• ベストアンサー
  • 困ってます

スズキのバイク:アドレスV100に乗っています。再、再投稿です。

スズキのバイク:アドレスV100に乗っています。再、再投稿です。 皆さんご指摘の通り、怪しいと思われるキャブを洗浄しました。 キャブを外して、綺麗に洗浄し、組み付けました。キャブは完全には分解せず、キャブクリーナーにつけて洗浄:メインジェットとパイロットジェットは特に長くキャブクリーナーにつけ込み、穴を確認しています。オートチョークのニードルも磨きました。 全ての可動部分をチェックしたあと、時間をかけて丁寧に組み込みました。フューエルチューブはドライバーで栓をしておいたので、組み込み時にはガソリンがあふれるようでしたが、注意しながら付いていたバルブに取り付け、ネットで写真を確認しながら、その他のチューブ配線を取り付けました。 しかしながら、期待はしていませんでしたが、キックでスタートしてもエンジンは掛かりません。しばらくおいてキックをすると、一瞬掛かったようにエンジンがブルブルと回りますが、すぐに止まってしまいます。その後何度キックをしてもエンジンは掛かりません。また時間をおいてキックをすると、また一瞬ブルブルとエンジンの音がしますが、すぐに止まってしまいます。その後のキックでは掛からず、同じ繰り返しが3階ほどありました。 現在原因を探索中でが、先人のお知恵を拝借できれば幸甚です。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3496
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • tyagayu
  • ベストアンサー率24% (488/1996)

改善策は他の方が書いておられるように、キャブの清掃は高圧エアーで吹かないとダメでしょうな。 しかし思いますに、オートチョークが原因では? オートチョークが悪くなった時の症状に似ています。 オートチョークはある意味消耗品と考えた方がいいと思いますな。 出来るならソコは新品した方が良いと思います。 トラブルがあった時の整備の基本は。 簡単に着手できる部分からの消去法になりますな。 しかし、整備を行った部分は、疑問が残る様ではいけません。 整備した部分は、確実に消去できるように、最大限の作業をしないとダメですね。 そうしないと、消去法が成り立ちません。 なので、着手のし易いところから。 そこをいい加減(失礼!質問者さんをそうだと、言っているのではありません。)に 積み重ねていると、迷宮に嵌ります。 キャブの分解もそうですな。 怪しいなら、せめてソコの部分以外は出来るだけ潰して行きましょう。 オートチョークについても、それを新品に換えると、一つ原因がつぶれますね。 整備に慣れない方が、そういった事を行う時、ノウハウがありませんから、ある程度の出費も覚悟した方が良いでしょう。 ヘタをすると、バイク屋さんに初めから出した方が、安かったなんて事が多々あります。 バイク屋さんは数多くのノウハウを持っていますから。 まあそれで飯を食っているのでね。 しかし、その様な遠回りがあったとしても、その整備を行った事は確実に質問者さんのノウハウになっていきますから、出来る限りの事をやってみたらいいと思いますな。 余談ですが、キックでエンジンが掛かりにくいとき。 CRCを使えば、比較的簡単に呼び爆発?を行う事が出来ます。 プラグを外して、CRCを1~2秒。 これでエンジンは掛かりやすくなりますよ。 エンジンが掛かったら、クリーナーを外したキャブからCRCを吹けば、少しの間は回転を維持できます。 一度お試しください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご助言ありがとうございます。アイドリングの調整ボルトでガスを調整しながらキックを何回か試したところ、エンジンが掛かり走れるようになりました。しかし、現状はベルト、プーリー、ウエイトローラーの交換、キャブ洗浄(素人洗浄:キャブクリーナー浸け込み、カンのエアーで吹き飛ばし)前と全く同じ現象で、ガクガクと吹けあがりません。迷宮に逆戻りしたような感じです。残るところは、マフラーか点火系です。再度、今までの経緯をまとめて質問してみます。どうもありがとうございました。併せてこちらでいろいろとご指導頂きました皆さんにもお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

質問者からの補足

回答およびご助言ありがとうございます。確かに疑問が残る整備は良くないですね。仰るとおり最大限の整備を行い、消去法ををしていくことが最善の道であると思います。これは仕事全てに当てはまると思います。私の心の中にとりあえず、動かしたいという衝動と分解に対する不安があったため、中途半端な整備を行ったと感じています。ちなみに今朝キックでエンジンが20秒ほど掛かりました。その後はアイドリングが安定せずとまってしまいましたが、プラグを見たところ、電極がガソリンで濡れていました。混合の比率でガソリンが濃いようです。もう少し探ってみますが、もしだめなら再度キャブの分解掃除をしてみます。ありがとうございました。またご助言等がありましたらよろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • スズキのバイク:アドレスV100に乗っています(4回目)

    スズキのバイク:アドレスV100に乗っています(4回目) 試行錯誤しながら、素人なりに整備をしてみましたが、結果は整備前と全く同じでした。 今までさせて下さった皆様には感謝の言葉もありません。しかしながら私の知識不足で、現在まだ解決には至っておりません。再度まとめて質問させて下さい。 1. まずセルでエンジンが掛かりにくくなり、キックでしか掛からなくなりました。 2. 始動時に回転数が落ち着かず、アクセルを空けてもバタつき、ビーン、ビッ、ビッ、ビッ、ビビビッ、ビッといった感じになります。しばらくすると落ち着くのですが、アクセルを開いても反応が遅く、時折、ビッ、ビッ、ビッ、ビビビッ、ビッと吹け上がりが悪くなります。 6月にメーター14000kmでプラグとエアーフィルタを新品に交換しました。エンジンもセルも一発で始動するようになり、しばらくは調子が良かったのですが、7月からまた同じような現象が出始めました。アクセルが安定せず、何かに引っかかったように、ビーン、ビッ、ビッ、ビッ、ビビビッ、ビッ、ビーーーーーンとなります。何かが詰まっているような感じです。もしかしたら前回入れたガソリンが悪いのかと思い、「ハイオクガソリン」を入れたところ5km位ものすごく調子が良くなりました。これはガソリンのせいだったのだと思いきや、すぐに調子が悪くなり、元のようにガクガクとエンブレが効くように安定せず、トルクが無くなるような感じになります。 原因をネットでいろいろと調べてみたのですが、いまいち同じ症状なのかどうかわからず、こちらに質問をし、みなさまに助けられながらメンテしています。しかし現状は下記の通りです。 =====整備のまとめ===== 1. ハイスピードプーリーキット(キタコ)の組み込み。ウエイトローラーは少し軽めの11gをモリブデン系でグリスアップして組み込ました。純正のウエイトローラーは若干変摩耗していましたが、思ったよりひどくはありませんでした。 2. クランクケースをしめるときにキックのギヤとスターターギヤがきちんとかみ合っておらず、キックが全く使えなくなりましたが、クランクケースを調整しながら組み込むことで解決。) 3. 確認のため、いざキックで始動したところ、プーリー、ベルト、ウエイトローラー組み込み前と全く同じで、アクセルが安定せず、何かに引っかかったように、ビーン、ビッ、ビッ、ビッ、ビビビッ、ビッと何かが詰まっているような感じでエンジンの回転が安定せず。 4. そこで皆さんのご指摘のよう、キャブレターとマフラーを疑い、まずはキャブレターを洗浄(素人仕事)しました。キャブを外して、メインジェット、パイロットジェットを外せるくらいまで分解し、キャブクリーナーに浸け込み、後は綺麗に洗浄し、組み付けました。メインジェットには目詰まりはありませんでしたが、パイロットジェットは若干目詰まりがありましたので、特に長くキャブクリーナーにつけ込み、穴を細めの針金(プライスタグに付いている細い針金)を使いました。ともにホールを確認しています。オートチョークのニードルも磨きました。 4. 全ての可動部分をチェックしたあと、時間をかけて丁寧に組み込みました。フューエルチューブはドライバーで栓をしておいたので、組み込み時にはガソリンがあふれるようでしたが、注意しながら付いていたバルブに取り付け、ネットで写真を確認しながら、その他のチューブ配線を取り付けました。 5. 期待はしていませんでしたが、キックでスタートしてもエンジンは掛かりません。しばらくおいてキックをすると、一瞬掛かったようにエンジンがブルブルと回りますが、すぐに止まってしまいます。 6. しばらくして再度数回のキックでエンジンが始動。「やった!復活!」と思いきや、エンジンが安定せず、とりあえず近くを走り出すと上記の自己流整備前と全く同じ現象で、走行中ガクガクと回転数が不安定になります。 現在:いったい何が原因か皆目見当も付きません。もしかしたらマフラー?まさか点火系が悪いのか?もしくはハイオクを入れたことが原因か?と考えあぐねています。今まで皆さんに支えられながらここまできましたが、まだ結果が出せずにいます。もしかしたら単純な事で解決ができるのかもしれませんが、当方全くの素人です。再度皆さんのお知恵を拝借させて下さい。よろしくお願いいたします。 P.S.ちなみに近くのバイク屋さんに持って行って効いてみましたが、原因はなんだろうね~といった感じでした。意地でも解決してみようと思います!

  • バイクのエンジンが止まります

    ヤマハの50cc、2stジョグ・アプリオのエンジンがすぐに止まるのですが、詳しい方教えて欲しいのてすが、1年程放置していました。燃料の抜きかえ、プラグの交換、キャブのO/H、燃料ポンプ掃除をしました。プラグは目視で火は飛んでます、キャブに燃料も行ってます、それでエンジンはかかりするんですが、15秒ほどで吹かなくなり止まります。止まるとしばらく掛かりません、時間を置くとまたかかって同じ症状です!他にどうしていいか分からなくなっています。何かアドバイス2が欲しいですm(._.)m ちなみにキャブのO/Hは燃料の濃度?調整とアイドルの調整のネジは触っていません、後はジェット類、通気穴?は全部キャブクリーナーで洗浄し、道通確認もして組つけました。エンジンを掛ける際はキックでやっています! 分かる方ご指導おねがいします!

  • ライブディオキャブを初めて洗浄にチャレンジさせて頂きました。

    ライブディオキャブを初めて洗浄にチャレンジさせて頂きました。 やはり失敗したのでお助けください。 洗浄後取り付け、エンジンは何回かキックでかかりました。 ほっとしたのもつかの間・・・アクセルを緩めると止まります。。。 パイロットスクリューは変な形で調整できません。 アイドルスクリューを少しいじってみたのですが変わらなかったです。 キャブはキャブクリーナーを使い穴という穴をクリーナーとエアで吹き飛ばし メインジェットとスロージェットも行いきっちり閉めました。 最終的にはバイク屋さんに持っていくしかないのですが 出来る限り自分でやってみたいのでアドバイスお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

 私も修理の勉強のために、原付(ミント)のキャブレターを洗浄し、質問者様と同様の症状(文面からの推察ですが・・・)に悩まされておりました。  エアの経路の穴の状態確認は実態顕微鏡で行い、写真用ブロア-で清掃しましたが、解決できませんでした。  他の解答者様(No.2, No.4)がすでにご指摘の通り、エアの経路は高圧エアで清掃する必要があるようで、私の場合もバイク屋にキャブレターを持ち込み、高圧エアで清掃することにより、問題が解決した経験があります。 一度、高圧エアでのエア経路の清掃を試されたらいかがでしょう。 素人の思い込みでしたら、ご容赦ください。 問題が解決し、質問者様の修理の自信が増えることをお祈りします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご助言ありがとうございます。アイドリングの調整ボルトでガスを調整しながらキックを何回か試したところ、エンジンが掛かり走れるようになりました。しかし、現状はベルト、プーリー、ウエイトローラーの交換、キャブ洗浄(素人洗浄:キャブクリーナー浸け込み、カンのエアーで吹き飛ばし)前と全く同じ現象で、ガクガクと吹けあがりません。再度、今までの経緯をまとめて質問してみます。どうもありがとうございました。

  • 回答No.5
noname#177886
noname#177886

キャブのOリングは替えたのでしょうか? 替えていないなら交換しましょう。 一応画像も用意したけど、参考になるかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考写真をありがとうございます。アドレスキャブ用のOリングをネットで探してみましたが、販売店に連絡してみないと無いようですね。何とか探してみます。ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • kuro804
  • ベストアンサー率29% (522/1760)

素人ですが しばらく置いてエンジンが掛かったようになるのは、吸い込んだガソリンが濃すぎて点火出来ず、しばらく放置すると気化(蒸発)で点火しやすい状態にシリンダー内がなるためと推察します。 従ってガソリンの濃度が薄くなるようにキャブを調整すればエンジンは掛かることになります。簡単にはエアークリーナを外した状態でも可能かとは思いますが、 ただ、何事も程度と言うものがあり、ひどい場合はその原因を突き止めるひつようがあります。私が経験したのはキャブレターのフロートが固着して垂れ流しの状態で、キックするたびにガソリンがぼたぼたとキャブレターからエアークリーナ側にしたたり落ちた事があります。この場合には分解掃除です。 あと一歩でしょう。 ここで自力で何とかすれば自信につながります。がんばって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今朝キックをしたところ、20秒ほどエンジンが掛かりました。その後アイドリングが安定せずにストップ。プラグを外して点検したところ、スパークするところがガソリンで塗れ濡れていました。仰るとおり、吸い込んだガソリンの濃度が濃すぎるようです。後一歩のところですが、先に進めません。調整がだめでしたら再度キャブレターの分解掃除を行う予定ですがが、その前に調整ができれば試してみたいと思います。何が起因でガソリンの濃度が濃くなるのでしょうか?どこを調整すればよいのでしょうか?お知らせ願えれば幸甚です。よろしくお願いいたします。

質問者からの補足

ご指導ありがとうございます。調整にて改善されなければ再度分解掃除をしてみます。また何かありましたら宜しくお願いいたします。

  • 回答No.2

キャブの掃除はジェットのつまりのほかにエアの通路のつまりも掃除する必要があります、エアの通路は直角に曲がりくねっていて(真鍮のピンは曲がった位置に穴をあけた後エアの通路を残して埋めています)、針金では対処できません、高圧エアで吹き飛ばす必要があります。 この症状は、エアースクリューを締め切ったか、キャブ内のエア通路のつまりのときにも現れます。 参考、キャブクリーナーに漬けるだけでは何の効果もありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご指導ありがとうございます。調整にて改善されなければ再度分解掃除をしてみます。分解も全くの初めてで、ネットで調べながらこつこつと行っていました。完全に分解すると今度はくみ上げられなくなりそうおでしたので、浸け洗いと、ジェット類の取り外し、洗浄、後はエアーでホール全部を吹き飛ばしたくらいで終わらせました。ちなみにアドレスV100(CE11A)のエアースクリューは無いようです。調整できる範囲でもう一度確認し、改善しない場合は再度できるところまでバラしてみます。また何かありましたら宜しくお願いいたします。

  • 回答No.1

キャブの分解掃除をして、更に調子が悪くなったのなら、 その作業に問題があったと考えられます。 もう一度やり直してみてください。 また、スロージェットが詰まっていたのなら、他にも 詰りがあるかも知れないと考えるべきです。 キャブクリーナーに漬けるだけでは不十分です。 ピアノ線、テグスなどでのジェット以外の穴も貫通を 確認してください。 >キャブは完全には分解せず 何処まで分解したか分かりませんが、フロート以外は 全て分解、清掃すべきと考えます。 ASの戻し量は、分解する前に確認しておいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご指導ありがとうございます。調整にて改善されなければ再度分解掃除をしてみます。分解も全くの初めてで、ネットで調べながらこつこつと行っていました。完全に分解すると今度はくみ上げられなくなりそうおでしたので、浸け洗いと、ジェット類の取り外し、洗浄、後はエアーでホール全部を吹き飛ばしたくらいで終わらせました。ちなみにアドレスV100(CE11A)のエアースクリューは無いようです。調整できる範囲でもう一度確認し、改善しない場合は再度できるところまでバラしてみます。また何かありましたら宜しくお願いいたします。

関連するQ&A

  • ゼファーのキャブについて

    はじめまして、ゼファーχに乗っていますが、この間初めてキャブをバラして洗浄したのですがエンジンがかからなくなってしまいました。。どなたか教えていただければうれしいです。 自分が行った手順はジェット類を外し、キャブクリーナーで洗浄キャブ本体も洗浄して取り付けました。サービスマニュアル通りパイロットスクリューの戻し量も規定どおりやりました。疑問に思ったのがパイロットスクリューのキャブ本体から出てる長さが3番キャブだけ長かったのですがそんなもんでしょうか? それとキャブ脱着する際エアクリが少ししか後ろにさがらないんですがそんなものでしょうか?簡単に取り付けできるコツあれば教えてください。

  • DioZX(AF34?)について

    みなさん、はじめまして。 素人からの質問です、どうかよろしくお願いします。 ホンダ DioZX(多分AF34だと思うのですが?・・・)を一昨年バイク屋から中古で購入しました。 当初エンジンのかかり具合はが悪くなかったのに、だんだんと、いくらセルを回そうがキックしようが全くエンジンがかからなくなってしまい、たまにしか乗らないことが原因だと思っておりました。 そこで、一念発起! キャブを清掃。 その時です、気づいたのは・・・。 うんともすんともいわなかったエンジンが、キャブにキャブクリーナーをかけてから、キックすると簡単にエンジンがかかります(たまにかぶる?様な事がありますが・・・) キャブクリーナーをかけないと沈黙。 そして、次の日にはまたエンジンがかからなくなり。 エンジン始動に失敗するとまた、キャブクリーナーをかけてエンジン一発始動。 バイク屋にこれを説明しアイドリング等は調整してもらったものの、原因は分からないといわれました。 キャブを交換すると治るかもしれないと・・・。 確かに古すぎるバイクだと思うのですが、バイク屋の言う通りなのでしょうか? それとも他に原因等はあるのでしょうか?教えて下さい!お願いします。 ちなみに走行距離は約3500kmです。

  • TZR250 3MA オーバーフロー。。。

    オークションで中古車を買い、タンクが軽く錆びていたのですが、ガソリンを入れてエンジン始動させました。 すると向かって右側のキャブからオーバーフローしたので、タンクのサビ取りとキャブ洗浄をしました。 洗浄内容としましては各ジェットとガスケット新品。 フロート室やキャブ内部を丹念にキャブクリーナーで洗浄しました。 組み付け後タンクのサビ取りが終わってませんでしたので、ガソリンホースに直接ガソリンを入れてキックすると、やはり右側のキャブからオーバーフローしました。 症状としましては、キックしてガソリンが流れ込む度にピュッピュッと飛び出す感じです。 ドレンのネジはちゃんと締まってます。 ガソリンタンクのサビ取りが終わったので組み付け後、ガソリンを入れるとコックをリザーブでもオンでもない位置(OFFとは書いませんがおそらくOFFと同様の位置なんだと思います)に合わせてるのに、両方のキャブから勢い良くオーバーフローしました・・・。 これは負圧コックの不調なのでしょうか? 考えられる原因を教えて頂ければ助かります。 どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

  • アドレスV100の修理方法について

    "アドレスV100が走行中に排気音が大きくなり、少し走って、エンジンが止まりました。セルもキックも動くのですが、エンジンが掛りません。調べた所、燃料がプラグまで行かなくて乾いています。フューエルコックの点検で、負圧ホースを吸ったとき、フューエルホースよりガソリンが出てきました。キャブレータを調べたところ、パイロット系の詰りもありませんでした。走っていたのでオートチョーク作動不良でなく、リードバルブを交換したら直るのでしょうか?回答を宜しくお願い致します。"

  • CBR250RRのエンジンがかからない

    友人が6年くらい放置したCBR250RRのエンジンがかかりません、どうか知恵をお貸しください。 キャブはOH(キャブクリーナーにどぶ漬け&エアガンで掃除、メインとスロージェットの穴つまりなどの確認、バキュームピストンのゴムの劣化の確認、フロートバルブの掃除)、プラグの火花の状態は○、バッテリーは交換済みです。エンジンに注射器で直接ガソリンを入れてエンジンがかかるか試したところ、かかったので点火系&始動電装系の異常ではないようです。フロートにはガソリンが流れております。エアクリーナーをつけず直キャブですがタオルをかけ必要以上のエアーは入れないようにしているのですがかかる気配がありません。セルを回してマフラーに手を当てて匂いを確かめると微量ですがガソリンの匂いがあります。インシュレーターからエアーが入り混合が薄いのかとも思ったのですがゴム自体には劣化はありません。セル始動&チョークを引っ張ってもバキュームピストンが作動しないのでキャブの負圧系かと思ったのですがサービスマニュアルにはキャブ側のチューブはフューエルチューブとセカンドエアクリーナーチューブしかないようです‥詳しい方、どうか宜しくお願いします。

  • パーツクリーナー 初爆

    ずいぶん前にWOLF50(TV50M)を譲ってもらいレストアしてエンジンが始動できるようになったのですが、どうも何回キックしてもなかなか始動できません。キャブにパーツクリーナーを入れてやるとすぐに始動できるのですが、出かける前に何回もやってる暇などないので・・・キック2~3回で始動できるようにしたいです。 キャブはスロー、メインともに新品に交換済み、キャブクリーナーでの清掃もしています。 原因はなんでしょうか?

  • アドレスV100のエンジンがかかりません

    通勤で毎日使っていたアドレスV100を連休中1週間乗らなかったところ、エンジンがかからなくなってしまいました。 セルでもキックでもまったくかからず、エアフィルターを外してキャブに直接CRCを吹き入れてやるとエンジンがかかり10秒ほどアイドリングしたのちじょじょに回転数が落ちて止ります。 思いつくところをすべてチェックしたのですが原因がわからず困っています。 チェックしたところは以下 1.負圧ホース   抜けていないことを確認し、ホースも外してつまりのないことを確認しました 2.マフラーのつまり   排気口からの排気を見る限りつまりはなさそうです 3.ガソリンホース   キャブに刺さっているホースを抜いてみるとどぼどぼとガソリンがでてきていました 4.ジェットのつまり   メインジェット、パイロットジェットともにつまりはないことを確認しました 5.エアフィルターのつまり   エアフィルターを外しても現象は変わりません。 6.駆動系   あけてみましたが特に問題はなさそうです。 つい最近まで乗っていたのでガソリンは腐ってはいないはずです。CRCを吹くとエンジンはかかるので火花は飛んでいます。キャブへのホース、配線がはずれていないかすべてチェックしてOKでした。 なにか他に考えられる原因はないでしょうか。 よろしくおねがいします。

  • エンジン停止。 ご教示ください。

    ヤマハミント(91年SH50 走行450km)です。 アイドリング時は止まらずに安定していますが、走りだすと100m程度でエンジンが止まります(止まる前に必ず小さなバックファイヤが起こります。エンジン停止後のプラグはかぶっていました。)。 ガソリン、オイル、プラグ、エアクリエレメント、フュエルコックアセンブリは交換済み。 キャブは素人OH(すべて分解し、ジェット類、各穴は泡式キャブクリーナーで洗浄後、パーツクリーナーで再洗浄し、穴の視認後、組み付けました)を3回行いましたが、同じ症状がでます。 次にやるべき事が思いつきません。 よろしくご指導をお願い致します。

  • 原付フルスロットルでエンスト。

    質問失礼します。 スズキのスーパーモレのキャブを分解清掃して、ジェットの開通を確認した後、エンジンをかけてスロットルを開いてみたのですが、低域までは回るので すが、そこからは回らず、そのまま開け続けるとエンストしてしまいます。 試しに、スロットルを開けて、吸気口にキャブクリーナーを吹いてみた所、吹いている間だけ回りました。 また、エアクリーナーからキャブに繋がっているホースからキャブクリーナーを吹き続けた時にも同様でした。 これは、どの様な症状なのでしょうか? また、対策はありますか? すみませんが、どうかお願い致します。

  • エンジンをかけると、いきなりレッドゾーンまで回ってしまう

    タイトルの通りですが エンジンをかけると同時にレッドゾーンまで回ってしまいます 原因がわからないため宜しくお願いします マシンはヤマハの「DT125」(2st)です 状況としては、久々(3年ぶり?)にエンジンをかけようとしたが 動かないためキャブの分解を行い組み付けたところ 上記の状況となっています。 経緯 1.キャブ内でガソリンが腐っていたため洗浄   キャブ底の蓋を外しキャブクリーナぶっかけ&ブラシでごしごし   メインジェットが詰まっていたためごみを除去 2.洗浄後組み付けフューエルコックをひねると   キャブからガソリンが溢れ出しエンジンは掛からない 3.フロートの動きが悪いのかと思い   再度キャブ底の蓋を開き組み付け 4.エンジンをかけるといきなりレッドまで回る   パイロットエアスクリューを念のため調整するも変化なし 気になるのは、最初キャブを外そうとしたのですが スロットルケーブルの外し方がわからず諦めました その際に無理をかけたのが気になります 以上よろしくお願いします

専門家に質問してみよう