解決済み

石鹸を使わない入浴について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6474225
  • 閲覧数5013
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 63% (92/144)

ネット等で「石鹸など使わなくても汚れは落ちる」とか「タオルでゴシゴシ洗うのは皮膚表面のバリア機能を落としてしまって逆効果」とか「界面活性剤がどーたらこーたら・・・・」等、石鹸をつかない入浴方法の勧めを見かけますが、実際に石鹸で洗わずに湯船に浸かると、当然垢が浮いてきてお湯が汚れてしまいます。
要するに石鹸を使わずに汚れを落とすということは、湯船に浸かって垢を自然に落とすということなのでしょうか?
そうだとすると、家族が一度に入ればあまり気にならないのかもしれませんが、順番に入るとあとのものは気分が悪いですよね。
それとも、湯船に入る前に石鹸を使わずに垢を落とす方法があるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

こんばんは。
湯舟に垢が浮くのは、湯舟につかる前にタオル等で垢を擦り落とさないから、ではないでしょうか?
石鹸を泡立て、タオルではなく手を使って体を洗う場合、皮脂や臭いは取れやすいですが、垢がポロポロ取れることはないと思います。
石鹸を使わない→皮脂を取りすぎないため
タオルで強く擦らない→皮膚を傷付けないため
と、分けて考えた方が良さそうです。
石鹸を使わないと、タオルで擦るときに摩擦が強くなっちゃいますから。
考え方としては、湯舟で自然と垢を落とすというより、肌に負担をかけてまで強引に?垢を落とす必要はない、ということかも。
また、石鹸を使わず湯で流すだけでも(自身は)不潔にはならないと。
逆に、湯舟の湯は汚れると思います。
湯舟に垢が浮かび皮脂が溶ければ、それは湯にとって、または他の人とっては「汚れ」。

私はここ何年も、石鹸を泡立てたタオルで体を擦ることはしていません。
基本は湯で流し、部分的に石鹸の泡で手を使って撫で洗い。
週末に温い湯で半身浴をして、最後に湯舟の中で軽くタオルで擦ります。
少なく張りはするものの、さすがに湯は使い捨てです。
普段強引に垢を落とさないうえに湯で垢がふやけるため、力を入れなくても垢が落ちてしまうので。
それに冬でも体が痒くならなくて快適です。
臭くもならないし、肌の色も普通です。

でも、服を洗濯するときは違うんですよ。
外気が当たる表面より体が触れる裏面の方が汚れると考えていて、裏返して洗濯してます^^;
お礼コメント
knight-riders

お礼率 63% (92/144)

ありがとうございます。
やっぱり手に石鹸をあわ立てて軽くなでるように洗ったほうがいいのですかね?
「石鹸を使わなくても汚れは落ちる」という言葉から、服の汚れも変わりないのかと思っていました。 ということは、やっぱり体の汚れはおちていないんじゃないかなぁ?
投稿日時 - 2011-01-31 12:46:12

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 73% (11/15)

肌を衛生的に保つのには、特に何か変な汚れでも付けない限り、毎日お風呂に入り、ジャブジャブするだけで十分に清潔です。 特に日本の水は地下水にしろ、水道水にしろほぼ軟水と言える水なので、肌の汚れを取る能力は高いのです。 石けんや洗浄剤を使用しなくても、十分に清潔さを保てるのですね。

しかしより良い美肌を求めるには、酸化した皮脂をもう少しきちんと取り除いた方がより良い状態を目指せるわけです。
また衣服を着ることのない顔の肌の場合、傷みを少なくするためと飾るために、油性のスキンケア製品、ベースメイク、メイク製品を使用します。 これらは酸化するので肌上の酸化物が増えます。 角質層の傷みを少なくするためのスキンケア製品ですが、時間の経過とともに、角質にたいするマイナス要素も増えてくるわけです。
するとこれらの酸化物を取るとなると、お風呂に浸かるだけでは無理です。 そこで洗浄剤を使用することになるわけです。

この時の洗顔が適切であるか否かによって、肌はより美肌に向かうか、その逆の方向に向かうかが決まると言ってもいいくらい微妙な分岐点を作ります。 ここで間違うとより良くするはずが、悲劇の拡大になってしまうわけです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 41% (20355/48641)

こんばんは

参考までに実践されている方がいるようですので
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-609.html
  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (47/148)

確かに複数の人間が使用するお風呂では
マナーとして難しいかもしれませんね。

私は、全く石鹸を使わない入浴はしていないのですが、
硬い繊維のタオル(アクリルなど)を使うと
脂が取れすぎて乾燥してしまうので
冬場は石鹸を手で泡立てて、そのまま手で肌をなでるようにして洗っています。

米ぬかをガーゼで包んだもので体を洗うというのも一つの方法です。
これは石鹸がまだ日本では利用されていなかった頃の方法です。

界面活性剤が気になるなら、入っていない石鹸を選んでみてはいかがでしょうか。
また、手作り石鹸などでも代用できると思います。
補足コメント
knight-riders

お礼率 63% (92/144)

手作り石鹸とは廃油より作るものの事ですか? それはさすがに体を洗うのには抵抗があるのですが・・・・
投稿日時 - 2011-01-26 11:44:58
お礼コメント
knight-riders

お礼率 63% (92/144)

ありがとうござます。 確かに昔、米ぬかでガーゼで包んだもので体や顔に軽くこすったらつるつるになったような記憶があります(たまたま家に米ぬかがあったからかな?)。 ただ、それで肌がツルツルにはなりますが、垢が落ちるのでしょうか?
投稿日時 - 2011-01-26 09:37:08
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ