• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国民年金基金と厚生年金基金

我が家は現状は国保で国民年金を払ってます 国民年金基金に入ろうと資料をみたところ、 35歳を基準に受給額と納付額が変わるので入るなら35歳になるまでに と思ってました 最近になって、会社の厚生年金に入れると知り、悩んでます 夫が現在働いている会社で厚生年金に、もし入るとしたら国民年金基金には入れなくなりますが厚生年金基金には入れると思います(たぶん) たとえば、厚生年金基金に入り、その後退職して国民年金基金へ移行というのは可能なんでしょうか? もしその時に国民年金基金へは「新規加入扱い」となると損だと思います 夫は6月末で35になります うちの場合は 国民年金のまま国民年金基金に入ったほうがいいのでしょうか? 自分で調べようとしたんですがちんぷんかんぷんでした 詳しい方教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3849
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • VGR
  • ベストアンサー率31% (62/197)

VGRです。 厚生年金+厚生年金基金の方が、会社も半分以上負担してくれるのでお得ですが、ご主人のお考えが変わらないなら仕方ないですね・・・ >うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。 なにか誤解があるようですが・・・ 年金保険と生命保険は合算しません。それぞれが控除の対象になります。 保険会社から、年間保険料の証明書が秋頃に郵送されてくるはずです。 会社にお勤めなら会社に提出し、年末調整してくれます。 自分で確定申告するなら、申告書に添付し提出します。 1円以上(上限は10万円)支払っていれば控除されると思います。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/1140.htm 私は素人なので、専門家にご相談してみてはどうでしょうか? 厚生年金+厚生年金基金の方が、本当に得なのかどうかわかりますし、ご主人も納得されるのではないでしょうか? ↓ご参考にして下さい。 http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/ 国民の義務として私も年金を払ってますが、確実に貰いたいですよね(~_~)

参考URL:
http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#11466
noname#11466

一点勘違いしている点があるので申し上げておきますと、 民間の年金保険や生命保険料の控除と、国民年金基金や国民年金などの公的な年金の控除は全く別物です。 生命保険料控除...生命保険、年金保険それぞれについて支払った保険料の一部のみが控除対象で、max10万まで。 社会保険料控除...国民年金、国民年金基金、厚生年金、厚生年金基金の保険料「全額」が控除できる。(あと健康保険も同じ) 金額の上限はありません。 非常に有利になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

少し誤解があるようです。 ”厚生年金に加入できる”という解釈は間違っており 厚生年金加入は”厚生年金適用事業所”に正社員相当として勤める事により発生する義務です。 *厚生年金適用事業所=法人もしくは5人以上の従業員のいる個人事業所 *正社員相当=正社員の3/4以上働く(パートやバイトも同じ) 入らなくていいとか選択できるとか言う代物ではありません。 但し現実問題として、適用事業所が適用逃れ等をしていたり、一部の社員のみだったりパートやバイトを除外していたりするのは事実です。 最初に義務と言いましたが”権利”であるといってもよいです。 厚生年金は先の回答にもある通り、労使折半と言って雇用者側が半額負担します。また3号被保険者といって配偶者の国民年金保険料も制度全体から拠出されますので、世帯としてみた場合、御質問者の年金保険料分家計が助かります。 よって厚生年金に入りたいのに会社が義務を果たしていなくて困っている労働者は沢山居ます(御主人はその一人であると考えます)。待遇の厚い厚生年金は国民年金の受給資格が発生した際、一ヶ月の加入から適用されます。掛けた分は確実に将来に帰ってくること等を考え併せ、加入を推奨します。 尚、会社側が認めてくれない場合、社会保険事務所に連絡することで行政指導がなされます(義務ですから)。匿名でも受け付けてくれます。今回は”入れる”と言ってるぐらいですから大丈夫でしょうが・・・”入れる”と言っている会社はちょっと危ない感じです。 厚生年金と社会保険は標準報酬月額により御主人の収入により保険料(税)が決まります。国民年金は夫婦分、国民健康保険は世帯人数もありますのでどう考えても社保でしょう^^ また、国民年金基金についてかなり調べられたと思いますが、御主人が退職後は夫婦共に付加年金も考えてみるとよいかもしれませんね^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#11466
noname#11466

基本的に「年金基金」はいわゆる民間の年金保険と同じく積み立てて運用してもらい、給付を受けるタイプの物です。違いがあるとすれば、公的な年金基金の場合には、全額税控除できるとか、差し押さえが出来ないようになっている(破産でも失わない)とかですね。 で、国民年金基金に加入していて、今度厚生年金になったという場合には、国民年金基金はそのまま払い込んだ保険料までで運用されて老後に受け取ります。 厚生年金基金も同様です。 ですから、加入したいと思う時期に加入して良いですよ。途中で抜けてもまた、国民年金1号被保険者に戻れば再加入もできますし。 ただ両者を比較すると厚生年金や厚生年金基金の方が半分以上会社が負担してくれることから得であることは確かです。(まあ考え方にもよりますけど)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • VGR
  • ベストアンサー率31% (62/197)

訂正です。 簡単に説明したつもりですが、ありましたらまたお聞き下さい。 は、簡単に説明したつもりですが、何かありましたらまたお聞き下さい。 です。 >もしその時に国民年金基金へは「新規加入扱い」となると損だと思います。 これは保険会社や銀行でも売っている「年金保険」に加入してはどうでしょうか。 これは積み立て式で、将来もらえる年金の上乗せ部分を自分で貯めるものです。貯金や預金と同じですね。 国民年基金と同じようなものですが、年末調整(確定申告)時に生命保険と同じ様に控除を受けられますのでお得ですよ。 (ただし、控除には一定条件がありますので注意下さい)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます うちは今後、2年程度で退職する可能性?があるので それから国民年金基金へ変えると37歳。35歳と比べると 受給額が全然違うらしいのです うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。 私は単純に厚生年金+厚生年金基金がいいのですが 夫は国民年金基金の加入年齢が気になって 悩んでます いつリストラや倒産にあうか判らないので・・・・

  • 回答No.1
  • VGR
  • ベストアンサー率31% (62/197)

会社に厚生年金があるなら、すぐに加入した方がいいです。 厚生年金基金もあるなら、それも加入して下さい。(たぶん、会社で自動的に加入させられます。) 厚生年金は、国民年金(13、580円)をベースにして+上乗せ分になります。(その上乗せ分は人それぞれ違います) その厚生年金は、会社と加入者が負担する事になります。(負担割合は、すみませんがわかりません。) 国民年金しか加入できない方達は、厚生年金の中の「上乗せ分」が不足している為、年金受給金額が厚生年金をかけていた方達よりとても少なかったのです。 その少ない部分を補う為、国民年基金ができました。 国民年金+国民年金基金をかけて、厚生年金に近づけ様としたのです。 ですので、厚生年金があれば入る事をお勧めします。 厚生年金基金と国民年金基金は、全く別の会社で運営してるので移行する事は無理です。 どちらかをやめたら、どちらかに新たに入る事になります。 また、厚生年金の方が国民年金基金には入れません。 国民年金の方は国民年金基金にしか入れないのです。 簡単に説明したつもりですが、ありましたらまたお聞き下さい。

参考URL:
http://www.zenkuren.or.jp/nenkin/kokumin.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 厚生年金基金について

    以前に勤めていた会社では厚生年金と、厚生年金基金に入っていました。その後退社して、何年かは仕事をしても年金は国民年金に入っていました。つまり会社の方では年金は入っていませんでした。今年から新たに勤めるようになった会社では又厚生年金に入れるので入ろうかと思っています。その新しい会社には厚生年金基金はないようです。そこで質問です。 (A)新しい会社の方では、手続きをしますので国民年金手帳と雇用保険被保険者証を持ってきてくださいとの事でした。それは持っていくとして、そこで以前の会社を辞めたときに「厚生年金基金連合会」からハガキがきて、「あなたが加入していた厚生年金基金に係る年金に至支給義務を平成8年○月○日付けで厚生年金基金連合会が承継しましたので通知します」という内容でした。これらのハガキも持参して伝えておいたほうがいいのでしょうか? これは関係ないのでしょうか? ちなみに以前の会社は倒産しています。 (B)またもし新しい会社に厚生年金基金があれば以前の会社分と合算されて将来支給されるのですか?それとも今後厚生年金基金のある会社に勤めても継承はされないのでしょうか? その厚生年金基金連合会のハガキには「将来支払われる年金額(見込額)、×××円」と書いてありますが・・・。

  • 国民年金基金と厚生年金の違いについて詳しく教えてく

    国民年金基金と厚生年金の違いについて詳しく教えてください。 国民年金というのは20歳以上の日本国民全員が支払いますよね。その上に積み上げる年金として厚生年金と国民年金基金に別れますね。 厚生年金は会社員と会社が半分づつ支払うということは知ってます。私は個人事業主なので厚生年金には入れません。なので国民年金基金を積み上げようか、株式会社にして厚生年金に入ろうか検討中です。 同じ金額積み上げた場合に、将来どのような違いが出てくるでしょうか? 100歳まで生きた場合はどちらがお得でしょうか?

  • 国民年金基金について

    以前より国民年金の保険料を納め、更に国民年金基金(地域型)にも加入し納めていました。 この4月1日より就職のため、社保、厚生年金に変わりました。国民年金!厚生年金、国保!社保はスムーズに手続きが終わったのですが、国民年金基金の方からは何の連絡もないままです。 厚生年金に変わったとしても特に国民年金基金から外れる必要は無いのでしょうか? 厚生年金になったとはいえ、納付される保険料が少なく、国民年金の時とほとんど変わらぬ程の年金しか貰えないのではないでしょうか?このまま社保、厚生年金、国民年金基金という3本立てで、保険料を納めて続けることは可能でしょうか? メリット、デメリットを教えてください。

  • 厚生年金基金について

    8年ほど厚生年金基金に加入していて退職し 年額17万ほどの支給があるとの通知を 受け取りました。 その後会社勤めはせず国民年金は60歳まで支払う つもりですが、その場合老後は国民年金(約年80万)と厚生年金基金 (約年17万)と厚生年金分?はもらえるのでしょうか? もし厚生年金分がもらえるならだいたいどのぐらいの きんがくになりますでしょうか? 大体で結構ですので教えてください

  • 国民年金基金と厚生年金はどっちがいいのでしょうか?

    国民年金基金と厚生年金はどっちがいいのでしょうか? 現在、個人事業主として都内でふぐ料理屋を営んでおります。今年で36歳になる男です。 22歳の時から国民年金を支払ってきたのですが、よくよく考えたら会社員などは厚生年金を払っているので将来、老後の暮らしは厚生年金をもらえる方が全然いいじゃないですか! 個人事業主なので厚生年金には入れません。 なので国民年金基金で厚生年金以上に将来たくさんお金がもらえるようにしたいと思います。 けど厚生年金の場合は僕が死んだ場合にも奥さんにも年金が支払われるといった特典があるそうじゃないですか! 厚生年金と国民年金基金の違いは他にはなにかありますか? 100歳まではバリバリ生きたいので、どちらがいいか教えて頂きたいです。

  • 国民年金から厚生年金に切り替えるには?

    よろしくお願いします。 10年近く、国民年金と国民年金基金に加入し、支払いつづけてきました。 ところが、このたび就職することになりました。 会社は社会保険に入っているので、自分も国民年金から厚生年金に切り替えないといけないと思います。 (まだ会社の方と具体的な話をしていないので、自分の考えですが) 就職はうれしいんですが、10年間もがんばって払ってきた国民年金がパァになるのかと思うと、正直残念でなりません。 そこで考えたのですが、10年間支払った国民年金を活かせるような方法ってないでしょうか? 例えば、国民年金の支払分を厚生年金に継続できるような。 国民年金基金のことは、さらによく分かりません。 厚生年金に変わっても加入しつづけていられるのでしょうか? だめだとしたら、支払分が損で終わらないような方法はないでしょうか? どなたかお答えお願いします!

  • 国民年金基金について

    国民年金基金への誘いがありました。 私は19年間会社の厚生年金と4年間厚生年金基金に加入していましたが、 退職して以後5年間国民年金に加入しています。 これから国民年金基金にはいって65歳からの年金受取額を 増やしたいと思うのですが、その場合厚生年金と厚生年金基金との兼ね合いはどうなるのでしょうか。 せっかく国民年金基金にはいってもその上積み分は年金の受給が始まって、19年後からの受け取りになるのでしょうか、それとも4年後からになるのでしょうか。 ご存知の方よろしくお教えください。

  • (国民年金+国民年金基金)を厚生年金に変えると受取額はどうなるのでしょう?

     1人で法人を経営している者です。法的には法人なので厚生年金には入らなければならないのですが、実際のところ損か得かを知りたいです。  現在30歳です。20歳の頃から  国民年金(当時はもっと安かったけど)14200円+国民年金基金20550円=月額34750円  を払っています。現状の取り決めからいくと、60歳まで払って65歳になると、  国民年金67000円+国民年金基金154383円=月額221383円を  受け取ることになるかと思います。  これを厚生年金に替えた場合、  現在、給料を年収3784000円程度に設定しているので  厚生年金会社負担 24560円 本人負担 24560円で合計49120円  ほど(若干の差異はあるかもしれませんが)になるかと思います。     1人法人なので、会社負担も個人負担もほぼ関係ないので  厚生年金の月額掛け金は49120円とします。  その場合、今までかけた国民年金基金はどうなるのか?そして、65歳時点で一体、どれほどの受取額になるのかを知りたく思っております。まさか月額221383円を下回ったりしないよなあ、とか不安になったりもしています。  もしかしたら、別に厚生年金にする必要もないかとも思っております。将来、インフレもあれば、少子高齢化だのいろいろあって現状での基準など当てにならないかもしれませんが、今の状態で、(国民年金+基金)を厚生年金に替えることは損なのか、得なのか?それを知りたく思っています。よろしくお願いいたします。    ※法人なので入るのは当たり前、入らないのは違法という話は、今回、抜きにして教えて頂ければ幸いです。

  • 厚生年金基金

    厚生年金基金についてなんですが、 恥ずかしい話ですが、 現在43歳主婦です。 自営業です。 25年ほど前にOLをしてまして、 厚生年金基金を9年ほど収めていて、 年金手帳には、 年額9300円受け取れるとあるのですが、 会社を辞めてから、 自営業であまり収入もなく、 国民年金を一度も払ってません。 厚生年金基金だけでも、もらえれるんでしょうか? 問い合わせ先や、よいアドバイス お願いします。

  • 国民年金基金と厚生年金の関係

    現在、国民年金・基金の加入をしています。就職が決まり、厚生年金に加入することになると、この国民年金基金はどうなるのですか? また、もし仕事を辞めてしまって、国民年金に再度加入した場合は国民年金基金は新規に加入しないといけないのですか?