• ベストアンサー
  • 困ってます

アメリカ映画、ドラマ、小説に描かれるユダヤ系アメリカ人に興味があります

アメリカ映画、ドラマ、小説に描かれるユダヤ系アメリカ人に興味があります。 映画『ゴーストワールド』の主人公ドーン、小説『ティファニーで朝食を』のホリー、『ライ麦畑でつかまえて』のホールデン、ドラマ『Lの世界』のジェニーなど、映画やドラマで描かれるユダヤ人は、「少し一般社会からずれていて情緒不安定だけどとても魅力的な人物」であることが多い気がします。 これだけで一般化することなどできないとは思いますが、アメリカにおける差別やユダヤ人家庭のなかで形成される人格とはどのようなものなのでしょうか。 また、戦争もの以外で、アメリカにおけるユダヤ人の生活や文化が描かれている作品を教えて頂けたら嬉しいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1180
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

ユダヤ人が製作することの多いアメリカ映画、ユダヤ人はごまんと出てきますが、その生活や社会まで描いている作品は意外と少ないんですよね。以下、「ああ、ユダヤ人だな」と意識できるような、アメリカが舞台、もしくはユダヤ系アメリカ人が主人公の映画を挙げてみました。 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」 20世紀初頭、ニューヨークのユダヤ人移民の生活が描写されています。 ギャングものではありますが、新天地でアウトサイダーとしてたくましく生きていく少年たちの姿と、街の中を普通に歩くウルトラオーソドックスの服装のユダヤ人たちの日常生活が垣間見られる映画でした。 「プロデューサーズ」 ニューヨークの演劇界を皮肉ったコメディミュージカル。ヒトラーを崇拝するドイツ人一人を除き、登場人物が全部ユダヤ人です。ユダヤ人がエンターテイメント界を牛耳っていて、出資するのもユダヤ人。ユダヤ人を怒らせるような演目を上映して舞台をコケさせ、浮いた制作費をふところへ入れてしまおうと、悪賢いプロデューサーがヒトラーを賞賛するようなテーマのミュージカルを企画する、というストーリーです。 「夏休みのレモネード」 カトリックの少年が、異教徒を改宗させれば天国へ行ける、という兄の言葉に従いユダヤ教会に通いはじめ、ユダヤ人の少年と仲良くなっていくというストーリーです。 「イン・ハー・シューズ」 わかりづらいですが、登場人物が皆ユダヤ系です。マイアミのユダヤ人は裕福な老人が多く、主人公たちの祖母もマイアミの非常に設備の整った老人ホームに入居しています。中盤では、キリスト教にユダヤ教徒を改宗させるという新興宗教に目覚めた女性が登場し、その家族をやきもきさせます。主人公の彼氏もユダヤ人で、当然ユダヤ式の結婚式も描かれます。 「僕の大事なコレクション」 ユダヤ系アメリカ人の青年が、自分のルーツを探るためウクライナを旅して回るコメディです。 「刑事エデン/追跡者」 ニューヨークのユダヤ人街で起きた事件を捜査する女性刑事の物語。ウルトラオーソドックスの宝石商が多く住むエリアに馴染めず、思うように捜査が進まない様子が描かれています。 「ミート・ザ・ペアレンツ」 厳格なキリスト教の女性側の家族と、極めて自由奔放で性に寛容なユダヤ人の男性側の家族のちぐはぐなやり取りが描かれています。新郎vs新婦の親、という切り口の他に、ユダヤvs非ユダヤという切り口がある作品です。 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 苗字からわかるように、ユダヤ人一家を描く作品です。 「僕たちのアナ・バナナ」 ユダヤ教のラビとカトリック神父の主人公二人が、同じ女性に恋をします。しかし、ラビはユダヤ教徒としか結婚できず、カトリック神父はそもそも結婚できない。。というラブコメディ。 「リバティ・ハイツ」 1950年代のボルチモア、「黒人・ユダヤ人お断り」という看板が堂々と掲げられていた時代に、ユダヤ人の男子高校生が黒人の女子高校生に恋をするストーリーです。 「バグジー」 実在のユダヤ人ギャング、バグジー・シーゲルが、ラスベガスの繁華街の基礎となったホテルを建設し、富豪へとのし上がっていく様子を描く作品です。 「ジャズ・シンガー」 1927年の映画なので、当時のナマのユダヤ人社会が見られます。正統ユダヤ礼拝も見られます。 「アニー・ホール」 ユダヤ人監督ウッディ・アレン、ほぼ毎回ユダヤ人を前面に出しますが、アニー・ホールは映画単体としてもおすすめします。 「青春の輝き」 1955年、ニューイングランドの名門校に転校してきた男子生徒が、スポーツで学校の英雄になりますが、ユダヤ人であることがバレていじめを受けるストーリーです。 ご参考になりましたら幸いです。

参考URL:
http://inri.client.jp/hexagon/floorCXF/cxf4000.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たくさんの作品をご推薦いただき、ありがとうございます!! どれも面白そうで、とても興味深いです。時間はかかりそうですが、一つずつ観ていきたいと思います。 『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』は浪人生のころ、『イン・ハー・シューズ』は大学生のころに、劇場で観た記憶がありますが、全くユダヤ人だとはわかりませんでした。 また、インターネットのとあるサイトでは、『アダムスファミリー』や『ホテル・ニューハンプシャー』もユダヤ人の家庭のお話だとされていたのですが、これらもどこかでユダヤ人家庭だとわかるものなのでしょうか? 今まで色々と映画は観てきたつもりですが、同じものを観るにしても、時代や背景に関する知識があると、より深く映画を楽しむことができますよね。もっと勉強したいと思います♪ ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • ユダヤ系の俳優や有名人

    アメリカの映画会社や俳優・女優、ミュージシャン、有名人などに 多くのユダヤ人(又はユダヤ系移民の子孫)がいますが、 彼らは、日本の在日出身タレントのようにあまり自分の身上については 積極的に公表したがらないのでしょうか? スピルバーグなどのユダヤ系の名前を使っている人達は別にして、 ハリソンフォードやウィノナライダーとかWASPっぽい名前に変えている のはそういうことを知られたくないという事なのですか?

  • 小説の登場人物が吸っている煙草の銘柄

    小説の登場人物が吸っている煙草の銘柄 小説の登場人物が吸ってる煙草の銘柄が何かあったら教えてください。 わたしが今思いつくかぎりでは、アメリカの小説「ティファニーで朝食を」のホリーが吸っているといされる"Picayunes"(ピカユーンでいいのか?)です。 実際に存在する銘柄でもしないものでも、どちらでもいいので、できれば小説のタイトルと一緒に教えてください。

  • アメリカの映画音楽家はユダヤ人ですか?

    アメリカの映画業界はほとんどがユダヤ系で占められていると聞きますが、 やはり映画音楽の方にもユダヤ利権などがあるのかと思いまして・・・ ハンス・ジマーやジョン・ウィリアムズ、ジェームズ・ニュートン・ハワードや マイケル・ジアッキーノなどはユダヤ人でしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

2001年アメリカ映画(日本未公開) アーサー・ミラー原作 映画『フォーカス』 数か月前放送されてた。 ちょっと違う観点かも知れませんが、第二次世界大戦下のアメリカ本土でユダヤ人と間違えられた男の話です。ユダヤ人の存在を垣間見ることが出来るような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!! 『フォーカス』、私も夜中に起きて、途中から観た気がします(^_^;) あれはなぜ黒い眼鏡をかけただけで間違われるのかよく分からなかったです。 それに奥さんの女性も金髪でしたよね…うーん。 もう一度最初からじっくり観てみようかと思います。 ありがとうございました!!

  • 回答No.3
  • ribisi
  • ベストアンサー率28% (247/864)

エリア・カザン監督の『紳士協定』(1947)反ユダヤ思想に反発する主人公の話です。 偏見と迫害を知るには基本といえる教科書的な一本です。まずはここからスタートしてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなってしまって申し訳ありません! 『紳士協定』、なかなか面白そうですね! いまツタヤで借りてきました♪ 古い映画は食わず嫌いであまり観てこなかったのですが、これからは少しずつチャレンジしてみたいと思います。ありがとうございました!

  • 回答No.2
noname#120471

「しあわせ色のルビー」(1998) 「ブリジット・ジョーンズの日記」の大ヒットで日本でもトップスターの仲間入りを果たしたレニー・ゼルウィガーが1998年に主演したドラマ。ニューヨークにおいて伝統的な生活様式を守るユダヤ人コミュニティに暮らすひとりの女性の自立を描く。監督は「タイタンズを忘れない」のボアズ・イェーキン。  ソニアは、伝統的な厳しい戒律に則った生活を守り続けるユダヤ人コミュニティに生まれ育った。それは、決して少なくないアメリカのユダヤ人社会にあってもいまや希な生活様式だ。信仰心に厚い男性と結婚し、かわいい男の子ももうけて、幸せに見えるソニアであったが、少しずつ自分の置かれた境遇に対する疑問が芽生え始める ウディ・アレンの映画も参考になると思います ウディ・アレン 生まれ育ったニューヨークの文化や暮らし、人々のメンタリティをテーマにすることが多い、しかもそこに住むユダヤ人のそれを主題とする。ユダヤ人であることの差別とそこから来るコンプレックスや、自己意識などを織り込んだコメディを得意とする。(ウィキぺディアより) 戦時中のユダヤ人家庭が描かれている映画 「ラジオ・ディズ」(1987) 第二次世界大戦が勃発したばかりの、クィーンズ区のロッカウェイ。世俗的な現実よりも、ファンタジックな生き方により強く惹かれているある一家。映画は、ラジオを媒体とした、この家族の愉快で愛にあふれた日々をスケッチしてゆく。大半のアメリカ人にとって、テレビが居間に入って来るずっと以前の、ラジオが家族の団欒の中心であった頃の古き良きアメリカへの郷愁を、コミカルに、また軽いタッチで描いた作品。本作でウディ・アレン本人は出演していないが、彼の自伝的要素が濃い作品に仕上がっている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません! 『幸せ色のルビー』も『ラジオ・デイズ』も観てみたいのですが、近所のレンタルショップには置いていませんでした(>_<)なので、東京に行った時に探してみようと思います。 本当にありがとうございました!

  • 回答No.1
noname#128261

こんにちは。 質問の趣旨にあうかどうか分かりませんが、アメリカのユダヤ人で浮かんだ映画が二つ。 「ウェディングシンガー」 ラブストーリーで、結婚式の司会をする男性と、式場のウェイトレスとの話なのですが、その映画の中で、ユダヤ教の成人式(バール・ミツバ  ユダヤ教は13歳で成人)のパーティが開かれ、13歳の男の子たちが祝福されている。 その司会を主人公がするというシーンがあります。 「ドライビング MISS デイジー」 ユダヤ人で元教師のがんこな高齢の女性と、彼女の運転手として雇われた黒人の男性との友情を描いた作品。 一般社会とちょっとずれていて情緒不安定・・・というのはこの映画にはあてはまるかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tainao7さん、夜分遅くにご回答ありがとうございます! 明日ツタヤに行って探して見ます。ユダヤ教の成人式…興味深いです! 『ドライビング MISS デイジー』は内容もほのぼのしていて良さそうですね♪ ありがとうございました!

質問者からの補足

すみません、『ゴーストワールド』の主人公はドーンではなく、イーニドでした;

関連するQ&A

  • テレビで放映する外国ドラマや映画は偏っていないか?

    NHKなどでもアメリカと韓国と中国の映画やドラマが実に多いです。 他の国は映画作りを止めてしまったかの印象を受けます。 アメリカ映画も腹から笑える喜劇は少なくなった気がします。 ひと頃ヨン様ドラマが流行りましたが何故かフランスやイタリヤの映画 を観る機会は大幅に減りました。 観る人が多いからこの様な偏りが出ているのでしょうか。 私は飽き飽きしているのですが皆さんはどう思われますか?

  • アメリカ映画と原子爆弾

    学校の授業で、原子爆弾をテーマに映画を批評することになりました。 今回は、アメリカ、ハリウッド映画「the beginning or the end」という映画です。1947年につくられたものです。docu-dramaというドキュメンタリーとドラマの融合が使われています。 字幕なしで見たので、正直、物語の展開がうっすらとしかわかりませんでした。 課題ではこの映画の主人公的な存在である架空の人物のMatt Cochranという研究者が、この映画でどのような役割を演じたのか? この映画に置ける軍事、政府、研究者の間での極秘事項をどのように映画で表現しているのか? また、映画全体に使われている効果は、どのような影響を与えているのか? 他にも、映画の特徴とそれを論じなさい という課題が出ています。 私には、アイディアが出てこず、困っています。 当時のアメリカ映画における核、原子爆弾の表象なども加えながら、みなさんの意見を聞かせていただきたいなと思います。 よろしくお願いします。

  • 海外の映画・ドラマでの名前

    日本の映画やドラマで特に最近のものは、主人公や主要人物の名前をかなり凝ってたり、可愛かったり、面白い名前をつけることが多いですよね。 でもアメリカやイギリスの映画ドラマを観ていると、必ずしも変わった名前じゃないことが多いです。例えばメアリーとかエリザベスとかピーターとかマイケルとかジャックとか…。そういう、わりとありふれた名前の方が圧倒的に多い気がします。 でも最近気付いたのですが、その代わりに苗字の方が、あまり聞いたことがないような、一度聞いたら忘れられないようなものが多い気がしました。 そこで疑問なんです。映画やドラマに限らず漫画や小説などでも主要人物の名前を付ける場合、日本では名前は(時には苗字も)凝ったものにする傾向があるけど、アメリカやイギリスでは名前よりも苗字に重点が置かれてるんでしょうか??? 例えば今人気の海外ドラマ「24」の主人公は「ジャック・バウアー」という名前ですが、「ジャック」なんて区別が付かないくらいたくさん使われていますよね。 こういうことに詳しい方や、ご存じの方いらっしゃったら、教えてください。

  • 映画を見ていて疑問が

    アメリカ映画を観ていつも疑問に思うシーンがあります。 それは電話を切るときなんですけど話し終わったら何にも言わずに切ってますよね? 日本だったらドラマや日常生活においても切る前に言う言葉ってありますよね?じゃあ、またね、バイバイなどなど。 でも映画では話終わったらそのまま切るシーンを多く見かけます。これは映画の設定上そうしているのかそれともアメリカでは親しい間柄だと話し終わったらそのまま切っちゃうんでしょうか?

  • 「白人」と「ユダヤ人」 違いが分かりません。

    アメリカ映画のセリフです。 英語そのものの意味ではなく、「文化的な意味」が分からなくて質問します。 女性2人連れに友達が「2人で何してるの?それも白人とユダヤ人で」といったニュアンスで問いかけるシーンがありました。 日本人から見たら、2人とも「白人」もしくは「アメリカ人」です。 何が違うのか意味が解りません。 アメリカ人同士の間では、白人とユダヤ人を、なにか区別して(差別ではなく)とらえるのでしょうか? 端的に言えば、ユダヤ人は白人ではないのでしょうか? 質問カテゴリーが判断できず、この英語カテならば、アメリカの文化事情に詳しい方がいらっしゃるだろうと思い、このカテで質問します。 映画は「ゴーストワールド」(2001年アメリカ)です。

  • アメリカでの仕事と他社との関わり

    日本の映画やドラマを見ていると、たまに「部下が取引先に迷惑をかけるような失敗をして、上司が部下と一緒に謝罪に行く」なんてシーンをしばしば見かけます。 アメリカの映画やドラマでそのようなシーンを見たことがありません。 アメリカ社会では一般的に取引先に迷惑をかけるような失敗をした場合、どのような対処対応となるものなのですか?

  • 映画や漫画、ドラマ、音楽業界にイラッとすることは?

    何だか最近本当にそっちの業界にイラっとすることが多いです。 ・ドラマは今や9割が原作は漫画や小説で1から脚本を書かない ・映画も上と同様。それに宣伝が大げさなわりに中身は大したことないものが多い。(例:恋空) ・ドラマが始まるからと言って異様なまでの番宣。(例:西遊記) ・漫画は漫画で凄くヒットした商品は完結しても読みきりを何話も続けたり、新連載をしている今もキャラクター、ファンブックが出る(例:ラブ★コン) ・誰でもかれでもCDデビューしすぎ。(例:綾瀬はるか、新垣結衣、お笑い芸人など)  ↑してもいいけど本業は違うしする必要ないですよね?がっきーなんて武道館公演ですよね?意味が分からない。そんなに簡単なものだったのか? 一般市民の20歳女ですが、最近凄く見ていてイライラします。 話題、話題、話題。ばっかりの業界。 もうかりゃそれでいいのか?みたいな。 別に将来そっちの業界にいくわけではないですが、何だかなぁと思っています。 全体的に中身もレベル落ちしてますよね?昔はもっと良いドラマや映画があったのに… 同じように、そっちの業界にイラッとしている方おられませんか? どこにイラッとするかも教えて下さい!

  • ユダヤ系アメリカ人の有名人

    ユダヤ系アメリカ人で有名人を教えてくださいませんか? アインシュタインとかウォールト・ディズニーとかも ユダヤ人だと聞いたのですが本当ですか? アメリカ経済に多大な影響を与えるといる話を聞いたことがあるので どんな人物がいるのか気になっています。 恥ずかしながら全然知りません、よろしくお願いします。

  • 古いアメリカ映画?ドラマ?

    30年以上前にTVで見た映画(ドラマ?)のタイトルが判りません。 2人の酒に酔って悪ふざけをしている若者が、地下鉄に乗り込みます。 車内には、カップルや黒人、老夫婦、腕にギプスをしている兵士などが乗っています。 2人の若者が、その人達すべてにちょっかいをし、車内は険悪な雰囲気になってしまいます。 最後に、腕にケガをしている兵士によって2人の若者は殴り倒されます。 たしか、このようなストーリーだったと記憶しています。 たぶん、アメリカ映画だろうと思いますが、いつの何という題名の映画なのか判りません。 どなたか、教えてください。

  • 米国ハーバード大学生の物語のタイトルが…

    教えてください! アメリカのハーバード大学生のドラマの映画だったのですが、タイトルが分かりません。。。 ストーリーは ・大学生が卒業論文を失くしてしまい、それをホームレスのじいさんが拾う。といったようなコトから始まったと思います。 ・最初は主人公の男性は、反発するのですが、周りの友達から色々助けてもらい、卒業論文を返してもらう。 ・最後のほうでじいさんは死んでしまう。 大まかで覚えてるストーリです。 レンタルビデオで借りたので、日本で映画化されたのかどうかは分かりません。 留学前に英語の勉強でアメリカ映画を100本近く見た中の一本なのですが、また見ようと思い、近所の帰国後探したのですが、もうそのビデオは無く、タイトルもうろ覚えだったために、探せなくなってしまいました。。。 どなたか知っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、教えてください。