。」でしょうか? 質問3:連体形は活用語尾が変わりません。例えば、「走る」という単語の連体形は「走るとき」ですが、連体形は活用形の1つであるにもかかわらず、活用語尾が変わっていません。なぜですか?

  • 動詞の活用 現在分詞について

    困っているというわけではないですけど以前から気になっていることがあります。 英語の動詞の活用についてです。 参考書は動詞の語形変化は現在形、過去形、過去分詞形の三つとありました。現在分詞は動詞とはみなされないのでしょうか。

  • 自立語の活用の仕方

    冬休みの宿題でこういう問題が出たのですが見分け方やとき方がよく分かりません。 〔問題〕次の(1)~(4)の動詞の活用形をあとから一つずつ選び、記号で答えなさい。 ・きれいに((1)刈ら)れて((2)いる)芝生の上を、犬が((3)走り回っ)て((4)いる)。 ア未然形  イ連用形  ウ終止形  エ連体形  オ仮定形   カ命令形 〔解答〕(1)ア (2)エ (3)イ (4)ウ 解説には言い切りの形にして形の末尾が「い」が形容詞で「だ」が形容動詞になる。とあるのですが、言い切りの形にする仕方がわかりません。また同じ「いる」なのに形が違うのはなぜなんですか?(1)~(4)まで出来れば解説をお願いします。 

  • 動詞の活用の種類に関して質問させて下さい。

    動詞の活用の種類に関して質問させて下さい。 動詞の活用の種類を見分けるのに、動詞の下に『ナイ』をつけると見分けることが 出来ると参考書に載っています。(例、「書く」 書く+ナイ=書かナイ ナイの上が 「か」。ア行の音なので、五段活用) そこで質問ですが、「起きる」という動詞は、上一段活用なのですが、「起きれ」ナイと考えて 下一段活用と考えたり、「読む」という動詞も、五段活用なのですが、「読め」ナイと考えて 下一段活用と考えてしまいます。それぞれ、「起きナイ」「読まナイ」と考えるコツというか 何か見分ける方法はあるのでしょうか。何とぞアドバイスをお願いいたします。

  • 国語の活用形を教えてください

     動詞の活用で  食べることが大好きだ。    の 食べる  バスを降りて五分くらい歩く。 の 降り と 歩く   自分の意見を言わない。    の 言わ  の活用形を教えてください。  形は 未然・連用・終止・連体・仮定・命令 です。  よろしくおねがいしますm(__)m

  • 活用形について教えてください!!

    (1)ありけり。 (2)ありず、 (3)あり。 (4)ありける。 古典の質問で、「あり」をそれぞれ適当な形に活用させよ。という問題 があります。私は、(1)あり(2)あら(3)あり(4)あり にしたのですが・・・(4)が特にわかりません。 また、それぞれの活用形を答える問題で、(1)連用形(2)未然形(3)終止形(4)連用形 にしたのですが、 昔から古典が苦手で、わからなくて・・本当にすいません。詳しく教えてくださると助かります。