• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

老齢厚生年金と遺族厚生年金の併給の仕組みについて教えてください。

老齢厚生年金と遺族厚生年金の併給の仕組みについて教えてください。 平成19年4月から、老齢厚生年金と遺族厚生年金の併給の仕組みが 変わったという話を聞きました。次のような事例の場合、新しい併給 調整の仕組みにより計算した場合の年金額について教えてください。 (事例)  A子さん(45歳)は、平成20年に夫に先立たれ、現在、遺族基礎  年金と遺族厚生年金を受給している。現在受給中の遺族厚生年金が  75万円、65歳からの老齢基礎年金が72万円、老齢厚生年金が  52万円であるとした場合、65歳から実際に支給される年金の内訳  およびその合計額は?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

事例の場合は、65歳以降になると以下のとおり。 <事例> A子さん(45歳)は、平成20年に夫に先立たれ、 現在、遺族基礎年金と遺族厚生年金を受給している。 現在受給中の遺族厚生年金が75万円、 65歳からの老齢基礎年金が72万円、 老齢厚生年金が52万円であるとした場合、 65歳から実際に支給される年金の内訳およびその合計額は? <試算の手順> 1.自分自身の老齢厚生年金は全額受給 ⇒ 52万円 2.遺族厚生年金の額と、自分自身の老齢厚生年金の額を比較   ・遺族厚生年金 = 以下の4で出す76万円(75万円ではない)   ・老齢厚生年金 = 52万円 3.遺族厚生年金 > 老齢厚生年金 となるので、   遺族厚生年金 - 老齢厚生年金を支給   ・遺族厚生年金 - 老齢厚生年金 = 76万円 - 52万円 = 24万円 4.合計受給額 = 1 + 4 + 老齢基礎年金 = 148万円   (= 52万円 + 24万円 + 72万円) <注意> 上での遺族厚生年金の計算 = 下記AとBのうち、いずれか高いほうを選択  A.配偶者の死亡による遺族厚生年金 = 75万円  B.A × 3分の2 + 老齢厚生年金 × 2分の1 = 76万円  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遺族厚生年金額からして単純に75万円となるわけ ではないのですね。<注意>の部分を知らなかった もので、遺族厚生年金額をそのまま75万円として そのあとの計算をしていくものだと思い込んでいま した。ご解説をいただき、やっと理解できました。 丁寧なご回答ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

遺族基礎年金は、18歳未満(障害1級2級の場合は20歳未満)の子供がいる妻(配偶者ではありません)に出る年金です。 従って、子供さんが該当の年齢になるまでは、 遺族厚生年金(75万円) + 遺族基礎年金(子供一人の場合102万円、2人の場合1247900円) 子供さんが18歳を越えて初めて迎える3月31日以降、65歳までは、 遺族厚生年金(75万円) + 中高齢寡婦加算(594200円) A子さんが65歳を迎えて以降 遺族厚生年金 + 老齢厚生年金 + 経過的寡婦加算 + 老齢基礎年金 が基本ですが、A子さんはご自身の老齢厚生年金(52万円)があるので、遺族厚生年金は減額になります。 遺族厚生年金(75万円)ー老齢厚生年金(52万円)=23万円です 23万円 + 52万円 + 19900円 + 72万円 です。 改正以前より、厳しくなっていると思います。 遺族厚生年金 + 老齢厚生年金 + 経過的寡婦加算 + 老齢基礎年金 と 遺族厚生年金 + 経過的寡婦加算 + 老齢基礎年金 は同じ金額になりますが、 遺族厚生年金は、非課税なのです。 つまり、52万円にかかる税金の分だけ、手取り額は減ってしまうのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

回答 No.2 を以下のとおり、訂正いたします。 記述に改正前・改正後が入り交じってしまいました。 申し訳ありません。 【正(訂正したもの)】 お書きになっておられるとおり、平成19年4月から変わりましたね。 概要を図示したものが http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/n2007/henko.htm#03 です。 また、具体的な詳細や計算方法および受給方法(選択する)は http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/kaisei_ans03.htm#qa01 に 示されたとおりです。 ご面倒でも、上述の URL を参照して計算なさってみて下さい。 また、余談ですが、 さらに障害年金がからむ場合には、もっと複雑になり、 http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/heikyu.pdf の 7ページ目の 事例集のA~Fの6つの選択肢から1つを選ぶ必要がありますが、 こちらも、遺族厚生年金にかかわる部分は 同様に、改正後のやり方で、上述の URL のように読み替えます。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

お書きになっておられるとおり、平成19年4月から変わりましたね。 概要を図示したものが http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/n2007/henko.htm#03 です。 また、具体的な詳細や計算方法および受給方法(選択する)は http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/kaisei_ans03.htm#qa01 に 示されたとおりです。 選択、と書きましたが、 受給合計額を見て組み合わせを選択するために、 ご質問の答えとして単純な合計額を出すことはできませんから、 ご面倒でも、上述の URL を参照して計算なさってみて下さい。 また、余談ですが、 さらに障害年金がからむ場合には、もっと複雑になり、 http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/heikyu.pdf の 7ページ目の 事例集のA~Fの6つの選択肢から1つを選ぶ必要があります。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

よく分かりませんが、 まず、老齢基礎年金は、72万円受給できます。 75-52=23万 この分が遺族厚生年金として、 52万円が老齢厚生年金として、受給できます。 合計は、72+23+52=147万円。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 年金の併給

    当方、社会保険労務士の受験生です。 併給につき、気がついた事柄の確認です。 [遺族基礎年金]と[遺族厚生年金]と「老齢厚生年金」は、併給される、と理解していました。 が、正しくは、[遺族基礎年金]と[遺族厚生年金]と[老齢厚生年金]は併給されない、でした。 A.[遺族基礎年金と遺族厚生年金]---支給事由が同じであるので、当たり前 B。[老齢厚生年金]と[遺族厚生年金]--65歳以上であれば、H19.4以降可能となった。    遺族厚生年金の額:      原則額=[老齢厚生年金]X3/4 ----60条1項1号(遺族基礎年金を受給する場合)      Max{[原則額]、[老齢厚生年金X1/2+遺族厚生年金X1/2] }                         ----60条1項2号(老齢、退職の年金受給権を有する配偶者) 60条1項1号、2号の記述でもって、[遺族基礎年金]と[遺族厚生年金]と「老齢厚生年金」は、併給されないということになる。 1号は、短期要件と一致しますが、2号は、長期要件のうちの老齢厚生年金の受給権者のみ。 コメントいただければ幸いです。

  • 障害基礎年金と遺族厚生年金の併給について

    こんばんは。お尋ねします。 社労士試験の過去問に下記のような問題があります。 「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合において、支給停止されるべき障害基礎年金の支払が行われたときは、その支払われた額については、遺族厚生年金の内払いとみなすことができる。(答えは○)」 「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合」とありますが、そもそも両年金は併給が可能で、選択の可能性がないのではないでしょうか? 「障害基礎年金と遺族厚生年金は併給可能」というルールと問題文のケースとの相違や、私の勘違いにつきましてお手数ですがご指摘いただきたく存じます。 宜しくお願い致します。

  • 遺族厚生年金と老齢厚生年金との併給について

    遺族厚生年金と老齢厚生年金との併給について 現在遺族年金をもらっており、厚生年金にも加入しています。 65歳になったので裁定請求し、自分の年金をもらい始めました。 窓口で、自分の年金が反映されるので、今までかけた厚生年金は掛け捨てでは ないような説明を受けました。 しかし、結局今までもらってた65歳未満の金額と同じなんです。 自分の老齢厚生年金が多かったら、遺族厚生年金が減るし、 自分の年金がなければ遺族厚生年金はそのままなんですよね? だったら厚生年金に加入していなくても金額が変わらないのであれば 入らなくて良かったと思い損した気分です。 この考えは正しいでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 遺族厚生年金について教えて頂けますか?

    私の父と母なのですが、10年前に離婚しています。 父は現在65歳で、老齢厚生年金を年額180万、 老齢基礎年金を年額50万受給しています。 母は現在60歳ですが、現時点で、基礎年金のカラ期間が 20年分あるのみです。 保険料を納めた実績は全くありません。 よって基礎年金の受給権はありません。 今から65歳までの5年間、13300円を払い続けたとしても、 加入年数は一応25年には達しますが、 受給年金額は月7000円位にしかならないそうです。 なので支払う気はもう無いようです。 最近、介護の問題などで諸事情があり、 父と母が復縁する事になったのですが、 そうなると、父に万が一の事があった場合、 現在父が受給している半分の額を遺族年金として母が受給できる、 と社会保険事務所の方がおっしゃっていました。 普通の人の場合、「自分自身の基礎年金+夫が受給していた年金の半分の額」を受給できるんでしょうが、 母の場合、自身の基礎年金は全く無いわけですから、 父が受給している年金の半分の額が 遺族年金として受給されるわけですか? ちなみに、この「半分」というのは、「厚生年金の半分」を指すのですよね?「基礎年金もひっくるめた額の半分」ではないですよね? あるHPには「遺族厚生年金は、夫がもらえるはずだった 老齢厚生年金の3/4を受給する事ができます」と書いてあったのですが、これはどちらが正しいのでしょうか?

  • こんなケースで年金の併給はできますか?

     夫は老齢基礎年金と老齢厚生年金をもらっており、妻は障害基礎年金と障害厚生年金をもらっているとします。夫が亡くなった場合、妻は障害基礎年金と障害厚生年金、および、遺族厚生年金を併給することができますか。  また、上記のケースで、妻が障害基礎年金と老齢厚生年金をもらっていた場合は、障害基礎年金と老齢厚生年金、および、遺族厚生年金を併給することができますか。  どなたか教えてください。

  • 遺族年金の選択についてお聞きしたいです

    年金に関して質問させて頂きます。 76才の父が20日程前に亡くなりまして、73才の母が遺族年金を受給する手続きを、長女の私がすすめています。 年金事務所に書類を揃えて行きましたところ、年金の併給の選択肢が2つありますので選んでください、というお話しがありました。 まず、選択肢Aですが、老齢基礎年金と老齢厚生年金、遺族厚生年金と寡婦年金、4つの併給 そして、選択肢Bですが、老齢厚生年金と障害基礎年金、遺族厚生年金3つの併給だそうです。 年間の見込み額が、選択肢Aのほうが24万7千円高いのですが、老齢基礎年金と老齢厚生年金は課税があるのと、健康保険料の額が変わってくるので、見込み額が変わってきます、ただ課税の額や保険料の額については年金事務所ではわかりません、とご説明がありました。 老齢基礎年金と老齢厚生年金の課税額はどのくらいになるのでしょうか。 また健康保険料はどのくらい変わってくるものでしょうか。 選択肢Aを選んでよいものか迷っています。 捕捉させていただくと、父が厚生年金を支払っていた期間は40年以上で、母が障害年金を貰っている期間は25年以上、私は30代未婚で、働いて厚生年金を収めています。 年金に関する知識がないものですから、教えて頂けましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか?

    遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか? 厚生年金の遺族厚生年金と国民年金の寡婦年金の受給資格があります。 60から65歳までの間、両方の年金を併給することは可能でしょうか? 可能なら遺族厚生年金+寡婦年金を選択し、 不可能なら遺族厚生年金+死亡一時金を請求しようと思っています。 よろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金の計算方法について

    遺族厚生年金の計算方法と金額を教えてください。 また遺族厚生年金の他に受給できる年金と金額を教えてください。 【夫が死亡した際に、妻が遺族厚生年金を受給するケース】 夫(67歳)が現在受給している年金:老齢基礎年金(約77万円)・老齢厚生年金(約120万円) 妻(65歳)が現在受給している年金:障害基礎年金(約96万円)・老齢厚生年金(約13万円) 宜しくお願いいたします。

  • 老齢厚生年金をもらっている夫が無くなったら妻が遺族厚生年金をもらえるか?

    表題の通りなのですが 老齢厚生年金をもらっている夫がなくなった場合、妻は遺族厚生年金を受け取ることができるのでしょうか? 当然、夫が老齢厚生年金をもらう前に亡くなった場合は遺族厚生年金を妻が受け取ることができると思いますが夫が既に年金受給中はどうなのでしょう。 また、 ・夫(基礎・厚生年金受給中) ・妻(基礎年金受給中) ・子供(会社員・独身) が同居していて、子供が亡くなった場合は両親に遺族厚生年金が払われると思います。 その場合、夫に支給するか妻に支給するかは任意に決めることができるのでしょうか? 例えば上記の場合、妻に支給するようにすることはできるのですか?

  • 65歳からの遺族厚生年金の額について

    遺族厚生年金の説明について 下記サイトを見ておかしいと思ったところがあります。。 https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150424.html 65歳以上の遺族厚生年金の受給権者が、自身の老齢厚生年金の受給権を有する場合 のパートの部分です。 ここでは、 (※)遺族厚生年金の額について 遺族厚生年金の受給権者が死亡した方の配偶者である場合、その遺族厚生年金は、 1.亡くなられた方の老齢厚生年金額の3/4 2.亡くなられた方の老齢厚生年金額の1/2 + ご自身の老齢厚生年金額の1/2 の2通りの計算方法があり、いずれか多い額が支給されます。 この (※)遺族厚生年金の額について という表現はおかしく、 (※)65歳からの「亡くなられた遺族厚生年金の額」と「ご自身の老齢厚生年金額」の総額について とすべきかと思うのですがいかがでしょうか? 65歳になった段階で自身の老齢厚生年金額が少なからずある場合、例え「遺族厚生年金」しかもらっていないときと支給額が変わらなくても、 内訳として一部は自分の老齢厚生年になるんですよね?