• ベストアンサー
  • 困ってます

遺族年金と国民年金の差について・・・

遺族年金と国民年金の差について・・・ 母が現在58歳です。父が6年前に亡くなって、52歳の時から遺族年金を受給しております。 その際国民年金も同時に納め始めました。平成元年から第3号になって60歳くらいで25年の 満期になるという計算らしいのですが、確か遺族年金と国民年金は別で、同時にはもらえない と思ったのですが、どうなんでしょうか? もし両方もらえない場合は、国民年金を支払う必要はないと思うのですが、その辺詳しい方 いらっしゃいましたら教えていただけませんか? ちなみに父はサラリーマンで、厚生年金を納めておりました。遺族年金は年150万近くもらって いるそうです。 あと60歳以降、遺族年金が減額されると聞いたのですが、基本額・加給年金額のうち加給年金額 のほうがなくなるということで合っているでしょうか?(基本約100万・加給年金約50万) ねんきん定期便が着まして、国民年金ではもらえる受給額は65歳から73万もらえる予定と書いて ありました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • WinWave
  • ベストアンサー率71% (312/435)

回答の文字化けが起こってしまっているかもしれません。 正しくは、次のように書いています。 1 自分自身の老齢基礎年金は全額受給できる 2 自分自身の老齢厚生年金は全額受給できる 3 自分自身の遺族厚生年金額と自分自身の老齢厚生年金の額を比較して、自分自身の老齢厚生年金のほうが少額の場合には、その差額を遺族厚生年金として受給する。 (遺族厚生年金の額のうち、自分自身の老齢厚生年金に相当する額は支給停止になる)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございます。 こういうのには詳しい母だとは思ってましたが、やっぱり年金は難しいですねぇ。 計算したら父の遺族年金のほうがどうみても上でした・・・。 社会保険庁の人にも何度も話を聞いたりしたのに黙ってたと思うとなんだか腹ただしい気分にも なります。仕事なのはわかりますが、収入がない母が将来を危惧して払っていたというのに何の アドバイスもないのは、やはり無知は罪なのですかね。 さっそく教えてあげようと思います。ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • WinWave
  • ベストアンサー率71% (312/435)

平成19年3月31日までに遺族厚生年金の受給権者になっているので、法改正前のしくみが適用され、65歳以降は、以下の3つのうちのどれか1つを選択することになります。質問者さんはこちらです。 いちばん受給額が多くなるものを選択して下さい。 1  自分自身の老齢基礎年金 + 自分自身の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金の4分の3) 2  自分自身の老齢基礎年金 + 自分自身の老齢厚生年金 3  自分自身の老齢基礎年金 + 自分自身の老齢厚生年金の2分の1 + 自分自身の遺族厚生年金の3分の2 一方、平成19年4月1日以降に遺族厚生年金の受給権者になった場合は、法改正後のしくみが適用され、65歳以降は、以下のような取り扱いになります。 1 自分自身の老齢基礎年金は全額受給できる 2 ?分??の?齢厚?年?は全額受給できる 3 自分自身の遺族厚?年?の額と?分??の?齢厚?年?の額を?較して、自分自身の?齢厚?年?のほうが少額の場合には、その差額を遺族厚?年?として受給する。 (遺族厚?年?の額のうち、自分自身の?齢厚?年?に相当する額は?給停?になる) いずれの場合にも、老齢基礎年金が出てきます。 ○○基礎年金というのは、その額に国民年金保険料を納めた期間が反映されるので、一般的に考えて、保険料を納めれば納めただけのこととして返ってきます。 老齢基礎年金は遺族厚生年金と同時にもらえる(併給される)のですから、老齢基礎年金の額をできるだけ多くするためにも、今後もきちんと保険料を納めて下さい。 また、○○厚生年金というのは、厚生年金保険に入っていたことがある人に対して出ます。 お母様は厚生年金保険に入っていたことがあるわけですから、老齢厚生年金も出るわけです。 簡単にまとめてみると、以上のとおりとなります。 補足をありがとうございました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

No1です。 お母さんの御年齢から、お父さんが亡くなられた時には18歳以下(18歳になって迎えた最初の年度末まで)のお子様さんいないという前提で話しました。 基礎年金と厚生年金を分けて考えると判り易いと思います。 基礎年金は、20歳から60歳の年金加入期間(1号、2号、3号の合計)です。 792,100×加入月数÷480 厚生年金は、お母さんの老齢年金、お父さんの遺族年金、お母さんの厚生年金×2分の1+お父さんの遺族年金×3分の2の3者択一になります。 通常一番金額が高い物を選びます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 大変参考になりました。保険は本当に難しいです; 早速母に教えてあげようとございます。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.2
  • WinWave
  • ベストアンサー率71% (312/435)

確認すべきことがいくつもあるようです。 このままでは、適切な回答がつきにくいと思いますよ。 というのは、一口に遺族年金といっても、遺族厚生年金と遺族基礎年金とをきちんと区別しなければいけないからです。 老齢年金についても同様で、老齢厚生年金と老齢基礎年金とをきちんと区別します。 その上で、同時に受けられる(併給)か否かを考えなければいけません。 <最低限確認すべきこと> 1.お父様が亡くなられたときの年齢は? 2.お父様が亡くなられたときは厚生年金保険に入っていたか? 3.お母様が遺族厚生年金を受け始めた52歳当時、18歳までの子がいたかどうか? (子のある妻だったかどうかで、考え方が変わってきます) 4.お母様自身、過去に厚生年金保険に入っていたことがあるかないか? (たとえ短期間であっても、会社などで働いていたことがあれば「あり」) 4については、お母様自身の老齢厚生年金の可能性も考えなければいけないからです。 老齢基礎年金だけでしたら、老齢基礎年金+遺族厚生年金という形で併給可能(併給可能でなかったとしても、保険料はきちんと60歳になるまで払い続けることが大事。それだけ受給額に反映されます。)なのですが、ここに老齢厚生年金も加わるとなると、今度は非常に複雑な選択肢が生じてきてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お返事ありがとうございます。質問の仕方が悪く内容が伝わりにくくてすみません。 保険はとても難しくて質問してる本人もまだよく理解してないまま聞いてるもので・・・。 遺族年金は遺族厚生年金です。 1.当時父は52歳でした。 2.厚生年金保険が何なのかわかっておりませんが普通に会社勤めで厚生年金等は支払っていました。 3.私が24歳、妹が22歳、弟が20歳で18歳未満はいませんでした。 4.結婚する前に7年ほど会社勤めをしており、そこで厚生年金を払っておりました。 ちなみに 厚生年金期間は83ヶ月、3号になってから220ヶ月、国民年金を支払い始めて67ヶ月 と年金通達便には書いておりました。 要は現在遺族年金を現在受給してて60歳を越えたあたりから受給額が減ることを心配して、 自分で国民年金を支払い始めたとのことなんですが、それが意味あるかどうかということでした。 両方受給できるのであれば満期まで支払うことに意味があると思いますが、どっちか片方だけしか 受給できないのであれば、月15000円近くも支払うのは大変なのでやめさせようかと考えて おります。 あと併用可能な条件とかもし知っておられるのであれば教えていただけませんか?

  • 回答No.1

現在受給されているのは、遺族厚生年金かと思います。 また現在納付されている国民年金は、65歳以降老齢基礎年金に反映されます。この両者は併給されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 質問の書き方が悪くて内容が伝わりにくかったのが悪かったのですが、 現在受給しているのは遺族厚生年金です。ただ、父が亡くなったときから国民年金も 払い始めて、それが意味があるのかな?という質問でした。 65歳以降反映されるということは、遺族年金と国民年金の両方を受け取ることができる っていう解釈でよろしかったでしょうか?

関連するQ&A

  • 遺族年金

    父(国民、厚生年金)受給者が亡くなり、母(国民、厚生年金)受給者に遺族年金が出ると思うのですが、この額は、母が従来受給していた年金額に父の受給金額が丸々上乗せされて支給されるのでしようか?

  • 遺族年金と国民年金ついてお聞きしたいです

    遺族年金と国民年金ついてお聞きしたいです 今日TVで65歳越えたら遺族年金+国民年金をもらえる?という話(母が見ていたので詳細なことは分かりません) でも調べたら65になると遺族年金ではなく老齢基礎年金+国民年金?に切り替わるようなのですが 父が(サラリーマン)5年前になくなり 母が(専業主婦)(57歳)遺族厚生年金を月に12万くらいをもらってるようです 遺族年金より、老齢基礎年金の額が少なければ 老齢基礎年金+国民年金の方がさらに減ってしまうのでしょうか?

  • 遺族年金について

    81歳の父、80歳の母がいます。 81歳の父は、厚生年金を受給しています。 80歳の母も、厚生年金を受給しています。 額は、父>母のようですが、具体的にはわかりません。 (恐らく、父=母の2倍??) 仮に81歳の父が死んだとして、母に遺族年金が出ると思いますが、その受給額について御教授願いたいと思います。 「母の厚生年金+遺族年金」を受給なのか? 「母の厚生年金と遺族年金とを比較して多い方」を受給なのか? それとも、別の計算式での受給なのか? 何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 遺族年金がもらえない?

    お世話になります。 今年の2月に56歳の父が末期ガンで亡くなりました。 現在、61歳の母と28歳の私の二人で暮してます。 父はサラリーマン(19年3ヶ月)→自営業(17年)→サラリーマン(8ヶ月)という経歴でした。 母が社会保険事務所へ行って、遺族年金の手続きをしようとしたところ、 「支払っていた期間が20年に達していないので受給出来ない」とのことでした。 自分なりに調べてみたところ、父は自営業時代に国民年金を支払っておらず、サラリーマン時代に給料天引きだった厚生年金(合計19年11ヶ月)しか払っていない事が分かりました。 国民年金加入時の死亡だと、25年に満たない場合、遺族年金が支払われないというのは調べてみて分かったんですが、厚生年金加入時に死亡しても受給出来ないものなのでしょうか? 今月中に母と社会保険事務所に直接問い合わせようと予定してますが、不安でたまらないので質問させていただきました。 よろしくお願い致します。

  • 遺族年金について教えてください。

    初めて質問させていただきます。 遺族年金を受け取れるのか教えていただきたいです。どうぞたくさんの方の意見をお聞きしたいのでよろしくお願いいたします!!! 父が、厚生年金を約19年支払いましたが、その後支払いをストップしてしまったために、20年に満たず亡くなりました。それでも、遺族年金が受け取れるかと思い、役所にいきましたが、遺族年金がでないということです。 ちなみに、国民年金にははいっておりません。 やはり、支払期間が20年に満たなければ遺族年金は受給するとこができないんでしょうか??? なんとか受給できる方法はないでしょうか??

  • 遺族年金について教えてください

    父が14年ほど前に54歳で他界しましたが生前10年ほど厚生年金に加入しその後国民年金に加入しておりました。 母は会社員で厚生年金の加入者(先日60歳で定年しました)です ここで質問ですが父の遺族厚生年金を受給することは可能でしょうか? また母が自分の厚生年金を受給するさいはどうなるのでしょうか?

  • 遺族年金について詳しい片にお伺いします。

    父親が亡くなり母が厚生年金の遺族年金を受け取ることになりました。母親が病気で長く入院しているため私が手続きをし、その後遺族年金の年金決定通知書が届いたのですが、そこに書かれている基本額(上に小さく厚生年金と書かれています)というのは何月分の額なのでしょうか?二月分としても今まで父がもらっていた額より多いので不思議です。  それから「国民年金・厚生年金保険の受給選択申出書の処理について」と書かれたものが共に入っていてその選択処理が済むまで、まだ結果まちのようです。その意味もよく分かりません。詳しい方いらっしゃいましたら教えていただきたいのですが。お願いします。

  • 遺族年金 子が18歳になります

    よろしくお願いします。 私(母)40代ともうすぐ18歳になる子供との2人暮らしです。 夫がサラリーマン在職中に亡くなり、現在は遺族年金を受給しています。 先ほど実家の母と話をしていたら、少し前のあるワイドショーで、「子が18歳になると受給資格がなくなり、遺族年金はもらえなくなる」と言っていたらしいです。 私のパート収入だけで生活するのは難しいので慌てて国民年金機構のHPを見に行くと、どうやら、全く0円になるのではなさそうですが、何が無くなって何が残るのかが今ひとつわかりませんでした。 そこで、年金額改定通知書の項目を書き出すので、それぞれがどうなるのかを教えてください。 私の年金額改定通知書 1.国民年金(基礎年金)  1)基本額  2)加算額 3)支給停止額(現状は0円) 2.厚生年金保険  1)基本額  2)中高齢加算額  3)支給停止額(現状は中高齢加算額と同額が停止中) 子供の年金額改定通知書 1.国民年金(基礎年金)  1)基本額  2)支給停止額(現状は基本額と同額が停止中) 2.厚生年金保険  1)基本額  2)支給停止額(現状は基本額と同額が停止中) なんとなくの理解では、私の国民年金の部分の全てが無くなり、厚生年金保険の部分だけが残るのかな?と思いました。 もしそうなら、現在停止中の 中高齢加算額はどうなるのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 遺族共済年金について

    先日、離れて暮らしていた父を亡くしました。 突然のことでしたので、まだ悲しみも癒えず、 家族も皆、混乱している状況です。 私は、事情があって両親とは離れて暮らしており、 これから、母親が遺族年金の請求をしなければなりません。 父は長年公務員として勤務しておりましたので、 年額にして約260万円ほどの退職共済年金と 公務員を退職後に民間企業に勤務した分の老齢厚生年金を年20万円ほど 受給しておりました。 母は、現在65歳を過ぎており、 若い頃に勤めていた時の厚生年金?については、 退職時に人事担当者の指導により、 脱退一時金を受け取って清算してしまったため(いまだに非常に後悔しておりますが・・・) 国民年金の老齢基礎年金を80万円程受給しているのみです。 遺族年金の請求にあたり、今後の生活のこともあって、 おおよその概算額を知りたいと思い、質問させていただきました。 下記は自分なりに調べた結果ですが、間違いないでしょうか? 1 まず、退職共済年金のうち報酬比例部分の4分の3相当額ということで   260万のうち、基礎年金相当額の80万円を除いた180万円の4分の3   260万-80万×3/4=135万円・・・(1) 2 従来から母親が受給していた国民年金の老齢基礎年金80万円・・・(2) 3 父親が受給していた老齢厚生年金の4分の3相当額   20万×3/4=15万円・・・(3)  ∴ 母親が受給できる遺族年金額・・・(1)+(2)+(3)=年間約230万円 特に、退職共済年金のうちの基礎年金相当部分がいくらになるのかがよくわかりません。 また、加給年金の振り替え支給分?なる部分についても、よく理解できませんでした。 請求にあたってのアドバイスも含めて、 どうぞよろしくお願いいたします。   

  • 遺族年金と国民年金について

    57歳の主婦の母がいるのですが、2年前に59歳の父(厚生年金)が亡くなりまして現在、遺族年金をもらって生活しております。 そして、母は60歳まで国民年金を納付する予定なのですが、母が65歳になっても父の遺族年金と母の国民年金は併給してもらえるのでしょうか? つたない文章で申し訳ありません。 似たような質問がいくつかあったのですが、あまりよく理解できなかったので質問させていただきます。 よろしくお願いします。