解決済み

エンジンオイル

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6485350
  • 閲覧数9551
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 7% (8/109)

ホーマックブランドのディーゼルエンジンオイルはそれなりには大丈夫でしょうか?
なんであんなに安いんでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (4105/8467)

>ホーマックブランドのディーゼルエンジンオイルはそれなりには大丈夫でしょうか?

大丈夫ですよ。
品質・性能は、全く問題ありません。
そもそも、世界中に「何社の潤滑油精製メーカーが存在するのか」ご存知ですか?
数社しか、存在しません。
資金・技術的に、新たに参入する事が難しい業界です。
自動車メーカー、各種ショップでも、自社精製する事は100%不可能なのです。

ホーマックは、DIY(ホームセンター)店ですよね。
という事は、DIY業界団体が一括して国内潤滑油精製メーカーに製造依頼を行っています。
業界団体窓口は「DCM JAPAN」という会社。
国内潤滑油精製メーカーは、「住鉱潤滑剤株式会社(SUMICO)」です。
国内の各ホームセンターブランドの潤滑油(エンジンオイル)は、この住鉱潤滑剤株式会社が精製しています。
つまり、ホーマックブランドのエンジンオイルは「SUMICOオイル」なんです。
「俺は、住友グループは信用出来ない!」という方は、使用しない方が良いですがね。

>なんであんなに安いんでしょうか?

大量に、一括仕入れを行っているからです。
国内各ホームセンターが、一括して大量に住鉱潤滑剤株式会社に精製を発注します。
大量に製造(精製)するので、(精製会社側の)製造原価は安くなりますよね。
大量に仕入れるので、(DIY店側の)仕入原価も安くなります。
結果として、販売価格も安くなります。

また、ブランド使用料が必要ありません。
質問者さまは、富士興産という潤滑油会社をご存知でしようか?
富士興産オイル=2000円。カストロールオイル=5000円。BPオイル=5000円。
ブランド志向の方は、カストロール・BPブランドを購入しますよね。
しかし、業界事情に詳しい者は迷わず富士興産オイルを購入します。
何故かというと、富士興産は「カストロール・BP社指定の、(製造委託)国内潤滑油精製会社」なんです。
基本的に、品質・性能は同じなのです。
(多少は、各ブランド毎に成分が異なります。が、最高速100キロの国内では、意味がありません)

大手カー用品ブランドのオイル・タイヤも、同じような状況です。
製造会社を知れば、アット驚きますよ。

質問者さまも、誤った風評・都市伝説に気をつけて下さいね。
ブランド信者・舶来品信者・純正品信者の場合は、利用しない方が良いです。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (65/329)

ホームセンターのブランドのオイルですね。どこの、製造メーカー?
それなりのものでしょう。私は安くても買いませんが・・・
きちんとしたブランドのオイルの方が良いです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ