• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

酸化還元反応についての実験で…どれか1つでも

酸化還元反応についての実験で… (1)試験管に塩化スズをとり、水を3ml加えて溶かす。そして過マンガン酸カリウム水溶液を加えて・・・・と、いうのをやったのですが、「水を加えた」のはなぜですか?なにか実験に影響があるのですか? (2)ヨウ化カリウム水溶液に塩化鉄(III)水溶液を加えて、更にでんぷん水溶液をいれて色の変化を・・・・と、いうのをやったのですが、イオン反応式においてI2と2Fe(2+)ができた状態の溶液に、でんぷん水溶液をいれたのは何か意味があるのですか??反応式なども分かれば教えていただきたいです。。 (3)シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加えて温め、色の変化を…と、いうのをやったのですが、「温め」たのはなぜですか??? 実験のレポートを書いてる途中に湧き出た疑問の数々です。自分には到底解決できないもの3つです…。どれか1つだけでもわかる方がいらっしゃいましたら教えていただけると幸いです

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数595
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321

(1)塩化スズ個体だと反応が激しすぎる。 (2)鉄(II)は無関係。ヨウ化カリウムが酸化されて出来たヨウ素の色を濃くして見易くするためにデンプン溶液を加えた。 (3)過マンガン酸カリは最初に還元されたMn^2+が出来ないと反応が遅いといわれている。反応の開始を早めるために加熱した。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸化還元反応式・・・

    初めまして。化学の実験のレポートでつまづいた所があるので教えてください!!うちの学科の必修科目で単位落とすと留年かもしれないんで・・・。 質問というのは酸化還元反応のことです。すべて質問されているのは各酸化還元反応の反応式を求めよ、というものです。反応物は 1、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・亜硫酸ナトリウム水溶液 2、硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液・亜硫酸ナトリウム水溶液 3、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・シュウ酸水溶液 4、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・ヨウ化カリウム水溶液 5、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸水溶液・過酸化水素水 6、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液 7、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液 8、塩化鉄((3))水溶液・塩化スズ((2))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))カリウム水溶液 9、塩化鉄((3))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))カリウム水溶液 10、硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液・エタノール 11、メタノール・イオン交換水・バーナーで熱した銅線 12、フェーリング液A・B・ホルムアルデヒド水溶液 この中で知っているものだけでいいんで教えてください!

  • 酸化還元反応の実験について

    酸化還元反応で、下の三つの内容について答えられず困っています。 (1)ヨウ化カリウム水溶液に塩化鉄(II)水溶液を少しずつ滴下してよく振って、さらに澱粉水溶液を加えた時の色の変化について (i)KIにFeCl3を加えたときの変化 (ii)澱粉を加えたときの変化 (2)ヨウ素のエタノール溶液に亜鉛粉末を加えて十分に振り、しばらく放置した後の上澄み液の色の変化 (3)ヨウ素I2,Fe3+,Zn2+,過酸化水素H2O2,過マンガン酸カリウムKMnO4を酸化力の強い順に並べてみたらどうなりますか?

  • 酸化還元反応にについて

    塩化スズ水溶液と過マンガン酸カリウムの反応で黒い色の沈殿は出ますか? 出るならば正体は何ですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

(2)について 3つの段階があります。各段階での色はどのようになっていましたか。 (イ)混合前の溶液の色、KI水溶液(  )、FeCl3水溶液(  ) (ロ)2つの水溶液を混合した後の色(  ) (ハ)デンプン水溶液を加えた後の色(  ) (ロ)水溶液の色は混合によって何か新しい物質が生じたということが分かるようなものでしたか。 はじめに使った溶液の濃度、量によって色のイメージはかなり変わります。 (イ)KI水溶液 無色、FeCl3水溶液 黄褐色 (ロ)では 2I^(-)+2Fe^(3+)→I2+2Fe^(2+) の反応が起こります。 生じたFe^(2+)の色は薄い青緑です。Fe^(3+)があるところにできてもほとんど分かりません。 I2は濃い紫色の固体です。水に溶けると褐色の水溶液になります。水にはあまり溶けませんので大部分は固体として沈澱します。黒い沈澱が見えればI2です。I^(-)が十分に残っているとI2はI^(-)とくっついて溶けます(教科書にはI3^(-)ができていると書かれています)。この時の色は濃い紅茶のような色です。 どのような色が見えるかは、生じたI2と残っているI^(-)の量の兼ね合いになります。これにFeCl3水溶液の色が混ざってきます。各班で試薬の加え方が違うと色がばらばらになるという可能性もあります。何ができたかの判定が難しくなります。 (ハ)デンプンを加えたのは小学校でもよくやるヨー素デンプン反応です。 I2の存在を調べる敏感な反応です。濃い青紫色になりますから色の系統が異なります。I2が生じた事がよく分かります。各班の条件の違いに影響されない色の変化が観られることになります。 (I2水溶液、I3^(-)水溶液のどちらでも反応します。かすかに色が分かるという程度の濃度でもデンプンを加えると青っぽく変色します。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸化還元反応の実験について教えてください!

    学校で、以下のような実験を行いました。 過マンガン酸カリウム水溶液を5.0ml試験管に量り取り、これに希硫酸を数滴加える。 そこに5.0mlのヨウ化カリウム水溶液を少しずつ加え、変化をみる。 さらにデンプン水溶液を3~4滴加える。 別にヨウ化カリウム水溶液を10.0ml試験管に量り取り、デンプン水溶液を3~4滴加えて比較する。 この実験において、どの物質がデンプン水溶液と反応したのかを教えてください。 ヨウ素デンプン反応がどういう反応なのか知らないので、その部分を詳しく説明していただけるとありがたいです。

  • 酸化還元反応の問題です

    どこかの入試問題なのですが、解説がなく、困っております。 シュウ酸二水和物6.3[g]を純水に溶かして1[L]のシュウ酸水溶液に調整した。この水溶液10[mL]をコニカルビーカーに入れて希硫酸を少量加えた。これに過マンガン酸カリウム水溶液を20[mL]入れたら初めて溶液の色が消えなくなった。 このとき過マンガン酸カリウムの濃度は? 私はx[mol/L]として酸化還元反応の式からモル比を シュウ酸:過マンガン酸カリウム=5:2 として計算したのですが、答えが合いません。 そもそも最初の6.3[g]の部分がよく分からないのです。 そしてもうひとつ、希硫酸を加える理由が分かりません。 確かに教科書にはこの場合の過マンガン酸カリウムの酸化剤としての式は酸性の条件下ということでしたが(そもそもこの考え方は合っていますか?)、もし希硫酸を入れないでおくとどうなるのでしょうか。また、希硫酸ではなく希塩酸ではだめなのでしょうか。 よろしく御願い致します。

  • 酸化還元反応

    こんにちは。酸化還元反応の問題でいくつか疑問があります。問題文を簡単に書くと次のような感じです。シュウ酸標準水溶液に適当量の硫酸を加えて酸性にした後、60度前後にあたため、過マンガン酸カリウム水溶液を滴下する。以下質問です↓↓↓ (1)硫酸を加える理由を教えてください (2)過マンガン酸カリウム水溶液にシュウ酸水溶液を加えてもおなじことですか。 よろしくお願いします。

  • 酸化還元反応式

    酸化還元反応式で始めに酸化剤や還元剤の反応を書く際、なぜKがついた物質は水溶液中での働きのときにK+を除いて書くのでしょうか? 例えば、過マンガン酸カリウムは何故MnO4-というふうになるのかということです。

  • 酸化還元反応について

    酸化還元反応についての質問です 過マンガン酸カリウムの濃度は0.0200モルで16.1mlで終点に達し、オキシドールは10.0mlでした。オキシドールに含まれる過酸化水素のパーセント濃度を求めるにはどうしたら良いのでしょうか。 また、オキシドールの密度を1.00g/mlとして、前文で求めたモル濃度を質量パーセント濃度に直すにはどうしたら良いのでしょうか。教えてください。 実験は、 ・オキシドールを10ml取り、希硫酸を加え酸性にする ・ビュレットで0.0200mol/lの過マンガン酸カリウム水溶液を滴下する ・反応の終点まで慎重に滴下する という手順です。

  • 酸化還元反応式のつくりかたで…

    わからないところがあります。 例えば過マンガン酸カリウムの硫酸酸性水溶液と過酸化水素の水溶液の酸化還元反応式があったとします。 これは MnO4-→Mn2+とH2O2→O2 という変化するところだけ覚えればよく、それでイオン反応式までは書けることはわかっているつもりで、出来るつもりです。 しかし、その先のK+.H+.SO42-を加えて整理するというところがわかりません。なぜこれを加えるのか?一体どのくらいくわえるのか?どこに加えるのか? これは暗記する事なのでしょうか?それともやり方や理由があるのでしょうか?教えてください

  • 頼みます!!  助けてください。 酸化還元反応

    ~酸化還元反応~ 1、Fe2+の適量 硫酸鉄(II)水溶液25.0mLを硫酸酸性にしたのち、0.020mol/L 過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、次の反応が起こり、20.0mLを加えたとき終点に達した。 MnO4- + 8H+ + ( a ) → Mn2+ + 4H2O ・・・(1) Fe2+ → ( b ) + ( c ) ・・・(2) (1) 上式の( )を埋めよ。 (2) 硫酸鉄(II)と過マンガン酸カリウム反応を、イオン反応式で表せ。 (3) 硫酸鉄(II)水溶液の濃度は何mol/Lか。 2、H2O2 水の濃度 ある過酸化水素水を 〔20倍にうすめた〕a のち、 〔10.0mLをとり〕b、 硫酸を加えて賛成にしてから3.16g/Lの過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、9.12mLで反応が完結した。 (1) 過酸化水素の行う反応をe-を含む式で表せ。 (2) 過マンガン酸カリウムの行う反応をe-を含む式で表せ。 (3) この滴定反応で参加数が変化する元素(原子)を挙げ、参加数の変化を記せ。 (4) 〔 〕 a b の操作に用いる器具の名称を記せ。 (5) 滴定の終点は溶液が何色を呈するときか。 (6) 滴定用いたかマンガン酸カリウム水溶液の濃度は何mol/Lか。 (7) うすめる前の過酸化水素水の濃度は何mol/Lか。 3、希硝酸の反応 (1) 希硝酸の酸化作用を表す次の式の( )を埋めて反応式を完成せよ。 HNO3 + ( )H+ +( )e- → ( )H2O + ( ) (2) 銅と希硝酸の反応の化学反応式を記せ。 (3) (2)で、酸化剤としては働いている硝酸は、銅1molあたり何molか。 4、酸化剤と還元剤 次の文の( a ) ~ ( h ) なごく、化学式、数値を入れよ。 過酸化水素水に硫酸酸性の過マンガン酸カリウム水溶液を加えると ( a ) の泡が 発生する。この反応で、過酸化水素は ( b ) 剤としてはたりている。 過酸化水素水に二酸化硫黄を通じると、次のように反応する。 H2O + SO2 → ( c ) このとき硫黄の酸化数は ( d ) から ( e ) に変化しており、過酸化水素は ( f ) 剤、二酸化硫黄は ( g ) 剤である。 また、硫化水素水に二酸化硫黄を通じると ( h ) が生じては砕くするが、この反応 は次式で表される。 2H2S + SO2 → ( i ) + ( j ) この場合、硫化水素の硫黄の酸化数は ( k ) から ( l ) に変化しており、硫化水 素は ( m )剤、二酸化硫黄は ( n ) 剤である。 よろしくお願いします。

  • 化学I 酸化還元反応式???

    化学Iのレポートについて質問です。急いでます! 0.010mol/Lシュウ酸水溶液10.0mLを三角フラスコにはかり取り、 少量の希硫酸を加えて酸性にした。これを約70℃に温めた後、 濃度不明の過マンガン酸カリウム水溶液を加えて反応させたら、 12.5mL加えたところで終点に達した。 (1)この滴定で起こった反応を、イオン反応式で表せ。 (2)この滴定の終点では、溶液の色は何色から何色に変化したか。 (3)過マンガン酸カリウム水溶液の濃度は何mol/Lか。[答:3.2×10-3mol/L] 以上のような問題なのです。 (1)~(2)は勿論の事ですが (3)については、答えは書いてあったのですが、式が分かりません。 式と答、あと出来ればどうしてそうなるのかという説明があると嬉しいです。 根本的に分からないので・・・本当によろしくお願いします!

  • 酸化還元反応か?

    よく問題文中に酸化剤(還元剤)、酸(塩基)と反応させるとありますが、その時点で酸化還元反応なんですか?それとなんで過マンガン酸カリウムはよく酸化剤として出題されますが、それは単に強力酸化剤だからなんですか?

  • 酸化還元反応

    高校化学の質問です。 酸化還元反応式 硫酸酸性過マンガン酸カリウムと過酸化水素の反応です。 Mno4(-1)+8H(+)+5e(-)→Mn(2+)+4H2O…(1) H2O2→2H(+)+O2+2e(-)…(2) ()の中のものはイオン化係数を表しています。 このとき、イオン反応式を作ると、電子の数の関係から(1)×2+(2)×5をして計算をするので、過マンガン酸カリウム2molと過酸化水素5molが反応をすると書かれています。 ところが、『0,02mol/l過マンガン酸カリウム溶液30mlとちょうど反応する0,15mol/lの過酸化水素は何mlか?』 という問題の回答には 0,02×30/1000(mol)×5=0,15×α/1000(mol)×2より α=10mlとなっています。 しかし、この関係式を見る限り、私にはどうしても、過マンガン酸カリウム5molと過酸化水素2molが反応している式にしか見えないのです。 なぜこのような比率をかけたのでしょうか? 長文失礼しました。どうぞ宜しくお願いします。