• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バリエーションルート情報の入手方法

一般の登山道は飽きてしまい、最近はバリエーション(踏跡、ヤブ漕ぎ登山)をメインにしています。 このようなことをしている方、そのルート情報の入手はどのようにしていますか? もちろん経験やレベルによるとは思いますが、やっている方 方法を紹介ください。 私の場合(%はここ1-2年の感覚です)    (1)良く行く山域のマイナー地名(山名、部落名、谷名等々)でネット検索する  50%    (2)図書館などで古い文献や紀行などで廃道、忘れられた山情報などを知る   30%    (3) 地理院の地図でおもしろそうなコースを設定して歩く(開拓)  20%    (4)  その他として 森林組合で情報をもらった 1回、宿で情報をもらった2回 私の場合の地域は関東+周辺県(福島、長野、山梨、静岡)です。 (3)をもっと多くしたいのですが、まだまだ実力が不足しているのと、当たり外れが多い(行ってみたら登山道みたいな道があったなど)ので(1)か(2)が多くなっています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数2676
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
noname#160718

 Jagar39です。  日本登山体系は初版本を何巻か持っています。ただ、97年に新装復刊されているようなのですが(初版は82年)、中身まで改訂されているのかどうか・・・なんせ情報量は膨大なので改訂されていなければ記述は相当古いでしょうね。  この本はとにかく情報量は膨大なので、自分がテリトリーにしている山域の巻くらいは持っていても損はありません。  ただ、例えば北アの「剱岳・黒部・立山」の巻だと、黒部源流の赤木沢のような散歩に毛が生えたようなルートと称名川廊下のような現在に至るまで完遂された記録がないような超絶に難易度が高いルートまで、ほぼ同列に扱われているので注意は必要です。少なくとも「ガイドブック」ではないので「初心者向き」とか「上級者向き」といったクラス分けもされていませんし、難易度は記述内容から判断するしかありません。  それも記述者によって書き方が統一されていないので、「容易な沢」という記述を真に受けて他の沢を遡行した際の下降ルートに選んだ沢が、入ってみると超絶に難しくて下降で敗退した・・・などという経験もありますから。  まあ要するに、「ガイドブック」としての機能は期待しない方が良い、ということです。  そもそも「ガイドブックに載っていない」のがバリエーションルートの"資格"のひとつでしょうから(最近はその定義も怪しくなってきてますが)、バリエーションをやろうという人は、情報に「ガイド」を期待してはならないのですが。  あと、まあ好きずきではあるのですが、あちこちの山域をバリエーションルートだけ歩く、という登り方はあまりお勧めはしません。  バリエーションで迷ったり不測の事態によって撤退する際は、その山域に対する「土地勘」のようなものが重要になりますから、一般ルートを何本か歩いて概念を把握した山域でバリエーションルートに挑む、というのが、まあ王道ではあります。  それに特定の山域を集中して踏破するのも面白いですから。  私は中学から高校にかけて、滋賀県の比良山系で登山を覚えたのですが、大学の山岳部に入ってからも比良には通い続け、6年ほどかけて比良の尾根と谷は全て歩きました。一般登山道は2年くらいでほぼ全て踏破したので、あとは道のない尾根を冬に、谷は夏に踏破して。  そうすると、当然ですが"つまらない"ルートも多数あるわけです。ガレ場歩きに終始して危険なだけでちっとも楽しくない沢とか、視界も効かずルートファインディングに神経を使うだけの尾根とか。  でも、何も期待せずに入った尾根や谷が素晴らしく楽しめたり、という経験も多々あります。  無闇に物色するより、特定の山域を集中的に攻めていった方が、バリエーションルートの酸いも甘いも味わえるのではないかな、と思います。まあ"外れ"も、「まあ1つ尾根を踏破したし」と自分を納得させやすいというのもありますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本登山体系 初めて聞きました! チョット調べてみたいと思います。(入手も) まだまだビギナーなので、どうもハズレよりもアタリを求めてしまっています。 情報も含めて全てを自身で作り上げて開拓というのがまだまだ少ないです。 また、どのような山域でもそれができるほど技術や経験もできてもいません。 なので、情報を得て、それを元に 自分が行けるか?無事帰ってこれるか?の判断材料にも使っているレベルです。 地形図だけで どこでも開拓できる日を夢見ています。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 登山道とは?

    登山道とは? 踏跡登山(名前あるのか知りません。場合によってはヤブ漕ぎ登山です)をここ数年し始めています。 時々、こちらのカテで「山には所有者がいるので、勝手に入ってはいけない」という回答を見ます。 当然の答えだとは思うのですが、では「登山道」というのはどのような規定(根拠)があるのでしょうか? どこからが「登山道」なのでしょうか?(どこから許可が必要?) ガイドブックに載っていれば「登山道」? ただ、詳細(特化した)ガイドブックだと相当踏跡(廃道に近い)の道も載っています。 どこかに登山道として「登録」する制度でもあるのでしょうか? 今まで、どこでも「勝手に」歩き回っています。 (「登山道」と言われている道~踏跡~道なし まで) また許可を取って歩いている方、いらっしゃいましたら、どのように取っているかを教えてください。 (火山活動 や湿原内などで「立ち入り禁止」などが出ている場所ではなく、一般のエリアでの話です)

  • バリハイの装備

    基本道の無い読図登山をします。 (ヤブ山登山?言い方はイロイロだと思いますが) 普通の登山道を歩く時の装備に、何の装備を加えますか? まったく同じでしょうか?(無雪で同じ標高、地域なら) 例えば ライトの予備を追加する(ヤブで遅くなって万一ライトが故障、電池切れしたら命取りだから)とか。 もちろんコースがザイルが必要そう、とかヘルメットが必要そうとかがない場所(縦走路的) もし必要なら「日帰り 8時間歩行想定」の条件でも。 バリエーションハイキング経験の長い方 お願いします。

  • 狩猟する人に質問です(登山)

    登山をします。 一般の登山道も歩きますが、踏跡登山(道無きヤブ漕ぎ登山)も結構します。 たまに、狩猟をしている人と会うこともあります。 登山者にはどのようにしてもらいたいでしょうか? (そこを歩かないで欲しい以外でお願いします) 私は、蛍光色(黄色)のウィンドブレーカーを着て、クマ鈴を2つ(音色が違う中と小)を付けています。 それ以外は帽子、靴含めて地味な色です。 今回サルの駆除で事故がありました、何年か前はクマの駆除か何かで狩猟者同士で事故がありました。皆20年以上のベテランでした。 クマ鈴も私はどちらかと言うと、狩猟を警戒して[付けています。なお狩猟場所かどうかは知らずに調べずに)歩いています。

その他の回答 (10)

  • 回答No.11

質問に対する回答にはなっていないので恐縮ですが、オリエンテーリングのような遊び方も楽しめるかもしれません。 自分が中学生の頃にちょっとしたブームがあり、当時少し足を突っ込んでいたことがあります。 自分で地図上に目標物を設定するのはむずかしいかもしれませんが…。 あるいは、GPSを持参&トラックログを記録する状態にしておいて、地図上で適当なルートを決めて歩き出し、ゴールしてから設定ルートからの誤差をチェックして遊ぶとか。(2人以上で時差出発してタイムトライアルするとか、直登コースを設定して遊ぶとか。 あと余談になりますが、違法云々の話はホームグラウンドのある山域によって意識の違いがあると思います。 自分は奥多摩・秩父近郊が多いので、(登山エリアで)登山道から外れることに抵抗があります。というのは、このあたりの山は地権者が個人の場合が少なくなく、地権者の厚意で山に入れるという感覚が多少なりとも有ります。最近ではMTBが多く入って山が荒れる等でMTB禁止になったり、(自治体と地権者のトラブル?で)両神山の登山道封鎖などもありました。利用者密度(or絶対数)が低ければ問題ないのでしょうが…。いずれにせよ登山道として設定された道以外を使った途端に違法になるかは地権者次第でしょうし、直接的な被害がないことで黙認されているということだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.10

「沢登り」でしたら 特に情報無しの方が楽しいですよ。 百も承知の方々とは思いますが、誰も書いていないので。(#7で触れられていますが。) 1)「下りのヤブこぎ」は危険。   30センチの「落差」でもネンザ/骨折の危険が有ります。   「ヤブこぎ」の時足元が見え難いですから、「日中」「登り」が基本だと思います。 2)出来るだけ「ローインパクト」で。   夏 何時もの「山」に登っている時、「団塊の世代 ご一行」とすれ違ったのですが、まぁステッキの跡で 道が「ボコボコ」でした。   「登山道以外を歩く」場合、竹林なら ともかく 足場に注意して「落」を出さないように 群生が有れば避けて欲しいと思います。 と言いつつ私も「沢登り」好きです。カニやサカナには迷惑掛けてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.9
noname#160718

 Jagar39です。  「バリエーションルートは違法か」という問題も、本質問でそのような見解が出された以上、きちんと考える必要があるでしょう。  そもそも自然公園法には「登山道以外に立ち入ってはならない」という条文はありません。場所によっては第20条3項11の「高山植物その他の植物で環境大臣が指定するものを採取し、又は損傷すること。」に該当することもあるでしょうが、1000m級の低山の沢歩きにまでこの条文を適用できるわけもありません。  そもそも少し考えれば判りそうなものですが、「登山道」は国や自治体が計画して開設、管理しているものではありませんから、「登山道」を定義することが不可能です。登山道を定義できないのに、「登山道以外に立ち入ってはならない」などという法律が成立するはずもありません。  そのあたりは常識で考えれば判断できるでしょうが、勘違いということもあるかもしれません。  でも、自分で読んでもいない法律を根拠として提示するのは(読めばそのような条文が存在しないことくらい判るでしょうから)、自らの愚かさを露呈するだけでなく、質問者さんに対してもあまり誠意ある態度とはいえないと思いますがね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

 自分の場合はインターネットで最新の情報を調べるそれと山小屋で(当然宿泊して)更に最新情報を聞く北鎌や剱の北方は小屋の情報が役にたった、それともっと大切なのは経験と体力だと思います知識が有っても経験が浅ければ簡単にルートを外しますまた体力が無ければルートを外しても復帰に時間を惜しみ最短ルートを取りたがりやがて復帰が難しくなります。  特に地方の山には訪れる登山者も少ない為ルート標示や鎖、ロープが無い山が多く侮れない山が有りますからくれぐれも注意が必要です。  昨年の10月に行った御神楽岳・蝉ヶ平コースは正にその山でした。

参考URL:
http://www.geocities.jp/hiroshiv8max/CCP047.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

奇遇ですね! 去年の10月4日にこのコースを登って福島側(金谷)へ下りる予定だったのですが、雨で途中で中止しました。  今年再度行きますので、記録は参考にさせていただきます。 山小屋で聞くのは、気が付きませんでした。 ただ、山小屋はほとんど無い地域が多いのでなかなか難しいです(あっても避難小屋) ありがとうございました。

  • 回答No.6

まあ、法律とかなんとかってのは他の板でやってちょーだいよ。 オレはJagar氏の意見に賛成だけどね。 バリエーションルートを楽しむ、って本があるから そんなの参考にしてみなさいよ。 山も岩も今はバリエーションって言われるすべてが 登られてるルートしかないからねえ・・開拓が面白そうだよね。 あ、そうそう、一応バリエーション行くときは 六法全書も持っていかないとね。重いけどさww

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 その本は所持しています。 同じく「静かな尾根歩き」(ハイキング社)も所持しています。 本を所持していること書きませんでしたが、私の中では本となって広く市販されたもののルートは「一般登山道」という感じがしたので、、、。 まだまだビギナーなので開拓はほどほどにしています。 情報入手していつでも経験を積みたいと考えています。 六法全書! バリエーション情報よりもこっちを入手しないと、いろいろな人がいるので先決かも。

  • 回答No.5
noname#160718

 法律を引用するときは、第何条何項のこの条文、というように書かないと不親切ですね。  「立ち入り」が許可制になっているのは、国立公園(国定公園)の中の特別地域または特別保護地域の、そのまた一部の「環境大臣が指定する区域内」だけです。(第20条、21条)  この法律の中で、許可または届け出が必要とされている行為について、第20条3項で18、第21条3項で11、指定されています。でも、これらの中に「登山道以外に進入すること」という条文はありません。  ともあれ、登山道以外は進入禁止と主張する方は、どの条文がそれなのか、条文を挙げてきちんと説明してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

山歴30年あろうが知らないやつは知らないんですね (^_^; アホばっかし 自然公園法の国立公園国定公園の中で決められています http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO161.html 日本でほとんどの山が国立公園国定公園の中にあるのはご存知だと思います。 ルート外は、国立国定公園を管轄する省庁の許可を得なければ進入する事ができません。 自然公園法に収まらない山は、個人の所有物ですから、その所有者の許可が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

バリエーション、面白いですよね! 山と直にふれあえます。 私は岩、沢(含アイス)、雪(含スキー)と広く浅く遊んでますが、現在一般登山道はほとんど岩や沢のアプローチや下山時にしか使うことがないです(ありがたく使わせてもらってます) 無雪期にはひどいヤブで行けないようなところでも雪がつくと快適なルートになったりもします。 質問者さまもそんなのにハマってるんですね…一種のビョーキですよ!? バリエーションルート情報の入手方法ですが… 登山体系等それ系のガイドブックが過去のも含め多数出版されているのでそれらを参考にしてます。 でも、そのテのものにも載ってないルートの開拓(?)も面白いですよね。 インターネットは便利ですが情報を得すぎると面白味が半減します。 …が、取り付きや入山点(駐車場所等)の情報はちゃっかり頂いてますけど(それでもはっきりしないことが多いのですが…) ただ、情報があるのはバリエーションの中でもメジャーなところ。マイナーなところはインターネットにも載ってません。 まぁそんなところはハズレが多いのですが…(それもまた楽しい!?) でも、そんな中のアタリがこれまたいいんですよね! 地形図読んでバリエーションのガイドブックにも載ってない支沢支尾根を片っ端から踏破するのも面白いですよ! このビョーキは治りません。慢性疾患です。上手につきあっていきましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

次第に慢性化してきています、治す方法あるんですかね? 市販の本はそれなりに持っていますが、あまり参考にできそうなところが見当たりません。 1つの山か主尾根を集中して攻めるのは面白そうですね。 近場でチョットうあってみたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#160718

 登山歴30年です。  もちろん違法行為なんかではありませんよ。  国立公園内の一部の山域では登山道から外れることが禁止されていますが、それでもバリエーションルートそのものが禁止されているわけではありません。  さて、バリエーションルートの情報収集ですが、目的の山域を主なフィールドにしている山岳会があれば、その会報がもっとも質・量ともに満足できる情報源になります。まあ最近は地道に地域研究をしている山岳会も少なくなりましたが。  あとは山岳雑誌の記録集でしょうか。バックナンバーを丹念に調べる必要がありますが。  情報収集では、国会図書館がダントツに文書量が多いです。ネット検索から複写請求もできるので、調べ物の際は重宝しています。 http://www.ndl.go.jp/  ガイドブック、登山地図なども重要な情報源です。  つまり、それらガイドブックで「紹介されていない」エリアを狙うわけです。地形的には面白そうなのに情報の空白地帯、というエリアはどの山域にもありますからね。  ま、(1) にしろ(2)にしろ(4)にしろ、「情報がある」ということはまだまだ・・・  情報が乏しくなればなるほど面白くもなってくるので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

国会図書館のサイトはネット情報も得られるので重宝しそうです。 山域の山岳会の会報、記録も確かに参考になりそうですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

登山道以外の道を進むのは、違法行為ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

初めて聞きました! 違法となる 根拠の法律はなんでしょうか? ロッククライミングや沢登りも皆違法となりますね。 「登山道」の定義はなんでしょうか?どこかに登録されていますか? 「登山国道1号」とか???

関連するQ&A

  • 登山と雨と雷の関係についてですが、(1)雨になっても雷警報がでて無い、

    登山と雨と雷の関係についてですが、(1)雨になっても雷警報がでて無い、または、AMラジオに雑音が入らなければ落雷しないからそのまま登山しても(登山を開始しても)大丈夫?(2)頭上にある雨雲が積乱雲に変化、発達する事は無い (3)雷がゴロゴロなっていても森林限界に達してしない低山、里山では登山道が森林の中、つまり避難場所なので頂上にいかなければ大丈夫?  以上の点が曖昧です。登山関係の本を読んでもその辺はわかりません。詳しい方教えて下さい。

  • バリハイ は市民権を得てますか?

    バリエーションハイキング(通称バリハイ)と言う言葉は、山屋の中で 通用しますか? (もちろん初心者や関心の無い山屋さんは 対象外だとして) バリエーションと言うと、岩や沢登りのイメージが強かったですが、最近この言葉を使う本も出てきて、登山道の無い尾根系歩きをバリハイと言っているようです。 (「新ハイ」あたりでは普通に使われているような、、、) また、やはり最近(ここ10年?)の言葉だとして、それ以前は何と言っていたのでしょうか? オリエンテーリング、、、とも違いますね、、、ヤブ漕ぎ登山? 個人的意見でも結構ですが、ある程度 「公に認知」されているような事実があれば合わせてお願いします。 (ヤマケイでは***と言っている、とか、、、) よろしくお願いします。

  • さいたま市近辺から行ける山

    登山はしたことがありません。 埼玉市近辺から車で日帰り出来る山で、往復3時間程度の登山道があり、道具など無くても問題無く登山の出来る山はありますか? 関連サイトなど閲覧しましたが、情報が上手く収集出来ません。 よろしくお願い致します。

  • 地図の作製方法

    この手の情報に詳しい方もしくは業界の方の回答をお願いします。 先日、バリエーションルート(一般の登山道ではないルート)を読図しならが歩いてきました。 その途中ルートを間違えてしまい、よくよく地形を確認して間違いを確認し本来のルートへ戻りました。(国土地理院の1/25000の地図使用) 間違えて歩いたところは、まず人が歩くようなところではありません。(山中の中の山中です) そこでフト思ったのですが、このような山中の地形図をいったいどのように正確に描いているのでしょうか? 帰ってきて地理院のサイトを覗くと、製作方法として航空撮影となっていますが、地面が露出しているところならイザしらず、私が迷ったところはうっそうとした森の中でした。 木の高さも一律ではないにもかかわらず、なぜ空中撮影で地面の高さまで正確に出せるのでしょうか? わたしが迷ったところは相当複雑な地形にも関わらず、確かに地図の通りでした。(なので詳しく読んで間違いがわかりました) 人里なら複雑場所は別途歩いて確認もあり得そうですが、山中の中の山中までそんなことをしているとも考えらず、、、。 何か地面の高さだけを測定するような装置でもあるのでしょうか? 相当の高度から測れるそのような技術は何でしょうか? よろしくお願いします。

  • ピラタスロープウェイからの下山路

    夏休みの計画を練っています。ピラタスロープウェイを使って北横岳のハイキングを考えているんですが、帰りは、ロープウェイを利用しないで下山しようと思っています。登山地図をみるとロープウェイと平行して登山道があるようですが、どなたかこの道で下山した方がいらしゃったら、情報を教えてください。難路であるとか、歩きやすいとか、森林の中を歩く道だとか・・・。

  • 登山で遭遇するあの吸血虫は?

    山によりますが、夏山登山をしていると吸血虫に悩まされます。 体長3~5ミリの黒い胴体で、羽は透明で、ハエを小さく細くしたような虫です。 群れをなして顔の後ろや横を飛び回ってまとわり付き、顔の前、視界に入るところではあまり飛びません。隙を見ては、主に耳の後ろを刺し、鼻の両側を刺すこともあります。稀に目に飛び込んでくることもあります。 刺されると痛く、しばらくは痒いものの、ブヨのように傷跡が残るようなことはありません。 森林内が生息圏のようで、森林限界以上や湿原に出るといなくなります。しかし、樹林帯の中であればどこまでも追いかけてきます。 刺されやすい人と寄り付きもしない人と極端に別れるようです。 夜間は遭遇したことはありません。 蚊やブヨ除けの防虫剤はまったく効きません。というか、直接吹きかけてもまったく動じません。(「虫ベールα」はまだ試していませんが) サシバエとは違います。 これは何という虫ですか? 対策方法はありますか? 防虫ネットは、樹林内の早朝や夕方は視界が悪くなるので使いたくありません。 「キンチョール」のような殺虫剤なら命中すれば効果があるかもしれませんが、山では逃げられてばかりだと思うし、だいいち、山で殺虫剤を使うのはエチケットやモラルの面で気が引けます。 燧や会津駒など奥会津の山、火打山、妙高山、雨飾山、白山では甚ノ助小屋周辺のみ、木曽御嶽山の各主要登山道で遭遇しました。北、南、中央のアルプスの主な山の主要登山道では、穂高の重太郎新道のみで遭遇し、他の山では一度も遭遇したことはありません。箱根のロープウエイの麓乗り場で刺されたこともあります。 なんか、以前はいなかった山なのに昨年は出現したり、年々、群れの数が増えたりしている気がします。

  • 登山計画書について

    こんにちは。登山計画書についてお聞きしたいので、投稿いたします。 今度、家の近くの山に登ります。 登山道の入り口あたりに、登山計画書を提出するボックスが設置されています。 そこで、そのBOXに登山計画書を入れる予定ですが、回収はした方がよいのでしょうか? または、回収はできるのですか? 登山計画書には、自分や友人の住所や電話番号といった個人情報が載っていますので。。 ご存じの方、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 大山(神奈川県)に登る予定なのですが…

    今週末(金or土曜日)大山登山を計画しているのですが 今の時期、登山道に雪が積もっていたりするのでしょうか? 登山初心者なもので、あまりに足元が悪いようでしたら 計画見合わせも考えております ネットなどを利用し、私なりに現地の天候を調べた結果 ここ一週間程の間に降雪は無く、当日の天候は曇りという事なのですが 実際、現地のコンディションはどのような具合なのでしょう? 山にお詳しい方、或いはお近くにお住まいの方 お手数ですが、情報をお寄せ頂けると大変助かります

  • 烏ヶ山(鳥取県)登山について!

    始めまして! 10月の7,8日の連休に友達と鳥取県、烏ヶ山の登山を計画して います。 山の本を見ると、鳥取の地震以来登山道が崩れて登山禁止になっているとあ ります。ネットでHPを調べてみると、危険だけど登れたとか、頂上付近の崩壊が激し く登れなかったとか書いてあります。 実際のところは、どの様な状況なのでしょうか? 烏ヶ山の写真を見るうちに、尖がった様な頂上に立ってみたい気持ちが強くなりまし た。多少の危険は承知のうえでトライして見たいと思います。 最近登られた方がおられましたら、情報をいただければ 幸いです。 よろしくお願いします。 下間(シモツマ)

  • 北海道のお奨め登山コース

    今年の夏 予定外の長期休みになるので北海道登山旅行(単独)を車(+自転車搭載)でします。 北海道の山は初めてです。 関東在住で北ア、南ア、八、秩父、丹沢、谷川、飯豊など大体歩きましたので これらと違う北海道らしい山へ行こうと考えています。 今は 利尻山、斜里岳、羅臼~硫黄 の3ヶ所を概ね決めていますが、他にここは是非というところありましたらお願いします。 北海道内であればどこでもOKです。 標高は問いません。(ここは北海道くらいだろう、、、という山に登れればOKです) 日程、長さも問いません。(車+自転車+バスくらいで周回できると助かります。テント持参) バリエーションハイキング(読図)もロック・沢もしますが、今回ザイルまでは持参しない、また土地勘もないエリアなので一応一般の登山コースと言われている範囲でお願いします。(健脚、上級者用問わず) 山の知名度は不要です。 詳しくはガイドブックか無ければネットで検索します。 山名とコース限定ならコース名、そして何が北海道らしい(ここだけ?)を教えてください。 よろしくお願いします。