-PR-
解決済み

ヒナ草について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.62725
  • 閲覧数1499
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 94% (160/170)

とあるところで「ヒナ草」を見てあまりのかわいさに一目ぼれを
してしまいました.ご存知の方がいらしたら「ヒナ草」についていろいろと
教えてください.それと、出来れば私も育ててみたいのですが育て方についても教えてください.
ちなみに一目ぼれしたのは盆栽仕立て(?)で直径20cmくらいの鉢に植えられて
おり、100以上の花がびっしりと同じ丈で咲いていました.
どうぞよろしくお願いします.
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

「ヒナ草」って何かな?
と興味をもち、ちょっと調べてきました。

ヒナ草 別名トキワナズナ/Houstonia
 北米原産のアカネ科の多年草で、草丈10cm程で4弁の淡青色と黄色の目がかわいい白の花を、4月から5月に平鉢いっぱいに盛り上がり咲かせてくれます。小型で場所も取らず、日当たりさえ良ければほとんど放任でも良く咲いてくれます。小鉢のものが出まわっていますが、平鉢つくりや、ロックガーデン向きといえます。プランターに石を配し、ミニロックガーデンをつくると意外な面白みがでます。
 母株の入手は、春の展示即売会や、ガーデンセンター等の山野草コーナーで容易に求められますが、たいがいは大変貧弱で見落としてしまうのが普通です。
 満開が過ぎたら地上1cmくらいのところから刈り取り、日向で管理すると3週間ほどで株元から新芽が発生してきます。これを2~3本ずつに分け、3cm間隔に鉢いっぱいに植え付けます。植込用土は、市販の山野草の土か、鹿沼土小粒、軽石砂小粒の等量混合を用います。
 管理は周年日当たり通風の良い棚上とし、肥料は液肥を月2回晩秋まで施してやると、一面に茂りマットを形成します。真冬もそのまま棚上とします。
 開花後は、放任しますと過繁茂となり、高温多湿に弱く、真夏は株腐れが発生しますので、毎年株分け植えかえをし、日当たり通風のよい場所で〆て作るのがコツです。

だそうです。
http://www.i-kyosai.or.jp/05_etc/01_etc.html 「あいきょうさい」「ゆうゆうらんど」より)

初めて見たけど、本当に可愛いですね!
頑張って、育てて下さいね。
お礼コメント
niniro

お礼率 94% (160/170)

丁寧なご回答ありがとうございました.別名「トキワナズナ」と知っただけでも
大収穫でした. その後私も一鉢買い求めました.yayupuu3の回答を参考にして
鉢いっぱいに増やそうと思っています.本当にありがとうございました.
投稿日時 - 2001-04-25 21:53:27
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ