• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

民法の瑕疵担保責任について教えてください。

民法の瑕疵担保責任について教えてください。   売主がその瑕疵を知りながら買主に伝えなかったが、買主がその瑕疵について悪意だった場合 結果がどうなるのか、調べてたのですが、答えが見つけられなくて・・・ どなたかご教授いただけたら助かります。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4542
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

売買契約の瑕疵担保の成立要件は、  (1)売買の目的物に瑕疵があること(570条)  (2)瑕疵が隠れたものであること(570条)  (3)買主が瑕疵を知らないこと(566条1項)  (4)競売によるものでないこと(570条) となっています。 従って、売主に瑕疵担保責任は発生せず、買主は代金の減額や契約解除、損害賠償の請求はできません。 なお、権利の瑕疵については、買主が瑕疵を知っていた(買主の悪意)ときは 「全部他人の権利」のものを売った場合は、契約解除は可能。代金減額・損害賠償請求は不可。(561条) 「一部他人の権利」のものを売った場合は、代金減額請求は可能。契約解除・損害賠償請求は不可。(563条) 「数量不足、一部滅失」のものを売った場合は、契約解除、代金減額・損害賠償請求いずれも不可。(565条) 「用益的権利」のあるものを売った場合は、契約解除、代金減額・損害賠償請求いずれも不可。(566条) 「担保的権利」のあるものを売った場合は、代金減額請求は不可。先取特権又は抵当権の実行によって買主が所有権を失った場合には契約解除が可能。所有権を失った場合や出捐して所有権を保存した場合には損害賠償請求も可能。(567条)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご解答ありがとうございます。 瑕疵担保責任では、買主が悪意の時は、原則、売主には瑕疵担保責任は発生しないが、 「全部他人の権利」のものを売った場合」、「一部他人の権利」のものを売った場合」、 「「数量不足、一部滅失」のものを売った場合」、「「用益的権利」のあるものを売った場合」、 「「担保的権利」のあるものを売った場合」 は、条文により、例外があるという感じですね。 過去に勉強をしてたりしてても、しばらくするとすぐ頭から忘れてしまったりして・・・;; 本当に助かりました。 あと、「特約で、売主が瑕疵担保責任を負わないとしてても、売主が知りながら伝えなかった瑕疵については、 売主は瑕疵担保責任を負う。」 としているみたいですが、 この時も、買主が瑕疵を知っていたとしても、原則どおり、売主は瑕疵担保責任を負わない。で、あってますでしょうか? 自分勝手に質問してしまってばかりですが、こちらもご教授いただけると幸いです。 もしよければよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 瑕疵担保責任について

    下記の土地売買の瑕疵担保責任について教えてください。 1997年に購入した土地に最近家を建てようとしたら、地中からコンクリートの塊が出てきて、この撤去に相当な費用がかかるとのこと。 契約書には瑕疵の担保責任は負担しないと記載されている。なお事前に契約書案を渡してもらっており、契約の際にはその契約書を読み上げ説明もあった。 売主(土地の所有者)は不動産業者。ただし売買契約書に不動産業者である記載はない。 仲介業者は土地の所有者とは別の不動産業者がした。 1.売主の瑕疵担保責任の有無と、ある場合は その期間? 2.仲介業者の責任とその期間? なお、売主は知っていたかどうかわからないが、買主と仲介業者はその瑕疵を知らなかった。 3.買主のとるべき方法?

  • 機器の瑕疵担保責任期間は?

    >一定の期間使ったならその期間は「使用に耐えうる機器」を提供していたのですから返品を受ける理由はありません。との事ですが、瑕疵担保責任期間はどうなるのでしょうか?民法によると「責任を負う期間は引き渡しから2~3カ月が一般的 民法の原則では、買主が隠れた瑕疵を知ってから1年以内に申し出れば、売主は瑕疵担保責任を負わなければならないとしている。」とありますが、今回は1年の以内の故障です。

  • 不動産取引の瑕疵担保責任はどうなるのですか?

    自宅を売ることを決め、買い手が現れたところなのですが、心配事ができてしまいまい、皆さんに助けてもらいたいのです。 心配事というのは瑕疵担保責任です。通常1年の間に重大な欠陥等で買主から何か言われない限りは大丈夫だと思うのですが、例えば今の売主が買ったあとに他の第3者に1年以内に転売した場合、私の瑕疵担保責任はその第3者にまで及ぶのでしょうか?それとも転売した場合はたとえ買主と第3者でそのようなことが起ったとしても、私まで遡及して責任を問われることはないのでしょうか? それと、契約書で瑕疵担保責任を削除するという特約を付けることは有効ですか? よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

>買主が瑕疵を知っていたとしても、原則どおり、売主は瑕疵担保責任を負わない。で、あってますでしょうか? 瑕疵担保責任の意味を理解しましょう。「瑕疵担保責任」とは、先に回答した4つの要件を満たす場合にのみ成立します。買主が瑕疵を知っていたという時点で瑕疵担保責任は成立しません。 したがって、どのような特約が付されていようが、売主が瑕疵を知りながらそれを伝えていまいが、瑕疵担保責任そのものが成立していないのですから、当然売主は瑕疵担保責任を負いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の質問に対しても、お答えいただき、ありがとうございます。 ほんとうに助かりました!

関連するQ&A

  • 瑕疵担保責任について

    不特定物売買時に瑕疵担保責任を追求できる場合というのが、 債権者が瑕疵の存在を認識した上でこれを履行として認容した場合らしいですが、 契約締結時に目的物の瑕疵があることを買主が知っていたら 民法570条のいう「隠れた瑕疵」にはならないんじゃないでしょうか。 どなたかわかりやすい解説お願いします。

  • 瑕疵担保責任の特約の制限について

    「業者が自ら売主となり、買主が非業者であるとき、瑕疵担保責任に関し、民法の規定より買主に不利となる特約ができないが、唯一、瑕疵担保責任の行使期間について、『目的物を引渡した時から2年以上』とする特約だけが許される。従って、損害賠償の額を予定したとしても、宅地の引渡しの日から1年となる特約をすることはできない。」 質問 「担保責任の行使期間、『引き渡しから2年以上』」の意味を理解することができません。 「引き渡しから2年まで瑕疵担保責任を負う」なら理解できるのですが、、、。 引き渡してから2年間は瑕疵を見つけても追及はできないけれど、2年経ったら10年後でも追及できてしまうということは、いつまでも追及されてしまうイメージになります。 「瑕疵を見つけて1年以内」の責任追及期間と「引き渡しから2年以上」のほうが買主にとって不利というのが理解ができません。 宜しくお願いいたします。

  • 売主の瑕疵担保責任

     私は、父が残した土地を処分する為、建物を解体し更地にして、測量しました。  そのおかげかすぐ買主があらわれたので、売買契約を結びましたが、決済がまじかになって、買主から連絡があり、売買する土地に行くと、隣地の建物の屋根、雨樋が若干土地に越境しているとのことでした。  その為、買主さんと相談した結果、「決済日が2日後に迫っています。 契約上、その日に行わないといけないので、売主様の瑕疵担保責任で対処してほしい」と 言われました。  私は、売主としての責任としては、土地の埋設物撤去、測量などを果たしました。 隣地の建物の越境まで責任を負わないといけないのでしょうか? 売主の瑕疵担保責任になるのでしょうか?

  • 売主の瑕疵担保責任について

    売買契約における売主の瑕疵担保責任についての質問です。 缶ジュースの中に虫が入っていた場合、売主に責任はあるかという問いです。 法定責任説に立つとします。 ・缶ジュースは不特定物なので570条の瑕疵担保責任は問えない。 ・どんなに注意しても売主は缶の中の虫に気づく事はできない。 従って売主は無過失なので415条の債務不履行責任は問えない。 ・結論として、買主は返品・返金はできない。 という理解で正しいでしょうか? 実務上では代替品に換えてもらえると思いますが、あくまでも理論上の話しとしてお願いします。

  • 宅建業法の瑕疵担保責任について

    ご存知の方、お知らせ下さい! 新築マンションを購入して2年目となりますが、瑕疵担保責任を販売会社が負う期間が、法律によって違います。(民法、宅建業法、品確法) そのうち、宅建業法では、2年間と理解していたのですが、ある記述では売主が不動産業者などの宅建業者であった場合には、この瑕疵担保責任を負う期間を2年以内とすることはできないと定めており、売買契約書で2年以内と年限を区切ってあっても、たとえば3年目に瑕疵が発覚した場合、売主が不動産業者であれば、瑕疵担保責任を追及することが可能と書いてありました。 私が購入したマンションは、大手のAB工務店が販売しており、宅地建物取引業免許もあるようなので、2年以上でも瑕疵担保責任を追求できるのでしょうか?。 宜しく、お願い致します。

  • 瑕疵担保責任について

    瑕疵担保責任についてお聞きしたいのでよろしくお願い致します。 1宅建業者と宅建業者 2宅建業者と一般人 3一般人と一般人 の組み合わせの内、瑕疵担保責任を負わない契約が有効になるのはどの組み合わせですか? また、瑕疵担保責任は瑕疵を見つけてから1年以内に行使という規則があったと思うのですが、引渡しから何年後まで「瑕疵があった!」と訴えることができるのでしょうか? かなりの時間が経過した後、瑕疵を発見!と言われても売主がかわいそうな気もするのですが。。。 また、上記の期間も1.2.3.の組み合わせによって期間に変更があったりするのでしょうか? お忙しい中お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。

  • 売主の瑕疵担保責任で、売主が瑕疵につき悪意の場合

    売主の瑕疵担保責任の問題では、売主は無過失責任ということですが、さらに瑕疵について悪意で ある場合には、詐欺の問題となるのでしょうか?

  • 不特定多数に販売する売主の瑕疵担保責任

    知恵をお貸しください。 売主が不特定多数に売買している、無免許業者です。 宅建業者が仲介に入っています。 私は買主です。 売買契約は今月取り交わしました。 特約に瑕疵担保責任を全文削除されています。 契約を行うときに業者・売主の方から売主は不特定・多数人を相手にして、反復、継続して、自らが売主となって行う宅地・建物の 売買を行っている業者だから、瑕疵担保責任は2年間と聞かされました。 休みになったので、調べてみると無免許について行法に違反していると書かれているだけで、瑕疵担保責任についての記述がありませんでした。 そこで質問です。 上記の場合 1売主に瑕疵担保責任を負わすことができるのでしょうか?それともできないのでしょうか? 2その根拠を教えてください。

  • 瑕疵担保責任について

    瑕疵担保責任について教えてください。 築28年の中古物件の購入を検討しています。 A(前所有者:個人)から、B(現所有者:リフォーム業者)が 購入し、現在リフォーム中の物件を、不動産屋に 紹介されました。 瑕疵担保責任について聞いたところ、不動産屋から 「ない(免責)ですね」と言われたのですが、 やはり瑕疵担保責任免責になるのでしょうか? ご教授願います。

  • 民法上の瑕疵担保責任について

    飲食店の営繕を担当しております。 この度店舗の設備(天井ビルドイン型エアコン)において不具合が発生したのですが メンテナンス上不可欠な点検口が無く(設計段階から計画されておらず) 作業が出来ないとメンテナンス会社から指摘があり 新たに点検口の設置の為の工事が必要になりました。 現在、引渡しから約4年経過しています。 今回の瑕疵発覚後直ちに売主側に報告し、これから話を進める予定です。 この件ですが、民法上の瑕疵担保責任の範疇に入り責任を追及できますでしょうか? 又それ以外での解決方法がもしあればご教授いただきたく存じます。 何卒よろしくお願いいたします。