• 締切済み
  • 困ってます

キリスト教徒の日本人に、天皇はどんな存在ですか?

神道を信奉する家系の方はいわずもがな 仏教徒の方の場合も多くは、神道的考え方を認めていると思われます 流石に、現人神とは思ってないでしょうが、神道の神も受け入れる方が多く、天皇は最高神官である位には認識しているかと思います 日本人としての象徴的存在という意識も十分あると思います それは憲法の条文にあるような薄っぺらい「シンボル」ではなく、もう少し深いものだと思ってます そこで疑問なのが、キリスト教徒・イスラム教徒・ユダヤ教徒など一神教絶対神の信徒の方です かれらは、神仏混交のような曖昧さは許さないと思います その方達から見て、天皇とはどういう存在なのでしょうか??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1634
  • ありがとう数9

みんなの回答

  • 回答No.8

こんにちは失礼致します。私は普通の主婦です。私はイエス様が大好きで信じ、ミッションの教育が好きで明治よりの教会に通っております。またキリスト教会の方々が本当にお優しく素敵で大好きです。また、私は生まれも育ちも今回の震災被災地で震災後故郷に帰りましたが、天皇陛下神道のお陰様で私達日本の人々は辛い悲しみの中気品よく、自分より周りを思いやる姿や感謝を自然に致しますのは、世界で最も長い歴史の天皇陛下、そして天皇陛下は日本アジア世界の平和をお祈り下さる神主さんの最高のお方。キリスト教カトリックの法王のようなお方。私は神社系の名字で歴史ある神社の氏子ですが、神道は神様の道ですので、宗教とはまた違う生きる素晴らしい道、素晴らしい神の教えです。幾度の苦難にも感情的にならず、冷静気品を持つ日本の人々の姿は天皇皇后両陛下が自分の事よりも国民を愛され救おうと毎日お祈り下さるお姿。私は在日の韓国の素敵な方々とお友達ですが、日本文化を愛しとてもお優しい方々。その方々が国などの問題で住みづらくなりませんよう、心地よく日本で仲良く過ごせます事を思っています。また日本の神道はユダヤの方々と心通じる美しい精神性があるそうで、日本の(決して弱肉強食や物質主義ではない)全ての平和を願う精神性などを理解して下さる方々がいて下さり嬉しく感謝の思いです。聖書の素晴らしい信仰心のノアの方舟は日本神道の御神輿に似ているなど、素晴らしい精神性を持つ方々が世界にもおられることに感激感謝しております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • キリスト教徒などに聞いてみたいこと。

    一度違う場で質問した内容なのですが、興味深かったので回答者にお礼と質問のできるこの場をお借りします。 キリスト教徒の方々は当然神の存在を信じているかと思います。 その神の天地創造の話に恐竜って出てきませんよね? でもキリスト教徒の方たちが信奉している聖書に反する恐竜の存在に対する抗議とかって聞いたことがありません。 キリスト教徒の大半の方って恐竜とか人間が出てくる前の時代をどのように捉えているのでしょう? 恐竜がいたという方が嘘になるのでしょうか?恐竜の存在は信じないとか… それとも、聖書に載っているアダムとイブなどが虚構の話と思ってるのでしょうか? またもし、神の天地創造をフィクションだと捉えているのであればそれは教徒として許されるのでしょうか? 確か、主って自分のことを疑ったり否定した教徒を許しませんよね? ということは、恐竜が嘘と考えてる? う~ん、考えれば考えるほど謎です。 冗長な文となってしまいましたが、よかったら宗教に疎い私にお教えください。キリスト、ユダヤ、イスラム教の方たちでなく一般考えでも全然お聞きしたいのでよろしくお願いします。  神学という分野の質問らしいのですけどそのカテゴリがなかったので、社会に置きました。分野別でしたらゴメンなさいm(__)m

  • 貴方にとって神とは何処のどの様な存在ですか?

    皆さんに質問です。クリスチャンの方、仏教徒の方、無宗教の方に限らず 皆さんに質問です。 貴方にとって神とは何処に存在するどんな存在ですか? 例えば宇宙にいる真理とか、そばに寄り添う優しい存在とか 簡単でいいので教えて下さい。 私は「神」の興味があります。よろしくお願いします。

  • 一神教と多神教は平和共存できるでしょうか。

    世界を見渡せば、啓示・啓典の民(ユダヤ・イスラム・キリスト教徒)における神(一神教の神)と、神道や仏教(多神教)における神仏とが対立しているように思われます。 これらはどうしたら平和共存できるでしょうか。

  • 回答No.7

天皇をめぐる誤解や短慮の多くは、 近代的な価値観で天皇を説明しようとする為に生じています。 そんな理屈では、天皇の謎は解けません。 宗教から解こうとしても、難しいでしょう。 古事記をどう解釈するか、特に、神話時代の伝承についてどう解釈するか、 戦前は、これを天皇の神格化に利用し、戦後は、絵空事として無視してきました。 縄文時代について学べば、学ぶほど、「縄文の心と魂」は、 古事記の物語の中に、 そして天皇の御心の中に、 脈々と活き続けていると思えてきます。 天皇は、縄文と弥生の結び目に位置する存在。 そう考えながら、古事記を読み解くと、新しい解釈ができます。 奈良盆地における縄文時代の末期に、開拓者として入り、 周囲の縄文人達と協力関係を築きながら、 水田稲作を広めた中心人物が、初代天皇とされる神武天皇だったのでは。 縄文の心と魂を、水田稲作の技術や文化に融合させることに成功したからこそ、 水田稲作の適地にも非適地にも影響力を広げていけたものと推察します。 縄文と弥生の結び目に位置するからこそ、 天皇は、古代から広範な部族に支持を広げることが可能だったに違いなく、 現代においても、国民統合の象徴に最も相応しいと考えます。 だから天皇は、一見、庶民から最も遠そうな存在でありながらも、 逆に、庶民の心に最も近く、 庶民の心の奥底にも鎮座している「縄文の心と魂」に寄り添っていらっしゃる。 東日本大震災の被災者を見舞うお姿にも見られるように、 誰よりも、庶民の心に寄り添う事がおできになる。 人類史の中でも、奇跡的な存在でいらっしゃると思います。 <参考URL> 縄文の心と魂 http://web01.joetsu.ne.jp/~dimen/page047.html 古事記の解釈・編纂方針と背景 http://web01.joetsu.ne.jp/~dimen/page048.html 古事記の解釈・神代 http://web01.joetsu.ne.jp/~dimen/page049.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

私は無神論者ですが、知り合いのクリスチャンには天皇さえいなければ偶像礼拝がなくなるし、税金無駄使いもなくなると言っている人がいます。でも私は、こちらのサイトを見る限り、天皇陛下という存在は日本に必要だと思います。

参考URL:
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/tennouheika.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

天皇に匹敵する外交官はいません 世界の王家で「皇帝」は特別な存在で、エリザベス女王でさえ、上座を譲ります オバマやプーチンでさえも自然に腰を折って敬意を表します 世界最古の皇帝だから。そして最上級の紳士だから 首相や外相では得られない、友好親善効果が相手国を魅了します 天皇と会ってもふてぶてしく、ふんぞり返っているのは、中国人くらいです

  • 回答No.5
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

WGアストンの「神道」などを見ても、神道は 宗教的には劣っている、と思っているようですね。 彼らにしてみれば、キリスト教こそ唯一の宗教なんですから 神道みたいな多神教は、未開社会の宗教としか 思えないんじゃないでしょうか。 文科省の調査では、日本における神道の信者は1億1千万人 だそうです。仏教は9000万。 神道てのは、キリスト教のような宗教と異なり、 信者にその自覚が無くても、入信の儀式がなくても 信者になってしまう宗教なんです。 先祖を思い、自然を尊び、山河を愛していれば それでもう神道の信者になるのです。 だから、日本人の多くも、神道の信者、という意識は 持っていないでしょう。 それでも、日本人のほとんどは神道の信者なのですね。 神道にいう神ですが、これは山や河、特別な人・・ 何でも神になれるのです。 鉄工所には鉄の神様がいるのです。 天皇は本来、神主らしいのですが、こういう意味で 神、といっても間違いではないでしょう。 徳川家康も、乃木大将も、豊臣秀吉も、みな神に なりました。 これに対して、キリスト教の神は、全能の創造主です。 ユダヤ教は、ユダヤ人の為の神さまでしたが、 キリスト教は、全人類の神ですから、他の神は異端であり 悪魔です。 だから、ネイテブアメリカンを虐殺し土地を奪っても それは正しいことになってしまうのです。 天皇が侵略云々という人がいますが、そもそも侵略を 始めたのは、キリスト教文明国だったんですけどね、 それを忘れているんでしょうか。 侵略に、正当性を与えたのがキリスト教ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本題ではありませんが、関連する優れたご意見ですね 一神教は、その信徒が唯一の正当性を持ちます。 よって自分達の理念が絶対となりますし、その信徒に共通の教義、戒律、宗教理念を形成することができ、それらを強制・要求する事が多くなります 故に教義、戒律、宗教理念の違いが明確になり、宗派が明確に存在するようになります 多神教は、多くの場合妥協の産物。 征服民・支配民・同化民の信奉する神を取り込んで形成される場合が多く、相手民族にも一定の尊厳を認めるものです 主体は元々複数居ますので、神ごとの教義・戒律があれば、矛盾を生み概念が対立・乖離します その為、教義・戒律が曖昧になりやすく、日本のようにほぼ存在しなくなったりします 従って、教義・戒律の拘束力は弱くなります 典型例がギリシアやローマの神話で征服民の神を取り込んでいきます 大陸では敗れた民族は多くの場合滅ぼされますが、日本では縄文人と弥生人、後には渡来人が共存します。 遺伝子研究で、縄文人25%、弥生人75%と言う結果。追われた傾向はありますが 滅ぼされていない これが「和」の精神の元と言われてます 仏教などは変則一神教で同時に変則多神教のハイブリッド。殆どの神格を仏陀の化身としますので、統一教義・戒律が生まれ、宗派か生まれる 神道は不思議な宗教で、戦前宗教の上位の概念で、他の宗教と同一でないと(宗教にあらず)としたのは、日本において、ある意味正鵠を射た性格表現であったと思います。

  • 回答No.4

普通に象徴というのかな。そんな感じ 牧師の中にも国歌や国旗を否定する人もいるけど 日本がやった行動を否定は出来ないし、過去のこと言っても なんにもならない。 崇拝はないと思いますよ。尊敬してるぐらいでいいのかな・・・ まあ日常的に天皇を考えると言う国民はいないように クリスチャンも普通そんな感じかな・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、よく分かりました

  • 回答No.3
  • sotom
  • ベストアンサー率15% (698/4470)

全然関係ないですな。憲法上の象徴であって、それ以上でもそれ以下でもない。 第一、神道と一言で言っても、「仏教」という単語と同様に、様々な宗派があるでしょう。 その全てが、国家神道に近いとは限りません。寧ろ、靖国系なんて、古来からある神道に 便乗しただけで、教義もへったくれもありません。 天皇が宗教上の神官であるならば、どんな神に祈りを捧げているのか。 宗教というのは、拝む対象が必ず存在します。例外はありません。 国のルーツをなぞるだけならば、それはただの神話であり、宗教ではありません。 質問者の言う「神道的考え方」こそが偏っているのでしょうね。 日本は、宗教面では未熟な国です。まあ、しかたがないのでしょうね。 天皇に宗教色を持たせる事自体が、現代ではナンセンスです。 天皇も一個人として、何らかの信仰を私的に持つのは構わないと思いますよ。 コストの横流しなどをしなければね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>>全然関係ないですな。憲法上の象徴であって、それ以上でもそれ以下でもない。 当然ですね。 >>第一、神道と一言で言っても、「仏教」という単語と同様に、様々な宗派があるでしょう。 神道に宗派??不可解な 神道系新興宗教、例えば天理教などはありますけど、多数派ではないですね 沢山の神がいるから、信奉する神・神社によって違いが出るはあるかもしれませんが、戒律も教義も無いので宗派も出来難いでしょうが..... 因みに日本の神社の大多数は、宗教法人神社本庁の傘下にあります >>その全てが、国家神道に近いとは限りません。 歴史から学習しなおすべきではないですか? いまどき国家神道なんてどこにあるんでしょうか? >>寧ろ、靖国系なんて、古来からある神道に便乗しただけで、教義もへったくれもありません。 あそこは特別でしょう。 元々東京招魂社といい、戦功のあった戦死者の霊だけを集めて名誉とした国家カルト神社の総本宮ですから その目的の為に明治に建立された、訳あり神社です >天皇が宗教上の神官であるならば、どんな神に祈りを捧げているのか。 天皇の宗教上の神官と言う身分は私的なもので、国・政府に関係はありません 対象は、最高神天照大神と八百万の神。常識でしょ >日本は、宗教面では未熟な国です。 貴方の知識が未熟だと思いますが >コストの横流しなどをしなければね。 個人的には、役にも立たない、朝鮮・中国へ利益供与ばかりしている、、民○党とか、小○よりは遥かに有益だと思ってますけど(笑) でも、今の天皇・皇太子は好きじゃないですよ

  • 回答No.2

うちも、仏教徒ですが天皇なんて信仰はしませんよ。 天皇も一般国民と変わらないべきであると思いますよ。天皇の仕事は、各国首脳や王室の接待だそうですが、そんなものは外務省の仕事だと思うのですがね。 キリスト教の方はもちろん、イエスキリストが信仰の対象なので、天皇はただの日本人としての印象では無いかと思います。 僕は高校生ですが、歴史の教科書で習う限り天皇は強権を持ちながら、太平洋戦争を避けなかった。むしろ、軍部に促されるがままに戦争という蛮行に走ったと感じています。 僕は、天皇に対しあまりいい気持ちは抱きません。他の子供達にも、天皇に対し特別な感情は無いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>うちも、仏教徒ですが天皇なんて信仰はしませんよ そういう人は稀でしょう ただ、神社に祀っている祭神は、天皇であることが多いのですけど >僕は高校生ですが、歴史の教科書で習う限り天皇は強権を持ちながら、太平洋戦争を避けなかった。む>しろ、軍部に促されるがままに戦争という蛮行に走ったと感じています。 お勉強が足りないようで(笑)

  • 回答No.1

知り合いに神道計の神社の神主さんや、お寺の住職さんもキリスト教の人もいます 全員が昭和天皇なくなったときにいってましたが、天皇は唯の税金泥棒のおっさんとかの意識しかないようです 今時の日本に天皇が日本の象徴とか思っている人は戦前生まれの年寄りぐらいでしょうね うちの100歳を超える祖母でもただのおっさん程度としか思ってないぐらいなので、それも極少数なんでしょうね 国会議員も国会とか公の場では象徴とかいっていますが、先日の民主議員の天皇の暴言から見ても口だけでしょうね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

天皇制維持派が現在のところ多数であるのは周知の事実です 理由は様々でしょうが、国家元首であり、権威の象徴であり、皇室外交の価値を認めているからでしょう 首相に権威を求めても、今の日本では無理な話ですからねぇ 新年一般参賀の参加者数を見ても平成3年から現在に至るまでほぼ数は変わっていません >>民主議員の天皇の暴言から見ても口だけでしょうね 秋篠宮殿下ご夫妻に対するもので天皇に対するものではありません 新聞見た事があるんでしょうか? 問題の議員は、社会党議員の家系で、民社党から初当選を果たした左寄り志向の議員です 左翼の天皇制反対は常識でしょう まして、暴言・舌禍・公費流用疑惑など、話題に事欠かない人物ですが

関連するQ&A

  • (キリスト教徒の方へ)神を祈る際に心にどんな映像を描くのか

    街を歩いているとよくモルモン教徒に勧誘に遭います。彼らは「神様を祈ると私達は幸せになります」というので「どんな人物像ですか」と尋ねたら「姿や形ではないのです。神様に祈ると私達は実感しているのです」と言いました。確かに辛くて何かに祈る際は、その祈りの対象を映像化しないでひたすら"何か"に祈るのかもしれません。これが日本人の感覚でしょうか。 でも、仏教であれば仏様を思い浮かべるかもしれませんし、神道を崇拝するならば天皇を思い浮かべるかもしれません。キリスト教の場合は映像化した像を拝まないものなのでしょうか。イスラム教徒の言う偶像と似ているのでしょうか。キリスト教の場合はマリア像だったりイエスだったりすると思いますが…神を心の中で映像化して祈るということはしないのでしょうか。イエスに祈るのでしょうかマリアに祈るのでしょうか神に祈るのでしょうか。イエスと神に祈る時間の比率はどれくらいでしょうか。 疑問ばかりでうまくまとまりませんでした、申し訳御座いません。何かヒントを下さい。

  • 火葬することの意味を昔の人はどのように考えていたと思いますか。

    火葬することの意味を昔の人はどのように考えていたと思いますか。 (1)仏教徒も含めて、近世までの主流は火葬よりも棺桶を使った土葬であった。 (過去には風葬もあったと思います。) (2)遺体という大量の水分を含んだ物質を焼骨に変えるには、大量の薪と、効率よく焼くための技術が求められる。そのため、火葬は費用がかかる葬儀様式であった。 (3)日本で最初に火葬された人は僧道昭(700年)。また天皇で最初に火葬されたのは持統天皇(702年) (4)火葬の行われた痕跡のある古墳がある。 (5)仏教では仏陀の故事にちなんで火葬が尊ばれた。 (6)神道家の一部には火葬を仏教徒の残虐な葬儀法として禁忌する。 (7)明治政府は明治6年に神仏分離令に関連して火葬禁止令を布告したが衛生面の理由・仏教徒の反発などから明治8年には禁止令を廃止した。 以上ウィキペディアより。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E8%91%AC 魂の入れ物である肉体を残しておかないと復活できないというような考え方もあったようで 僧侶の中には即身成仏した人もいたようです。 また神道では火葬は忌むべきもの、仏教では火葬が尊ばれていたようです。 明治まで神仏習合されていた日本人は火葬をどのように考えていたと思われますか。 時代によっても異なるでしょうか。 (そうであれば時代別に回答いただければありがたいです。)

  • 現人神と靖国神社について

    靖国神社についての本読んでいたら 「戦時中の天皇は現人神(人間の姿をした神)とされていた」と書いてありましたが本当に当時の国民はそれを信じていたのでしょうか??それほど国民にとって天皇は絶対だったのでしょうか...。 もう一つは「靖国神社は神道だから遺骨はあずからない。霊のみである。」とありましたが。霊はどうのように祀られたのでしょうか?? 当時の人に聞いた方がいいような質問なんですけどだれか意見を下さい。お願いします。

  • 死んだ人間を神に格上げする、靖国の思想

    死んだ人を仏と言いますが、仏は神様ではないし、一神教では到底、死んだ人間を神にはしません。 靖国では戦士した軍人軍属を軍神として祀っていますが、死んだ人間を柱という神の単位で数えるなど、死んだ人間を神とする思想は、神道の思想なのでしょうか。靖国独自の思想ですか。戦前は天皇が神様だったので、死んでも神として祀られることは無かったと思いますが。多神教ゆえですか。

  • 1神教の社会ではどういう表現するのでしょうか?

    例えば日本ではサッカーの神様、野球の神様、○○の神様、などという表現をしますよね。 神道には八百万の神がいて、人間がいつの間にか神と崇め奉られてますからあまり違和感を感じません。 しかし一神教であれば神が他に存在しようがありませんからそのような表現はしないのだろうか?と思いました。どのように表現されるのでしょうか。

  • 神道で誰かが神とみなされる裏付けは何なのでしょう。

     この夏は、靖国問題などが、ずいぶんマスコミなどで語られました。そういった問題の議論に触れて疑問に思ったのが、「神道で誰かが神とみなされる裏付けは何なのか」、ということです。人が死んでも、みな神様として祭ってもらえるのではないですよね?(それとも神道では、死んだ人はみな神様で、それを祭る神社があるかないかだけが違うのでしょうか)。  靖国神社に祭られている英霊は神様なのですが、誰が神様であると決めた、あるいは権威付けしたのでしょう。天皇陛下なのでしょうか。それとも、国会でしょうか?厚生省?神社の神官さん? どういう根拠で彼らは神になったのでしょう。  同じようなことは、徳川家康・豊臣秀吉・菅原道真などにもいえると思うのですが・・・。  どなたか教えていただければ幸いです。

  • 神道の神観について

    誠実な質問のつもりです。 よろしくお願いします。 私はクリスチャンですが、自分が知らないものを軽率に否定するつもりはなく、神道を頭ごなしに否定するつもりは全くありません。 ただ、ふと素朴に思った疑問なのですが、キリスト教の神は力ある神、人格を持った神として信じられています。 そうした観念の中、フと神道の八百万の神観が解っていない事に気づきました。 例えば神道では水や風、雷や木、花等々あらゆるものを神と捉えていると理解しています(が間違いありませんでしょうか)が、そうだとした場合、人間が工業廃水などで汚染した水や空気等が自浄作用及ばずどんどん汚染されて行く現状は神道的にはどういう理解になるのでしょう。 キリスト教の絶対神が所謂「天之御中主の神」と同じ様な絶対神であって、水や風など他の存在としての神との間には等級の差異があり、言葉が良くありませんが「低級神」として捉え、これらはその低級の故に力及ばず汚染されて行く。のような考え方になるのでしょうか。 と言うのは仮にも「神」と名がついている存在が人間の世話にならないとやって行けないというのはクリスチャン的には理解し難いのです。 真面目な質問のつもりなので、どうかお怒りにならずお応え頂けます様お願い申し上げます。

  • 江戸時代の農民が神道?神主??

     私の家はある田舎で明治時代から先々代まで「弔い神主」という葬式専門の神官をしていました。神道は江戸時代には許されていなかったので、なるほどそうかな、と思っていたのですが、最近、近隣の集落で「私の家では江戸時代から神主をしていた」という人と話をしました。  その人が見せてくれた江戸時代の書き物には神主とか禰宜とかの文字が書いてありその下に書いてある名前が先祖だと言っていました。また、神主の免許状みたいなものも見せてくれました。そこで疑問が生まれたのですが、 1 江戸時代には全国民が仏教徒だったと思っていたのですが、農民に神道が許されていたのでしょうか? 2 もし、神道が許されていたなら、神主や禰宜はどんな制度のもとで許可されていたんでしょうか? 

  • 一神教の敬虔な信者は自分の宗教を客観視できるのでしょうか?

    だいたいの日本人は、正月は神社に行き、お盆は墓参り、結婚式は神社か教会を自由にチョイス、クリスマスを楽しんで、葬式はお寺さんに頼みますよね。 こういうことが成り立ってしまうのは、八百万の神様の存在が影響していて、 平たく言えば、一神教のキリストやアッラー、ブッタも、日本で言う海の神様や山の神様、天狗、弘法大師、菅原道真、昔の天皇と同じ八百万の神の一つ、もしくは人間が作り出した象徴で、万国共通の全知全能の神がいると無意識ながら解釈しているのかなーなんて思います。 神社だろうが、お寺だろうが、教会だろうが、同じ神様なんだし♪みたいな感じで。 一神教のを信仰している人たちは、他の宗教の神様のことをどう思っているんでしょうか? やっぱり「あんなの神じゃないし」って思うのでしょうか?特に敬虔な信者の場合とか。 それぞれの宗教的にはやはり認めてはいけないという決まりがあるんでしょうか? また、一神教の敬虔な信者が日本人が自分達の神様を八百万の神様の一部として、あるいは同じように扱っていることを知ったらどんなふうに思うのでしょうか? 怒りますか?あるいはちょっとでも信仰してくれてありがとうという感じでしょうか? 宗教の知識はありませんが、なんとなく気になりました。

  • 「普通名詞としての神」に祈ること

    私は、カトリックの信者ですが、仏教や神道をはじめ他宗教にも深い共感を持ち、家には祖父母の位牌を収めた仏壇と父のためのカトリックの祭壇を置き、毎朝晩全部に手を合わせています。 又、「特定の宗教の神」ではなく、「普通名詞としての神」に対して信仰深かった祖母の影響もあり、私も「神」というものを、「特定宗教の神」としてではなく、全ての宗教に共通した超越的存在であるという見方をしており、カトリックであることは、単に便宜的なアクセスの方法としてしか考えていません。 日本人が、本当は一般的な意味での(つまり普通名詞としての)神仏や大自然や先祖などに対して畏敬の念~ある意味での「宗教心」~を持っているにも関わらず、一方では特定宗教に入信することに対して強いアレルギーを持っているのと、相通じるものがあると思います。 残念ながら、私たちが「神」にアクセスするためには、通常はいずれかの宗教を介してのみ可能だと思いますが、あなたは、以上私が説明したような「特定宗教の神」ではない「普通名詞としての神」に祈ることに対して、どのように思われますか?又、もし、そのようなことが可能なら、それはどのような方法ですか?