• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

フロイトVSパブロフVS森田正馬

フロイトVSパブロフVS森田正馬 昨今の心理療法で行動療法がもてはやされています。 うつ病には認知行動療法、ボーダラインには弁証法的行動療法 はては、統合失調症には集団認知行動療法etc これらの心理療法は、単純に考えると本来1+1=2なるはずが 1+1+バイアスもしくは変数=3とか4になってしまう。 そこでバイアスもしくは変数を取り除けば、答えは1になる事を 指していると思います。 精神分析療法は逆にそのような状態になる心の原因がある それを探し、見つけて原因を解きほぐす事で異常な状態を解消する。 森田療法は不安や恐怖は誰にでもあるそれを人間力?で凌駕し それに意識を注視せず、不安や恐怖を感じても 成すべき事を為せば、自ずと解消される。 何故、認知行動療法が持て囃されているのいるのでしょうか? 行動の制御と言う行動の形を改善する事で、心の問題まで改善できるのでしょうか? 診断基準にしてもDSM-TR-IVなるマニュアルで条件を満たせば それはこの精神疾患だと診断する。 精神の病気はこんなに単純な病気なんでしょうか? 詳しい方教えてください、お願いします。

noname#121599
noname#121599

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数227
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

全然詳しいわけじゃないですが・・(と言い訳しておいて)、 その3つの中だと認知行動療法が一番、幅広く色々な疾患に適用しやすく、極度の我慢や苦痛を強いられることも少なく、効果も出やすい治療法だと感じます。 病気と言われる状態ではない方でも、ちょっと苦しみの穴にはまりそう、嫌な感情に支配されてる・・ってときにやってみて損はなさそうです。 単純に「感情や行動の制御」と言うと苦痛が伴いそうですが、その一歩手前の、感情や行動を引き起こす大本の「認知のしかた」の歪みに気づき、それを変えることで、その結果である感情や行動も自然と変わってくるという考え方だと解釈しています。口では簡単に言えても、実際はそう簡単にはいかないと思いますが。。 精神分析やカウンセリング等は、ストレスや環境の問題など心の問題のみによって起こる疾患(依存症、神経症など)にはかなり有効だと思います。 でも精神疾患の中には、これといった過去や性格に起因する原因が見当たらない、または原因、発症のきっかけと思われる心の問題を取り除いたところで症状自体は消えてくれない、というものも多くあると思います(脳の分泌物異常と言われるもの)。 その場合ひたすら精神分析で「そうなった原因」を突き止めたりカウンセリングで自分を見つめる作業をしたり、満たす部分を満たしたところで症状自体は残り続けます。そうなるとやはり、苦痛の度合いによっては薬の力を借りつつ、認知療法、行動療法になるのでは。 もちろん認知療法でも精神分析と同じようなことはするでしょうし、性格や感情面から疾患にアプローチすることでも楽になれる人は多くいると思います。ただ、それ「だけ」で根治は難しいんじゃないか、ということです。 森田療法は、さらっと読む限りですが、人によって合う合わないが激しそうなイメージです。 普及するかどうかで言えば、認知行動療法の方が勝ちそうかな?と。 ・・と、素人感想を書いてみましたが、 世間でいくらもてはやされていると言っても、自分にはそれは合わないと思ったら、それはその人にとっては的外れな治療法だと思うんです。 この質問サイトでも精神科VS心療内科、薬VSカウンセリングなど色々見かけますが、 こういうことって、もともとの性格、考え方との相性が何より大事だと感じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 お礼が遅くなってすみませんでした。 他の回答者さんに補足質問をしていたものですから・・・ >その3つの中だと認知行動療法が一番、幅広く色々な疾患に適用しやすく、極度の我慢や苦痛を強いられることも少なく、効果も出やすい治療法だと感じます。 なるほど、行動学に基づく心理療法ですから、一番、理にかなう訳ですね。 心理分析は個々に対する対処ですから、万人向けじゃないんですね。 自分の心情的には「あるがままで為すべき事を為す」に惹かれますが 観念的で具体的のはどうすれば?なんでしょうね。 参考になりました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • d194456
  • ベストアンサー率27% (423/1524)

質問したいことを箇条書きにした方が、何に対して答えれば良いか判ります。 心理学の中では、行動と言った場合、体を動かすことだけでなく思考することも行動と言います。 人の心の動きは複雑に見えて、行動の動機は単純なものが多いと思いますよ。 人はすべて、気分が良くなる行動を選択しています。行動の結果、気分が悪くなるとしてもです。 病気の治療のために、今の時代は保険に金が懸りますので、短時間で治療が出来る様に、色々な方法を組み合わせています。「短期療法」などを見れば、効果的な方法を見つけることに重きを置いているのが判ると思いますよ。 精神科医の考えで、精神の病気とは何かの判断もかなり異なります。殆どの人は幸せな状態ではない為、医者の元に行きますので、幸せではないことが病気と呼べるかに疑問も湧きます。 幸せではない状況の違いで、症状が異なっていると考えることも出来ますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >何に対して答えれば良いか判ります。 (1)何故、認知行動療法が持て囃されているのでしょうか? (2)行動の制御と言う行動の形を改善する事で、心の問題まで改善できるのでしょうか? (3)精神の病気はこんなに単純な病気なんでしょうか?以上の3点です。 (1)については、色々ある心理療法で上記の療法が注目を浴びるのか、そのメリットとは (2)については、思考と言う行動を改善すれば、心の障害も改善されるのか (3)については、あまりにも診断基準のマニュアル化しすぎてるのでは を問いたかったのです。 >今の時代は保険に金が懸りますので、短時間で治療が出来る様に、色々な方法を組み合わせています。 治療でコストパフォーマンスが一番良いのは薬物療法です。 心理療法は相応の費用とある程度の期間がかかります。 これは認知行動療法も同様です、今年よりこの療法は健康保険が適用になりました。 現在の日本では、認知行動療法を行なえる臨床心理士は数が少ないと聞きます。 その療法のインフラが整わない内に、この療法に注力するのか理解できません。 >精神科医の考えで、精神の病気とは何かの判断もかなり異なります。 これを防ぐ為に、精神障害の診断基準が必要なんですよ。 無ければ、医師の一存で恣意的に精神障害を作り出せるリスクが生じますからね。 ただ、それに偏重し過ぎる事を問題にしているのです。 >殆どの人は幸せな状態ではない為、医者の元に行きますので >幸せではないことが病気と呼べるかに疑問も湧きます。 幸福感・満足度は人により異なります、これを精神疾患の尺度するには適切ではありません。 不幸だから、不幸感が強いから、メンタル系の病院に行くのでないと思います。 社会生活に著しく支障が出る状態・症状があるから行くんだと思います。 私の質問の意図と質問者さんの回答主旨とでは齟齬が見られるようですね。

関連するQ&A

  • 森田療法について分からないことがあります。

    大学で臨床心理学を学んでる学生です。 最近森田療法について勉強しています。 森田療法は数ある心理療法の中で、ゆいいつ日本人が編み出した心理療法なんですか? あと、世界には何種類の心理療法が存在しているかご存知の方がおらっしゃるようでしたら教えてほしいです。 本を読んでもなかなかそのことがわからないので。

  • 行動療法と森田療法の違いについて教えてください!

    よく森田療法を行動療法と言う人がいます。 2つの心理療法は大体同じなんですか? 似たようなことをやっているんですか? 教えてください。

  • 心理療法の3大潮流

    心理療法の三大潮流は何を指すのでしょうか? 心理学の三大潮流ならゲシュタルト心理学、行動心理学、精神分析学でいいようなのですが、 心理療法の三大潮流も同様と考えてもいいのでしょうか? 心理療法なら認知行動心理療法とか来談者中心心理療法とかも大事な気がするのですが・・・

  • 認知行動療法の講習の多くに受講資格があるのは何故?

    認知行動療法の講習やセミナーの多くが「臨床心理士、医師、看護師、産業カウンセラー、保健師、教員資格者」などに限定されているのは何故ですか? 日本には心理の国家資格はないので、上記の資格を持っていなくても知識も臨床経験も精神科医や臨床心理士に勝るとも劣らないカウンセラーや心理療法をされる方をたくさん知っています。それなのに認知行動療法だけは、上記の資格者にしか学ぶ権利がないような現状はいかなる理由からなのでしょうか? どなたか理由をご存知でしたら教えて下さい。

  • なぜ森田療法を勧めてくれない?

    初めまして、22歳女です。 私は、高校生位の時から人の大勢居る場所や 緊張・不安が起こる場面で多量の汗をかくようになりました。 最近では、顔の赤みも出てきたりもしていて 自分なりに調べてみると、対人恐怖症に当てはまり 更に調べると、対人恐怖には「森田療法」や「認知行動療法」 が治療に適しているとありました。 なので今日、森田療法の専門医が居る病院へ行ったのですが 診察して下さったのが、他の先生だったので 「対人恐怖症には、森田療法がいいのでは?」 と聞くと「お薬で治りますよ、ゆっくり治していきましょう」 と言われてしまいました… (ちなみに、対人恐怖症と診断されています) とりあえず、今回は1週間分の薬をもらったのですが セロクエルという薬で、私が「3日前位に 職場の人に悪口を言われている所を考えてしまい、 夜中の3時くらいまで眠れなかった」 というのを聞いて、この薬を処方されたのですが 本当に、このまま薬のみの治療で大丈夫なのかなぁ… と心配です。(薬での治療は初めてなので) ちなみに、セロクエルは就寝前の1回の服用でいいそうです。 よく分からない文で申し訳ないですが ここで聞きたいのは ●私は、対人恐怖症なのに、なぜ森田療法を勧められなかったのでしょうか? 森田療法が向いてない(必要ない)からなんでしょうか? 何か考えられる事があれば、アドバイス宜しくお願いします。

  • 森田療法?

    もう過去の話になっているのですが、 ある人との つきあいに関して、周囲から、しぶい顔をされていたにも かかわらず、私自身は、とくには何とも思わずに、つきあいを続けていました。 とにかく周囲の ほぼ全員から評判が悪く、私ひとりだけがキョトンとしているような感じだったのですが、 あるとき、同僚の一人が、私に、 「あいつ、森田療法やってたらしい」 と、意味ありげな表情で、諭すように言ってきたことがありました。 私は、そのときは全く知らなかったのですが、心理療法の一種であるくらいのことは聞いています。 その後も、親などは露骨に眉を顰めるほど嫌がるものですから、結局、ほどなくして疎遠になっていったのですが、 森田療法の何か問題なのでしょうか。

  • うつ病に対しての認知行動療法は有効?

    うつ病に対しての心理療法もいろいろあるかと思うのですが、その中の認知行動療法は効果的なのでしょうか? 臨床心理士でも、あまり専門とする人はいないみたいなのですが、うつ病の本ではよく見かけられます。とはいっても、やはり投薬がうつ病の治療で中心なようです。

  • 認知療法、行動療法、認知行動療法のちがいを教えてください

    最近、神経科学(主に脳)について、興味を持つようになりました。 うつ病やパニック障害に対して、神経伝達物質に作用する薬が効くのは、 なんとなく理解できるのですが、認知療法・行動療法などがどうして効く のかがとても不思議です。 本当は、これらの心理療法の機序について質問させていただきたいところですが、 まずは予備知識として、「認知療法」「行動療法」「認知行動療法」の違いを 自分の中で明確にしておきたいと思っています。 よろしくお願い致します。

  • 認知行動心理学、認知行動療法を学びたいものです

    認知行動心理学、認知行動療法を学びたいものです 感情を抑制したりするのに行動の変化による感情抑制は出来ますか? 僕は異常性欲者でしたが自分でご飯を作ったりするうちに無くなりました。 小さい頃から大抵親という存在にいろいろしてもらい、潜在意識に他人への執着が出来き、それを解消するうちに治ったと思っています。 そういうのは認知行動療法ではないですか?

  • パニック障害、不安障害と森田療法について

    パニック障害、不安障害を持っています。 あまり考えすぎてはいけないとアドバイスを頂いており、本来こういった質問をするのも良くないのかもしれませんが、少し気になったので、質問させて頂きます(極力気楽に書き込むつもりなので、若干文章が軽率な部分があるかもしれませんが、ご了承頂けますと幸いです) 発作がおこり、またおこるのではないかという不安から、外出も困難だった中、頓服薬も利用しながら、少しずつ外にでる機会が増えてきています。 ただ薬はその場しのぎであり、根本的な考え方の癖の部分は治っていないので、 長い目で見ると、薬に助けられながら、その間に自分自身の考え方の癖やサイクルを改善させる必要があると思っています。 そんな中、森田療法というものを見つけたのですが、これは認知行動療法とは違うのでしょうか? 自分の場合、(パニック、不安)発作が起こると書きましたが、例えば森田療法というものを実践したとします。 発作、体調不良が起こることを考えないで、今できないこと(例えば一人で電車に乗って遠出する等)をやったとします。 調子が良い時ですと、始め(家をでるくらい)は順調にいくかもしれませんが、程度はどうであれ必ずどこかで発作や体調不良はおきてしまうと思います。 起きてしまう、も考えないようにするんでしょうし、起こるもので起こっても我慢?ありのままでいろ、気にするな?みたいな事なんだと思いますが、 発作は発作で辛いです。一瞬の辛いですめばまだ良いですが、どんどん不安、パニックが押し寄せてくるでしょう。 森田療法を実践している間、発作が起きたらどうすれば良いのでしょうか?(これがそもそも森田療法との考え方に反していると思いますが、実践する時は考えないようにしないといけないですよね。でも、起きるものは起きるわけで、その時の行動や考え方を聞いておきたいと思っているのですが・・・。) 今は、発作が起きたら、忘れられるゲームをするとか、コーヒーを飲んで落ち着くとかが、自分なりの対処法で、それで落ち着いてくるので行なっているのですが(持ち歩いてもいます)、森田療法では、起こった時の事を考えて対処するもの(自分の場合はゲームやコーヒー)を持ち歩く事を考えては駄目ということですよね?つまりは、持ち歩けないと。(頓服薬も?) いざというときの対処法であるこれらを持ち歩かず外に出るなんて今では考えられないのですが、これが森田療法でしょうか? また、そんな中で実際に発作に見舞われた時、どうすれば良いのでしょうか?(今までの対処法も出来ないですし) 長文失礼しました。ご教授、アドバイス等、頂けますでしょうか。 森田療法に限らず、上記を読んで頂き感じたこと、認知行動療法等、全般的に絡めたご回答などでも構いません。 軽率なご回答はご遠慮頂けますと幸いです。(お優しくして頂けますと助かります笑) よろしくお願いします。