• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

登山道とは?

登山道とは? 踏跡登山(名前あるのか知りません。場合によってはヤブ漕ぎ登山です)をここ数年し始めています。 時々、こちらのカテで「山には所有者がいるので、勝手に入ってはいけない」という回答を見ます。 当然の答えだとは思うのですが、では「登山道」というのはどのような規定(根拠)があるのでしょうか? どこからが「登山道」なのでしょうか?(どこから許可が必要?) ガイドブックに載っていれば「登山道」? ただ、詳細(特化した)ガイドブックだと相当踏跡(廃道に近い)の道も載っています。 どこかに登山道として「登録」する制度でもあるのでしょうか? 今まで、どこでも「勝手に」歩き回っています。 (「登山道」と言われている道~踏跡~道なし まで) また許可を取って歩いている方、いらっしゃいましたら、どのように取っているかを教えてください。 (火山活動 や湿原内などで「立ち入り禁止」などが出ている場所ではなく、一般のエリアでの話です)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数482
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

私有地といっても、立ち入りを拒む意思表示がなければ不法侵入罪には成りません。 何らかの立て看板、あるいはロープなどで進入を拒否する表示がなければ、誰でも進入することが出来ます。 特別に造作することなく、自然に新たな道(たとえば獣道)が出来るような場合でも、自由に通行しても罰せられることは有りません。 ただし、他人が所有する土地で何らかの作物を採取することは窃盗になりますので注意が必要です。 あくまでも栽培されている物であって、いわゆる山菜を採取することまで罰する法律は今のところ無いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、「禁止」とされていなければ、どこでもOKなのですね(立看板もしくは囲ってあるなど) 山の持ち主側にとっても それが無ければどこでも人が入って来る、というのも大変だと考えましたが、現実はそうなのですね。 こちら(山へ入る方)として安心しました。

関連するQ&A

  • 狩猟する人に質問です(登山)

    登山をします。 一般の登山道も歩きますが、踏跡登山(道無きヤブ漕ぎ登山)も結構します。 たまに、狩猟をしている人と会うこともあります。 登山者にはどのようにしてもらいたいでしょうか? (そこを歩かないで欲しい以外でお願いします) 私は、蛍光色(黄色)のウィンドブレーカーを着て、クマ鈴を2つ(音色が違う中と小)を付けています。 それ以外は帽子、靴含めて地味な色です。 今回サルの駆除で事故がありました、何年か前はクマの駆除か何かで狩猟者同士で事故がありました。皆20年以上のベテランでした。 クマ鈴も私はどちらかと言うと、狩猟を警戒して[付けています。なお狩猟場所かどうかは知らずに調べずに)歩いています。

  • バリエーションルート情報の入手方法

    一般の登山道は飽きてしまい、最近はバリエーション(踏跡、ヤブ漕ぎ登山)をメインにしています。 このようなことをしている方、そのルート情報の入手はどのようにしていますか? もちろん経験やレベルによるとは思いますが、やっている方 方法を紹介ください。 私の場合(%はここ1-2年の感覚です)    (1)良く行く山域のマイナー地名(山名、部落名、谷名等々)でネット検索する  50%    (2)図書館などで古い文献や紀行などで廃道、忘れられた山情報などを知る   30%    (3) 地理院の地図でおもしろそうなコースを設定して歩く(開拓)  20%    (4)  その他として 森林組合で情報をもらった 1回、宿で情報をもらった2回 私の場合の地域は関東+周辺県(福島、長野、山梨、静岡)です。 (3)をもっと多くしたいのですが、まだまだ実力が不足しているのと、当たり外れが多い(行ってみたら登山道みたいな道があったなど)ので(1)か(2)が多くなっています。

  • 大山に登山予定 雪は解けましたか?

    百名山に挑戦中の者です。 登山道に積雪があると道に迷った苦い経験があります。 ガイドブックでは4月下旬から登山適期ですが、実際は軽アイゼンが無くても登れますか? 鳥取県にお住まいの方、最近登山した方教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • icerub
  • ベストアンサー率23% (604/2626)

登山道の定義は無いと思いますが、国立公園の中では勝手に登山道を新設できないはずなので、登録制度のようなものはあると思います。 ただし国立公園法や自然公園法に、既存の登山道以外歩行禁止のような内容が見当たらないので、現状では黙認に近いのでしょう(尾瀬のように指定場所以外歩行禁止を明確にしている場所を除く)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「禁止」とはっきり謳って(もしくは塀や鉄線で囲われているなど)無ければ、どこでもOKと言うことですね。安心して踏跡を追えます。

  • 回答No.2
  • Ren-Fa
  • ベストアンサー率21% (11/51)

入っていけない山は「私有地」の山です 県や国の山もあり、解放されている私有地の山もあります 入ってはいけない山であるなら、通じる道に何かしらあるでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、「禁止」となっていなければどこでもOKなのですね。 山へ通じる道も、そうなのですが(また独立峰ならそうなのですが)、 縦走や他の山から下りてきたりした時に入り込むケースも多々あるので不安でした。(日本のほとんどが一連のつながった山ですからね)

  • 回答No.1
  • bagus3
  • ベストアンサー率29% (1973/6720)

山には所有者があるので勝手に入ってはいけないとなると すべての山に登れなくなってしまいます。 立ち入り禁止の標識があったり、たけのこシーズンの竹やぶ、秋のまつたけ山に 注意すれば、どこでも入っていいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ありがとうございます。 なるほど やはり 敢えて「禁止」となっていなければどこでもOKなのですね。

関連するQ&A

  • 登山ストックの先端のゴムキャップについて教えてください。

    登山ストックの先端のゴムキャップについて教えてください。 穂高駅からヒエ平に入り常念小屋をめざす登山道で こんな看板を見ました。  『「登山道保護のためストックの先端にゴムキャップ装着をお願いします」                      北ア登山案内人組合連合会』 常念小屋につくまでの道に3か所ありました。 登山道保護しようとゴムキャップをしたのはいいけれど ゴムキャップはやわらかい地面にもぐり易いので、気がついたらどこかに埋めてきてしまった。 (とれてしまっていた。) そこで私はふと考えた。 ゴムは腐食して自然に還らないので永久に地面に埋もれているはず。 みんなが、ゴムキャップをどこかに埋めて忘れてしまえば、何万個、何十万個のゴムキャップが 日本の山道に埋もれることにならないか。 ある日、雨がふれば土が流れて、そこいらじゅうにゴムキャップが出現するのではないか。 そうしたら、『登山道保護のためゴムキャップは外しましょう』の看板が現れるのかな? ゴムキャップなしでストックを使用すると、たしかに道の両側に穴が空く。 その穴と 埋もれたゴムキャップ とどちらが自然を破壊するのか。 北ア登山案内人組合連合会の判断が正しいのかどうか 皆さんの意見教えてください。

  • 登山 保険について

    いくつか見てみると 「山岳保険」と「ハイキング保険」がありますね。 山岳は ピッケル・ザイルなどを使った場合、と記載されています。(タブンこの対象となるのは1割にも満たないかと、、?) ハイキングを見ると、ウォーキング、ハイキング程度 などと非常に軽く(程度が軽い)記載されています。 (こちらもタブン3-4割が対象?) 一般で最も多い、北ア、南ア、八ヶ岳や秩父 あたりのいわゆる「登山」の領域をはっきり記載したような登山の保険がありませんね。 基本的にこれらはどちらの保険に入るのでしょうか? (Q1) それとも都度保険会社に確認する?(しています?) 登山で保険に入ろうと考えるもっとも多い割合の対象者が表記されていないのはなぜなのでしょうか? (Q2 ガイドブックなどに無い、踏跡登山の場合(無雪、ザイルなど使用なし、1500m程度の低山)はハイキング保険で対象になるのでしょうか?(Q3) 保険会会社に聞くこと、と言う回答は不要です。 適用(不適)になった経験、知っている場合に回答ください。

  • 登山道を歩いている時 何を考えていますか?

    最近(ここ数年) バリエーションハイキングに凝っています。 GPSなども持たず(元々持っていない) 読図で行きます。 歩いている時は、 常にコース確認や、方向、と歩く距離などを測りながら歩きます。 (果たしてこのコースで正しいのか? 何か見落としはないか?と常に周りを見ながら登ります) 他のことなど考える余裕はありません。 場合によっては、帰ってきて体力の疲れよりも、精神的疲れの方が上回ります。 その分 達成感は得られます。 先日、久々に 一般の登山道を1日歩きました。 習性?なのか地図でコース確認(道標もあるのでまず必要ないのですが、、、)程度はしましたが、道に疑いも、また他の方向へ行く心配も無いので、考えていたのは、「帰りにどこの風呂に入ろうか?」「ついでに おいしい何か食べて帰ろうかな?」 「明日の仕事はどうしよう?」とか 余計なことばかり考えていました。 (以前、一般のy登山道では結構そうだったような気もします) そこで、質問ですが、一般の登山道(天候も良く、道もはっきりしているところ)で頭の中はどうしていますか? 「まっしろ」ということはないと思うのですが、、。 やはり、余計なことを考えて(帰りのことが余計かどうかは別として、今やっている登山以外のことと言う意味です)いますか? いつもソロなので聞く人もいないので、(こっそり)教えてください。 なお、必ずパーティで行って、会話しっぱなし、という人は回答結構です。 できればソロの人でお願いします。

  • 登山道で見かける「ありがとうございます」って何?

    関西の低山(他は知りませんが)でハイキングをしてますと白い札に「ありがとうございます」って書いて山道に挿してあります。あれは何で、どういう意味があるのでしょうか?前から気になって歩いてました。

  • 夏の白馬だけ、アイゼンが必要?

    白馬だけに登ろうかと迷っています。 まず、ガイドブックに、 「雪渓があるため、アイゼンが必要」 と、書かれていますが、7月の連休でも、必要なのでしょうか。 次に、猿倉からの上りは相当きつそうな気がします。 このところ、登山の最後には膝の筋が痛くなります。 体力的に自信がないので、栂池のゴンドラ方向から上り、猿倉へは下るのはどうかと思っています。 でも、急な下りの方が、かえって膝にはきついのでしょうか。 「きつい」という表現は、ひとそれぞれに違うのですが、ご経験のある方の、その方なりの独自のご感想をうかがえますでしょうか。 場合によってはゴンドラで上がり、同じ道を下るほうがよいかなとも思います。 ガイドブックの写真をみると、山頂は相当な込み具合でした。 登山道は、行列状態に人が多いのでしょうか。 山小屋は二つあるようですが、泊まったことのある方、どのような感じか、教えていただけますでしょうか。 女性は、トイレが気になります。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 会津 志津倉山の道がわかりません

    会津の志津倉山へ先日行って来ました。 ところが道がわからず、結局撤退してきました(おおげさですが、、) 再度リベンジしたいのですが、相当探してみつけられなかったので、このまま再度行っても同じ結果になるので、最近行った方教えてください。 大沢と林道出合(鐘がある)に車を止めて、大沢コースを行き、途中の細ヒドコースを分けてしばらく行き、ニ子岩コースへ入りました。(ここまでは立派な道標があります) 雨乞岩のスラブを楽しみ、展望台?を通過し、二子岩を慎重に通過して再び大沢に戻りました。(その沢の枝に赤テープがありました) ここが一般のガイドブックに書かれている「水場」だと思うのですが、ここからシャクナゲ坂に入るところが見つけられません。 沢の上下50mほど探しましたが、無く、仕方なく先ほどの二子岩コースの大沢への降口から無理やり沢に直角に稜線へ向けてヤブ漕ぎで急斜面を登り100mほどして大沢と平行(稜線とも平行)に約2時間(距離にしては3-400m)ヤブを漕いでいきましたが、登山道を横切ることもなく、断念しました。 (最後は大沢の大分上流へ下降し沢を戻りました) この地点までの道標設置からして、シャクナゲ坂への登り口に何かありそうな感じなのですが、、、。 沢スジなので、台風などで荒れたような感じですので、最近(今年の9月以降)でここに入られた方、大沢からシャクナゲ坂への入り口はどのようなところか教えていただければ助かります。

  • 登山道の状況を教えてください

    5月18日近辺で乾徳山に登ろうと思っています。 徳和の登山口から入って往復です。 登山道の状況(雪・凍結)が知りたいのですが、 最近登られた方がいらっしゃいましたら、状況を教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 登山道入り口は「0合目」か?「1合目」か?

    みなさん、いつもご丁寧な回答をありがとうございます。  登山道で、10合目は頂上と習いました。それでは、登山口は何合目でしょうか。  0?1?  教えてください。お願いします。

  • 比叡山の登山道

    比叡山の登山道についてお伺いします。 滋賀県側の坂本から延暦寺の横川までハイキングする場合、坂本→本坂→東塔→西塔→玉体杉→横川のコースが一般的のようですが、東塔や西塔を経由せずに坂本から横川まで最短直結しているコースはありますか? 地図でそれらしい道を見たことはありますが、表示が簡易すぎて登山口の詳細がわかりません。 どなたか御存知の方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

  • 平尾台への登山道

    ローカルな質問ですみませんが、福岡近辺在住の方、教えてください。 子供のころ(20年くらい前)、京都郡の椿市付近から山道を通って千仏鍾乳洞の近くに出る登山道があったと思うのですが、入り口がどこにあったかわからなくなってしまいました。 いまでも残っているかどうか、ご存知の方はいませんでしょうか。