• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国民年金基金と遺族厚生年金の併給

国民年金基金と遺族厚生年金の併給 私は現在48歳、サラリーマンの妻です。夫は52歳。22歳からずっとサラリーマンです。 長らく、3号の国民年金でしたが、2年前より自営業を自分で初め、 収入が増えたので、国民年金の1号となり、同時に、職域の国民年金基金(毎月27610円)に 加入いたしました。(年収は現在500万円程度です) 将来、夫が死亡などして遺族厚生年金を受け取る立場になったときに、 自分でかけている、国民年金や、国民年金基金も一緒に受け取ることが出来るのでしょうか? もし、併給できないのならば、自分で、国民年金基金までかけるのは、意味がないのかとも 思います。 自営業者として、またサラリーマンの妻として、どのような選択がいいのか、悩んでいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5187
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • WinWave
  • ベストアンサー率71% (310/433)

老齢厚生年金は、原則として、以下の3つの要件がすべて満たされれば支給されます。 あなたは、老齢厚生年金を受給できる可能性がありますよ。 1 65歳以上である 2 厚生年金保険の被保険者期間が1か月以上ある 3 老齢基礎年金(国民年金)を受けるために必要な資格期間(25年)をクリアしている おおざっぱな言い方になりますけれども、厚生年金保険の保険料を納めていた2年間という被保険者期間と、その期間に受けた報酬(給与等)の額を元にして、老齢厚生年金の額が算出されます。 その額はわずかなものになるかもしれませんけれども、老齢厚生年金は出ます。 ですから、あなたの場合は、以下の年金を受け取れる権利(原則、65歳以降)が発生することになります。 1 あなた自身の老齢基礎年金(国民年金)[これに国民年金基金分を上乗せ] 2 あなた自身の老齢厚生年金 3 あなた自身の遺族厚生年金[厚生年金保険に入っていた夫の死亡によるもの] ここで、金額的大小関係が 遺族厚生年金 > 老齢厚生年金 となるので、自分自身の老齢厚生年金はすべて受け取れます。 併せて、自分自身の老齢基礎年金もすべて受け取れます。 そして、残りの遺族厚生年金ですが、これは全額もらえるのではなく、自分自身の老齢厚生年金の額を差し引いた残りの分だけを受け取れる、というしくみになります。 これを式であらわすと、以下のとおりとなります。 つまり、回答#1の式3になるのです。 2年分を反映した老齢厚生年金もちゃんと出る、というところがミソです。 「老齢基礎年金 + 老齢厚生年金 + (遺族厚生年金 - 老齢厚生年金)」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 遺族厚生年金というのは、自分の厚生年金の額を引いた分がもらえると理解しました。 ただ、たとえば、 老齢基礎年金 6万円 老齢厚生年金 2000円 遺族厚生年金 6万円 だとすると、結局、6万円タス2000円タス(6万円-2000円)で、12万円だと、 結果としては、 >2 老齢基礎年金 + 遺族厚生年金 の計算式では、6万円タス6万円 で12万円ということで、老齢厚生年金は あってもなくても、受給する金額は変わらないという理解でいいのでしょうか? たとえば、今後、私が55歳から厚生年金に加入するチャンスがあったとしても、 結局、受給する金額が変わらないのならば、厚生年金に加入するよりも、自分で国民年金基金を 上積みしたほうが、受給金額がアップすると理解していいのでしょうか? お礼が、再質問になってしまって申し訳ありません。 私は、#1の式3をきちんと理解できていないのかもしれないなと思っています。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • WinWave
  • ベストアンサー率71% (310/433)

あなたの国民年金保険料は、将来の老齢基礎年金に反映されます。 そして、国民年金基金の掛金は、老齢基礎年金に上乗せされる形で反映されます。 遺族厚生年金は、老齢基礎年金(国民年金基金での上乗せ分を含む)と一緒に受け取ることができます。 併給、というしくみです。 したがって、現在の国民年金保険料や国民年金基金の掛金はムダにはなりませんよ。 なお、併給できる組み合わせ(原則、65歳以降)が決まっています。 遺族年金と老齢年金に関するものだけをあげておきますが、以下のとおりです。 遺族年金には遺族基礎年金と遺族厚生年金の区別がありますし、老齢年金にも老齢基礎年金と老齢厚生年金の区別がありますので、それぞれ区別して書きますね。 1 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金 2 老齢基礎年金 + 遺族厚生年金 3 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金 + (遺族厚生年金 - 老齢厚生年金) 上の「老齢厚生年金」というのは、あなた自身に過去、厚生年金保険の被保険者だった期間があったとき(会社員やOLなどだったとき)に考慮して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

WinWaveさん こちらのシステムがよくわからず、補足というところに、再質問を書いてしまいました。 (訂正もできないみたいで、すみません) WinWaveさんのお返事とても参考になりました。 ありがとうございました<m(__)m>

質問者からの補足

お返事ありがとうございます。 大変、参考になりました。 また、少し勉強してみました。 基礎年金という言葉が入るのが国民年金の部分なのですね。 そして、基礎年金というところに、上乗せできるのが、国民年金基金なのだと理解しました。 ところで、私は過去に2年ほど厚生年金を支払った期間があります。 (その後、サラリーマンの妻の3号になる前にも自分で掛け金を払っていましたので 空白期間はありません)。これは厚生年金の部分になり、 >3 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金 + (遺族厚生年金 - 老齢厚生年金) は、老齢基礎年金(国民年金+国民年金基金)+2年分の老齢厚生年金+(遺族厚生年金-2年分の老齢厚生年金)ということになり、2年分の老齢厚生年金は存在しないということでしょうか?。 しかしながら、厚生年金には2年しか加入していなければ、受給資格がないので、 2 老齢基礎年金 + 遺族厚生年金 という理解でいいのでしょうか? 追加の質問申し訳ありません。 お返事頂けますと嬉しいです。

関連するQ&A

  • 国民年金基金と厚生年金の違いについて詳しく教えてく

    国民年金基金と厚生年金の違いについて詳しく教えてください。 国民年金というのは20歳以上の日本国民全員が支払いますよね。その上に積み上げる年金として厚生年金と国民年金基金に別れますね。 厚生年金は会社員と会社が半分づつ支払うということは知ってます。私は個人事業主なので厚生年金には入れません。なので国民年金基金を積み上げようか、株式会社にして厚生年金に入ろうか検討中です。 同じ金額積み上げた場合に、将来どのような違いが出てくるでしょうか? 100歳まで生きた場合はどちらがお得でしょうか?

  • 国民年金基金と厚生年金基金

    我が家は現状は国保で国民年金を払ってます 国民年金基金に入ろうと資料をみたところ、 35歳を基準に受給額と納付額が変わるので入るなら35歳になるまでに と思ってました 最近になって、会社の厚生年金に入れると知り、悩んでます 夫が現在働いている会社で厚生年金に、もし入るとしたら国民年金基金には入れなくなりますが厚生年金基金には入れると思います(たぶん) たとえば、厚生年金基金に入り、その後退職して国民年金基金へ移行というのは可能なんでしょうか? もしその時に国民年金基金へは「新規加入扱い」となると損だと思います 夫は6月末で35になります うちの場合は 国民年金のまま国民年金基金に入ったほうがいいのでしょうか? 自分で調べようとしたんですがちんぷんかんぷんでした 詳しい方教えてください

  • 国民年金基金と厚生年金はどっちがいいのでしょうか?

    国民年金基金と厚生年金はどっちがいいのでしょうか? 現在、個人事業主として都内でふぐ料理屋を営んでおります。今年で36歳になる男です。 22歳の時から国民年金を支払ってきたのですが、よくよく考えたら会社員などは厚生年金を払っているので将来、老後の暮らしは厚生年金をもらえる方が全然いいじゃないですか! 個人事業主なので厚生年金には入れません。 なので国民年金基金で厚生年金以上に将来たくさんお金がもらえるようにしたいと思います。 けど厚生年金の場合は僕が死んだ場合にも奥さんにも年金が支払われるといった特典があるそうじゃないですか! 厚生年金と国民年金基金の違いは他にはなにかありますか? 100歳まではバリバリ生きたいので、どちらがいいか教えて頂きたいです。

  • 国民年金基金と厚生年金の関係

    現在、国民年金・基金の加入をしています。就職が決まり、厚生年金に加入することになると、この国民年金基金はどうなるのですか? また、もし仕事を辞めてしまって、国民年金に再度加入した場合は国民年金基金は新規に加入しないといけないのですか?

  • 共働き妻の「過去の未納」+「過去の厚生年金」+「国民年金基金」

    共働き妻の「過去の未納」+「過去の厚生年金」+「国民年金基金」 タイトルが長くて申し訳ありません。 私は転勤族サラリーマンの妻で、職を転々としております。 この度、私自身の年金がどうなるかを色々調べたのですが、 以下の3点について、あっているか不安なので教えてください。 (1)妻の老齢基礎年金は、生涯妻自身の記録に基づいて払われるので、 妻自身の結婚前に国民年金未納期間がある分は、10年追納の改正がきたら払っておくべき。 妻の老齢厚生年金については夫死亡の場合、夫の遺族厚生年金(死亡した夫の老齢厚生年金の4分の3)のほうを選ぶと実質消えるが、老齢基礎年金は一生、夫は夫、妻は妻。 (2)この先、社会保険ありの会社につとめて厚生年金加入していても、夫婦揃っているときは妻の分も需給できるので問題ないが、夫が死亡した場合、夫の老齢厚生年金の4分の3を超えるほど妻の老齢厚生年金がなければ、その分は実質消える。 (3)妻に数年間厚生年金加入の過去があり、この先社会保険なしの個人事務所などに勤め国民年金基金に加入した場合、夫婦揃っているとき妻の年金は、妻自身の老齢基礎年金+数年分の老齢厚生年金+国民年金基金。 そして夫死亡後は、夫の遺族厚生年金選択の場合、妻自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金+妻自身の国民年金基金。つまり国民年金基金はどの条件下でも受給できる。 書いていても混乱します。わかりにくかったらすみません。 私が勘違いしている箇所があったら教えて頂けたらとっても嬉しいです。

  • 国民年金から厚生年金に切り替えるには?

    よろしくお願いします。 10年近く、国民年金と国民年金基金に加入し、支払いつづけてきました。 ところが、このたび就職することになりました。 会社は社会保険に入っているので、自分も国民年金から厚生年金に切り替えないといけないと思います。 (まだ会社の方と具体的な話をしていないので、自分の考えですが) 就職はうれしいんですが、10年間もがんばって払ってきた国民年金がパァになるのかと思うと、正直残念でなりません。 そこで考えたのですが、10年間支払った国民年金を活かせるような方法ってないでしょうか? 例えば、国民年金の支払分を厚生年金に継続できるような。 国民年金基金のことは、さらによく分かりません。 厚生年金に変わっても加入しつづけていられるのでしょうか? だめだとしたら、支払分が損で終わらないような方法はないでしょうか? どなたかお答えお願いします!

  • 厚生年金と国民年金

    今まで、国民健康保険と国民年金(妻と子供の分も)と国民年金基金(妻の分も)を支払ってましたが、今度、会社に勤めることになりました。 この場合、私は、国保と国民年金と基金をやめなくてはならないと聞きました。その代わりに会社の健康保険と厚生年金に加入するのだと。 この場合、今までと同様に、妻と子供の国民年金や、妻の年金基金について、 入れるものなら入っていたいのですが、やめなくてはならないのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 夫は厚生年金、私は国民年金+国民年金基金

    年金受給のしくみについての質問です。 夫は、会社勤めをしており、厚生年金に加入。 私はフリーランスの仕事で、国民年金+国民年金基金に加入しております。 夫婦共に年金受給の年齢になった場合(退職し)、それぞれがそれぞれの年金受給をうけれるのでしょうか? そして、どちらかが先になくなった場合、例えば夫がなくなった場合は、夫の遺族年金+私の国民年金+国民年金基金両方受給できるのでしょうか? 両方受給できると理解し、国民年金基金に加入しているのですが。。。 それとも、どちらか選択になるのでしょうか? 年金受給年齢になっても、子供はまだ未成年の年齢ですので、 子供の進学や、生活の経済的心配がありますので、 私の基金を脱会し、貯金にしたほうが良いのか迷っております。

  • 遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか?

    遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか? 厚生年金の遺族厚生年金と国民年金の寡婦年金の受給資格があります。 60から65歳までの間、両方の年金を併給することは可能でしょうか? 可能なら遺族厚生年金+寡婦年金を選択し、 不可能なら遺族厚生年金+死亡一時金を請求しようと思っています。 よろしくお願いいたします。

  • 国民年金基金と厚生年金

    こんにちは。 会社が厚生年金に加入していないので国民年金基金に入ろうか迷っています。 基金の説明を読んでもよくわからないのですが、一口1万というのは今の13580円+1万をはらうんでしょうか?このぐらいで厚生年金と同じくらいの効果はあるのでしょうか? また、基金をはらってもやっぱり厚生年金のほうがお得なんでしょうか?