• ベストアンサー
  • 困ってます

確率の問題

またまた質問があるので誰かお願いします。 「問題文」 n枚の硬貨を同時に投げて表の出たものを取り去り、1回後に、もしも硬貨が残っていれば残った硬貨をもう一度同時に投げて表の出たものを取り去ることにする。このとき全部なくなる確率を求めよ。 「模範解答」 n枚のコインを1、2、3~~~nというように区別をつけ1枚のコインを続けて2回投げることを1、2、3~~~~nの順に行う、と考える。 1枚のコインを2回投げたとき、そのコインがなくならない確率は1/2×1/2=1/4 。 よって1枚のコインを2回投げたとき、そのコインがなくなる確率は1-1/4=3/4 ゆえに1、2、3~~~nを同じことを続けると(3/4)^n となる。 となっています。なおn乗には 「^n」 の記号を使ってます。 質問したいことは題意を「n枚のコインを1、2、3~~~nというように区別をつけ1枚のコインを続けて2回投げることを1、2、3~~~~nの順に行う」という試行に読み替えることがどうして可能なのかということです。 同時になげる場合 「表(または裏)の枚数」しか問われない(??)のに対して言い換えた試行は「区別をつけているぶん区別のついた各コインのせいで場合の数も増えると思うのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数93
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「n枚のコインを1、2、3~~~nというように区別をつけ」というところに引っかかっているようですね。 それでは、区別を付けずに、考えてみましょう。 (1) 1枚のコインで、無くなる確率は3/4 (2) n枚のコインで、すべてなくなる確率は(3/4)^n というように考えることができますよね。 その模範解答で「区別をつけ」という部分は要りませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 余計な言い換えだったんですね・・(笑) これで解決しました!

関連するQ&A

  • 確率の問題

    質問があります。 問題文は 「次のような硬貨投げの試行を考える。はじめに3枚の硬貨を投げて1回目とし、そのとき表のものがあれば、表の出た硬貨のみを投げて2回目とする。そのとき表のものがあれば、それらを投げる。ある回で裏のみが出た場合、この試行は終了する。このとき2回目でこの試行が終了する確率を求めよ。」 です。 模範解答は 「1枚のコインが2回以内でなくなるためには2回のうち少なくとも1回裏が出ればいいので1枚のコインが2回以内でなくなる確率は 1-1/2×1/2=3/4  ・・・(1) よって2回以内で終了するためには3枚のコインについて(1)が起こればよいので2回以内で終了する確率は3/4×3/4×3/4=27/64・・・・(2) また、1回目で終了する確率は1/2×1/2×1/2=1/8・・・・(3) 以上(2)(3)より2回目で終了する確率は27/64-1/8=19/64 となる。」 です。 分からないことがあるのですが 「1枚のコインが2回以内でなくなるためには2回のうち少なくとも1回裏が出ればいい」の部分です。 少なくとも1回裏 ということは2回裏が出ることも考えてるはずですが1回目に裏のでたコインは2回目は投げないから裏もくそもないような気がして仕方ないのです。 自分の答案は数え上げでやりましたが模範解答と数字は同じです。。。。。 誰か教えて下さい。

  • 確率の問題です。

    対戦するA、B 2人が表裏の区別のあるコインを2枚ずつ持っている。 2人は持っているコインすべてを同時に投げ、表が出たらコインの枚数の多い方が少ない方にコインを1枚渡すというゲームを続けて3回行う。ただし、どちらかのコインがなくなったときにはゲームを終了する。ただし、確率をあらわすときは既約分数とする。 (1) 2回のゲームで終了する確率 (2) ゲーム終了時にAのコインの枚数がn枚である確率P(n)とすると、 P(0)= P(1)= P(2)= P(3)= P(4)= である。 これらの求め方を教えてください。 答えは、上から、 (1)5/128 (2)65/2048, 465/2048 , 247/512 , 465/2048, 65/2048 です。 詳しく解説お願いします!

  • 確率漸化式の問題です。

    「1枚の硬貨を何回も投げ、表が2回続けて出たら終了する試行を行う。n回目で終了する確率をP(n)とする時、P(n+1)をP(n)とP(n-1)で表せ。」という問題です。 (質問)P(1)=0、P(2)=1/4、P(3)=1/8、となりますが、3回目に終わらない確率は、1 - P(3)でしょうか。樹形図を書くと5/8になりそうです。 よろしくお願いします。

  • 確率の問題について

    (1)1枚の硬貨を4回投げた時 表が続けて2回以上出る確率 (2)1枚の硬貨を5回投げた時 表が続けて2回以上出ることのない確率 答えは(1)が1/2 (2)が13/32 となります。 数学は苦手なので詳しい回答をよろしくお願いします。

  • 数学Aの確率

    数学Aの確率 Aが3枚、Bが2枚の硬貨を同時に投げるとき、次の確率を求めよ。 (1)A、Bともに同じ枚数の表を出す確率 一人の人が5枚を一枚ずつ投げるのなら 1/2にnCrが付きますが、これは同時に投げるので nCrはいりませんよね? 表が1枚でるとき「1/2*(1/2)^2 * 1/2*1/2」 と 表が2枚でるとき「(1/2)^2*1/2 * 1/2*1/2」 に場合分けしてそれぞれをたす よって1/16としたのですが違いますか? また、これは別のことなのですが くじが何本かあり、そのうち当たりが何本かある これをA、Bの2人が順に一本ずつ引く とある場合、A→Bの順で引くということですか? それともA→BとB→Aの二通りがあると考えるのですか?

  • 確率

    1枚の硬貨を5回投げるとき、次の問いに答えなさい。 (1)5回とも表が出る確率を求めなさい。 (2)表が3回出る確率を求めなさい。 (3)少なくとも2回表が出る確率を求めなさい。 (1)はわかったのですが、(2)、(3)についてよくわかりません。 この問題はどのように考えたらいいのでしょうか? お願い致します。

  • 確率の問題

    1枚のコインを5回なげて2回表が出る時、3回目に初めて表が出る確率を、わかりやすく教えていただけますか?

  • 確率の問題

    赤玉と白玉が入っている箱と、表の出る確率がp(0<p<1)である硬貨が1枚ある。 この硬貨を投げて表が出れば箱の中から赤玉を1個とりだし、 裏が出たら白玉を1個とりだす、という試行を行う。 ただし、取り出した球は元に戻さない。 今、赤玉3個、白玉3個入っている箱に対し、この試行を繰り返し、 箱の中から赤玉を全部とりだすか、白玉を全部取り出した時、 試行を終了するものとする。 試行がちょうどn回で終了する確率をpnとし、s=p(1-p)とする。 (1)p3、p4をそれぞれsを用いて表せ。 (2)終了までii行われる試行の回の期待値Eをsを用いて表せ。 (3)(2)で求めた期待値Eの最大値とそれを与えるpの値を求めよ。 確率が得意な方がいらっしゃいましたら、 解説お願いしますm(__)m

  • 確率(高校)

    n を正の整数とする。n 枚の硬貨を同時に投げて表の出たものを取り去り、次に、硬貨が残っていればそれらを同時に投げて表の出たものを取り去ることにする。 (1) 全部なくなる確率を求めよ。 (2) r 枚残っている確率を求めよ。  ただし、r は正の整数で、1以上 n 以下とする。 という問題です。1以上 n 以下というのは、記号で表されていました。 (1)は大丈夫です。 (2)についてなのですが、1枚に関して、なくならない確率は 3/4                    なくなる確率は 1/4 ですので、私は解を Σ(r=1から n )×nCr ×(1/4)^r × (3/4)^(n-r) とし、2項定理を使って、解→1-(3/4)^n としました。しかし回答にはΣはなく、nCr ×(1/4)^r × (3/4)^(n-r) をまとめたものでした。あれっ? という感じです。 どこがおかしいのでしょうか。 ちなみに、^のマークは先ほど他の質問を見ていてたまたま初めて知ったので、うまく使えてないかもしれません。他にも知らないことで間違っていたらごめんなさい。お願いします。

  • コインを投げた時の確率

    コインを投げた時の確率 次の問題の解答が分かりません。 どなたか教えていただけると嬉しいです。 1枚の硬貨を10回投げる時、表が出る回数Xの平均をm、標準偏差をσとする。 X<mーσとなる確率はいくらか。